夢で好きな人が現れたら、その恋の行方は?

夢で好きな人が現れたら、その恋の行方は?
夢に好きな人が現れたら嬉しいですよね。片思いの相手に恥ずかしくてなかなか話しかけられないという消極的な人や好きな人との物理的距離が遠くて会える機会が少ない人にとっては、例え夢でも好きな人を見ることができたり、触れ合えることは嬉しいことです。

また、夢に好きな人が現れるとその恋がうまくいくような気がする人も多いですよね。しかし、夢に好きな人が現れたからと言って、必ずしも良い兆候の表れとは限りません。夢には自分の強い欲求が投影されることや逆夢と言って夢の内容とは逆の意味となって未来を予知することもあります。

そこで、その夢が何を示しているのかを自分で判断するために、夢に好きな人が現れた場合にその夢が示す意味や恋の行方について7つのポイントをお伝えします。



 

夢で好きな人が現れたら、
その恋の行方は?

 

仲良くする夢


夢に好きな人が現れて自分と仲良くしている夢を見たら、それが現実になると思いがちですが、これは自分の欲求や願望が夢に表れているだけの可能性が高いです。

自分が好きな人と仲良くしたいという気持ちがかなり強い状態にありますから、この状態が続くと気持ちが先行してしまい空回りしてしまうかもしれません。好きな人を過剰に意識せず、自然に距離を縮めることが重要です。

 

会話をする夢


好きな人の正面に座って会話をしているという夢を見たら、それは好きな人と自分が対等な関係になりつつあるということを表しています。正面で相対しているという事は、自分と好きな人、どちらが上でも下でもない状態です。

そのため、夢で好きな人と相対して会話をしているという事は、立場が対等だという状況なのです。しかし、これは必ずしも恋愛において対等だということではありません。友人として対等な立場になることもありうるのです。

 

手をつないで歩く夢


片思いの人にとっては、夢で好きな人と手をつなげたら、舞い上がってしまうほどうれしいですよね。手をつないで歩くという事は、並んで一緒に歩くという事です。これは、生涯のパートナー、すなわち結婚相手であることを示しています。

ところが、手をつないで歩く夢を見たからと言って好きな人と結婚できるというわけではありません。これは自分の願望である可能性が高いのです。しかし、それくらい好きな人のことを真剣に考えているという事は確かです。

 

目が合う夢


好きな人と目があえば、相手に脈があるのかなと思いますよね。相手が自分に対して好意があるとは言い切れなくとも、少なくとも目が合う事で相手も自分のことを意識するようになるかもしれません。

しかし、夢で好きな人と目が合うという場合は、実際にはそのようなことが起こらないという逆夢の可能性が高いため、すぐに目を反らすべきです。目が合って脈ありと感じるような夢を見てしまうと実際にはそのようなことにならないため、あえて自分から目を反らした方がよいのです。

 

ケンカをする夢


夢で好きな人が現れたとしても、その夢の中で好きな人とケンカをしていたら起きた時に落ち込みますよね。ただでさえ人とケンカをするのはあまりよい気持ちはしませんから、好きな人とのケンカとなればなおさらです。

しかし、好きな人とケンカをするという夢も逆夢の可能性で、実際には近い未来に友達として、もしくは恋人として仲良くなれる可能性が高いのです。そのため、好きな人とケンカをする夢を見たからと言って落ち込む必要はありません。

 

冷たくされる夢


夢で好きな人に冷たくされたり、話しかけているのに無視をされるような態度をとられたら精神的に傷つきますよね。しかし、夢で好きな人に冷たくされるのは逆夢の可能性が高く、実際には好きな人がアプローチをしてくるかもしれません

もしくは、好きな人と距離を縮められるチャンスが訪れるかもしれないので、そのような機会が訪れたらすかさず積極的にアプローチをしていくと効果的です。

 

お菓子をもらう夢


夢で好きな人からケーキやクッキー、チョコレートなどのお菓子をもらった場合には、好きな人から将来愛情をもらえるようになるという事を暗示しています。

甘いお菓子は愛情の象徴です。チョコレートやケーキなどの甘くてロマンチックなお菓子であれば、その愛情は恋愛感情である可能性が高く、和菓子などほっこりするようなお菓子であれば家族のような深い愛情、ポテトチップスなどジャンクフードの場合には友情という風にとらえることができます。

 

如何でしたでしょうか。夢に好きな人が登場したら嬉しい気持ちになるのが自然なことです。しかし、夢に好きな人が登場するという事は、自分の好きな人に対する気持ちが強すぎて夢にまで登場してしまうということの方が多く、予知夢である可能性は低いのです。

実際に恋人がいて気持ちが満たされている人はめったに好きな人が夢に登場することはありません。それは、一緒にいて気持ちが満たされているため、相手を強く欲する必要がないのです。一方、片思いで相手に気持ちが伝わっていないとその強い欲求が夢に好きな人が登場するという形で現れるのです。

今回解説したように、夢に好きな人が登場した場合、その夢の内容は逆のことを意味していることがほとんどです。しかしだからこそ、夢に現れた自分の深層心理を活用して自己分析をすることで好きな人と良好な関係を築いていくきっかけにしましょう。

まとめ

夢で好きな人が現れる意味とは

・仲良くしている夢は自分の願望が表れている
・相対して会話をする夢は対等な関係になりつつある
・手をつないで歩いているのは生涯の伴侶としたいという事
・目が合う夢は逆夢なのですぐに目を反らす方がよい
・ケンカをする夢は近い未来に仲良くなる暗示
・冷たくされる夢を見たら相手が自分を意識しているかも
・お菓子をもらう夢は愛情をもらえるということ

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線