三碧木星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ。

三碧木星(さんぺきもくせい)の「性格」と「恋愛パターン」「相性」まとめ。

三碧木星 (さんぺきもくせい)とは、生まれた年、月、日から導き出す、中国で古くから伝わる九星気学の星の1つです。成人した大人は、生まれ年で決まる本命星の影響を日々受けて人生が決まっていくと言われていますから、生まれ持った星を知ることで性格や恋愛傾向、相性をなどを見ることができます。

自分やパートナーの気質を理解したり、生まれ持った運勢や宿命を知っておけば、人生をよりよい方向に進められますよね。そこで今回は三碧木星 (さんぺきもくせい)の長所や短所などを含めた性格や恋愛傾向、そして他の星との相性について解説していきます。

三碧木星(さんぺきもくせい)の性格の特徴と恋愛傾向について

三碧木星(さんぺきもくせい)の性格と恋愛傾向のイメージ

ではまずは、三碧木星の基本情報についてです。三碧木星の生まれは以下の年になりますので、自分やパートナーが以下の生まれ年であることを確認しましょう。

三碧木星の生まれ年

○1934年(昭和9年)
○1943年(昭和18年)
○1952年(昭和27年)
○1961年(昭和36年)
○1970年(昭和45年)
○1979年(昭和54年)
○1988年(昭和63年)
○1997年(平成9年)
○2006年(平成18年)
○2015年(平成27年)

 

三碧木星の基本性格

三碧木星の人は常に動いているイメージを人に与え、肉体的な行動だけではなく、頭脳、精神も常にアクティブに活動している印象です。少年少女のように好奇心が旺盛で、目にしたもの、耳にしたものを素早く吸収することができます。身体反応が良いので、どんなことにも上達し易い得な性質の持ち主です。

行動も考え方も若々しいので、外見的にも若く見える人が多く、歳をとっても生き生きとした若々しい印象を与えます。くよくよしたりすることがないので、ストレスも小さく、翳りのない顔つきをしている人が多いのが特徴です。

そして性格的には正直でまっすぐ、裏表のない人です。寛大で人に優しくすることもできますので、人々から信頼を得ることができます。指導者や管理職として尊敬される人も多く、仕事の上でも成功が見込めます。

そして要領が良い事もあり、チャンスを捕まえるのが上手い星でもあります。

三碧木星の人は意志の強い人でもありますので、信念を曲げることはしません。その分、行き過ぎると頑固になってしまいがちで、人と衝突することもよくあります。ストレートな人なので、衝突を避けたりはせず、正面からぶつかります。その代わり、いったん仲直りすれば、後腐れなく以前通りに接することができます。何につけても、まっすぐなのが三碧木星の人の特徴です。

 

三碧木星の長所

では次に三碧木星の長所を見てみましょう。三碧木星は、動きとその成果を表す星です。仕事でも勉強でもスポーツでも、目標を決めたらやり遂げる意志の強さ、強靭な精神力が最大の長所です。意思決定の早さ、的確さも三碧木星の長所の一つで、事業の成功もその判断力についてくるものです。

一方で、人に対しては思いやりがあり、穏やかで優しく人に接することができるのも三碧木星の長所です。

そのため、人を使うのも上手く、上手に人々を差配して、導いていくことが出来ます。率先力、指導力を兼ね備えていますので、指導者として期待される人材となります。

また、仮に失敗しても、打たれ強く、立ち直りが早いのも三碧木星の長所です。好奇心旺盛で率先力のあるので失敗を怖がらずどんどん前に進みますが、これは失敗したときにもへこたれることがないからできることなのです。失敗しても、その失敗から何かをつかみ取れるのがこの星の特徴です。

三碧木星の人は行動力においても、老いても衰えを知りません。自分に自信を持っているので、逆境にあっても、気概に満ちています。その活力が一層若々しく見せることになるのです。

 

三碧木星の短所

星の持つ長所と短所は常に表裏にあります。三碧木星の最大の長所である意志の強さは、度を越せば頑固さにつながります。さらに、自分の能力に対する自信がいきすぎれば、強引でワンマンととられることもあります。人の意見に耳を傾けることができないと、成功はしても、人との軋轢を生むことになるでしょう。

また、人に優しく、特に部下や目下の人に対する面倒見の良さは、時に、おせっかい、でしゃばり、押し付けがましさといった短所に転ずることになります。

自分では良かれと思ってやっていることでも、相手に伝わらず、避けられることにもなりますので、時と場合、相手を見て接することが大切です。

対人面では、人から嫉妬され易いのも客観的に見たマイナス面といえるでしょう。時宜を得たときの三碧木星はスイスイと自分の着想を実現していくため、ライバルや周囲の人の中に嫉妬心が芽生えます。

