ポジティブになるには欠かせない「意識」と「言葉」の使い方

ポジティブになるには欠かせない「意識」と「言葉」の使い方
人間誰しも毎日楽しく生きたいですよね。ポジティブになるにはどうすれば良いか模索している方も少なくないことでしょう。最近では物騒なニュースや気分が落ち込むような報道も多く、特に働き盛りの若い方々にとっては将来を思うと気が重くなってしまうような日もあるはずです。

しかし、なかなか前向きにはなれない・・・と考えているあなたでも、ネガティブ思考の人もちょっと考え方や物事の捉え方を変えてみるだけでポジティブ思考に変わることが出来るのです。ネガティブな言葉を使ってばかりでは、前向きにはなれません。つまりポジティブになるには、心がけをちょっと変えればできちゃうんです!

ではその心がけは、具体的にどうやって変えれば良いのでしょうか。そこで今回は、前向きになる言葉の使い方をポイント別にお伝えします。

プラス思考やポジティブになりたいのはなぜ?

プラス思考やポジティブになりたいのはなぜ?
一般的に、人は考え方がポジティブな人とネガティブな人に分かれます。そして、ネガティブな人からすると、ポジティブな人は毎日楽しそうに生きているように感じるものですよね。

きっと、どうしたらあんな風に生きることができるのだろう、ポジティブになるにはどうしたら良いのだろうと考えてしまうでしょう。

ですが、ポジティブになるには言葉の使い方ひとつで前向きになることもできるのです。昔から言葉は言霊と言うように、ポジティブになるにはポジティブな言葉の使い方をすれば自然と心の中が温かく、また明るくなり、そんなあなたに周囲の人々も感化されて素敵な人間関係を構築することも可能になります。

 

ポジティブな人が持つ特徴とは

ポジティブな人が持つ特徴
まずは「ポジティブ」ってどんな特徴があるのか、見てみましょう。

ポジティブを一言で表すと、「物事に積極的に取り組む事」です。

例えば仕事で自分から「やります!」と手を挙げる人がいますよね。このようにポジティブな人は自分からどんどん行動していくので、それが自信となってどんどん前向きになっていくのです。

また、ポジティブは「物事を肯定的にとらえる」という面もあり「ピンチはチャンス」という言葉や「なんとかなる!」という言葉に表されるように、どんな局面でもめげない心のことを指しています。

ですので、何か失敗した際でも「ここから学べた」など次に生かそうとする姿勢もポジティブと言えます。そんなふうにいつも楽観的な考えの人のそばに居れたり、そんな人になれたら、毎日がとても楽しくなってきますよね。

 

今すぐできるプラス思考を意識してポジティブになる方法

ニコニコのイメージ
では、今すぐできるポジティブな人が行っている考え方についてお伝えしましょう。

上手くいかなかったときのことを考えるのは時間の無駄だと悟りましょう

ネガティブな人とポジティブな人の違いは、「上手くいかなかったときのことを考える時間の長さ」にあります。

ポジティブな人が、全く上手くいかなかったときのことを考えない訳ではありません。しかし、ネガティブな人が上手くいかなかったときのことを考えると次から次へと不安が襲ってきて、その考えから抜け出せなくなる傾向があるのです。

上手くいかなかったときのことを予め予測して対策を立てることは大切なことです。しかし、その対策は上手くいった場合には必要のない時間になりますよね。

上手くいかなったときのことを30分考えた人と、2時間考えた人、もし上手くいった場合、2時間考えた人はその分多くネガティブな時間を過ごしたことになります。

それに、往々にして、何かに失敗する時は自分が考えもしなかったことが原因で、予め防ぐことなどできなかったという場合も多いのです。

ですのでポジティブになるには、まず手始めとして、上手くいかなかったときのことを考える場合には○分など時間を区切って考えるようにしましょう。

 

自分を忙しくする事も大切です

ネガティブなことについてついつい考えてしまうという人は、言い換えればネガティブなことについてそれだけ考えられる時間があるということです。忙しい時間を送っていたら、「将来こうなったらどうしよう」とまだ起こらないことについて考える余裕もないはずです。

例えば、将来など漠然とした未来についてネガティブな考えをしがちな人は、そのことについて考えだしたら「あ、自分は今、暇なんだ。だからこんなことを考えだしているのだ」と自分で気づくようにしましょう。

そして、何か別のことを始めるのです。体を動かすために走りに行くでも良いですし、好きな映画を観るでも構いません。

他にやるべきこをを見いだせれば、ネガティブなことを考える時間が減っていきます。

ポジティブになるには、ネガティブになりそうになったら止まらず動くことも大切だという事を覚えておいてください。

 

言い方をポジティブに変えるだけでも効果あり

試験中、残り時間を時計で確認したとき、「あと5分しかない」と考える人と「まだ5分ある」と考える人、どちらが試験で良い結果を残せそうでしょうか。

きっと後者ですね。それはポジティブな考え方は心に余裕を生み出してくれるからです。この方法は日常でも様々な場面で使えるのでオススメです。

例えば、「今日も疲れたな」を「今日もよく頑張った」に、「お腹空いて死にそう」を「何か美味しい物が食べたい」にしてみてください。

何だか、ちょっと言い方を変えるだけで考え方がポジティブになれる気がしますよね。

ポジティブになるには、このちょっとした言い回しの工夫が意外と効果的なのです。

 

ポジティブになるには欠かせない、運気を上げる言葉の使い方

ポジティブになるには欠かせない、運気を上げる言葉の使い方
では、ここからはポジティブな人はどんな言葉の使い方をしているのかについて解説します。

感謝の言葉を口にする

自分が良い「気」を発すると自分の周りに良い「気」が集まってくると言われています。ポジティブになるには、これを上手に生活の中で活用してしまいましょう。

今までは口にしてこなかった些細なことにも「ありがとう」という習慣を付けるのです。自分にお弁当を作ってくれた家族に、エレベーターの「開」ボタンを押してくれた人に、仕事でアドバイスをくれた同僚に、「ありがとう」と伝えましょう。

ポイントは会釈だけで済ますのではなく、声に出して「ありがとう」と伝えることです。ポジティブになるには、自分の周りに良い「気」を沢山集めることが大切ですから。

 

「ごめんなさい」より「ありがとう」を使いましょう

まず大前提として、「ごめんなさい」と「ありがとう」が素直に言えない人は人間として素敵ではありません。自分の非を認めなかったり、せっかくの善意を適当な言葉で受け流してしまう・・・。そういう人はいずれ周りから人が離れていってしまいます。

ですのでもしあなたが「ごめんなさい」と「ありがとう」をあまり言わないのであれば、今すぐにでも意識して改善してみてください。

ちなみにポジティブになるにはネガティブな言葉を使わないことが大切です。「ごめんなさい」はそれ自体がネガティブな言葉、という訳ではありませんが「ありがとう」に比べると受ける印象が変わります。

例えば、職場で同僚が何か仕事を手伝ってくれた際など「(気を遣わせて)ごめんね」などと言ってはいるかもしれません。その同僚は別に、あなたに褒めて欲しかったわけでも謝って欲しかったわけでもなく、ただ善意であなたの仕事を手伝ってくれたことでしょう。

ですが、人間は不思議なもので謝罪されると「自分は何か謝らせるようなことをしたのではないか」と潜在的に思い込む生き物です。

それが蓄積していくと「私はこの人にとって悪いことばかりしているのでは?」となり、疎遠になっていく・・・という悲しい結果が待っている可能性もあります。

しかし、あなたが「(気を遣ってくれて)ありがとう」と答えれば相手の受ける印象は「役に立てた」「そんなつもりはなかったけど褒めてもらえた」となり、あなたの印象が良くなります。

「ごめんなさい」と「ありがとう」、ポジティブになるにはこの言葉の使い分けがポイントです。

 

