人間関係を変えると運勢が変わる!7つの簡単開運術

人間関係を変えると運勢が変わる!7つの簡単開運術
意識が変われば当然心も変わり、心が変われば行動・態度・言葉も変わるので運命が変わっていきます。そして意識の高い人・自分を分かってくれる人と関わって行くとさらに運命が好転していくのです。気付かないうちに人との出会いが変わって素晴らしい人ばかりに囲まれている。そんな人間関係を築くには自分の意識をどのように変えていったらいいのでしょうか。今日は人間関係を変えて、開運する7つの方法をお伝えします。

人間関係を変えると運勢が変わる!7つの簡単開運術

 



 

その1、自分がして欲しいことを先に相手にしてあげる

辛い時や大変な時に優しい労わりの言葉が欲しいときってありますよね。そんな時、まずは自分から相手を労わってあげましょう。自分が辛い状況にあっても相手を先に労わります。辛いときに優しい言葉をかけてもらうと本当に心に染みますよね。人にしてもらって嬉しいことは、自分もしてあげたくなるものです。何故ならこの世は、自分が誰かに与えたものが返って来るように出来ているから。「なんで労わってくれないのだろう」と相手に与えてもらうことばかり求めがちですが、そんな時こそ、与えることを意識すればきっと優しい言葉を相手もくれますよ。


 

その2、思いはきちんと言葉にして伝える

気持ちは敢えて言葉にしなくても、相手に伝わることもあります。でも、伝わらないことだってもちろんあります。「目は口ほどに物を言う」という言葉もありますが、目は目です。目は口ではありません。言葉以外で相手が受け取ったあなたの気持ちはあくまでも、相手の頭の中に浮かんだ、勝手な「相手の想像」です。だから、それが当たっている時もあれば、間違っていることもあります。誤解されたくないのなら、ちゃんと解って欲しいなら。自分の気持ちは、言葉にして伝えましょう。


 

その3、褒められたら素直な反応をしてみる

褒め言葉ってちょっと照れ臭いですね。面と向かって言われると、尚更恥ずかしい。だから困って照れ笑い。「いえいえ、そんなこと…。」って遠慮して、褒め言葉を否定しちゃう。でも、褒め言葉は相手からの、「あなたと仲良くなりたいです。」っていう、素敵なアプローチなのです。だから、否定しないで、素直に一言「ありがとう」って受け止めて欲しいものです。褒め言葉って、気恥ずかしいものです。でも、自分が自然に相手を褒めたくなる時は本当に素敵だと思ったからではないですか?褒め言葉は、言った方も素直に受け取ってもらえたら嬉しいものです。あんまり謙遜しすぎると、褒めたほうの気持ちも何だかしらけてしまいますよ。


 

その4、嫌いな人との付き合い方

人には好き嫌いって必ずあります。好き嫌いはあっても別にかまいません。嫌いな人を無くすことではなくて、嫌いでも上手に付き合う方法を身に付けることが大切なのです。「みんな仲良くしましょう」って、小さいときから言われてきましたよね。「あの人が嫌い。」って感じているそういう自分に気付いた時、自己嫌悪ですよね。嫌いな人がいない方がイライラすることが減るから、きっと人生は楽チンです。食べ物にも好き嫌いを感じることがあるように、人に対して好き嫌いを感じるのもしかたのないことです。

ただ、「また嫌な奴がいる。」とか、「嫌いな奴と今日も会ってしまった。」とかそんな風にイライラするのは、自分の時間がもったいないですね。視点を変えて、相手の中の良いところを見る癖を付けてみませんか。「あの人は自分の好みじゃないけれど、こういうところは素敵よね。」って、言えるようになりましょう。

「嫌い」の言い方をちょっと変えてみると、ただ単に「自分の好みじゃない」っていうだけです。たとえ自分の好みじゃなくても、その人が人間的に劣るわけではありません。どんな人の中にも、良いところが必ずあります。嫌なところだけ見続けて、イライラしながら過ごすよりも、少しでも良いところを見付けてみて。そしたら結局、自分がイライラしなくて済みます。


 

