開運はじっくり一年かけてする♪深いご利益を得る5つの術

開運はじっくり一年かけてする♪深いご利益を得る5つの術

「開運」を呼び込むには、どうしても時間は掛かるものです。時間がかかるからこそ、それだけの恩恵やご利益を享受出来るというものですよね。「開運」という言葉も「開く」と「運ぶ」という2文字からなる言葉です。

幸福が眠っている部屋のドアを「開いて」、そこにある幸福を自分のところに「運んで」くる必要があるんです。そのためには最低でも1年間くらいは時間をかけてじっくり「開運」を呼び込むことが大切です。

それはスポーツ選手が試合や大会を目指して毎日練習を積むこととよく似ています。何もせず、開運グッズを購入したり、偶然知ったパワースポットに行きました程度では到底「開運」は望めません。

常日頃から努力をしている人にだけ本当の「開運」のチャンスが訪れるのです。今回は、そんなじっくり時間をかけて行う「開運」を呼び込む深いご利益を得る方法をお伝えします。

 

開運はじっくり一年かけてする♪
深いご利益を得る5つの術

 



 

部屋を掃除しよう


「開運」と関係無いようなに思えますが、最も手っ取り早い「開運」への近道ですね。部屋はその人の「心」を表していると言われています。

その人の心がゴミやホコリでまみれていては、開運どころか不運を呼び込んでしまいますよね。先ずは、開運のための基礎固めとして、部屋は常に綺麗にしておきましょう。

必要以上に潔癖になる必要はありませんが、週に1度は散らかったものを定位置に戻したり、家具の隙間のホコリを取り払うことを心がけてくださいね。

いつも使っている鏡があれば、特に気を使ってキレイにしましょう。自分を映す鏡をキレイにしておくことは内なる自分を磨くことにもつながりますよ。

 

不要な物は捨てよう


「開運」を呼び込むために、掃除と共に重要なのは「いらないものを捨てる」ことです。断捨離なんて言葉も流行しましたが、一時の流行に終わらせてはいけません。

「いつか使うかもしれないから」と保管してあるものはさっさと捨てるか、人に譲渡するなどして手放しましょう。お金にしても「使わないと入ってこない」と言われるように、古い物をいつまでも持っていると新しいものが入ってくる余地ができないんです。

前の恋人との思い出をいつまでも持っていたら新しい出会いもやってきませんよね。「運」も同じことで、古いものを処分することで自分にまとわりついている「不運」やネガティブな思いを捨て去ることができるわけですね。古いものを捨てて、新しい運を呼び込むためのスペースづくりをしましょう。

 

言葉を大事に使おう


「開運」を呼び込んだだけでは深いご利益を受け取ることはできません。最初に「スポーツ選手の練習」と例えましたが、「言葉を大事に使うこと」はまさに開運のトレーニングと言えますね。

日本は昔から「言霊(ことだま)の国」と言われていて、「言葉」には魂や想いが乗り移っていると信じられていますよね。毎日当たり前に、何気なく使う言葉こそいちばん気をつけたいことなんですね。

人を罵ったり蔑むような言葉を常用している人は「開運」どころか、不運や不幸に見舞われることが多くなります。丁寧語や「です・ます」口調であればいいということではなく、挨拶はもちろん「ありがとう」や「ごめんなさい」と言った当たり前に使う言葉を人に投げかけるとき、美しいイメージを心に描き持ちましょう。

それは、いつか何処かで見た美しい自然の風景かもしれないし、好きな楽器の音や、リラックスする匂いや、暖かな日差しのイメージであったりしてもいいですね。「開運」のための日々の修練として、言葉を大事に扱うことを忘れないでくださいね。

 

自分の心と仲直りしよう


「開運」を呼び込む人の多くは、無条件に自分を肯定している人が多いですよね。それは周囲から見れば「自信のある人」として目に映ります。

分かりやすい例としてはスターと言われる「芸能人」の方たちですね。彼らに共通する才能は「自分のダメなところ」も含めて自分を肯定していることです。

自分を必要以上に責めたり、人より劣っている部分を悪いことだと感じていると「開運」を呼び込むのを無意識の自分が邪魔をしてしまうのです。

そんな時は、自分に対して「ごめんなさい。いつもありがとう。」と言葉にしてみてください。自分の中に泣いている小さな子どもがいるイメージを持つと言葉にしやすいですよ。

自分と仲直りができない人はたとえ幸運がやってきても、それを受け止めきれず自分で破壊してしまうことが多いのです。

「開運」を呼び込み、深いご利益を受け取るためには、それと同じくらい自分自身を受け入れることが必要なのです。

 

「つながり」を大切にしよう


自分と仲直り出来たら、自分とつながっている人たちを大切にすることも考えましょう。「開運」はラッキーを独り占めすることではありませんよね。自分に何か幸運が舞い込んできたら、それを分け合う精神が大切です。

金銭的な幸運であれば、お世話になった人や幸運のきっかけとなった人には必ずお礼にちょっとした贈り物をするなど、あなたのおかげでこんなにうまくいきました!ありがとう!という気持ちを伝えても良いですよね。

お礼できない状況なら、募金や寄付行為のような「恩渡し」しても良いかもしれませんね。また地元の神社やお社など自分の住む土地の氏神様にお参りすることも忘れてはいけませんね。

雑誌やテレビで紹介されているようなパワースポットばかりに気を取られず、地元の神様とのつながりを大切にしてください。

 

いかがでしたでしょうか。

「開運」を呼び込むことと偶然のラッキーは全く別物なんですよね。「運命」という言葉がありますが、「運」とは運ばれてくるものであり、自ら運んで持ってくるものでもあるんです。

つまり自分の努力があって初めて訪れるものが「運」なのです。闇雲に努力するだけでなく、「運」を運んでくるためには、自分の閉ざされた部分を「開く」必要もあるわけですね。

「運命」とは自らの手で切り「開く」ものであり、それは日々の小さな積み重ねがあって初めて得られるものなのです。だからこそ「開運」して得ることのできたご利益は、とても深みのあるものであり、自分だけでなくより多くの人を幸福にできるものなのでしょう。

今回ご紹介した方法は誰にでもできる方法ですが、開運の呼び込み方は人それぞれです。小さな積み重ねを大切にして、あなたなりの「開運」と「ご利益」を見つけてください。

 

まとめ

開運はじっくり一年かけてする♪深いご利益を得る5つの術

・ 部屋を掃除しよう
・ 不要な物は捨てよう
・ 言葉を大事に使おう
・ 自分の心と仲直りしよう
・ 「つながり」を大切にしよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線