過去の失恋から学び、次に活かす7つの教訓

過去の失恋から学び、次に活かす7つの教訓
失恋はできるだけしたくないですよね。好きな人に別れを告げられるのは辛いですし、ずっと一緒にいたいと思うのが自然です。しかし、人間ですから気持ちに変化は生じます。付き合い始めた頃はお互いが好き合っていても、時間の経過とともに相手に対する気持ちが変化して破局してしまうのです。

失恋をすると大半の人は落ち込みますし、すぐには立ち直れません。それは相手の事をいかに真剣に好きだったかの証明でもありますが、失恋をただの失敗として捉えて落ち込むだけでは次の恋愛でも同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。

失恋をしたら辛いかもしれませんが、自分に何が足りなかったのか、何がいけなかったのかを学び、次の恋愛に教訓を生かすのが賢い考え方です。そこで、失恋から学んで次に活かす教訓の7つの事例をお伝えします。

束縛をしない

失恋した時に相手から「重い」とか「束縛がきつかった」などと言われた人は、自分が嫉妬深いということを自覚しましょう。嫉妬深い人はたいてい自分を正当化してしまうのですが、客観的に見ると嫉妬深いケースが多いのです。

相手の予定や「昨日何してたの」などと過去の行動を聞いたり、相手が誘いを断った時に「友達の方が大事なの?」などと詰め寄った経験がある人は、相手を信頼して嫉妬心を抑制するよう意識する努力をしましょう

 

浮気を許さない

彼のことが好きだから彼が何をしても許してきたのに失恋してしまったという人は、彼に甘えすぎたことが振られた原因かもしれません。例えば、彼が浮気をした時にそれを許してしまうと、彼の方は「何をしても許される」と思い、浮気に罪悪感を感じずにするようになります。

最終的に自分のもとに戻ってきてくれればよいと思うかもしれませんが、彼の気持ちは野放しにされるとどんどん離れていきます。浮気をするうちにより魅力的な女性と出会ってしまうかもしれませんから、彼女として言うべきことは彼に言えるようにしましょう

 

金銭的援助をしない

付き合っている時に彼とのデート代や食事代を自分の方が負担することが多かったという人は、彼にとって自分が恋人ではなく、金銭的な援助をしてくれるお財布のような存在になって失恋した可能性があります。

相手のことがいくら好きでも、金銭的な援助をしてしまうと、相手が自分を見る目が変わっていきます。お金をくれる存在になってしまうと、代わりはいくらでもいますし、彼に経済的な余裕ができたら不要になってしまうので、恋人とはあくまでも対等な立場でいるよう心がけましょう

 

連絡を催促しない

LINEで返事が返ってこないと不安になったり、イライラすることってありますよね。相手のことが好きであればなおさら気になるものですが、あまりしつこく返事を催促するのは禁物です。

仕事やバイトで忙しい彼の場合には、日をまたいでしまう程度の時間は大きな気持ちで待てるように自分を律しましょう。疲れてスマホを開いた時に未読メッセージで「どうしたの?」とか「どうして返事くれないの?」などという催促があるとどんどん気持ちが萎えてしまいますから、失恋に至ってしまうのです。

 

わがままを言いすぎない

付き合い始めはお互いに好きの気持ちがピークですから、相手に対して優しくなります。しかし、好きの感情はだんだん落ち着いてくるものです。それなのに付き合い始めに優しかったからと言って相手にわがままを言いすぎると失恋につながる可能性があります。

交際期間が長くなればなるほど、お互い助け合う気持ちの方が強くなっていきますから、自分ばかりがわがままを言っていたという人は、次の恋愛ではわがままの言い過ぎに注意しましょう。

 

自分磨きをする

彼から振られた理由が自分の体形の変化だったかもしれないという人は、失恋を期に自分磨きをしましょう。特に一人の人と長い期間付き合っていた場合、片思いをして自分磨きをする努力を怠っているケースが多くあります。

失恋で悔しい思いをしたのであれば、彼を見返してやるという気持ちでダイエットをしたり、美容に力を入れるなどして、次の恋愛を始める準備をしましょう。

 

新しい彼女を分析する

失恋した後に、彼がすぐに新しい彼女を作ったと聞いたら、悲しいですし、怒りさえわいてきますよね。しかし、元カレの新しい彼女というのは次の恋愛に活かす良き教科書になります。

要は、彼は自分に足りなかったり不満に感じていた事を新しい彼女に求めたということですから、新しい彼女をよくよく分析して、自分に足りない点や自分にない魅力を探しましょう。これをすることで、自分の魅力は幅広くなっていきます。

 

如何でしたでしょうか。失恋したら、相手に対して怒りを覚えるケースと、とにかく打ちひしがれて落ち込むケースの2パターンに大きく分けられます。前者の場合は、自分に非がないという自覚があるということですが、本当に自分に非がなければ彼に振られることはありませんから、やはり自分を顧みることが必要です。

後者の場合には、自分がいけなかった部分と向き合いたくなくなるかもしれません。しかし、少しでも自分に原因があったと思えるのであれば、辛いかもしれませんが、その原因と向き合って自分を変えていきましょう。失恋は失敗ですが、一方で失敗は成功のもとなのです。

今回お伝えした失恋から学ぶことができる教訓は、具体的な事例を想定したものです。自分はどのケースに当てはまるか、近しいかを考えながら次の恋愛に活かしていきましょう。

まとめ

過去の失恋から学び、次に活かすには

・嫉妬深い人は相手を束縛しないよう心がける
・いくら彼の事が好きでも浮気は許してはいけない
・金銭的な援助はせず対等な立場でいる
・連絡が途絶えてもしつこく返事を催促しない
・いくら優しい彼にでもわがまま過ぎは禁物
・体形が変わった人は自分磨きでダイエットする
・相手の新しい恋人から自分に足りない点を学ぶ


連記事
タイトルとURLをコピーしました