その5、聞き上手になる

愚痴を聞いて疲れちゃう。愚痴を聞いて腹が立つ。それは、あなたが「優しい人」っていう証拠です。優しいから、一生懸命話を聴いてあげたくなります。真剣に考えて、アドバイスしたり、答えを与えてあげたくなります。優しいから、親身になってしまいます。でも、自分がつい愚痴を言いたくなる時のことを思い出してみて下さい

。愚痴を言っている人が、一番望んでいること。ただ、話を聴いて欲しいだけ。アドバイスも要らないし、答えが欲しいわけでもありません。全部話してスッキリしたい。望んでいるのはそれだけなのです。 何故なら、気付くことは本人にしか出来ないからです。自分で気付いて、どうすれば良いのか考えて、やってみて、失敗してもまた考えて、またやってみる。そうやって、いろんな経験を積み重ね、成長して行く過程こそが、何よりも大切なのです。

優しい人は、まるで自分のことのように真剣になってしまいます。だから、アドバイスや答えを与えてあげたくなります。でもそこはぐっと抑えて。聴くことに専念することを心がけてみて下さい。アドバイスは、本人が求めた時だけでいいのです。話しているうちに、自分の中で気持ちや考えが整理できていくものなのですから。


 

その6、相手の立場で考える

価値観の違いを感じたら、自分の考えは脇に置きます。相手の立場に立ってみて、相手の考えを聞いてみて、相手の価値観を感じてみる。共感できなくても、理解出来なくても良いから、ただ聞いて感じてみましょう。自分とは、全然違う価値観を持っていて、全然違う考え方をする。そんな人と話していると、話の節々で、「???」って思うことがあります。そういう時はつい、「違うよ。」って相手を正そうとしてしまいます。

でも、人は皆、考え方も感じ方も価値観も違います。たとえ親子や家族でも、皆違います。だから、「そうじゃないよ。」って言われるのは、皆いやなんですよね。頭の中まで、支配されているような気がするから。こういう時は、相手の話を否定したり批判したりすることなく、じっくり聞いてあげること。それが一番です。話をちゃんと聞いてもらえると、それだけで受け入れてもらったような気がします。価値観が違う人の話は、共感ができなかったり、理解できないこともあるけれど、それでもまずは、相手の話を聞いてあげる。そんなことを、大切にしてみましょう。他人の話を聞くことで、自分の世界が広がることもあります。


 

その7、自分の「好き」を知る

他人の視線。知らない誰かの目線より、自分の思いを大事にしましょう。自分の「好き」に従いましょう。流行も、他人の目に映る印象も大事です。でも自分の「好き」も大事ですよね。自分の好みや自分の気持ち、自分の考え。他人を大事にするように、自分も大事にして下さい。自分を幸せにするために。「幸せ」を感じて居たいなら、自分の「好き」をきちんと知りましょう。自分の「好き」さえ分かれば、幸せを感じるのはとっても簡単です。「こんなことが出来て幸せ。」「この人と居られて幸せ。」って。いつだって、心にいっぱい、幸せを感じて居られます。

その逆に、自分の「好き」が分からないと、どんな時に幸せなのか。何をしていると幸せなのか。誰と居ると幸せなのか。自分の「幸せ」が分からない。だから、「幸せじゃない」って思ってしまいます。でも幸せはいつだって、自分のすぐそばにあります。自分の周りにいっぱいあります。心を幸せで満たすために、自分の「好き」を知りましょう。自分の人生です。私のことを思ってしてくれるアドバイス。そんなアドバイスを大切にすることも、大事にしたいと思うけど、自分の気持ちも、ちゃんと大事にしたい。自分を幸せに出来るのは、自分しかいません。もっと自分を、もっともっと、大切にしましょう。


 

相手の性格を変えることは、ほぼ不可能だといっても過言ではありません。それならば、自分の考え方や行動を少しだけ変えてみたら、もっと素敵な人間関係が築けるかもしれません。

まとめ

人間関係を変えると運勢が変わる!7つの簡単開運術

その1、自分がして欲しいことを先に相手にしてあげる
その2、思いはきちんと言葉にして伝える
その3、褒められたら素直な反応をしてみる
その4、嫌いな人との付き合い方
その5、聞き上手になる
その6、相手の立場で考える
その7、自分の「好き」を知る

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線