恋人との関係をグッと親密にしてくれる、7つの誕生日メール

恋人との関係をグッと親密にしてくれる、7つの誕生日メール

好きな人の誕生日は、自分にとっても特別な日だと感じる人は多いと思います。恋人の誕生日には、何か特別なことをしてあげたいと思うのはごく自然な感情です。二人の関係が今よりももっと近くなれるチャンスとして、誕生日のメールを活用してみては如何でしょう。

メールというツールは確かに手軽ですが、そこに込めるメッセージにはとても力があります。メールにして何度も読み返すことによって、言葉の力が相手に届くでしょう。あなたが今、恋人との関係をより親密にしたいと思っているのなら、少し工夫した誕生日のメールを送ってみることをお勧めします。

 

恋人との関係をグッと親密にしてくれる、
7つの誕生日メール

 



 

その1: 誕生日当日、夜が明けてから送る


誕生日のメールだからと言っても、日付が変わるのと同時に送るのは、あまりお勧めしません。誰よりも早くメールを届けたい気持ちも分かりますが、夜中のメールは避けましょう。深夜は闇の世界なので、考え事をしたり、何か新しいことを始めたりするのには不向きだからです。

あなたも深夜、ひとりで考え事をしていると、どんどんネガティブな気持ちになった経験はありませんか?誕生日のメールなら、夜中のメッセージより、明け方、もしくは太陽が昇ってからの方が、言葉にパワーが宿る良いメールになると思います。

 

その2: 明るい言葉、明るい話題で


当たり前のことですが、誕生日のメールは、明るい話題で明るい言葉を選んで書いてください。ネガティブな言葉は絶対にNGです。自分の悩みなどの相談も、誕生日のメールではしないようにしましょう。

いくら親密になりたいからと言って、相手が今、何かに悩んでいたとしても、誕生日のメールでは、あえてその話題には触れないようにしたほうが良いと思います。あなたが、相手が悩んでいることを本当に心配しているのならば、別の機会を設けて、相手の話をとことん聞いてあげてください。

 

その3: 過去は振り返らないこと


振りかえらないのは暗い過去ばかりではありません。あなたたち二人は今はまだ、発展途上、これからの関係だということを頭に入れておいてください。そのため、誕生日のメールでは去年以前の話はしないということです。

たとえ、何年付き合っていたとしても、まだ終着点に達していない二人なのですから、過去の話題は避けましょう。今までに行ったお店や旅行などの話もあえてしないように。思い出話をするようになったら、二人の関係も危ういと感じてください。過去は過去、これからを見据えてもっとアクティブになりましょう。

 

その4: 今年の楽しい予定をたくさん立てる


誕生日のメールです。楽しいことをいっぱい書いてください。今年も、二人でたくさん一緒に過ごしたい、ということをメッセージに込めましょう。あなただけが、色々予定を決めるのではなく、楽しい計画を「二人で」立てたいのだという気持ちも伝えることが出来ると、なお良いと思います。

今よりももっと仲良くなるためには、何をするにしても二人で考え、二人で行動を共にしていくことだと思います。そのためにも、楽しい予定は二人で決めなければ意味がないのです。

 

その5: 気持ちを押し付け過ぎてもダメ


いくら親密になりたいからと言って、自分の気持ちばかり相手に押し付け過ぎてはいけません。あまりにも強引な言葉は、誕生日のメールとしては、少しどうかと思います。「好きだ、好きだ」という気持ちを前面に押し出し過ぎているメールには、少なからず恐怖を感じてしまいます。

こんな誕生日のメールで、あなたのことを「重い」と思われてしまったら損です。ここは一歩引いて、相手にも逃げ場を作ってあげましょう。感情をむき出しにしても良いことなどひとつもありません。

 

その6: 長文ではなく、なるべく短いメッセージで


誕生日のメールで、気持ちを込め過ぎると文章が長くなりがちです。あれもこれもとダラダラと書き連ねるのではなく、出来るだけ簡潔にしましょう。誕生日には、あなたの他にもたくさんの人からメールを貰うと思います。

そんな時、あなたからの誕生日のメールがものすごく長文だとしたら、相手はどう思うでしょう。あまり良い印象は残らないと思います。それよりも、短いメッセージで「本当は何が言いたかったのだろう?」と思わせたほうが相手の心に残る誕生日のメールになると思います。

 

その7: あえて将来(先)の話はしない


誕生日のメールで、一番言いたくなる二人の将来のことは、あえて書かないようにしましょう。「来年も、再来年も、ずっと一緒にいたい」という言葉は、自分から言ってはダメです。この言葉は是非、相手から言って貰うように仕向けてください。

相手を安心させてしまってはいけないのです。この先、あなたが、自分の側から離れないと、相手が安心してしまうと、あなたの気持ちの上にあぐらをかかれてしまうかも知れません。恋愛には駆引きも必要です。いつまでも掴みどころのない人でいたほうが、相手の気持ちは離れにくくなるものです。

 

いかがでしたでしょうか?

自分の気持ちを言葉にして、相手に届けるということは、実はとても難しいことだと思います。言葉の選び方を間違えてしまうと、自分の本当の気持ちが正しく相手に伝わりません。それどころか、二人の関係を壊してしまう恐れもあります。

あなたが、本当に恋人との関係を親密にしたいと思っているのならば、誕生日のメールを送った後、必ず相手に会いに行ってください。どれだけ気持ちを込めてメールを送っても、直接会って話をすることのほうが大切です。そうすることで、より、言葉の力が深まり、お互いの気持ちも近づいていくのだと思います。

 

まとめ

恋人との関係をグッと親密にしてくれる、7つの誕生日メール

その1: 誕生日当日、夜が明けてから送る
その2: 明るい言葉、明るい話題で
その3: 過去は振り返らないこと
その4: 今年の楽しい予定をたくさん立てる
その5: 気持ちを押し付け過ぎてもダメ
その6: 長文ではなく、なるべく短いメッセージで
その7: あえて将来(先)の話はしない

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線