彼氏が好きじゃないかも!自分のホンネを確かめる方法

彼氏が好きじゃないかも!自分のホンネを確かめる方法
「わたし、もしかしたら彼氏が好きじゃないかも・・・」と不安になることがありますよね。デートして帰って来た時、あるいはデートに出かける仕度をしている時、ふっと「本当は、彼氏が好きじゃないのかもしれない」という気がして、自分で驚くことも。

そんな時、たいていの女性は「イヤだな。わたし、どうかしている」と考えて彼氏が好きじゃないかもという気持ちを忘れるようにします。でも、こういう気持ちは胸の底や頭の隅にモヤモヤわだかまっていて、ひょいひょいと顔を出します。

こうなると、自分で自分の気持ちがわからなくなってしまいます。「自分は彼氏を好きなのか、嫌いなのか?」「自分は、これからどうしたいのか?」迷ってしまうばかりです。

「彼氏が好きじゃないかも」という不安を持つ女性は少なくありません。自分のホンネがわからなくなっているのです。そこで今回は、「彼氏が好きなのか、嫌いなのか?」自分のホンネを確かめる方法をお伝えします。



 

彼氏が好きじゃないかも!
自分のホンネを確かめる方法

 

恋の魔法がとけてしまった・・・?


彼氏が好きだからつき合い始めたのに、「彼氏が好きじゃないかも・・・」と思うようになるのは、恋の魔法がとけてしまったせいかもしれません。

「彼氏を好きになる」については、脳内物質が深く関わっています。脳内物質とは、心の指令を脳や身体に伝える働きをするホルモンです。恋愛に関係するホルモンを「恋愛ホルモン」といい、その代表がPEA(フェニルエチルアミン)です。PEAは「恋愛ホルモン特攻隊」とも呼ばれます。

彼氏ができる時、たいていの女性は緊張します。「優しそうに見えるけど、本当はどうなの?」「この男性を彼氏にしてもいいのかな?」などと、考えて不安感や緊張感が高まります。交際が始まると、ハラハラしたり、ドキドキしたりすることが多くなります。ワクワクすることもありますよね。

このように緊張したりドキドキしたりする時、PEAが分泌されます。PEAは間脳の脳下垂体から分泌されて、快感や興奮を生じさせます。つまり、彼氏とつき合うことで快感を得るので、ますます彼に好意を持つようになるのです。

PEAはドーパミンの分泌を促します。ドーパミンは幸福ホルモンの1つですが、興奮系です。快感や多幸感を生じさせるとともに、意欲ややる気を出させます。PEAとドーパミンは「恋愛の魔法」のようなものなのです。

ところが、PEAの分泌は長続きしません。早ければ2~3ヶ月で分泌しなくなります。遅くても3~4年後には消えてしまいます。PEAやドーパミンが減少したり、消滅したりすると、燃え上がっていた感情が落ち着いてきて、理性が優位に立ちます。彼氏を冷静に客観的に見ることができるようになります。恋愛の魔法がとけてしまったのです。

彼氏を冷静に客観的に見られるようになると、常識や価値観の違いなどがはっきりしてきて、彼氏の短所もわかるようになります。価値観や常識が違いすぎると受け入れることができず、「彼氏が好きじゃないかも」と感じるようになります。「マナーが悪い」「自分の都合ばかり優先する」「押しつけがましい」などいう短所が気になって、「彼氏が好きじゃない」と思い始めます。

PEAは「恋愛ホルモン特攻隊」とか「脳内惚れ薬」とも言われます。彼氏と出会ったばかりの時に、恋愛映画を見たり、ディズニーランドなどでハラハラドキドキ体験をしたりすると、PEAの分泌が促進されて、特に理由もないのに彼氏が好きになってしまうことがありますが、この場合は、PEAの消滅が恋の終わりで、「彼氏が好きじゃないかも・・・」と感じるようになります。

彼氏とつき合い始めて3~4年経つと、いわゆる「恋愛倦怠期」に入りますが、これもまたPEAやドーパミンの分泌と関係しています。「恋愛倦怠期」に入ると、ドキドキ・ワクワクすることも少なくなり、デートもマンネリ、「彼氏が好きじゃないかもしれない」と感じたり、「このままつき合い続けてもいいのか?」と悩んだりするようになります。

