好きのサインを効果的に伝える5つのコツ

好きのサインを効果的に伝える5つのコツ
良いと思っている人がいるけれどとても口で伝える勇気はなくて、もし一緒に楽しい時間を過ごしているだけで「好き」のサインを自然に相手に伝えられる方法があったらぜひ試してみたいですよね。

人の心理的な性質を上手に使えば、心理的な錯覚や親和性を高められるような行動を繰り返し積み重ねていく事で、相手に自然に好ましいと感じてもらう事も出来るのです。いつの間にか、好きのサインが相手にきちんと伝わって、自然に自分の事も好きになってもらえればとただ夢見てその日を待つよりも。

言葉でストレートに「好き」と伝えられないまでも、自然な好きのサインをあちこちにちりばめてみる事で、良いなと思っている相手に、不自然さを感じさせずに親近感や好感を持ってもらう事が出来ます。

直接言葉を使わない好きのサインを覚えて、自然に二人の心の距離を縮めるための種まきをしていく事が大切です。そこで今回は好きのサインを効果的に伝える5つのコツについてお伝えします



 

好きのサインを効果的に

伝える5つのコツ

 

聞き上手、相づち上手になって、関心があることを伝える


話を上手に聞いて、相手の気持ちを受け止める。聞き上手はあなたに関心があります、と好きのサインを伝える行為です。ただ聞くだけでなく、相手がどんな性格かどんな事を心地よいと感じるかに合わせて、相手の話やすい雰囲気や環境にする工夫をしてみます

相づちが打てるということは、相手に共感しているということ。人は共感してくれる相手に惹かれるのできっともっと話したいという気持ちになって、様々な話をしてくれるようになるので、自然に共通点やお互いの似たような体験、好きな事等いろいろな知識が増えていきます。

その結果、どんどん親近感が増す要素や機会が増えて親密になる気持ちの良い循環が出来ていきます。相手が良く知っている事を気持ち良く話してもらうために、少し知らないふりをする気遣いが出来る事も大切です。共感の相づちを打ち、共通点を示していく事で、相手も自分も心地良くいられる関係に近づいていきます。

また、相手への質問は興味・関心を示す事につながります。すぐに会話が終わってしまうイエス・ノーの質問ではなく、イエス・ノーで答えられない「5W1H」のような開いた質問で、会話がどんどん続くようにするのがお勧めです。

 

目で好ましいと思っている気持ちを伝えてみる


好きな人の事はつい目で追いかけてしまったり、気がついたらいつの間にかじっと見つめていたりするもの。目は口ほどに物を言うという言葉通り、目は気持ちのサインを伝えるのと同時に、気持ちのサインを受け取る場所でもあります。それを上手く利用する事で、好きのサインを上手に伝える事が出来ます。

良いなと思う人が近くにいて、仲良く自分から話しかけられるぐらいの関係なら、きちんと目を見つめて話をするように意識してみます。目は自然に輝き、好きという気持ちも相手にも気持ちの良い方法で自然に伝わります

さらに、きっかけもなく自分からは積極的に話しかけられない人にもお勧めの方法があります。話しかけられないけれど、思わず目で相手の姿を追ってしまっている事に気がついたら、そのまま目が合うまでちょっと見つめてみて、目が合ったらその瞬間にさっと視線をそらしてみます。

相手を意識して恥ずかしげに視線を外す行動は、好きという気持ちを言葉に変わって告白してくれるようなもの。目を使う方法は、好きのサインを伝えるのにとても効果的です。

 

気がつけばいつも身近にいる存在になる


人はいつも身近にいる人に親近感や好意を持ちやすいので、何度も顔を合わせる機会が多くなる事で緊張感がなくなり、安心して心を開きやすくなっていくものです。楽しい時、辛い時、側にいる人と共有した感情や体験は、お互いをより親密にして、心の距離をさらにぐっと縮めてくれます

