開運財布は間違えて選ぶと、運気を下げてしまう9つの理由

開運財布は間違えて選ぶと、運気を下げてしまう9つの理由

金運アップする方法のひとつとして、「開運財布を買う」という人は、たくさんいるのではないでしょうか。新年の初めに財布を買うと良いとか、「春」は「張る」に通じるので、春に財布を買うと良いとか、いろいろ言われていますね。あなたは、「開運財布」を選ぶ時、どのようなことに気をつけていますか?

 

開運財布は間違えて選ぶと、
運気を下げてしまう9つの理由

 



 

金運を上げるには、本当に「黄色い財布」?


では、実際に「開運財布」を買う時に、一番に気をつけなければならないのは、何でしょうか?一般的に「黄色い財布」は金運を上げると、されていますが、あまりにも「真っ黄色」というのは、お勧めしません。

できれば、もう少し落ち着いた黄色、もしくは、クリームイエローがお勧めです。同じく、ゴールドの財布も、全体がゴールドではなく、一部にゴールドがあしらわれたもの、チャームが付いたものなどが良いでしょう。

 

「赤色」・「青色」の財布はNGです


「開運財布」の色として、NGなのは、「赤色」と「青色」です。赤色は「火」を連想させる色で、すべてを燃やす色です。これから入って来るお金だけではなく、今ある財産までも燃やしてしまいます。

それでは、青色なら良いかといえば、これも「水」を連想させる色のため、入って来たお金を流してしまう、貯めることのできない色なのです。

「開運財布」として最もふさわしくない色、避けたほうが良い色は、この二色だと言えます。

 

長財布と折りたたみ財布


財布の中に、いつもお金に居て欲しいと思うなら、長財布が良いでしょう。開運財布を選ぶポイントのひとつには、お金に気持ち良く居ついてもらう、ということがあるからです。長財布なら、お札が伸び伸びと体を伸ばせて快適だからです。

財布はお金の家です。常にきれいに整理整頓して、レシートなどはこまめに捨てましょう。小銭で財布がパンパンになっている人は、是非、小銭入れを別に持ちましょう。小銭でいっぱいの財布には、大きなお金は入って来ないからです。

 

素材にも気を配って


「開運財布」として選ぶなら、本皮がお勧めです。金運アップに蛇皮の財布はよく知られています。これは素材の性質を受けるということで、意味があってのことなのです。一番避けなければならないことは、安物の財布を買うということです。

開運財布です。安物では、金運は決してアップしません。財を成したお金持ちの人たちは、皆、高級な財布を持っています。何故なら、お金は居心地の良い財布が大好きです。お金持ちの人の持つ財布は居心地が良いので、また、そこへ帰って行きたくなるからでしょう。

 

使いにくい形の開運財布


あまりにも金運アップばかりを考えた開運財布で、素材やデザインばかりを重視した財布もどうかと思います。大切なのは、使いやすさです。財布は毎日使うと言ってもいいほど、生活のなかで、重要な位置を占めています。

その財布が使い勝手の悪いものでは、かえってストレスになってしまいます。お金の管理がしやすいものが、良い開運財布といえるのではないでしょうか。きちんと管理された財布ならば、無駄なものを買ってしまったり、衝動買いをするということもなくなるでしょう。

 

自分が気に入らない、好きではない開運財布


財布というのは、大変身近な存在だと思います。その財布を、開運財布だからといって、自分が気にいらない、好きではない財布を持っていては意味がありません。それでは、愛着がわかないばかりか、かえって、運気まで下がってしまいます。

毎日使うものこそ、自分が好きで選んだものを使っていますよね。それと同じです。開運財布もまず、自分が気に入ったものを選んでください。それを日々使うことで、財布に愛着がわき、金運も上がっていくのだと思います。

 

開運財布の中身が空っぽ


お金は「寂しがりやさん」です。いくら立派な開運財布でも、財布の中でひとりぼっちは嫌なのです。仲間を入れてあげてくだい。お金が無くて無理だという人は、黄色の紙を入れておいても良いでしょう。又は、小さなマスコットでもOKです。

お金が返る「カエル」や、お金を招く「招き猫」など。あと、開運財布を買ったら、最初になるべくたくさんのお金を入れて、9日間は静かな場所で保管しておくと良いそうです。そうすることによって、財布がいつもこのくらいのお金があることを覚えて、貯まりやすくなります。

 

財布にも寿命があります


いくら立派で、高級な開運財布でも、何年も使い続けることは良くありません。お金はいろいろな人の手を渡っています。そのため、さまざまな運気を運んで来てしまいます。中には、負のエネルギーに満ちた人が手放したお金もあるかも知れません。

財布とは、そういったお金を入れておくものなので、とても疲れやすいのです。残念ながら、財布は一生ものではないと割り切って、3年を目安に買い変えたほうが良いでしょう。その際、財布には感謝の気持ちを伝えてから、捨ててくださいね。

 

開運財布は、北側の静かで暗い場所に


お金は、静かで暗い所が好きです。家に帰ったら、財布も仕舞っておきましょう。一番良いのは「寝室の北側の暗い場所」です。財布専用のスペースを取り、必ずそこに仕舞っておくことです。

財布を、いつもカバンに入れたままという人は、要注意。カバンは、「外出用」です。財布がいつもそこにあると、お金も出て行ってしまうのです。また、家の中でも、キッチンに財布を置いておくのもNGです。キッチンは「火」の気が強いため、金運そのものを燃やしてしまうからです。

 

いかがでしたか?

「開運財布は間違えて選ぶと、運気を下げてしまう9つの理由」ですが、如何ですか?開運財布は買っただけで、金運がぐんぐん上がり大金持ちになれるわけではありません。当然、自分の努力も必要ですよね。開運財布を、金運を上げる、ひとつのアイテムとして活用する。そのほうが、楽しく金運アップできそうな気がしませんか。

 

まとめ

開運財布は間違えて選ぶと、運気を下げてしまう9つの理由

・金運を上げるには、本当に「黄色い財布」?
・「赤色」・「青色」の財布はNGです
・長財布と折りたたみ財布
・素材にも気を配って
・使いにくい形の開運財布
・自分が気に入らない、好きではない開運財布
・開運財布の中身が空っぽ
・財布にも寿命があります
・開運財布は、北側の静かで暗い場所に

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線