ab型の性格をよく知って友好な人間関係を保つ言葉の使い方

ab型の性格をよく知って友好な人間関係を保つ言葉の使い方

『親しき仲にも礼儀あり』と言われているように、友好な人間関係を築くには守らねばならない事がいくつかあります。家族、友人、学校や職場に居る同じ年代の人、学校の先輩や会社の上司、近所の人など社会には数多くのコミュニティーが存在し、コミュニティーの数だけ関わり方は変わってきます。

そこで今回は簡単なカテゴライズとして、ab型の性格を知り、有効な人間関係を保つための言葉の使い方をいくつか紹介していきます。どのような話し方をすれば社交的に見えるのか、親しみやすいと思われるのか、年上の人間に可愛がってもらえるのか、様々な言葉の使い方を探っていきましょう。

 

ab型の性格をよく知って
友好な人間関係を保つ言葉の使い方

 



 

感謝の言葉はしっかり伝えましょう


ab型の人の中には、人は好きだが人付き合いは面倒だから苦手、初対面で馴れ馴れしくしてくる人は苦手で、1人の時間が欲しいが寂しがり屋で孤独は耐えられないという、誰にでも当てはまりそうな占いの結果のような複雑な性格の持ち主もいます。

そんなab型の人ですが、気を許せばとことん話してくれるようになります。しかし逆に、気を許さない相手の事は避けるようになります。大事なのは、遠まわしにせずにしっかりと相手に『感謝の言葉』を告げる事です。

ab型の人は物事を白か黒かとハッキリさせたがる性格の人が多く、ぼやかしたような物言いは好きではありません。誰であろうと感謝の言葉をハッキリと告げられるのは嬉しいものです。

 

相手を気遣う言葉遣いを心がけましょう


ab型の人は自己表現が苦手だという人もおり、頼まれたら断れない性格であるのと同時に人に指図されることを嫌い、それが自分のやりたくない事だった時の苛立ちは凄まじいものなのだそうです。

根は真面目な人が多いので抱え込んでしまうということなのでしょうか。そんなab型の人には、気遣う言葉を掛けてあげるようにしましょう。ab型の人がキレている時は沈黙を貫いている場合があります。

押しつけるのではなく訊ね、ちゃんと相手の意見を窺うようにしましょう。表面上は人当たりが良さそうに見えるかもしれませんが、ジッと堪えているだけかもしれません。出されているシグナルに早めに気付いてあげましょう。

 

相手が喜ぶ言葉をかけましょう


ab型の人の中には自己表現が苦手な人がいるということは前記しましたが、その大半が受け答えに関してです。ab型の人は何を考えているのかよく判らない、二重人格だと言われて困っているab型の人もいますが、自己表現が苦手だという事が関係しているのでしょう。

ab型の人は自分が嫌な事を言われて傷ついたとしても表面上は何でもないかのように笑みを浮かべる人もいるそうです。生まれた頃から根付いている日本人の価値観ですが、言われて嫌な事は避け、相手が喜ぶような事を言いましょう。何気ない一言が相手を傷つけてしまうかもしれません。

ab型の人はなんやかんや言って、人口の少ないab型であることを喜んでいます。そのようなことを言ってあげるといいかもしれません。身近なab型の人を知り、言葉を選んで人間関係を築きましょう。

 

美しい言葉を使うようにしましょう


これはab型だけではなく、社会に出て人間関係を築いていくうえで大事になってくることです。自分、もしくは周りの人が乱暴な言葉遣いをしていませんか?そんな人と仲良くなりたいと思う人は稀ではないでしょうか?

人は第一印象でその人の好き嫌いを決めてしまう事があります。そんな時、もし乱暴な言葉遣いをしていたらどうなるでしょうか?誰しも美しい言葉遣いをしている人に魅力を感じ、惹かれます。

特にab型の人の中にはその例が顕著な人もおり、最初に好意を感じれば気を許して友好的な人間関係を築いていけるかもしれませんが、最初に失敗してしまうと二度と挽回出来ないということもあるかもしれません。意識して美しい言葉を使うようにしましょう。

 

語彙力の低さを努力で補いましょう


社会に出てもまだ学生気分の抜けていない人がいるのではないでしょうか?「ヤバイ」「スゲエ」「マジ」など、これらの言葉は色々な場面で幅広く使え、当たり障りのない言葉としても多用されがちです。しかしこれらの言葉だけを頻繁に使うと語彙力が下がり、思考や発想まで単純化してしまうのです。

ab型の人は感受性が高く、他人を分析するのが好きで、自分自身も頭の回転が早い人がおり、話す相手も頭の回転が早く会話がワンパターンではなく様々な方へと広がっていくような会話をしてくれる人を好んでいるそうです。読書などをして言葉を貯えておくようにしましょう。

 

自分の気持ちは真っ直ぐ伝えましょう


自分では気持ちを伝えた気ではいても、相手はそうとは受け取っていない事があるのではないでしょうか?遠まわしに伝えて悟ってもらおうとするのではなく、自分の気持ちは真っ直ぐに相手に伝えた方が確実に届き、誤解されることもなくなるでしょう。

ab型の人は熱しやすくて冷めやすく、飽きっぽくて気分屋だという人も多いようです。自分の気持ちが相手に伝わっておらず、相手に伝わっているのだと勘違いしていると、それが理解できなかったab型の人はある日突然全てを投げ出してしまうかもしれません。素直とは言っても本音と建前は大事です。その境界線を見極めるのを忘れないでください。

 

ポジティブな言葉は最後に言うようにしましょう


よく、「良いニュースと悪いニュースがあるのですが、先にどちらを聞きたいですか?」という問いかけがありますが、これは先にどちらを聞くことで、ショックを和らげるかショックを増幅させるかという心理に基づいたものです。

人の脳は、会話の途中の事は覚えておらず、最初と最後の言葉を覚えているのだそうです。「やってみるけど難しい」という言葉よりも、「難しいけどやってみる」という言葉だと、前後を入れ替えただけなのにポジティブに聞こえてきます。

ab型は扱い辛い人だと思われがちですが、繊細なだけなのです。ab型の人に何か言う時は、「貴方は○○だけど、○○な所は凄いと思うよ」という言い方を心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

最近では血液型と性格は関係ないと言われていますが、それでも話題の一つとして長年活躍してきたので今さらという感じもしますよね。もしかしたら、自分の血液型に誇りを持っていて、自分からその血液型の特徴に近付けようと努力している人もいるかもしれません。

ab型は天才肌で、人とは違う個性的な一面を持つとされていますが、案外当たっているかもしれませんね。もしかしたらその人は、理想のab型になろうと努力しているのかもしれないのですから。

なので、人にはよりますが今回参考にしていただいた言葉の使い方を実践してみてください。有効な人間関係を築けるように頑張りましょう。

 

まとめ

ab型の性格をよく知って友好な人間関係を保つ言葉の使い方

・ 感謝の言葉はしっかり伝えましょう
・ 相手を気遣う言葉遣いを心がけましょう
・ 相手が喜ぶ言葉をかけましょう
・ 美しい言葉を使うようにしましょう
・ 語彙力の低さを努力で補いましょう
・ 自分の気持ちは真っ直ぐ伝えましょう
・ ポジティブな言葉は最後に言うようにしましょう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線