気になる人についキツイ態度をとってしまう人の特徴と上手に好意を示すコツ

気になる人についキツイ態度をとってしまう人の特徴と上手に好意を示すコツ
つい気になる人にキツイ態度をとって後悔してしてしまうことってありますよね。気になるのだけど、つい取ってしまうキツイ態度で嫌われてしまったりしまう事もあったり、、、もしくはそんな人が周りにひとりくらいはいますよね。

しかし、誰もが気になる人にキツイ態度をとりたい訳ではありません。そうなってしまうのには何かしらの理由があるのです。そして、その理由のせいでどうしてもキツイ態度になってしまってしまったり、楽しく会話したいのになぜかキツイ態度になってしまったりするのです。それは本人にとっても辛い事です。

ですのでその理由や特徴を理解しておけば、理解や対応がしやすくなります。ですので今回は気になる人についキツイ態度をとってしまう人の特徴と共に、恋愛や人間関係をうまくいかせる為に、そのひとに上手に好意を示すコツなどについてもお伝えしていきましょう。

  1. 気になる人にキツイ態度をとってしまうひとの特徴
    1. がんばり屋さんは周りにもキツイ態度をとってしまう事が多い
    2. 照れ屋で素直になれないからキツイ態度になってしまう
  2. なぜ気になる人にキツイ態度をとってしまうのか?
    1. キツイ態度やそっけない態度をとる真意とは
    2. 構ってほしくて気をひきたい故の意思表示
    3. 普段は本音を見せない人が気を許した時に出てしまう本音
  3. 気になる人がそっけない態度の時に試してみてほしい事
    1. まずは相手の身になって考えてみましょう
    2. 絶対に相手の話は否定しない事
    3. 自分の言動を振り返ってみましょう
    4. 相手のテンションに合わせる事も必要です
    5. 心を開く事が大切です
    6. SNSやLINEでは好意的にしてみると良いかもしれません
    7. 表情は笑顔である事を忘れずに
    8. 自分を飾らない事も大事です
    9. でも態度が変わらない場合には。。。
  4. 気になる人の態度をチェックして好意を確認するポイント
    1. 目の動き、視線から好意の有無を確認する
    2. 心の距離感を確認する方法
    3. 仕草から興味の有無を確認する
    4. 手や腕の動きから相手の本音を読み取る
    5. 脚や足先の動きから心の開き具合をチェック
    6. 素直に拗ねてみるのも時にはあり
    7. もう会わないと伝えるのは最終手段
  5. 気になる人にうまく好意を伝えるコツ
    1. 誤解を招く表現を使わない
    2. 必要以上のボディタッチは控える
    3. 相手を特別扱いしない
    4. 人として興味を持つ
    5. 一緒に何かを作り上げる

気になる人にキツイ態度をとってしまうひとの特徴

気になる人にキツイ態度をとってしまうひとの特徴のイメージではまずはじめに、気になる人に対してキツイ態度をとってしまう人が持つ特徴についてお話しします。もし心当たりの人が居たら照らしあわせてみたり、自分自身でも「ついそうなってしまっていないか」をチェックしてみてください。

がんばり屋さんは周りにもキツイ態度をとってしまう事が多い

普段から何に対しても頑張っているがんばり屋の人がこのようにになりやすいです。すごく頑張っているので、何事にも厳しい評価をしてしまいがちになり、自分に厳しく相手にも厳しくなってしまうのです。そして気になる人だからこそ、もっと頑張ってほしいと思ってもっと厳しくなってしまうのです。

「仕事で周りも同じミスしたのに自分だけすごく怒られた」「周りと同じくらいがんばっているのに全然褒められない」

自分ではがんばっているつもりでも、相手は気になっているからこそもっと頑張ってほしいと思って、相手を励まして鼓舞しているつもりなのですが、それがキツイ態度になってしまうので「怒られた」と思われてしまうので伝わりにくくなってしまうのです。

本当はなるべく優しい態度で応援したいと思っているのですが、上手く表現ができなかったり、結果的にはきつくなってしまったりしまうのです。

 

