男の子の名前をつけるとき 注意しておかなければならない事

男の子の名前をつけるとき 注意しておかなければならない事

可愛いわが子の誕生に名前をつけることで悩む親御さんは多いことでしょう。最近は変わった読めない名前も多く、病院や学校でも何度も聞き返す場面があります。心をこめて考え抜いてつけるこだわりのある名前なのでしょう。

名前にはいろんな親の夢や愛情が詰まっています。一生使う名前に、お子さんの輝く将来の夢をのせて素敵な名前をつけたいものです。ここでは、つけてはいけない、つかってはいけないなどの最低限の注意をお知らせします。

また、字画や漢字などのこだわり点があると思いますが、みんなに慕われ呼ばれる親しみやすい名前なら愛着も湧きます。あまり神経質にならずこだわらずお二人の希望を託してください。

 

男の子の名前をつけるとき
注意しておかなければならない事

 



 

「キラキラネーム」「DQNネーム」は避けよう


DQNネーム(ドキュンネーム)とは、珍しい名前で人名にしてはおかしいとネット上でも蔑視されています。キラキラネームも同様です。「男(あだむ)」「本気(まじ)」「皇帝(しーざー)」「火星(まあず)」「月(るな)」「小宇宙( こすも)」など読んでびっくり見てびっくりの名前があります。

お子さんが小さいときは親子間だけではよいのでしょうが、イジメの対象になったり、恥ずかしくて名前が言えないため引っ込み思案になるなどという問題が年齢を重ねると出てくることもあります。

大手企業の人事担当者によるとDQN、キラキラネームは書類選考の時点で採用を見合わせるケースが多いそうで、就職には不利だということでした。名前に親の無教養さを感じるとの理由からだそうで書類選考の時点で多くが落とされるようです。

わが子の将来を考えず親の趣味や楽しみだけでこんな名前を付けられるでしょうか。逆に言えば、履歴書の名前から親の人柄が読み取られているということです。

 

読める名前をつけよう


読めない名前も就活には不利です。読めない名前は小学校の先生泣かせで問題にもなっているそうです。救急の場合の病院でも子供の名前が読めず聞き返したりの作業で対処が遅れたりもします。

実際に「読めない名前」つけられた男の子は二十歳になったら改名したいというのが半数近くにものぼり、その理由は、まず、就職。次に今まで一度も名前を正しく呼ばれなかったとか、いじめられた、何度も名前を聞かれて面倒で答えるのがイヤになったと意見しておりストレスの元のようです。

両親を恨む原因にもなっている子供もいます。お子さんと出かけ名前を間違えて呼ばれ何度も言い返す手間も出てくることでしょうが、そのときにならなければわからないものです。ちなみに役所では「読めない名前」の当て字は大概は受理されます。

 

「闘」「斗」を「使った名前は避けよう


これも就活で不利な名前です。学生運動を連想させるからだという理由です。可愛い赤ちゃんの顔を見て、既に就職のことを考え心配している両親はあまりいないと思いますが、苦労するのは自分たちではなく息子さんです。

ましてや状況が就職難なら書類しか見てもらえず、本人の中身を見ないで名前だけで落とされるのです。20年後はどんな世の中になっているかわかりませんが考えなければならないでしょう。口頭で文字を伝える機会もありますので正確に伝わる漢字も使いたいものです。

 

○男、○雄、○夫などは避けよう


○男、○雄、○夫などは男性特有の名前です。「男を強調しすぎるという理由から男尊女卑を連想させ男女差別を助長するのでは?という理由から避けたほうが賢明なようです。

 

言いやすい名前をつけよう


あまり長いものや、発音のしにくい名前は呼びにくいという理由だけで避けたほうが無難でしょう。男の子は下の名前を呼び合うことが多く、球技などのスポーツでは名前を呼び合いゲームを組み立てます。

呼びにくいとなるとあだ名や、変えた呼び名で呼ばざるを得ないのでお子さんのストレスになることもあります。また聞き返されないように、聞き取りやすい名前にするのもいいでしょう。

 

姓と名のバランスを考えよう


長い苗字に長い名前、漢字の画数が多くなるものは単に不便です。また、学生の試験、書類の記入には名前をたくさん何度も書かなければいけないので時間をとられると苦痛にもなってしまいます。

逆に1文字の姓に一文字の名前だと姓なのか名なのかはんだんしづらくなることもあります。男の子だと大概は姓が一生涯変わらないので特にバランスには気をつけたいものです。

 

イニシャルや意味もチェックしよう


イニシャルにしたときに「千葉航(ちばわたる)」→WC、後藤信明→NGなどの悪いイメージにならないように気をつけましょう。特に男の子は苗字は変わるケース少ないので一生物です。

また一文字変えて「理」→{狸」、「おさむ」→「おさる」からかいの対象になることもあるので気をつけたいものです。画数や意味など気にしたらキリはありませんので、こだわるところは絞りましょう。願いを込めて考えたなら最高の名前になり愛着も湧くでしょう。

 

いかがでしたか。

名前は一生使うものですから、愛着が湧いたほうがいいでしょう。それには両親の愛情から一生懸命考え生まれた名前なら間違いないでしょう。特に大半の男の子は姓も一生背負いますので、奇抜な名前、読めない名前、言いにくい名前、聞き取りにくい名前は避けたほうが無難です。

生まれたときから就職の心配をする親御さんはあまりいないと思いますし、世の中がどうなっているかはわかりません。しかし、苦労するのも、その名で呼ばれるのも可愛いわが子であるので、親としての自覚と責任は持たなければいけません。

 

まとめ

男の子の名前をつけるとき注意しておかなければならない事

・ 「キラキラネーム」「DQNネーム」は避けよう
・ 読める名前をつけよう
・ 「闘」「斗」を「使った名前は避けよう
・ ○男、○雄、○夫などは避けよう
・ 言いやすい名前をつけよう
・ 姓と名のバランスを考えよう
・ イニシャルや意味もチェックしよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線