でも、彼氏と会っていると、なんとなく穏やかな落ち着いた気分になるならば、「倦怠期」ではなく「恋愛安定期」なのです。脳内ではPEAやドーパミンに変わって、幸福ホルモンのセロトニンやオキシトシンが分泌されます。セロトニンやオキシトシンは、ストレスを解消して気持ちを安定させます。お互いへの信頼感が強くなります。ほんわかした幸せムードで包んでくれるのです。

「彼氏といると、なんとなく落ち着く」「楽な気分でいられる」というのなら、「彼氏を好きじゃないかも・・・」と感じた時、ぜひ、自分のホンネを確かめてくださいね。ホンネは「彼氏が好き」ということもあるのです。

 

出発点が間違っていた・・・?


「彼氏が好きじゃないかも・・・」と思い始めるのは、PEAのせいだけではなく、彼氏とつき合う出発点から間違っているのかもしれません。

「この年になって、彼氏が1人もいないなんて恥ずかしい」とか「クリスマスやバレンタインに寂しい思いはしたくない」とかいう思いが強いと、とにかく彼氏が欲しくなります。彼氏ができると、大喜びして幸せいっぱいになりますが、「彼氏が好きだから、幸せ」なのか、「彼氏がいることが、幸せ」なのか、はっきりしません。

「彼氏の人柄や態度に魅かれて好きになる」のではなく、「彼氏がいることが最終目的」だと、交際するうちに彼氏の短所や受け入れられない違いが目についてきます。でも、「彼氏がいない」ことには耐えられないので、彼氏への不満や不快感を忘れようとします。

私達の心には、意識と無意識の2層があります。自分の考えや願望、感情などがはっきりわかっている意識と、自分でもよくわからない無意識の2層です。私達は不快な記憶や嫌悪感、恐怖感を忘れようとする傾向がありますので不快な記憶や恐怖感などは、意識の下の無意識層に抑えこまれます。

でも、抑えこまれても、消滅はしません。自分でも気づかないところで、ひょいと浮かび上がってくるのです。無意識は潜在意識とも言います。彼氏への不満や不快感は、無意識層に抑圧されても、モヤモヤとわだかまっています。そのため、「なんとなく彼氏が好きじゃないかも・・・」という不安感が生じるのです。

また、周囲の人に「申し分ない彼氏だ」とか「結婚相手として条件が整っている」とか言われて、勧められるままに交際を始めることがよくあります。彼氏のことが本当に好きになることもありますが、「なんとなく、しっくりしない」と感じることがあります。

しっくりしない理由がはっきりしないと、その気持ちを抑えこもうとして「条件の整った申し分のない彼氏」と、無理してつき合おうとします。自分の考えや好き嫌いを押し殺して、彼に合わせようとしたりします。こうした無理はストレスとなり、イライラするようになります。そして「彼氏が好きじゃないかも・・・」と感じて、不安になるのです。

意識層は心全体の4%、無意識層は96%ですから、無意識層を無視することはできません。無意識層に抑圧された記憶や感情は、形を変えてひょいひょいと現れてきます。「なんとなく・・・」という感じが、それなのです。「なんとなく彼氏が好きじゃないかもしれない」という不安は、無意識層から生まれることが多いのです。

 

「彼氏好きじゃないかも」というホンネを確かめる6つの方法


「彼氏が好きじゃないかも」という不安は、いろいろな理由で生じます。初めから彼氏が好きじゃなかったのかもしれないし、本当は好きなのに、ちょっとマンネリ化しているだけかもしれません。「彼氏が好きじゃないかも」と感じたら、まずホンネを確かめてみてください。

1, 彼氏といても楽しくない
交際期間が長くなると、ハラハラドキドキすることがなくなり、緊張感も消えます。でも、彼氏といると、なんとなくいい雰囲気で楽しく感じるならば、ホンネは彼氏が好きなのです。彼氏といると安心感を得られるなら、少しくらい「彼氏が好きじゃないかも」と感じても、大丈夫ですよ。

彼氏といるのが楽しくないと感じたら、自分の気持ちを見つめ直してください。「彼氏といると疲れてしまう」とか、「早く別れて帰りたい」とか思うのは、ホンネは「彼氏が好きじゃない」のです。彼氏とのデートが重荷になっています。