照れ屋で素直になれないからキツイ態度になってしまう

愛情があるのにキツイ態度になってしまう。そういう態度をとってしまう人がいます。それは、気になる人への気持ちを素直に表現できなくて逆にキツイ態度になってしまうのです。いわゆる「ツンデレ」や「あまのじゃく」と言われるものです。

もちろん気になる人へ素直に愛情を表現できるのであれば苦労はしませんよね。こういう人は自分の感情に対して不器用で、どうしたら気持ちを表現したらいいのかわからない上に、自分の気持ちを隠したいと思って正反対の態度をついとってしまうのです。

そして、気になる人に素直に愛情を表現できないことを後悔してしまいます。

こういう人はすごく照れ屋です。愛情だけではなく、褒められたり持ち上げられたりしたら照れてしまい、キツイ態度になってしまいがちです。こういう時も素直に受け入れられない性格なのかもしれません。

 

なぜ気になる人にキツイ態度をとってしまうのか?

なぜ気になる人にキツイ態度をとってしまうのか?のイメージでは、次はなぜ、嫌いでもない人にキツイ態度をとってしまうのか?その心理や本音についてもう少し掘り下げてみましょう。

キツイ態度やそっけない態度をとる真意とは

気になる人の態度がそっけない場合、その裏には2パターンの真意があります。1つ目は、本当に自分のことを嫌っている、2つ目は、本当は好意を持っているのに気づかれるのを恐れて、あえてそっけない態度を取っているという事です。

気になる人に嫌われるようなよほどのことをしていない限り、人は露骨に態度には出しませんから、心当たりがないのであれば、本当は好意を持っているのにそっけない態度を取っている可能性が高いと言えるのです。すぐにネガティブにならずに客観的に考える癖をつけるのです。

 

構ってほしくて気をひきたい故の意思表示

気になる人に対しての愛情表現のつもりなのにキツイ態度になる人がいます。気になる人にわざとキツイ態度をとって気をひくのです。周りには優しいのに気になる人にだけキツイ態度になってしまうような人がこういうタイプです。

わざと連絡を取らなかったり、そっけない態度をしてみたり、ついからかってしまったり。相手がちょっと怒るようなことをしてしまい、それにどう対応するかによって自分に対する愛情をはかってしまいます。

無視されると悲しくなってしまいますし、反応があるとうれしくて仕方ないのです。何かしら気になる人に構ってほしいと思ってやっている事が多いです。

そして愛情の裏返しとは違ってそれが愛情表現だと思っているので後悔等はしません。相手からの反応により、自分に気をひけるので逆に楽しむようになってしまうのでこのタイプは少し厄介かもしれません。

 

普段は本音を見せない人が気を許した時に出てしまう本音

気になる人に普段は見せない本音を見せて、キツイ態度になってしまう人がいます。その人だったら怒らないだろう、自分の本音を見せても大丈夫だろうと理解した上で、気になる人にだけ甘えて本音のキツイ態度の部分を見せてしまうのです。

そういう人はなかなか本音を人に見せることが少ないです。「怒ることあるの?」「なぜいつもニコニコできるの?」と他人に思われているくらいにいつもニコニコしていて、本音の部分が見えないと思われています。

しかし、そういう人でも心の奥には何かしらの感情があり、それを誰かに吐露したいのです。ですので、甘えて本音を見せることによって「あなたは私が本音を見せる特別の人だよ、気になっている人なのだよ」という気持ちがあるのです。

ですので、このタイプの人は「あなたの事を信頼している」「あなたに好意がある」と捉えて良いと言えます

 

 

気になる人がそっけない態度の時に試してみてほしい事

気になる人がそっけない態度の時に試してみてほしい事のイメージ
では好きな人や気になる人がそっけない態度の時に、良い関係を作ったり維持したりする為に、確認すると良い事や、試してみてほしい事についてお話しします。

