お誕生日メールが原因で、仲が悪くなってしまった7つの事例

お誕生日メールが原因で、仲が悪くなってしまった7つの事例
お誕生日は年に一度の特別な日です。恋人、家族、友人と大切な方にメールでお祝いをしたり、自分の誕生日にはもらったりとメールで気軽にお祝いのやりとりができます。

気軽に送れるメールゆえに、トラブルも起こりがち。メールから気まずくなり、仲が悪くなってしまったということも少なくありません。恋人と不仲になってしまった、家庭内不和に!という信じられない場合もあります。

お誕生日メールが原因で、仲が悪くなってしまった7つの事例を参考にしていただけたらと思います。

 

お誕生日メールが原因で、
仲が悪くなってしまった7つの事例

 



 

メールが来ない事を気にしている


お誕生日に祝ってほしい人から連絡もメールもない。そんな寂しいお誕生日は寂しいものです。待っている身にすれば、その日が終わるまではソワソワ、ドキドキで長い一日を待って過ごします。

携帯が鳴るたびに神経質に見ます。挙句の果てに来なかった。その落胆たら言い表せないほどです。そこで、忘れられたのか、自分を大事に思っていないのかと相手を疑い、相手を責めます。

私よりも仕事のほうが大事なんだという大人げないセリフまで出ます。知っておきたいのが、誕生日というイベントにはウエィトを置いている人と、そうでない人がいてその間には温度差があるということです。

誕生日を重大だと思っていない男性は存在します。彼女の誕生日に急な残業や接待で抜けられなくなり、連絡もできないまま気づいたら12時過ぎていたなんていう場合はあるのです。

奥さんの誕生日を忘れる人もいます。重大でないので忘れてしまうのです。それに対する女性側は、一方的に自分の誕生日を忘れられたと思い込んで、彼を責めたり思いがけない行動に出る人もいます。

ある男性のケースです。彼は医療関係の仕事に従事しており、その日の夜から明け方にかけ生死をわける救急搬送の患者のケアにつきっきりでした。おつきあいし始めた彼女に、誕生日の連絡ができませんでした。

彼女は彼の仕事を知っていたにも関わらず、その時から一方的に何の説明もなく電話着信もメールも拒否、まるっきり連絡が取れなくなってしまいました。

男性にとっては驚きの出来事でした。メールがなかったという理由で一気に愛情も醒めてしまうようなプライドの高い女性もいます。

 

誕生日を完全に忘れられている


誕生日に、何もないかのように普通にふだんのメールが届く。ずばりそんな相手は、誕生日を忘れているという以前に自分への気持ちがない証拠です。ある女性は、付き合い始めた彼とたまにメールのやり取りをしていました。

彼は忙しい人らしく、なかなか会えないし、メールもあまりくれません。その時点で気づけばよかったのですが、その日は久々にメールが来たので、お誕生日メールかなと喜んで見てみました。

ところが、がっかりです。いつもの来週はあいてる?というデートのお誘いメールでした。今日は誕生日なんだけど会えないの?と返信をしたら、それっきり彼からは連絡が来なくなってしまいました。

仲が悪くなるという以前に、信頼関係のまだないカップルにとっては誕生日はお互いの気持ちを確かめる日であるのかもしれません。あまり深くつきあいたくなかった彼には彼女の存在が重くなったのか、それとも彼女が一方的につきあっていると勝手に思い込んでいたのかはわかりません。

 

違う日にメールしてしまった


ある女性は誕生日でない日、突然彼からお誕生日メールがきたそうです。最初は何も疑いませんでした。間違っているのか、ふざけているのかなと思ってやり過ごそうとしましたが「今日はわたしの誕生日じゃないよぉ」とふざけて返信したところ、不自然な言い訳メールが返ってきました。

それまで彼の態度が、たまにおかしい?と思いながらも疑うまではいっていなかったのです。メールの文面には甘い言葉もあり、腸は煮えくり返り思い切って問い詰めました。

他の女性に送ろうとしたメールを彼が誤送信してしまったことが発覚しました。つきあってきた3年の間の信用は崩れ去り二人は別れました。その後、彼はそのメールの相手と付き合っていましたがすぐに別れました。

次の彼女の誕生日には彼から復縁したいとメールがきました。時すでに遅し、その日は彼女は違う男性と入籍を済ませて幸せいっぱいのお誕生日を過ごしていました。もちろんメールはスルー、返事はしませんでした。

 

返事の強要はNG


ある男性は婚活パーティで知り合った意中の女性のお誕生日に、告白をしようと思い切って長文のメールをしました。女性とあまりメール交換をし慣れていなかった男性のメールは、的を得ていない内容でした。

「お誕生日おめでとう」で済ませれば良かったのですが・・・。さりげなくそのあとに彼女の性格や容姿を褒めた文章を入れました・・わざとらしい。そして、自分は今どんな音楽を聞き何を食べたとかの自分の報告話・・どうでもいい。

だんだん、男性に欲がでてきて、メールの後半は図々しくなりました。「何歳になったの?誕生日はどうすごしているの?」と質問責めに、最後に「これ読んだら返信してください」と入れました・・気持ちわるいし強引。

彼女は彼を少しだけはいいなと好意を持っていましたが、そのプチストーカーのようなメールにすっかり気分を害してしまいました。もちろん、返事は返さず、着信もメールも拒否設定しました。

