一人っ子と思われる性格は損をしてしまう9つの理由

一人っ子と思われる性格は損をしてしまう9つの理由

一昔前では、一家庭で数人の兄弟姉妹がいるのがあたりまえで、一人っ子は珍しい存在でした。しかし、少子化傾向の昨今では、一人っ子は子どもを持つご家庭の約3割に達し、珍しい存在から、もはや当たり前の存在になりつつあります。

それでもまだ世間では「一人っ子はわがままな性格の子が多い」など、イメージが先行してしまい、一人っ子は先入観で損をしてしまうことがあります。

一人っ子の性格が、どんな場合に損をしてしまうのか、どうすれば一人っ子性格を受け入れられるのか、さまざまなパターンの一人っ子性格を調べていくことで、世間のイメージとはまた違った、一人っ子の意外な面がわかってきました。ここでは一人っ子が直面する対人関係や家庭での話などもとりいれて、一人っ子のことがわかるまとめ記事をつくりました。

 

一人っ子と思われる性格は損をしてしまう9つの理由

 



 

一人っ子のイメージ


兄弟がおらず、親御さんの愛情を一心に受けてそだてられる一人っ子の性格は、どうしても「わがまま」「自己中心的」などのイメージがつけられてしまいがちです。例えば、一人っ子のお子さんが友達とケンカをしたとします。

兄弟のいる子よりも、一人っ子は「わがままだからケンカをする」、と偏見で捉えられることがあります。当たり前のことですが、一人っ子といっても育った環境やご家庭の教育方針などの違いで、一概にわがままな性格になるわけではないのです。

「一人っ子だからわがままだ」と、イメージを押し付けるようなことを言われるようなら、そうした人たちは相手にせず、適度な距離をとるようにしておきましょう。

 

一人っ子と過保護の関係


一人っ子の性格は、主に家庭での育て方が影響します。一人っ子家庭では、よくも悪くも親御さんの愛情と干渉が一人のお子さんに注がれることは確かですので、親御さんが必要以上に子どもの行動に口を挟むような過保護、過干渉をしてしまうと、いわゆる一人っ子の悪いイメージである、わがままで協調性に欠けるといった性格に育ってしまうことがあるようです。

一人っ子を育てる親御さんは、小さい頃から子供同士の集団生活に参加させて協調性を育てたり、子離れを早くして、子どもの自立を促すなど、一人っ子への自立を徐々に促していくことが大事です。

 

こんなところで損をする一人っ子の性格1


一人っ子の性格の短所として代表的なのが、マイペースで周りの空気を読まないで行動するところです。これは、兄弟がいないので、自分のペースで何事も進められるからと言われています。家でも一人遊びが得意な一人っ子の性格をもつ子どもたちは、同世代でのコミュニティでも持ち前のマイペースさを発揮し、集団から浮いてしまうこともあります。

 

こんなところで損をする一人っ子の性格2


一人っ子の性格の短所として、わがままで依存型な性格があげられます。一人っ子は、小さい頃から兄弟と争うことがなく、望んだものを与えられる機会が多いせいか、人から何かやってもらえるのがあたりまえと思う傾向があります。

一人っ子側からすれば、誰かがやってくれるのならばやってもらい、誰もいなければ自分で行動するため、そうした性格の方と付き合う場合は、必要以上に世話を焼かないほうがいいでしょう。

 

こんなところで損をする一人っ子の性格3


わがまま、マイペースな性格と思われがちの一人っ子ですが、しかしその反面、周りが大人ばかりの環境で育つので、大人たちの空気を読んで立ち振る舞うことができる、思慮深さも持ち合わせています。

また、一人っ子は、兄弟がいない分親御さんの干渉も大きいので、大人の顔色を伺いすぎて、自分の意見を抑えてしまうこともありますので、そのため相手に自分の考えが伝わらないといったストレスを感じることがあります。

 

一人っ子の恋愛


一人っ子の場合、成長後の恋愛関係についても、その性格やイメージで損をしてしまうことがあります。一人っ子は、親や大人があれこれと世話を焼くため依存心が強く、マイペースな性格のため、一人っ子との恋愛では、相手の性格や好みを尊重してあげることが大事です。

また、一人っ子は、大人だけの環境で育つせいか、人見知りで、なかなか自分の感情を表にださないため、相手に気持ちが伝わりづらいと感じられることがありますので、そうした一人っ子の性格を察して、付き合うようにしてあげましょう。

 

一人っ子性格への偏見


世間では未だに、一人っ子とそのご家庭に対する間違ったイメージを持っている人もおり、一人っ子や一人っ子を育てる親御さんに対して、「兄弟がいないし、親が過保護になる、一人っ子はかわいそう」という自分の価値観を押し付けてくることがあるようです。

しかし、一人っ子に限らず、子どもはひとりひとり性格が違うものですし、一概に「かわいそう」「親が過保護になる」わけではありません。こうした無責任な発言には、ムキにならず、一人っ子家庭のメリットを説明しておくか、適当に受け流して相手にしないことです。

 

一人っ子の対人関係


一人っ子は、一人でいる時間が多いためか、「おひとりさま」を楽しめる余裕があります。一人遊びが得意で、個人の時間や空間を大切にするため、一人で過ごすことが苦になりません。そのため、大事にしている空間や自分の時間を侵されることに対してストレスを感じます。

他の人が「一人っ子は寂しいだろうから、遊んでやろう」と考えて無理やり誘っても、遊びを邪魔されて迷惑に思うこともあるのです。誘う時は一人っ子が大事にする時間や空間を考慮してからタイミングを見計らって声をかけたほうがいいでしょう。

 

複雑な一人っ子の性格の特徴


一人っ子に限らず、長男長女、末っ子など、家族構成を元にした性格診断は、どうしてもネガティブな面ばかりが強調されがちです。それに、人の性格は多面性があり、一人っ子はわがまま、空気を読まないなどといわれる一方で、人と争うことを好まず、おっとりとした優しい面も持っています。

一人っ子はわがままと言われがちですが、大人の顔色をうかがうことに長けているので、実はあまりわがまま言わないという一面も持ち合わせているのです。ひとりひとり性格がちがうように、一概に一人っ子の性格と決めつけずに、最終的にはその人の人柄で付き合っていくことが大事です。

 

いかがでしたか?

こうやって、一人っ子の性格を調べていくと、当たり前のことなのですが、一人っ子の性格と言っても実に様々な特徴があります。お友達や恋人がもし一人っ子だったら、これまで調べてきた性格と対策が役に立つかもしれません。

また、一人っ子だからと言われのない偏見も未だに存在するため、一人っ子のイメージで先入観をもだずに、そのひと本人との性格や相性でつきあうようにしましょう。

 

まとめ

一人っ子と思われる性格は損をしてしまう9つの理由

・一人っ子のイメージ
・一人っ子と過保護の関係
・こんなところで損をする一人っ子の性格1
・こんなところで損をする一人っ子の性格2
・こんなところで損をする一人っ子の性格3
・一人っ子の恋愛
・一人っ子性格への偏見
・一人っ子の対人関係
・複雑な一人っ子の性格の特徴

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線