行動力のある三碧木星だけに人目につきやすく、その分、強烈な嫉妬を受けることもあるので、人の恨みには注意が必要です。

三碧木星は感情をストレートに表し、衝突を恐れないだけに、怒りやすいという短所ももっています。しかも、自分を抑えたり、コントロールしたりしようとせず、周囲と衝突しても、どんどん前に進んでしまいます。こうした激しい行動は、一時的には成功に繋がっても、晩年になって歪が生まれることもありますので、歳を経ると共に抑制を身に付けていくことが重要になってきます。

 

三碧木星の金運

三碧木星は、エネルギッシュでこうと決めたら突き進むタイプの人が多いため、金運には恵まれる運勢にあります。熱意を持って仕事をする人は大きな成功を得るということはごく自然な流れですよね。

保守的な人はローリスクローリターンですが、三碧木星の人はリスクを顧みずにハイリターンを狙う勇気があるのです。

しかし、金運はあるものの、安定してお金持ちになれるわけではありません。三碧木星の人は、たくさん稼ぎますが、その分直感的にお金を使ってしまうのです。「これだ」と自分が思ったものを疑わずに買ってしまうという性分なのかもしれません。

 

三碧木星の仕事運

三碧木星の人は、常にエネルギッシュという気質ですから、合う職業というのにも特徴があります。同じことを毎日繰り返すだけでよいような仕事や既存の物を管理したりするような職業には向きません。

常に新しい挑戦をする仕事を選ぶと気質に合致しますし、仕事運にも恵まれるでしょう。

例えば、新規開拓た必要な営業職や新しい商品を企画する仕事などだとピッタリです。その分野で新しいものを生み出すという仕事を選べば、活躍できる可能性が高いですから、人生が良い方向に進んでいきます。

 

三碧木星の恋愛傾向

三碧木星の人の運勢のなかでも注意が必要なのが恋愛運です。三碧木星はエネルギッシュな気質のため、恋愛に対しても常に前にどんどん進んでいきます。「いいな」と思った人には、時間をかけて考えることなく、一直線にアプローチするのです。

これは良く転がることもありますが、場合によっては悪い結果を招くこともあります。実勢に相手と付き合ったり結婚した後に、やっぱり違うということで後悔をしてしまうのです。

そのため、三碧木星の人は離婚を繰り返す恐れがありますから、良く考えて行動するようにしましょう。

 

三碧木星が求める家族の形

三碧木星の人は情に厚い気質のため、家族を大切にすると言われています。

家族に対する愛が強く、そのこと自体はもちろん悪いことではありませんが、愛が強すぎて家族にとっては「押しついけがましい」とか「独りよがりだ」と受け取られることもあるので注意が必要です。

自分が良かれと思って家族に助言をしたり、家族の判断や行動を強く否定する行動を取りそうになった時には、相手を尊重する気持ちも忘れないようにすることが大切です。

 

三碧木星(さんぺきもくせい)と他の星との相性について

三碧木星(さんぺきもくせい)と他の星との相性についてではここからは三碧木星と他の星との相性をみていきます。

※ 各星の生まれ年はそれぞれに記載してあります。

 

一白水星(いっぱくすいせい)との相性は◎

おしゃべりが好きな三碧木星は、聞き上手な一白水星といると精神的に安定します。

一白水星が自分の話を聞いてくれることで満たされ、充実した時間が過ごせるからです。しかし、つい一白水星の優しい性格にわがままを言ってしまいがちです。あまり度が過ぎると、その関係性が壊れてしまうので注意しましょう。

一白水星の生まれ年

1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成27年)

 

二黒土星(じこくどせい)との相性は△

三碧木星は考えるよりもまずは行動が先の人です。しかし、二黒土星は慎重にものごとを進めていくタイプなので、真逆の考えと言えるでしょう。

そのため、二黒土星は三碧木星の行き当たりばったりな感覚に、ストレスを感じてしまいます。その結果、衝突することが多く、相性は良いとは言えないでしょう

しかし、二黒土星の慎重な性格にときに頼ることができれば、2人に信頼関係が築かれ上手くやっていけるでしょう。

二黒土星の生まれ年

1953年(昭和28年)
1962年(昭和37年)
1971年(昭和46年)
1980年(昭和55年)
1989年(昭和64年)
1998年(平成10年)
2007年(平成19年)
2016年(平成28年)

 

