寅年の性格を知って職場の人間関係を円滑にする7つの方法

寅年の性格を知って職場の人間関係を円滑にする7つの方法

一般的に人間は、カテゴリーとして相手を見定めてコミュニケーションをとります。性別、出身、服装の趣味嗜好から『こういう人間だろう』と決めつけてしまいます。

干支も同じで、その干支ならこういう性格なのだろうと思ってしまいますが、実際に話してみてそのギャップに驚く人もいるはずです。その人の性格は環境によって形成されるので、そのようなカテゴリーはあくまでも参考に過ぎないのです。

問題は、そのカテゴリーを基に相手とコミュニケーションをとり、自分が思っていたのと違うタイプの人間だった際にどのように対処をするのかということです。

今回は寅年の性格を挙げていきます。カテゴリーの1つとしてその知識を基に相手とコミュニケーションを取り、もし相手にカテゴリーが当てはまらなかった場合、貴方はどのように対処するのでしょうか?

 

寅年の性格を知って職場の人間関係を
円滑にする7つの方法

 



 

どんな意見も間違いだと決めつけないようにしましょう


寅年の人の中には、人の先に立って物事をやりたがる人がいます。しかし負けず嫌いで、共同的な仕事が苦手な人がいます。そのような寅年の人は人に批評される事を嫌います。

寅年の人の性格でよく言われているのが、『調子に乗りやすく勢いが良いが為に空威張りになりがち』。そして『負けず嫌い』ということからプライドが高い人物である事が分かります。

そのような人でなくとも、何でもかんでも否定から入る、否定しかしてこない人には話す気も失せるというものです。人間関係を円滑にしたいのならば、どのような意見であろうとも一旦相手の言葉を受け止めることが大切です。

 

話を最後まで聞き、相手の言葉を遮らないようにしましょう


相手が話している時に「うん、それ分かるよ。私も前に・・・」と相手の話題を自分の話題へとすり替えてしまう人がいますよね?会話が続くからいいだろうという人もいるでしょうが、その話題を最初に持ち出した人にとっては良い気分がしないでしょう。

寅年の人もその例が特に顕著なようで、寅年の人の性格として、おだてられれば上機嫌となるが、他人に意見をされたりかえりみられたりしないと不機嫌になってしまう人がいるのだそうです。

ちやほやされたいという意識が強い強い人もいるようなので、その話題について自分の事を話したい場合は相手の話を全部聞き終わってから切り出すようにしましょう。

 

人によって態度を変えないようにしましょう


寅年の中には、その名の通りに猛虎のように暴れるのが好きな人もいて、波風を立てて問題を大きくしたり、消えかかっていた小さな問題に油を注いで大問題に発展させてしまう事があるようです。

そのような寅年の人は人の成功を妬み、執念深い性格の人であることが多いようです。そのような人の場合、他人と自分に接する時の態度を目敏く見ているはずです。

他人には笑顔で挨拶するくせに自分には何も無い・・・といったように根に持たれてしまう事があるかもしれません。誰にでも態度を変えずに、誰に対しても笑顔で挨拶をしましょう。寅年の人との人間関係を円滑にするには、周りの人も必要不可欠な存在となってきます。

 

自分の心の扉を開けておきましょう


一見、寅年の人はリーダーシップがあって目立ちたがりで性格がキツイと思われがちですが、稀に他人に対して自分の本心を決して見せる事がなく敵を作りやすいタイプもいるのです。そのような寅年の人は虚栄心が強く、勘定高い性格だったりするのでコミュニケーションをとるのは難しいでしょう。

そんな人には、自分の心の扉を開けて接するのが一番です。相手の警戒心を解く所から全てはスタートするのです。このような寅年の人は、一度心を許してしまえば親兄弟や家族の為によく働くという、自分より他人に尽くすという優しい人が多いのです。

 

なるべく聞き役に徹するようにしましょう


まさしくイメージ通りといったような、非常に慌ただしい性格の持ち主で、何事もぐずつく事が嫌いで物事を一気に片付けてしまおうとする寅年の人もいます。そのような人は難関があっても無理に貫こうとし、反感を買ってしまう事もしばしば。

その気性から逆境に立たされる時が長いのですが、一度順風に乗ってしまえば計画が次々と急速に結びつくという運勢を持っています。カリスマ性があり、常に新しい物を追い求めるタイプです。

そのような寅年の人に対しては、常に聞き役に徹するようにしましょう。このタイプも人に意見されるのを嫌い、相手を率いる事を好みます。相手の話を聞き、自分が良いと思ったことに素直に従っていれば人間関係は円滑になるでしょう。

 

口論にならないように、感情的にならないようにしましょう


我が強いことが主な特徴とされている寅年の人と話している際に、意見の食い違いや寅年の高いプライドなどから口論になったりする事もあるでしょう。人間関係に亀裂が入る主な理由は、大体が意見の食い違いなどによる口論でしょう。

口論を防ぐためには、片方が大人になる必要があるのですが、寅年の人の性格によってはヒートアップして収まりが付かなくなる場合もあるので、なるべく自分が冷静になるようにしましょう。

感情的になると、今までの抑えてきた事が爆発して言ってしまうと思われがちですが、意外と伝えたい事が伝わらないのです。それにきっと後から後悔するでしょう。冷静になって話してみれば、きっと同意できる事が見つかるはずです。

 

相手の目を見るようにしましょう


人間関係を円滑にする方法の定番中の定番ですが、相手の目を見る事は大事な事です。民族的に日本人は相手と目を合わせる事が苦手だとされていますが、それに関係なく社会では相手の目を見ない事は失礼にあたります。

プライドが高いとされる寅年の人の場合はもっと気を使わなくてはならないでしょう。最近ではスマートフォンをいじりながら話を聞いて相槌を打っている人もいますが、そのようなことをされたら気分が悪いどころか、もうこの人には話さないと思われても当然です。

職場でそんなことはあり得ないと思いますが、相手の目を見ないのはプレゼンテーションの際に相手の顔を見ないでずっと書類を見て話しているのと同じくらい失礼でしょう。もし目を見るのが苦手なら相手の眉間を見るようにしましょう。眉間を見られているだけでも相手は目を見ていると錯覚するそうですので。

 

いかがでしたでしょうか?

以上のカテゴリーを知識として蓄え、寅年の人と接した時にどうなるのか確かめてみてください。もしカテゴリーが違っていたとして、今後その寅年の人と接する時にどうするかによって人間関係が円滑にいくかどうかが決まってきます。

カテゴリーと違った場合、仲良くなりたい相手ならば細かく知りたいとカテゴリーを取っ払えるのですが、そうでもない相手の場合、カテゴリーのままで諦めてしまう場合もあります。

どうすることが寅年の人と円滑な人間関係を形成できるのか考えてみてください。誰しも『どうせこういう人だろうと』決めつけられて接してこられるのは気分が悪いものです。全ては実践あるのみです。

 

まとめ

寅年の性格を知って職場の人間関係を円滑にする7つの方法

・ どんな意見も間違いだと決めつけないようにしましょう
・ 話を最後まで聞き、相手の言葉を遮らないようにしましょう
・ 人によって態度を変えないようにしましょう
・ 自分の心の扉を開けておきましょう
・ なるべく聞き役に徹するようにしましょう
・ 口論にならないように、感情的にならないようにしましょう
・ 相手の目を見るようにしましょう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線