まずは相手の身になって考えてみましょう

気になる人の態度が素っ気ないと感じたら、相手の身になって考えてみましょう。あなたも仕事でミスをしたり、テストの成績が悪かったりしたときには機嫌が良くないですよね。

ひょっとしたら、あなたの気になる人にも何か機嫌が優れない出来事が起こったのかもしれません。そんなときは、あまり根掘り葉掘り聞くのはいけませんが「何かあったの?」くらいは聞いてもよいでしょう。

何も答えてくれない場合は強がっているかもしれないので、あえてそれ以上深く聞くのはやめて察してあげましょう。

ただし、落ち込んでいる内容によっては、むしろ誰かに聞いてほしいと思っている場合もありますので、そんなときはじっくり聞いてあげましょう。

 

絶対に相手の話は否定しない事

気になる人が会話中に冷たい態度を取ったら、あなたの受け答えが気に障ったという可能性があります。会話をしているとき自分の意見を否定ばかりされるとあまりよい気分にはなりませんよね。だからといって、なんでも賛同すればよいというものでもないのですが。

特に、好意を持っている人には自分を受け入れてほしいと思うものです。なので、違う意見を言うときには、相手の意見を最後まで聞いてから、やんわりと自分の意見を言いましょう。

それなら相手もあなたの意見を素直に聞いてくれるはずです。

嘘をついてまで相手に合わせる必要はありませんが、ときに会話をするときは上手に聞くテクニックを使うことも必要です。

 

自分の言動を振り返ってみましょう

今まで楽しく話していたのに急に気になる人が冷たい態度取ったら、あなたの何気ない言動に原因があるのかもしれません。慣れてしまうと相手の心に踏み込み過ぎてしまうことがあります。

もしかすると相手の優しさに甘えすぎてはいませんか。親しき中にも礼儀ありと言う通り、人にはどんなに親しくなっても踏み込んでほしくない部分もあるので、誤解されないように言動は慎重にしましょう。

また、あなたの何気ない言動に相手が幻滅して冷たかったとしても、実はそれだけあなたに好意を持っているということもありえます。すぐにあきらめずに相手の出方をみてみましょう。

 

相手のテンションに合わせる事も必要です

一緒にいる人のテンションがやけに高いと、自分のテンションが冷めてしまうことってありませんか。

気になる人の態度が冷たいと感じるとき、いつもはあなたのテンションに付き合ってくれる相手でも、何か落ち込むようなことがあって、あなたについていけないだけかもしれません。

人づきあいは、相手の気持ちや状況にいち早く気づくことが関係を上手くすすめるコツです。相手のテンションが下がり気味の時は、決してノリが悪いなどと言わず、相手のテンションに上手く合わせるようにしてみましょう。

 

心を開く事が大切です

気になる人がそっけない態度を取っている真意が好意の裏返しだった場合、自分が意地を張って心を閉ざしてはいけません。相手は素直になれずにそっけいない態度を取っているのですから、自分も同じようにしていては、打ち解けることができないのです。

相手の姿に気づいたら、自分から挨拶をしたり、避けたりせずにさり気ない雑談などもできるように自然に振る舞いましょう。

自分が心を開けば、相手も開きやすくなりますよ。

 

SNSやLINEでは好意的にしてみると良いかもしれません

気になる人とLINEやSNSのやり取りをする時、相手が文字だけでそっけない返信をしてきても、自分は絵文字やスタンプなどを入れて好意的に返すよう心がけることが大切です。

特にLINEでは相手の態度や返し方にならって自分も返すようになりがちです。気になる人の態度がそっけないからと言って、自分もそっけない内容にせずに、率先して好意的なコミュニケーションを取るよう心がければ、相手も自然と心を開いてくれるようになります。

 

表情は笑顔である事を忘れずに

人は視覚、聴覚、嗅覚などのあらゆる感覚を使って物事を認識します。特に人と会話をしている時は、相手の顔の表情から得る視覚情報がとても大きな役割を担います。

そこで、会話をする時は、気になる人の態度がどんなにそっけなくても、固い表情にならずに口角を上げて笑顔を心がけるようにしましょう。

笑顔は人に敵意がないことを伝える最適な手段です。笑顔を見せることで相手の緊張は溶け、そっけない態度も徐々に柔和されていくのです。

機嫌が悪くなくとも、無表情だと怒っているように見える人は意外と多くいますから、常に意識的に笑顔でいることが必要です。

 

自分を飾らない事も大事です

気になる相手がそっけない態度を取るのは、本当の自分の姿を隠しているという事です。人は、好意を持っている人に対してはかっこいい自分でいたいと思います。相手に嫌われるかもしれないようなかっこ悪い部分を見せたくないからそっけない態度になってしまうのです。

そこで有効なのが自分から自分をさらけ出すという事。

いいとこばかりを見せるのではなく、自分からありのままの自分をさらけ出すことで向こうも安心感を持つことができます。

 

でも態度が変わらない場合には。。。

気になる人のそっけない態度の真意を自分への好意だと判断してあらゆる策を講じても、相手の態度が一向に変わらない場合は少し距離を置いて反応を見ることをおすすめします。

気になる人の態度が好意の裏返しではなく、本当に自分に対して苦手意識を持っている可能性もあります。この場合、コミュニケーションを取ればとるほど相手に惹かれてしまいますから、いったん距離を置くことで、相手の反応を冷静に見極めるという判断も重要です。

 

 

気になる人の態度をチェックして好意を確認するポイント

気になる人の態度をチェックして好意を確認するポイントのイメージではここからは、気になる人の態度をチェックしてあなたに好意があるのか?それともないのか?をチェックするポイントについて解説します。

目の動き、視線から好意の有無を確認する

「目は口ほどに物を言う」の言葉があるように、目は人の心が映し出されるところです。口では上手に嘘がつけても、目は嘘をつく事が出来ないのです。好きと言う気持ちも同じです。目の動きや視線から、気になる人の態度をチェックしてみましょう。

目が好意を示す代表的なものに、目を見つめると言う行為があります。

男性は「支配欲求」女性は「親和欲求」から見つめると言われ、その性質は異なりますが、興味を持って見つめる事はどちらも「好意を示す」もの。

男性も女性も、好意を持っている相手を自然に見つめてしまうのです。

男性は見つめられれば見つめられるほど相手に好意を持つ傾向があるため、女性が不快に感じてしまうほど見つめてしまい、上手くいかない場合もありまそれも相手に自分と同じくらい好きになって欲しいと言う心の現れです。

気になる人が自分の事を見つめていてくれたら、それは好意のあるサインと受け取ってOKです。

 

心の距離感を確認する方法

人はどんな時も自分にとって快適な空間を作ろうとするため、無意識に自分と相手の距離を快適に保とうとしています。相手にどのくらいの親しさを感じているかによって、その快適と思う距離は変わってきます。

気になる人の態度をいつもの2人の距離からチェックしてみる事で、自分に心を開いてくれているかどうか、自分への好意について知る事が出来ます。

一般的に、親密さを感じている相手との距離は手を伸ばして届く距離(個体距離)と言われています。

自然ないつもの距離が手を伸ばして届く距離ならきっと心を開いてくれているサイン。体が触れる事もあるぐらい近くにいる事もあるなら、かなり脈ありです。

実際の距離は心の距離と一緒です。縮めようとしているなら、それはしっかりした好意と読み取る事が出来ますよ。

 

仕草から興味の有無を確認する

人は相手への好意を口で伝えない代わりに、無意識のうちに体の様々な仕草で好意を伝えています。無意識の日々の仕草からも、相手に心を開いているかどうかが分かります。心を開いてもらう事は、好意を持ってもらうための入り口です。

