一人っ子に共通する性格の特徴と、それを理解して仲良くなるコツ

一人っ子に共通する性格の特徴と、それを理解して仲良くなるコツ
一昔前では、一家庭で数人の兄弟姉妹がいるのがあたりまえで、一人っ子は珍しい存在でした。しかし、少子化傾向の昨今では、一人っ子は子どもを持つご家庭の約3割に達し、珍しい存在から、もはや当たり前の存在になりつつありますよね。

それでもまだ世間では「一人っ子はわがままな性格の子が多い」など、イメージが先行してしまい、一人っ子は先入観で損をしてしまうことがあります。

一人っ子の性格が、どんな場合に損をしてしまうのか、どうすれば一人っ子性格を受け入れられるのか、さまざまなパターンの一人っ子性格を調べていくことで、世間のイメージとはまた違った、一人っ子の意外な面がわかってきました。そこで今回は一人っ子が直面する対人関係や家庭での話などもとりいれて、一人っ子に共通する性格の特徴と、それを理解して仲良くなるコツについてお伝えします。

一人っ子ってどんな性格?

一人っ子でどんな性格のイメージではまずは、一般的な一人っ子のイメージや共通する性格などにについてお話しします。

一般的に思われている一人っ子のイメージ

兄弟がおらず、親御さんの愛情を一心に受けてそだてられる一人っ子の性格は、どうしても「わがまま」「自己中心的」などのイメージがつけられてしまいがちですよね。

例えば、一人っ子のお子さんが友達とケンカをしたとします。兄弟のいる子よりも、一人っ子は「わがままだからケンカをする」、と偏見で捉えられることがあります。

当たり前のことですが、一人っ子といっても育った環境やご家庭の教育方針などの違いで、一概にわがままな性格になるわけではないのです。

ですので「一人っ子だからわがままだ」と、イメージを押し付けるようなことを言うような事はあまり好ましくありません。

 

一人っ子の性格は親の育て方次第

一人っ子の性格は、主に家庭での育て方が影響します。一人っ子家庭では、よくも悪くも親御さんの愛情と干渉が一人のお子さんに注がれることは確かですので、親御さんが必要以上に子どもの行動に口を挟むような過保護、過干渉をしてしまうと、いわゆる一人っ子の悪いイメージである、わがままで協調性に欠けるといった性格に育ってしまうことがあります。

ですので一人っ子を育てる親御さんは、小さい頃から子供同士の集団生活に参加させて協調性を育てたり、子離れを早くして、子どもの自立を促すなど、一人っ子への自立を徐々に促していくことが大切であると言えるでしょう。

 

一人っ子の対人関係について

一人っ子は、一人でいる時間が多いためか、「おひとりさま」を楽しめる余裕があります。一人遊びが得意で、個人の時間や空間を大切にするため、一人で過ごすことが苦になりません。そのため、大事にしている空間や自分の時間を侵されることに対してストレスを感じます。

他の人が「一人っ子は寂しいだろうから、遊んでやろう」と考えて無理やり誘っても、遊びを邪魔されて迷惑に思うこともあるのです。誘う時は一人っ子が大事にする時間や空間を考慮してからタイミングを見計らって声をかけたほうが良いでしょう。

 

一人っ子が損をしてしまう理由とは

一人っ子が損をしてしまう理由のイメージ
では次は、どうしても偏見を持たれがちな一人っ子が損をしてしまう理由やシチュエーションについてお話しします。

一人っ子への偏見は軽く受け流しましょう

世間では未だに、一人っ子やその家庭に対する間違ったイメージを持っている人もおり、一人っ子や一人っ子を育てる親御さんに対して、「兄弟がいないし、親が過保護になる、一人っ子はかわいそう」という自分の価値観を押し付けてくることがあるようです。