私は、若い頃、デートする度に頭痛がしたり、足が痛くなったりしました。外反母趾で靴が合わないせいだと思っていましたが、彼氏との交際をやめたとたんに、頭痛は消えてしまいました。「彼が好きじゃない」というホンネが頭痛となって現れていたのですね。

2, つまらないことでイライラする
彼氏とデートしている時だけでなく、ちょっとしたことでイライラするようになったら、「彼氏が好きじゃない」というホンネが出ているのです。

だれにでも短所はあります。常識や価値観が違うことも多いものです。彼氏の短所や価値観・常識の違いを受け入れることができないと、イライラするようになります。特に「ささいな欠点や違いは気にしないようにしよう」と努めると、ストレスが溜まって、ふだんからイラつくことが多くなります。

3, デート中、気がつくと、他の男性を目で追っている
恋愛初期は彼に夢中ですから、他の男性など目に入りません。しかし、恋愛安定期あるいは倦怠期に入ると、他の男性にも関心を持つ余裕が出てきます。彼といっしょにいる時、他の男性を目で追ってしまうのは、ホンネは「彼に対する興味を失った」「彼に魅力を感じていない」ということです。

彼氏といっしょにいるのに、他の男性のことをつい考えてしまうのは、ホンネは「彼氏が好きじゃない」のです。

4, 電話やメールが来なくても、気にならない
彼氏とつき合い始めると、頻繁にメールをやりとりしたり、電話がかかってくるのを待っていたりしますよね。メールの返事が遅かったり、電話が来なかったりすると、心配でたまりません。

メールのやりとりが減ったり、返事が遅かったりしても、全く気にならないとか、電話が来なくても平気でいられるのは、ホンネは「彼氏が好きじゃない」からです。自分の方からメールや電話をしたりするのが面倒くさく、彼氏からのメールの返事を後回しにします。かかってきた電話に出られなくても、全然気になりません。

5, 彼氏と触れ合うのを避けるようになる
女性は好きな男性ができると、「触れ合いたい」と思うのが自然です。手をつないだり、腕を組んだり、抱き合ったりして、快感と安心感を得ます。

彼氏と手をつないだり、腕を組んだりするのを、いつの間にかしなくなっていたら、ホンネは「彼氏が好きじゃない」のです。彼氏と触れ合うことが、快感ではなくて、不快になっているのです。

6, 彼氏といるより、友達といるようになる
彼氏とのデートよりも、友達とのつき合いを優先させるのは、彼氏といっしょにいたくないのです。彼氏といるより、友達や家族といる方が楽しく、安定感を感じられるからです。ホンネは「彼氏が好きじゃない」のです。

彼氏を友達や家族に紹介するのをためらうのも、「彼氏が好きじゃない」という感情がわだかまっているからです。長く交際していても、なんとなく家族に紹介する気にならないのなら、自分の気持ちを見つめ直してください。

以上6つのポイントがいくつかあてはまるなら、彼氏との交際を考えてみる方がいいかもしれません。

 

いかがでしたか。私達は、時々自分のホンネがわからなくなります。「彼氏が好きなのか、彼氏が好きじゃないのか、こんな単純なことがわからないなんて、信じられない」と、思うかもしれません。でも、人間の心は複雑にできていて、ホンネをストレートに意識できるとは限らないのです。

でも、ホンネは必ず表面に浮かび上がってきます。自分の何気ない言葉や動作を見つめてみると、ホンネを感じ取ることができます。ホンネは心身症状となって出ることもあります。

「彼氏が好きになる」ということは、単純なようでいて、いろいろな要素が複雑に絡み合っています。PEAなどの恋愛ホルモンや性ホルモン、セロトニンなどの幸福ホルモンなど、内分泌系の影響を強く受けるとともに、社会常識や慣習などにも左右されます。それで、「彼氏が好きじゃないかも・・・」と感じても、ストレートに受け止めることができず、悩むことになります。

「彼氏が好きじゃないかも」と思っても、ホンネは「彼氏が好きでたまらない」ということもあります。まず、自分のホンネを確かめてくださいね。

 

まとめ

彼氏が好きじゃないかもというホンネは、

1、彼氏といても楽しくない
2、つまらないことでイライラする
3、デート中に、他の男性を目で追う
4、メールや電話が来なくても気にならない
5、彼氏と触れ合うことを避ける
6、彼氏といるより友達といることが多い

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線