気になる人の態度をチェックする事で、自分に心を開いてくれているかどうか、さらに自分に好意を持ってくれているのかが分かります。

話をしている時や近くにいる時、相手の体がどこを向いているかもポイントです。

体が自分の方へ向いてくれていれば、または自分の方を向こうとしてくれていれば、自分への興味があると言う証拠です。

さらに前のめりの姿勢なら、かなり好意を持ってくれているサインと読み取る事が出来ます

自分が飲み物を飲むと相手も飲み物を飲む等のように、一緒にいる時に二人の動作が移って同じになったりする事も、安心している相手と一緒にいるという、心を開いている特徴的なサインです。

 

手や腕の動きから相手の本音を読み取る

目だけでなく、手や腕も隠し切れない心の内や感情を無意識に表しています。一緒にいる時の手や腕の状態や動きから気になる人の態度をチェックする事で、さらに自分に好意を持ってくれているのかを知る事が出来ます。

立っていたり、座っていたり、様々なシーンで一緒にいる時、相手の腕が自然に体の横に開いていたり、手の指も自然に離れてリラックスしているなら、警戒心や緊張感なく安心して一緒にいる人を受け入れている状態を表しています。

さらに、ギュッと握らない程度に手を軽く握っていれば、特定の好意のサインとして読み取る事が出来ます。

 

脚や足先の動きから心の開き具合をチェック

手ほど動きが細やかな部位ではありませんが、脚全体や足の状態や動きも心の状態を表します。一緒にいる時の脚全体や足の動きから気になる人の態度をチェックすると、自分に心を開いてくれているかどうか、好意があるかどうかも分かります。

一緒にいる時、特に椅子に座っている時に、脚が自然な感じで開いていれば、心を解放して一緒にいる相手を受け入れているサインです。

脚全体や足が自分の方に向いていたり、近づいてきたりするのは、距離を縮めたい好意を示す特定のサインとして読み取る事が出来ます。

 

素直に拗ねてみるのも時にはあり

気になる人の冷たい態度につまらないと感じたら素直に拗ねてみるのもよいでしょう。そんな素直な態度に、気になる人も冷たい態度をとってしまっている理由を聞かせてくれる可能性もあります。

ただし、拗ねることでその態度が余計相手に冷たい態度を取らせてしまう、という可能性もありますので程々にしましょう。どちらにしても、あなたの気持ちを伝えることで、相手も冷たくしていることに気づくかもしれません。

 

もう会わないと伝えるのは最終手段

いろいろ試してもやはり気になる人が冷たい態度ばかりをとるのなら、あなたには興味がないと考えられます。あなたの気持ちに気づいていながらそれを楽しんでいるのだとしたら、その人とは付き合う価値がありません。

最後の手段として、もう会わないと伝えてみてはいかがでしょう。その言葉を聞いて相手が焦るようならあなたに対して少しでも好意を持っていると考えられます。しかし、すんなり同意するなら、きっぱりとその人をあきらめた方が良いでしょう。

 

気になる人にうまく好意を伝えるコツ

気になる人にうまく好意を伝えるコツのイメージ
さて、ここまでの話で、気になる人がどうしてキツイ態度をあなたにとってしまうのか?その理由や、対処法についておわかり頂けたと思いますので、ここからは、気になる人にうまく好意を伝えるコツについてお話しします。

誤解を招く表現を使わない

「好き」「一緒にいると楽しい」など言われたらこの人は自分のことが気になっているのではと感じることもありますよね。関係性がある程度築けている相手ならそれで喜ばせる場合もあります。

しかし、関係性を築けていない状態なのにそう言われたらビックリさせてしまうこともあります。なぜなら相手はまだ自分を受け入れる準備ができていないからです。

自分を受け入れてもらうには始めにお話ししたように段階を踏んで距離を縮めていく必要があります。

気になる人に思っていることを伝えたい気持ちはわかりますが、ここは落ち着いて一歩ずつ着実に距離を縮めていきましょう。

 

必要以上のボディタッチは控える

ボディタッチは相手との親密な関係をつくる上で重要なことです。順調に関係性を深めることで、恋人同士や親子関係、親友の間でお互いの愛情表現として行われる肌と肌が触れ合うスキンシップへと発展していきます。