しかし、一人っ子に限らず、子どもはひとりひとり性格が違うものですし、一概に「かわいそう」「親が過保護になる」わけではありません。ですのでこうした発言には、ムキにならず、一人っ子家庭のメリットを説明するか、もしくは軽く受け流しておきましょう。

 

とはいえ、こんな風に見られている一人っ子の性格

一人っ子の性格の短所として代表的なのが、マイペースで周りの空気を読まないで行動するところです。これは、兄弟がいないので、自分のペースで何事も進められるからと言われています。

家でも一人遊びが得意な一人っ子の性格をもつ子どもたちは、同世代でのコミュニティでも持ち前のマイペースさを発揮し、集団から浮いてしまうこともあります。

 

誰かに頼ってしまうのは仕方のない事かもしれません

一人っ子の性格の短所として、わがままで依存型な性格があげられます。一人っ子は、小さい頃から兄弟と争うことがなく、望んだものを与えられる機会が多いせいか、人から何かやってもらえるのがあたりまえと思ってしまう傾向があります。

一人っ子側からすれば、誰かがやってくれるのならばやってもらい、誰もいなければ自分で行動するため、そうした性格の方と付き合う場合は、必要以上に世話を焼かないほうが良いでしょう。

 

実は空気が読めすぎて自分の意見を言えない事も

わがまま、マイペースな性格と思われがちの一人っ子ですが、しかしその反面、周りが大人ばかりの環境で育つので、大人たちの空気を読んで立ち振る舞うことができる、思慮深さも持ち合わせています。

また、一人っ子は、兄弟がいない分親御さんの干渉も大きいので、大人の顔色を伺いすぎて、自分の意見を抑えてしまうこともありますので、そのため相手に自分の考えが伝わらないといったストレスを感じることがあります。

 

一人っ子の恋愛の特徴について

一人っ子の恋愛の特徴についてのイメージ一人っ子の場合、成長後の恋愛関係についても、その性格やイメージで損をしてしまうことがあります。一人っ子は、親や大人があれこれと世話を焼くため依存心が強く、マイペースな性格のため、一人っ子との恋愛では、相手の性格や好みを尊重してあげることが大事です。

また、一人っ子は、大人だけの環境で育つせいか、人見知りで、なかなか自分の感情を表にださないため、相手に気持ちが伝わりづらいと感じられることがありますので、そうした一人っ子の性格を察して、付き合うようにしてあげましょう。

 

一人っ子の性格を理解して仲良くなるコツ

一人っ子の性格を理解して仲良くなるコツのイメージ
ではここからは、色々偏見を持たれていたり、実は結構複雑な一人っ子の性格を理解しつつ、仲良くなる為の方法についてお話しします。

一人っ子と仲良くなるのは、実は結構大変です

一人っ子は幼少期、家の中には一人しか子どもがおらず、親が自分の味方であっても、子どもどうしの理解者は一人も持たず育ちますよね。なので家での遊びは一人遊びが当たり前。大きくなっても、一人で勉強、一人でパソコンが当たり前です。

そのため、一人っ子の性格は、「一人であたりまえ」というところからまず形つくられます。一人っ子は、理解してもらえないのが当たりだったりするので最初からそれを諦めている人も多いのです。

ですので一人っ子と理解しあうのは簡単なことではないとまずは心得ておきましょう。

 

争い事には巻き込まないように注意しましょう

兄弟がおらず、幼少期から争うということがほとんどないため、競争や、けんかに対しては、慣れが少なく、する意味も感じられません。したがって、「のんびりやが多い」ということは一人っ子の性格でよく言われることのひとつですよね。

ですので一人っ子と仲良くなりたいなら、出来る限り争いごとには巻き込まないように注意しておきましょう。

 

相談を持ちかけるのはありかもしれません

一人っ子は争いごとが嫌いなだけに、お互いの言い分はよく聞いて、中間をとったり、仲裁するのは上手なことが多いです。多くの一人っ子の性格は平和主義で、争っても利益がないことを知っているので、解決策を見いだすということに対しては人一倍貪欲でもあるのです。

誰かと争ったり、喧嘩をしたら、一人っ子に相談をしてみるのも良いでしょう。

 

「一人っ子ってわがままだよね」の前提はNGです

「一人っ子は、わがまま」ということがよく言われますが、これは一概にはそうとは言えません。もちろん、一人で育ち、独断専行があたりまえの一人っ子は、自分でいろいろなことを判断し、相談もしないでものごとを進めることに長けています。

しかし、それと同時に周囲との調和が大事であることも知っているのです。そして多くの一人っ子は、自分の信念に反する時以外は、人の意見も尊重しようと努力しています。

ですので「一人っ子ってわがままだよね!」という前提を口に出すと、一人っ子はあなたから離れてしまいますので注意してください。

 

一人っ子とは程よい距離感を保ちましょう

一人っ子と仲良くなりたい人にとって残念な事。それは、一人っ子は、一人でいることが好きなのだ、ということです。一人でいることが当たり前だった一人っ子にとって、特定の友達に常につきまとわれ、自分の時間がゼロになることは苦痛以外のなにものでもありません。

しかし放し飼いにしてくれる友達は大好きです。毎週末一緒に出かけようとするのはタブーですが、一人っ子のプライベートを大事にしてくれる友達は大歓迎します。

一人っ子は、一人でなんでもやってしまう能力があるので、味方につければ強力です。ほどよい距離を保ちましょう。

 

一人っ子と仲良くなりたい場合は「親」の存在も忘れずに

一人っ子の特徴の一つとして、そうでない子どもに比べて「親がうるさい」ということが挙げられます。これはやむを得ない部分で、子どもが複数いると、親としてはどちらも、あるいはどの子どもも気に掛けなくてはならず、目線がどうしても分散されますよね。

これに対して、子どもが一人であれば、その子のことだけを集中して育てますから、細かいところにも目が行くし、口を出してしまうというわけです。親からの溺愛率も高いので、一人っ子は親に感謝している率も高いです。

そして友達と遊びに行くのに、帰りの時間が遅くなるとき「うち、親がうるさくて……」という一人っ子も多いもの。それに対して、「あいつ付き合いが悪い」というようなことを言ってしまうと、関係を続けることができません。また、一人っ子の親のことを悪く言うと、一人っ子のほうから、あなたから離れようとするので注意してください。

 

複雑な一人っ子の性格を受け入れてあげる事が大切です

一人っ子に限らず、長男長女、末っ子など、家族構成を元にした性格診断は、どうしてもネガティブな面ばかりが強調されてしまします。しかし人の性格は多面性があり、一人っ子はわがまま、空気を読まないなどといわれる一方で、人と争うことを好まず、おっとりとした優しい面も持っているのが実際のところです。

例えば一人っ子はわがままと言われがちですが、大人の顔色をうかがうことに長けているので、実はあまりわがまま言わないという一面も持ち合わせていたりします。

ひとりひとり性格が違うように、一人っ子の性格は「こうだ!」決めつけずに、その人の人柄や内面をしっかり理解して付き合っていくことが大切です。

 

さて、一人っ子の性格を並べていくと、当たり前ですが、様々な特徴がありますよね。もしあなたの友達や恋人が一人っ子なのであれば、偏見は抜きにして、今回お話しした内容を少しだけ役に立てて貰えたら嬉しいです。

一人っ子の性格は、基本的にその名のとおり、「一人」なのです。ですので他人から寄り添ってもらうことに対しては、人一倍の感謝を感じています。口べたな一人っ子もいますが、優しくしてあげてくださいね。すると相手もその優しさにきっと誠心誠意応えてくれることでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気

片思い中の人も、お付き合いしている人も 本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する 『真実見抜くタロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。いつ、どこで運命の人と会えるのか 今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事
タイトルとURLをコピーしました