心理学の種類とそれを職業に活かす方法とは?

心理学の種類とそれを職業に活かす方法とは?
ストレス多き現代社会で、心理学の資格所有者は、その種類にかかわらず大いに活躍していますよね。心理学の資格は多種にわたり、活躍する分野によって所有資格が変わってくることもあります。超難易度の高いものから、働きながらでも取ることのできる資格まであるのです。

自分がどのような仕事をしたいのか、そのために必要な心理学の資格の種類は何か、そして現状から自分がとることが出来るのかどうか、調べる必要がありますよね。難易度の高い資格は、試験そのものももちろん難しいのですが、指定大学院の単位を有していないといけないという縛りもあるのです。

以下に心理学の資格の種類がどのくらいあるのか、そしてどのような分野の職業で資格を活かすことが出来るのかをお伝えします。心理学分野で活躍したいと願っている人は、是非参考にしてください。
[ →続きを読む… ]

心理学の種類別分類と、活躍できる7つの分野

心理学の種類別分類と、活躍できる7つの分野
心理学にも色々な分野、種類があり、非常に多く分類されています。最近では、社会生活にも心理学の知識を生かして就職したり、営業展開することも多くあり、また、メンタルヘルスが注目されているという点からも、心理学の学習というのはとても人気がある分野でもあるでしょう。

心理学の種類について触れる前に、心理学のイメージはというと、精神科や心療内科などでおこなわれる臨床心理学を思い浮かべますよね。臨床心理士やカウンセラーが心理学的な見地から個人の問題解決のために様々な療法をおこなうものです。

しかし、前述したように、臨床以外にも日常的に多くの心理学の種類が役に立っています。今回は、その中から特に社会的な活躍につながりやすい心理学の分野を7つ選んでお伝えします。
[ →続きを読む… ]

心理学の種類を勉強すると人間関係が上手くいく3つの理由☆

心理学の種類を勉強すると人間関係が上手くいく3つの理由☆
学校や職場で周囲の人たちとの人間関係に苛まれることありますよね。心理学の種類を知らなかったばかりに苦しむ方も少なくないのではないでしょうか。

人間関係が原因で学校に行けなくなったり、職場に行きにくくなり結果的に退職に追い込まれる人も少なくありません。それに対し、自分にとって苦しい現状を何とか変えたいという一心で試行錯誤します。

その一つとしておススメなのが心理学を勉強するということなのです。ざっくり心理学と言っても種類はたくさんあります。まず心理学の種類を大きく分けると二つに分けられます。一つは基礎心理学。これは心理学の基礎を勉強し、あくまで知識をつけることを目的としています。

発達心理学、社会心理学、認知心理学などの種類が挙げられます。もう一つは応用心理学です。これは基礎心理学で得られた研究の方法や成果などを色んな場面の問題を解決に導こうと活かす学問です。臨床心理学、教育心理学、社会心理学などの種類が挙げられます。

そのように心理学の中身を覗いてみるとたくさんの種類があることがわかります。そこで今回は、たくさんの心理学の種類を勉強すると人間関係が上手くいく理由を3つお伝えします。

[ →続きを読む… ]

心理学の大学を選ぶ時チェックするべき5つの確認ポイント

心理学の大学を選ぶ時チェックするべき5つの確認ポイント

心理学をより深く学ぶ為に大学に進学したい。もしあなたがそうお考えなら、心理学の大学を選ぶ時に見落としてはいけないポイントをご存知でしょうか。

実はこの確認ポイントを知らないばかりに心理学の大学に進学してから失敗したと感じる人は大勢いるのです。いざ授業が始まってから思っていたものとは違っていたと解る場合もあります。

しかしながら一度心理学の大学に入学してしまえばその環境を変える事は簡単な事ではありません。せっかく興味がある心理学を学ぼうと希望を抱いて大学に入学しても、思っていたものと違っていれば、卒業までに挫折してしまうケースだってあるのです。

大学進学は人生を左右する一大イベントの一つです。こちらでは心理学の大学に進学するのであれば必ず知っておくべき5つの確認ポイントについてお伝えします。
[ →続きを読む… ]

臨床心理学をわかりやすく使って心の疲れをときほぐすコツ

臨床心理学をわかりやすく使って心の疲れをときほぐすコツ

臨床心理学は、応用心理学のひとつで、心のトラブルを解決に導くことを目的としています。この臨床心理学を活用することで、心の疲れをほぐすことができるんです。何かとストレスの種が多い現代。いつでも心が元気でいられるわけではありません。

不安や心配などを抱えて心のバランスが乱れたり、ひどく落ち込んだり、心が深く傷ついたりすることも多いですよね。たいていの場合は、数日で自然に心が回復してきますが、生活に支障が出るほど深刻な状態に陥ってしまうこともあります。

心の病は、決して治らない病気ではありませんが、完治にはかなりの時間が必要になることもあるため、心が疲れているな感じたら、臨床心理学を活用して、心を癒すことが大切です。ここでは、臨床心理学を使って心の疲れをときほぐすコツをお伝えします。
[ →続きを読む… ]