その時々の相手との関係性によって、相手が受け入れられるボディタッチの頻度やタッチする身体の部位の範囲も異なります。

また、物理的な距離感も相手との関係性により異なりますね。他人に近づかれると不快に感じるパーソナルスペースという空間があります。

性別や個人の性格、社会文化の違いによってもこの空間の広さは異なりますが、赤の他人や顔見知り程度では物理的な距離が近いと不快になりやすいものです。

逆に恋人関係や親子関係であれば密接距離と言って相手の身体の部位に触れられるくらいの距離まで縮めても不快にはなりにくいのです。

ボディタッチは相手との親密な関係性を築くために重要なことであってもそのは一つの方法に過ぎません。

その時々の関係性で相手へのボディタッチの頻度や物理的な距離感を調整しながら、親密な関係性を築いていきましょう。

 

相手を特別扱いしない

これは相手によって態度を変えたりしないということです。

例えば、普段は他の人に不愛想な人が自分の気になる人に友好的な態度で接するのであれば、自分に気があるのではないのかと思われますよね。

そして、その相手だけでなく、周囲の人たちも自分の気になる人に対する態度を見て、気があるのではと察知されます。

そう受け止められて済むならまだ良いのですが、最悪そのような態度でいると自分の利益しか考えていないと思われて周囲の人たちが離れていきます。

すると自分にとって都合のいい相手には友好的な態度なのに、そうでない人には小バカにした態度で不快と思われてしまうかもしれませんよね。

八方美人が良いというわけではないですが、気になる人にもそうでない人にも、相手のことを思いやる態度で接しましょう。

 

人として興味を持つ

これは「意中の相手である前に同じ一人の人間としてその人の魅力を見てみましょう」ということです。

学校で同じ教室、同じ勉強をしている人、職場で同じ部署で同じ仕事をしている人たちでも生まれ育った経歴や考え方、価値観などは様々です。

100人の人がいたら100通りの人生が、1000人いたら1000通りの人生があり、全く同じ人生は普通存在しません。

関係性が築かれていない時期は相手を知るという意味でも、気になる人を一人の人間として興味を持つ態度で接してみるとバレにくいです

まず人として気になる人に興味を持つ態度で接してみて、気になる人はどんな価値観を持ちどんなことに興味があるのかを知る態度で接していることで次に繋げていけます。

 

一緒に何かを作り上げる

部活や仕事などで、チームで目的を達成したときのことを思い出してください。上手くいかないときに励まし合ったり、お互いに考えを出し合い試行錯誤、衝突することもあるでしょう。そしてついに時には達成、完成したときの喜びは計り知れないものです。

一つの目標に一緒に向かっていくことで気になる人とも、いつの間にか考えや行動、時間、そして喜怒哀楽を共有し、関係性が深まっていきます。

お互いに自分の気持ちに正直になりそれを相手に表現し、ぶつかり合い、意気投合し、結果、目的が達成されます。

達成までの過程に様々な課題を相手と乗り越えたドラマがあるからこそ、よりお互いを理解し合るようになります。

 

さて、キツイ態度はそういう人なりの愛情表現だったり照れ隠しだったりするのです。また、気になる人に対する愛情を素直に表現できない不器用な人なのです。ただキツイ態度をしたい訳ではありません。

そもそも本当に嫌いだったり興味のない人だったりしたら、そんな人にキツイ態度をとるような事は時間の無駄と思ってしまうので、しませんよね。本当に気になる人だからこそ、頑張ってほしい、気になってほしい、照れてしまう等の理由からきつくなってしまうのです。

そういう人のキツイ態度や言葉の裏にある優しさや愛情を汲み取ると、円滑な関係が築けるようになります。ですのでぜひその人を理解して、受け入れてあげましょう。

あなたに待ち受ける“運命日“タロットカードが教えます。

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだタロットカードでわかります。当たると話題の「フューチャーオラクルカード」が今なら無料!これから起こる「運命大変化」あなたの“運命日“を大予言!どうすれば迷わず幸運へ道に進めるか教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非!今だけ無料なので試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました