上手な別れ方が、お互いの人生のプラスになる9つの理由

上手な別れ方が、お互いの人生のプラスになる9つの理由

誰もがたった一回の恋愛で、終生のパートナーを得られる訳ではありません。世の中には、初恋を実らせて幸せになっているカップルもありますが、大多数の人は幾度かの恋愛の末に、人生を共にしたいと思う人に出会うのではないでしょうか。

恋愛と別れは表裏一体なのかも知れません。そう思えば、いたずらに別れを怖がることは無いと思いませんか?別れ方ひとつで、これからのあなたの人生が変わって行くとすれば、良い方向に変わって行きたいと願うのは、至極当然のことですよね。

 

上手な別れ方が、
お互いの人生のプラスになる9つの理由

 



 

その1: 別れを「美しく」するのは無理なこと


どうせ別れるのなら、ドラマのように「美しい思い出になるように」別れたい。はっきり言ってこれは「無理」です。誰でも別れは辛く苦しいものです。ドラマのようにはいきません。別れを決意するまでには、自分の中でいろいろな葛藤があります。

自分の嫌な部分を相手に見せなければならない時もあります。全てをさらけ出し、心の底から自分の気持ちと向き合わなければ、別れることなどできないからです。ここで、しっかり気持ちの整理をしなければ、良い別れにはなりません。

 

その2: どちらか一方が傷つくわけじゃない


よく恋愛では「振った方が、振られたほうより傷つかない」と言われていますが、これも間違っていると思います。別れのダメージは双方に等分にあって然るべきものだと思うからです。

たとえ一方的に思える別れだとしても、そこに至るまでにはお互いの気持ちのすれ違いや、感情のもつれなどが、あったはずです。人は嫌なことを言う時は、とても勇気が要ります。「別れ」を切り出すのにも勇気が要るのです。そう思えば、振った方も深く傷ついているのではないでしょうか。

 

その3: どんな別れ方をしても「別れた」事実は同じ


結果的に別れになってしまった恋愛でも、楽しかった思い出や、良い思い出まで無くなってしまうわけではありません。確かに別れは辛く悲しいことですが、別れ方まで辛い思い出にしてしまっては、いけません。別れはあなたが最後に相手に見せる姿です。

二人の恋愛まで否定したくなるような別れ方であって良いはずはないのです。しっかりと心の整理をして別れに臨んでください。取り乱して「修羅場」を演じるのだけは止めましょう。

 

その4: 惰性で繋がっていただけかも知れません


何となく一緒にいるだけで、付き合っていると安心している人も多いと思います。たとえ将来が見えなくても、今のままで良いと自分をごまかしてはいませんか?あなたは本当にそれで良いのでしょうか?

今の状態が、これから何年か先の二人にとって、良い方向に向かって行かないのでは?と思うならば別れを選択するのも有りなのではないでしょうか。お互いのために一度良く話し合うことも大切だと思います。

 

その5: 「大嫌い」になるまで一緒に居てはダメ


「もうダメかもしれない」。「もう別れた方が良いのかもしれない」。そう思いながら付き合っていても、幸せにはなれません。ネガティブな気持ちは相手にも伝わってしまいます。一度は好きになった人です。

気持ちが冷めてしまったとしても、相手の存在全てを否定することはしないでください。最終的に憎しみあって別れるのはとても辛いことです。そうなる前に結論を出した方が、二人にとって最良の選択になるのではないでしょうか。

 

その6: お互いのプライドは捨てないで


別れる時、二人の気持ちはまったく同じではないと思います。「別れ」を選んだという事実は同じですが、若干の気持ちのズレはきっとあると思います。たとえば、まだ自分は相手に未練を残しているのに、別れなければならない、そんな時もあるかも知れません。

でも、いつまでもしがみついたりしないでください。辛くても気持ちの整理をして、最後のプライドを持ちましょう。お互いのお荷物になるような別れ方ではいけません。

 

その7: 傷ついた分だけ心は成長した


別れはマイナス面だけではありません。辛い別れを経験したことで、あなたの心は確実に成長しています。心の痛みが分かる人は、異性にも同性にも好かれます。人間的に成長したあなたの前には、今まで以上に良い出会いや巡り会いのチャンスがあるはずです。

別れで流した涙が、あなたの心を浄化してくれます。辛い時は泣いて良いのです。そして、泣くだけ泣いたら、もう一度笑顔を取り戻しましょう。

 

その8: 「別れ」があるから「出会い」がある


あなたにとって、この恋が最後の恋ではありません。「出会い」はあなたのまわりに無限に存在していることを忘れないでください。また、新しい出会いのためには、別れが必要になっている場合もあります。

そのためには、今、気持ちの整理をして別れを選択することも視野に入れなければならないと思います。別れは新たな出会いのきっかけでもあります。これからのお互いの人生のため、良い別れ方を模索しましょう。

 

その9: また、いつか再会した時に笑顔で会える


恋愛には二つの終着駅があります。ひとつは「結婚」、もうひとつは、「別れ」です。残酷なことを言うようですが、これは紛れもない事実です。結婚という終着駅に辿りつかなかった恋愛が終わる時に別れが来るのであれば、憎みあい罵りあって別れるより、その一歩手前で別れましょう。

お互い顔も見たくないほどの別れ方では、二人とも不幸になるだけです。いつかどこかで、ばったり会った時に笑って会える、そんな心の余裕を残した別れ方ができれば最高だと思います。

 

いかがでしたか?

たとえ、今の恋愛が上手くいかなかったとしても、その経験はあなただけのものです。そして、たくさん恋愛して、たくさん傷付いたとしても、それは全部あなたのこれからの人生にプラスになっていくはずです。反対に「何も知らない」ことは非常に残念で勿体ないことだと思います。せっかく縁あってこの世に生まれてきた命なのですから、いろいろな経験をした方が人生得した気分になりませんか。そう思えば別れも捨てたものじゃないと思うこともできるということです。

 

まとめ

上手な別れ方が、お互いの人生のプラスになる9つの理由

その1: 別れを「美しく」するのは無理なこと
その2: どちらか一方が傷つくわけじゃない
その3: どんな別れ方をしても「別れた」事実は同じ
その4: 惰性で繋がっていただけかも知れません
その5: 「大嫌い」になるまで一緒に居てはダメ
その6: お互いのプライドは捨てないで
その7: 傷ついた分だけ心は成長した
その8: 「別れ」があるから「出会い」がある
その9: また、いつか再会した時に笑顔で会える

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線