あまり親しくない相手への普通のメールでも空気読めない一方的な長文メールは迷惑で嫌われる原因になります。この男性は彼女の誕生日に思い切って告白しなければ!という切羽詰まった思いから、押しが強くなって、相手にドン引きされる結果になりました。

男性にはまだ理性と常識があったため、このあと、ストーカーに豹変しなかったことは幸いでした。

 

ほかの人にメールを自慢


A子は会社の同僚に男子からのお誕生日メールを見せびらかしていました。これがトラブルのもとになります。その中に、B子の内緒でつきあっている彼C君からのメールがあったのです。

この日から、B子の歪んだ牙の矛先はC君ではなくA子に向けられることとなりました。もちろん、A子はもちろん他の同僚もB子とC君の仲を知らなかったのです。

B子の意地悪は陰湿で大人げないものでA子を仕事面でも陥れ、A子は失敗を繰り返しました。A子は体調不良になり会社を辞めました。B子の悪行三昧は誰にもバレませんでしたが、当然C君にはB子の性格の悪さはつきあっているうちに知れ二人は別れました。

A子の悲劇を知っているのはB子だけで、A子は未だに何が原因だったのか、わからないそうです。A子は幸い転職し、やりがいのある仕事とよい同僚に恵まれ毎日を楽しく送っています。

一方的にB子が悪かったようですが、メールを私は人気があるのよという風に見せびらかし、嫉妬を買ってしまったA子。そんな彼女の自己顕示欲が落ち度でした。

 

年齢を強調してしまった


ある女性は同じ部署の先輩が怖くて怖くて仕方ありません。その先輩は仕事が抜群にできる男勝りな独身女性です。ちょっと人の好き嫌いが激しいところが欠点で、部下はみな媚を売ります。

ですから、彼女に干されたら窓際族同然の立場となってしまういます。他の女子社員はご機嫌をとるためにあの手この手で可愛いがってもらおうと一生懸命でした。旅行に行ったらお土産は一番にその先輩に献上。

服装は褒めちぎり、ブランドの名前を出しご機嫌を取る。そんな毎日に嫌になっていましたが、集団心理には逆らえずその女性も流されてしまっていました。あさっては先輩の誕生日だと運良く小耳に挟みました。

一番にメールを送って他の同僚に差をつけちゃおう!と思い「お誕生日おめでとうメール」を予約しました。「先輩いつも大きな心で見守ってご指導くださってありがとうございます。

40歳になってもその若さは光っています。・・云々」というめいっぱい褒め言葉を並べたつもりの文面でメールしました。しかし、次の日から口をきいてもらえなくなったということは言うまでもありません。

若い彼女には見当もつかないことでした。お局様の年齢を強調、あえて言うのはNGです。年上の女性の誕生日メールに年齢を入れることは絶対にやめましょう。

 

元カレ元カノからお誕生日メールには要注意


別れた異性から久々にお誕生日メールが来ることがあります。多くが復縁を迫るものが多いです。実際、新婚のSさん(男性)はたいへんな思いをしました。つきあって一年の彼女にふられて傷心だったときに慰めてくれたのが今の奥様でした。

結婚して一ヶ月後、Sさんと奥様はちょうど休日だったのでドライブがてら外食に出かけました。運転中は電話ができないので奥さんに携帯を預けました。レストランにつく手前で携帯にメールの着信がありました。

同僚からの仕事関係の連絡だといけないと思い、せっかちなSさんは奥さんにメールを見るよう頼みました。電話帳の元カノのアドレスと名前は削除していました。奥さんは名前が出ていないないアドレスが表示されたメールを開いて見ました。

なんと、内容は「お誕生日おめでとう。今何してるの?あの場所覚えてる?会いたいな」と親しげな文面、絵文字はハートマークがいっぱい。悪いことに、Sさんは奥さんに元カノの話はしないまま、結婚していました。

これから一変険悪に、食事どころではなくなりました。人一倍嫉妬深い奥様であったため、それからは、何も信用してもらえず、信じられないことに今まではしていなかったメールチェックが入るようになりSさんは窮屈になっていきました。

奥さまが、だんだん鬱陶しい存在になりました。うまくいっていた新婚夫婦に水を差したお誕生日メール。元カノは彼が結婚していたのを知りませんでした。ふと寂しさを埋めたくなってフッた彼のことを思い出し、気になって送った身勝手なメールでした。

誕生日ならよいきっかけだと思う人が多いようです。まれにうまく復縁できるケースもあるようですが、別れた異性へのメールは相手のことを思えば新たな幸せを壊す原因になるので遠慮するか、文面は考えるべきです。

 

 

いかがでしたか?

誕生日のメールはあまり親しくない人でも送ることが多いです。それがきっかけで距離を置くのか縮めるのかは送り方次第ですしだいです。送るタイミング、送る内容には注意しましょう。

メールというのは顔や相手の様子が見えないので気持ちが正しく伝わるのか難しいこともあります。誤解を招くようなメールは送らないこと、下心アリアリはバレてしまうので控えること。

大事なお誕生日メール、送信をタッチしたら送られて取り返しはつきません。慎重にしたいものです。

 

まとめ

お誕生日メールが原因で、仲が悪くなってしまった7つの事例

・メールが来ない事を気にしている
・誕生日を完全に忘れられている
・違う日にメールしてしまった
・返事の強要はNG
・ほかの人にメールを自慢
・年齢を強調してしまう
・元カレ元カノからお誕生日メールは要注意

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線