鬼門の意味をおさえて運気を上げるコツ

鬼門を調べるイメージ
鬼門と言う言葉はよく聞きますが、実際に鬼門がどの方角にあるのか、鬼門にどんな意味があるのか、本当に鬼門が悪い方角なのかきちんと説明するのは難しいですよね。確かに鬼門は良くない方角とされていますが、住んでいる部屋が鬼門の方角にあったり、玄関が鬼門を向いていたりと鬼門に悪い意味があると分かっていても間取りのように既に決められていてどうにも出来ないものもあります。

ではずっと運気の悪い状態を我慢しなくてはならないのかと言うと、そうでもないのです。自宅の間取りが良くない場合の対策や運気を上げる方法もきちんと存在していて、鬼門の意味をしっかり理解して鬼門対策を実践すれば、たとえ自宅の間取りが悪くても悪い運気が溜まるのを防げます。そこで今回は鬼門の意味をおさえて運気を上げるコツについてお伝えします。

鬼門と裏鬼門

鬼門の意味を簡単に言えば悪い気が溜まりやすい場所の事で、艮(うしとら)の方角である「北東」に位置します。悪い気が溜まると運気が下がり、良くない出来事が起こりやすくなる為「良くない出来事が起こりやすい場所や事柄」を指して「鬼門」と例える事もありますね。

鬼門は中国では死者が幽霊になった鬼と呼ばれるものが入ってくる場所と言われ、鬼は病や不幸を連れて来る為に良くない方角とされているのです。陰陽道においては、北と西の方角は陽の気を持ち、南と東の方角は陰の気を持つ方角。

陽の方角と陰の方角の狭間にある「北東」は気が安定しない方角と言われています。

そして、もう一つ覚えておきたい方角が「裏鬼門」と呼ばれる方角で、鬼門の方角や鬼門の意味を知っている人でも「裏鬼門」を知らない人は多いです。鬼門の反対側の坤(ひつじさる)の方角にあたる「南西」の方角が裏鬼門で、鬼門同様に悪い気が溜まりやすい方角とされています。

 

鬼門と家相の関係

鬼門や裏鬼門は家相と深く関わりがあります。不吉な方角である鬼門と裏鬼門には全ての運気の出入り口である玄関、水の流れるキッチンや浴室、トイレがあると悪い気が発生しやすく運気を下げてしまうので、多くの家でこれらの設備は鬼門では無い場所に配置されているのです。

科学的にも鬼門が良くないとされる意味がきちんとあるのをご存知ですか。鬼門が位置する北東は日当たりが悪くて湿気がこもりやすい方角なので、キッチンや浴室などの水回りがあるとカビが発生しやすく、衛生と健康上あまり良くない方角だと言えます。

また、朝晩の冷え込みが厳しい方角でもあるので浴室やトイレには向かない場所なのです。一方裏鬼門は強い西日が差す方角のため、キッチンがあると食材が傷みやすいので良くないと言われています。

 

簡単に出来る鬼門対策

鬼門と裏鬼門は不吉な方角だから玄関や水回りはNGだと言っても、既に建てられている家の間取りは簡単に変えられるものではありません。しかし、家の間取りが良くない場合の対策方法があります。特に鬼門や裏鬼門は悪い気が溜まりやすい方角ですから対策をしっかり行って家の運気を下げないようにして下さい。

鬼門対策と言えば猿の置物を飾る方法が有名ですね。神社やお寺で鬼門除けの御札を頂いて飾るのも手軽な鬼門対策です。他には「難を転じる」と言われる南天の木や、魔除けに使われる柊、運気を上げるガジュマルなどの植物を置いたり、大さじ1杯〜2杯程の天然塩を「盛り塩」として置いて厄除けをして悪い気が溜まらないようにする方法があります。

鬼門や裏鬼門の方角に悪い気を跳ね返せる鏡を向けるのもおすすめで、この時飾る鏡は丸い鏡や風水鏡とも呼ばれる八卦鏡だと尚良いです。また、運気を下げない為には掃除がとても重要であり、毎日清潔にしていれば間取りが悪くても悪い気が発生しにくくなりますから、こまめな換気と掃除を心がけましょう。

 

鬼門を怖がらない事が大事

鬼門の方角は「悪い方角」や「良くない場所」と思って避けたくなりますが、鬼門の意味に囚われて鬼門を過剰に怖がらないで下さい。鬼門の意味を意識しすぎて鬼門の方角にある部屋を暗い場所にしておくと気持ちが落ち込んで余計に悪い気が溜まってしまうのです。

鬼門に位置する部屋を明るい雰囲気に変えるだけで気の持ち方も変わりますから、もし玄関や水回りが鬼門にあるなら、壁紙を張り替えたり間接照明を取り付けて部屋自体を明るくしましょう。トイレや浴室など人によっては明るすぎると居心地が悪くなる場所もあります。

その場合は照明の光の色を暖かな色に変える、上からの照明ではなく足元に照明を付けるなど工夫をして薄暗い雰囲気にならないように変えてみて下さい。明るく常に清潔な場所にすれば鬼門の意味をそれほど怖がる必要はありません。

 

鬼門は絶対悪なのか

鬼門の意味を意識しすぎないようにした方が良いと分かっていても悪い場所と言うイメージが強く、北東の方角そのものが悪いと思ってしまいますね。ですが、一般的に鬼門にあると良くないと言われているのは玄関と水回りだけです。

実は鬼門の方角である北東は、風水では家族や友人など人間関係に関する運気を司る方角で、人が集まる部屋であるリビングがあると家族運や対人関係の運気を上げると言われています。また、貯蓄運にも関係があり、貯金箱や通帳などお金に関するものを置いて置くと良いとされている方角。

更に、北東にリビングがなかったり、お金に関するものを置ける場所でない場合でも、北東の方角の運気が上がるようにしっかりと鬼門対策を行っていれば人間関係や貯蓄に関する運気が上がりますよ

 

さて、鬼門の意味を知らずに今まで特別な対策をしていなかった人もこれから変えていけば大丈夫。鬼門の意味を知っても必要以上に怖がらず明るく清潔な場所を保っていれば運気も良くなるのです。

換気や掃除以外に出来る鬼門対策も難しい事はなく観葉植物や盛り塩、鏡や鬼門除けの御札など置くだけで効果を発揮するものがありますから、自分に合った鬼門対策をして悪い気を払い、良い気が逃げていかないようにして下さい。

また、鬼門が何事においても悪いわけではなく、鬼門である北東が風水では人間関係や貯蓄に関する運気を司る場所で、鬼門対策をして悪い気が溜まらないようにしておけば人間関係や貯蓄運が上がると言う事も忘れてはいけません。鬼門の悪い意味ばかり気にせず鬼門の運気を上げるコツを実践して、家の運気を良くしましょう。

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだカードでわかります。今、当たると話題の「マナ・タロット」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

平成はもうすぐ終わりを迎えます、この機会に是非お試し下さい。

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました