赤ちゃんの名前のつけ方☆女の子の名付け7つの基礎知識

赤ちゃんの名前のつけ方☆女の子の名付け7つの基礎知識

待望の可愛い女の子の赤ちゃんの誕生。ご両親の夢は膨らみ、どんな女性になって欲しいのかと成長も楽しみなことと思います。女の子の名前で難しいのは大半が結婚によって姓が変わることです。画数を調べても結婚相手の苗字は未知のもの。

それは避けて通れないとしてここでは、女の子につけないほうがよい字や昔から避けたほうがいい名前なども踏まえいろんな名づけのヒントをご紹介します。どんな名前でもご両親が一生懸命考え、お嬢さんのためにつける心がこもった名前ですから一生大切にしてもらえることでしょう。

 

赤ちゃんの名前のつけ方☆
女の子の名付け7つの基礎知識

 



 

年相応という事も考えてあげましょう


とっても、可愛いペットのような名前やキラキラネームをつける方がおられます。赤ちゃんのときは呼んでも可愛くていいのですが、大人になってから、おばあさんになってから、どうでしょう。困るのはお子さんです。

特に就職のときには人事担当者によるとキラキラネームは親御さんの意識や人格まで疑うそうで、書類審査の時点で選考外にすることが多いそうです。お子さんが将来困っても恥ずかしい名前つけますか?自己満足ですか?と自分に問いかけてみることです。

 

読めない名前は避けましょう


DQN(ドキュン)とはインターネット用語で常識を逸脱した人という意味を持っており、DQNネームとは、変わりすぎているおかしな子供の名前を蔑む意味合いで蔑んでいる呼び方です。こちらも就職に不利だそうです。

また、読めない名前は何度も聞き返されるので、役所や病院ではもちろん、幼稚園学校に上がってからは本人の言い直しなどはストレスとなるようです。赤ちゃんのうちは親御さんができますが、言い直しの煩わしさから、せっかくつけてもらった自分の名前が嫌いになる女の子も多いそうです。いじめの原因にもなることもあるのでお子さんの将来を十分考えて慎重につけてあげましょう。

 

濁音の入る名前は避けよう


男の子には濁音をつけても大丈夫ですが、女の子には濁音はつけないほうが良いでしょう。女の子の濁音は凶名で、後家や孤独の相を暗示するといわれます。今はそうでもありませんが、四季や花の名前は移り変わるとか散るいう意味合いであまり良くないといわれます。

しかし、お花の名前は愛らしいし幸せになれるとも言われますので、どうしてもつけたければ気にしないことです。画数に関しては結婚で姓が変わりますが今の苗字で考えるのがよいでしょう。

 

芸能人のような名前は避けよう


花鳥風月などの文字を入れた名前や華美な芸名のような名前は一般のご家庭で育たれる女の子にはふさわしくないでしょう。赤ちゃんのうちは可愛いのでしょうが、大人になってからの他の人からの印象が軽い女性に思われるからです。花柳界や芸能界むけの名前は一般の個人にはふさわしくありません。

華やかな派手で遊び好きな女性になって欲しいと願うご両親はあまりいないことと思います。また有名人とおなじ名前にしますと、病院などで呼ばれたときに周囲からの大注目となってしてしまうことがあります。

特にあの芸能人と同じ!と名前負けと言われ恥ずかしい思いもしたりする場合もあります。奇抜な名前がまた本人のストレスにならないようにしたいものです。

 

人の名前から引用してはいけない


両親の名前から取ったり、偉人の名前をもらったりということが良くあります。しかし、名前というのは因縁を引き継ぐ事があるので、良くも悪くも避けたいものです。偉業だったからとか、幸福に見えるから、そうなって欲しいという安直な理由だけでつけてはならないのです。

赤ちゃんはその家に生まれてきて、その女の子はその子だけの人生です。その子の人生ですから、わざわざ他の因縁を大事なわが子に背負わせ引き継がせることは親としてやってはいけません。

 

苗字とのバランスを取ろう


いい名前が思いついて納得していても、苗字とのバランスを見なければいけません。気になる方は画数もですが、読み方は大丈夫でしょうか。自分で何度も名前を読んだり呼んでみましょう。姓と名前の区切りはどうでしょうか、、イニシャルも大丈夫でしょうか、

姓と組み合わせで変な語呂はでてきませんか、外国語で変な意味になることも考慮して見ましょう。女の子なのに男の子っぽくないでしょうか。これらをチェックしてください。音が気になったら電話で誰かに聞いてもらっておかしくなければ大丈夫でしょう。

 

女の子とわかる名前にしよう


面白がって赤ちゃんが可愛いからと安直につけてしまっては女の子の一生は台無しです。こんな子になって欲しいという願いから名前をつけられることと思います。誰も不幸になって欲しいと願う親などいません。お子さんが一生使う名前ですから、問題なく愛着を盛ってくれるようにしたいものです。

名前はその人を現す、単なる識別でなくその人自信の顔なのです。最近は名前を見ただけで男女どちらか、または逆かわからないことがありますが、お子さんにとってはストレスです。奇をてらうことや思いつきは個性ではなく名前をつけられた本人にとっての苦痛になります。一生大事にしてもらえる名前をつけたいものです。

 

いかがでしたか。

女の子の名前は赤ちゃんのうち可愛いからといって何でもつけていいわけではなく、そのお子さんが成長しても愛着をもてるようにしたいものです。濁点は幸薄い女性になるそうですし、芸能人のような名前は軽い女性に見られることもあり女の子の名前をつけるは難しいかもしれません。

また人の名前や偉人の名前をつけると縁を呼び込むことになるので避けましょう。特に、就職活動で書類選考で落とされるような名前だけはやめてあげましょう。読めない名前も、言い直しに時間がかかり本人のストレスになります。

つけた名前を背負っていくのは今は赤ちゃんで可愛いだけでしょうが、将来はレディになるあなたの娘さんです。女の子らしい、わかりやすい、呼びやすい親しみのある名前をつけられるとお子さんも大人になってから感謝されることでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんの名前のつけ方☆女の子の名付け7つの基礎知識

・ 年相応という事も考えてあげましょう
・ 読めない名前は避けましょう
・ 濁音の入る名前は避けよう
・ 芸能人のような名前は避けよう
・ 人の名前から引用してはいけない
・ 苗字とのバランスを取ろう
・ 女の子とわかる名前にしよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線