好きのサインを受け取ってもらいやすくするには、気がつけばいつも身近にいる存在になる事も大切な要素です。自然に近くにいられる状況を整えたり、顔を合わせられる機会を意識的に増やしてみます。「気がついたらいつも側にいる」が理想的です。物理的に近づく事で心の距離も近づいて、自然に気持ちも好きのサインも伝わるようになります。

 

気になる人にだけ、意外な一面や自分の弱い部分をさらけ出してみる


好きのサインに気づいてもらうには、気になる相手に自分の存在を意識してもらったり、少し特別な存在に感じてもらう事も大切です。一緒にいる時に、いつも落ち着いている人は無邪気な一面を覗かせてみたり、真面目なしっかり者ならおっちょこちょいな一面を出す等、いつもは隠している意外な一面を覗かせてみます

人はいつもと違う意外なギャップに惹きつけられるもの。「自分にだけ」と思わせる事が出来れば、心の距離はぐっと縮まります。自分の内面的な情報を打ち明けたり、相手の内面的な情報を知るという事にもつながるので、居心地の良さや安心感となってお互いに親近感が強まっていく事になります。

自分の情報の中でも特に効果的なのは、自分の弱い部分を見せる事。自分から心を開く事で、相手も同じように心を開いて、同じような情報を伝えようとします。会話を重ねながら、少しずつ悩みや秘密を共有できる関係になれば、好きのサインはしっかり伝わるはずです。

 

自然な好意をちりばめて、好きのサインが伝わりやすくする


好きのサインを受け取ってもらいやすくするには、相手に自分が好意を持っているという事に気づいてもらう事がとても大切です。どんな人との関係であっても、まずは自分から好意を伝える事が人と上手くいく秘訣なのです。人は誰かに何かをしてもらうと、自然に何かお返しをしようと思う返報性の原理というものがあります。

これは好意についても同じ働きをします。つまり、好きという好意を示されると、余程の事がない限り好きという気持ちに近づいていくのです。相手を認めたり、気にかけている事をさりげなく伝えられそうなくらい、小さな自然な好意を日常の中にちりばめてみるのがお勧めです

人は誰かに認めてもらいたいという気持ちがあるので、良いなと思っている部分等を、自然に相手が気持ち良く受け取る事が出来る程度に褒めて、喜んでもらう事もとても大切なことです

一緒にいる空間ではどんな時も、いつも笑顔でいられる事を心がけたり、相手に話しかける時にはきちんと名前を呼ぶようにしてみたり、楽しい時や悲しい事があった時等、感情の動きを自然に表せる程度にボディタッチしてみるのもお勧めです。相手に好感を与えて二人の距離が自然に縮まって、好きのサインが自然に伝わりやすい関係になっていきます。

 

いかがでしたでしょうか。好きのサインを効果的に伝える5つのコツを上手に使えば、自然に好きのサインの種まきが出来る、良いなと思っている人に自然に好きのサインを伝えられるような魅力的な人になる事ができます

5つのコツは初めは努力したり意識したりしながらやっていても、続けているうちに良いなと思う人だけでなく、どんな人にでも自然に当たり前の事として振る舞う事が出来るとても素敵な人になります

人の心理を上手に使って、自分の上手くいかないパターンを変えてみる機会にしてみたり、誰かとのコミュニケーションを上手に取れるようにこっそり練習してみる事は、自分自身を魅力的に成長させるとても良いきっかけになります

心理学はとても平和的に「三方よし」の良い循環を生み出す方法でもあります。誰かに好きのサインを伝えるような対人にだけでなく、人が物事に上手に取り組んだり、苦手なものを克服しようとする時にも、心理学を使う事で無理なく上手に物事を進められます。上手に取り入れてなりたい自分になる事に役立ててみるのもお勧めです

まとめ

好きのサインを効果的に伝えるコツ

・聞き上手、相づち上手になって、関心があることを伝える
・目で好ましいと思っている気持ちを伝えてみる
・気がつけばいつも身近にいる存在になる
・気になる人にだけ、意外な一面や自分の弱い部分をさらけ出してみる
・自然な好意をちりばめて、好きのサインが伝わりやすくする

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線