「まぁ、いっか!」と割り切る事も大切です

ネガティブな方はポジティブな方に比べ、些細な出来事を気にする傾向があります。例えば過去のことを蒸し返したり、一日の終わりに「あぁ、あんなこと言わなければ・・・」とぐちぐち悩んだり・・・。

人間、反省を繰り返しながら成長していくものですがいつまでもウジウジしていてはポジティブにはなれません。ですから、そんな時は「まぁ、いっか!」と開き直ることも大切です。

例えば友人に送ったLINEが返ってこなかったり、彼氏とケンカしてしまったり、職場でミスをしてしまったりとあなたを落ち込ませることは日常の中にたくさんありますよね。

そんな時、「あの時あぁしていれば」「私が悪いのかな・・・」などと一人で鬱々悩むのは最長でも10分程度にしましょう。

あなたの行動や言動を振り返り、改善点を模索し、次から気をつければよいのです。特に夜など、気分が滅入りがちな時間帯などは考えもまとまらないものであす。

ですから、「まぁ、いっか!」と開き直りゆっくり眠ることもポジティブになるには必要なことです。

とはいえ、何でもかんでも開き直るのではなく、きちんと言動に責任を持ち、ミスは挽回する事を忘れずに。

ポジティブになるにはネガティブなことをいつまでも引きずらないこと。上手く切り抜ければ依然よりもぐっと魅力的なあなたになれるはずです。

 

ゆっくり、ハキハキ、丁寧に

次は言葉の話し方についてです。ポジティブになるには「基本がきちんとできている」という充足感をあなた自身に与えてあげることがとても重要です。

早口でボソボソと話し、語尾はいまいち聞き取れない・・・そんな話し方をされる方、稀にいますすよね。

そういった人から受ける印象は「なんか暗い」、というネガティブなものになってしまいます。

ですから、ポジティブになるには「ゆっくり」「ハキハキ」「丁寧に」お話をすること。それがあなたにとっても周囲の方にとってもプラスになります。

また、品格のない言葉は使わないようにするのも前向きになるために必要なことです。

例をあげるなら「ウザい」「だるい」「ヤバい」などの言葉を、20歳を過ぎても使っているようであれば今すぐ封印してください。

ポジティブになりたい、ということは現状のあなたよりも前向きな思考をしたいということですよね。ですから、品格のある言葉を使い、丁寧にお話することであなた自身の魅力が増し、周囲からの評価も変わり、結果としてあなた自身も自分に自信を持つことができます。

話し方は人間の印象を決める重要な要素のひとつです。品格のある話し方で自分に自信を持ち、前向きになりましょう。

 

さて、ポジティブな人になるための「意識」と「話し方」についてお伝えしました。

ポジティブになるには、実は最も大事なことは自分自身を好きになることなのかもしれません。今日お伝えしたポジティブになるスゴ技を日常に少しずつ取り入れることにより、自分が笑顔になる回数が増えたり、周りに優しい気持ちになる回数が増えれば、自分の事が好きになり、自然とポジティブな人になれるのです。

人はみんな生きていれば、ネガティブになったりポジティブになったりするものです。ですが、なるべくなら前向きに明るく生きていたいものですよね。あなたが変われば周囲も変わります。

ですから、いつもより少しだけ言葉の使い方に気を付けて「ポジティブな人間になりたい!」と強く願うことで意外と簡単に成果は出るものです。

せっかくのあなたの魅力ですから、もっと存分に磨かなければ損です。ポジティブな人は内面も美しく、そのオーラに人は引き寄せられていきます。あなたもそんな素敵な人を目指して、ほんのちょっとずつ言葉の使い方を変えましょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が怖いくらい当たると話題!
奇跡を起こすタロットを知っていますか?


片思い中の人も、お付き合いしている人も本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する『幸せを掴む タロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。

只今診断キャンペーンにつき今ならビックリ!!≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事
タイトルとURLをコピーしました