三碧木星(さんぺきもくせい)との相性は〇

同じ星同士性格が似ていることで、出会ってすぐに意気投合できる関係です。

趣味などの好みも似ているし、持ち前の行動力もあるので楽しく過ごすことができます。しかし、いったんわがままな性格が出ると、衝突が耐えないでしょう。

お互いに相手を尊重する気持ちを常に持ち続ければ、上手くいく相性です。

三碧木星の生まれ年

1952年(昭和27年)
1961年(昭和36年)
1970年(昭和45年)
1979年(昭和54年)
1988年(昭和63年)
1997年(平成9年)
2006年(平成18年)
2015年(平成27年)

 

四緑木星(しりょくもくせい)との相性は〇

四緑木星は三碧木星をとても広い気持ちで見てくれます。三碧木星の欠点も込みで受け入れてくれるでしょう。そんな四緑木星に三碧木星も癒されて、良い関係が築けます。

ただし、四緑木星は基本的にお互いが自立した関係を好み、距離感が近すぎると離れていく可能性があるので、2人の丁度よい距離感を取れるかどうかが、2人の関係を良くも悪くもするカギになるでしょう。

四緑木星の生まれ年

1960年(昭和35年)
1969年(昭和44年)
1978年(昭和53年)
1987年(昭和62年)
1996年(平成8年)
2005年(平成17年)
2014年(平成26年)

 

五黄土星(ごおうどせい)との相性は△

五黄土星はリーダー気質が強く、同じくリーダー気質が強い三碧木星とは相性がよくありません。

2人が喧嘩になると、プライドが高く頑固な五黄土星に三碧木星が折れることでしか終わりません。その結果、三碧木星はストレスが溜まる関係に嫌気がさしてしまいます。しかし、お互いの気持ちを尊重する気持ちがあれば、同じリーダー気質で上手くやっていける関係です。

五黄土星の生まれ年

1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)

 

六白金星(ろっぱくきんせい)との相性は×

六白金星は、とてもプライドが高くちょっと偏屈な面があります。そんな六白金星が三碧木星には理解しがたい存在であり、六白金星も三碧木星の価値観を理解することができないことから、相性は最悪です。

最初は真逆な性格に惹かれることはあっても、2人が分かり合うことは難しい関係でしょう。

六白金星の生まれ年

1958年(昭和33年)
1967年(昭和42年)
1976年(昭和51年)
1985年(昭和60年)
1994年(平成6年)
2003年(平成15年)
2012年(平成24年)

 

七赤金星(しちせききんせい)との相性は△

七赤金星はプライドが高く、同じくプライドが高い三碧木星と常に意見が対立してしまいます。しかし、本命ではなく遊びの関係なら、表面的に上手く付き合えるので相性は悪くありません。

つかず離れず相手に干渉しない関係であれば上手くいくのですが、そんな関係は長続きはしないので生涯を共にする関係ではありません。

七赤金星の生まれ年

1957年(昭和32年)
1966年(昭和41年)
1975年(昭和50年)
1984年(昭和59年)
1993年(平成5年)
2002年(平成14年)
2011年(平成23年)

 

八白土星(はっぱくどせい)との相性は×

八白土星のマイペースさが三碧木星をイライラさせます。考えるよりもまずは行動の三碧木星には、八白土星のノンビリペースについていけません。

それは八白土星にとっても同じことで、ちぐはぐな2人といえるでしょう。一緒にいても互いに疲れてしまう関係でしかなく、恋人としても友達としても上手くいかないでしょう。

八白土星の生まれ年

1956年(昭和31年)
1965年(昭和40年)
1974年(昭和49年)
1983年(昭和58年)
1992年(平成4年)
2001年(平成13年)
2010年(平成22年)

 

九紫火星(きゅうしかせい)との相性は〇

九紫火星と三碧木星は似ている性格を持っています。そのため、一緒にいてもお互いに癒しなどは感じられません。しかし、行動力のある二人ですから、好きなことが一緒でそれに向かう気持ちが同じであれば良い関係を築くことができます。

お互いのプライドの高さに目を瞑れば、恋人や結婚相手には向きませんが、友だちとしてなら〇の相性といえるでしょう。

九紫火星の生まれ年

1955年(昭和30年)
1964年(昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)

 

さてこのように三碧木星の人が生まれ持った気質は、全体的に何事にも積極的、挑戦心がある、ポジティブなど前向きなものが多いです。そのため、金運、恋愛運、仕事運、いずれの運勢もよい時は絶好調で一気に良い運気が舞い込んできます。しかし、その分悪い時もあるのでへこたれない心が重要になってきます。

自分が三碧木星だという人は「ああ、そういうところある」と思われたかもしれません。その一方で「だからこれまで失敗してきたのか」という気づきもあったでしょう。自分の信念が強いだけに、失敗した時の原因究明で自分の非を認めにくい側面があるので、その点は改善していくとより良い未来を導くことが出来るようになりますよ。

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました