好きな人とlineをする時の注意点を伝授!

好きな人とlineをする時の注意点を伝授!
好きな人とlineでのやり取りは楽しいですよね。メールよりも会話に近く、電話するより気軽に出来るのがlineの最大の魅力といえます。

手軽に好きな人とやり取りできるlineですが、その手軽さゆえに注意しなければならないことがあります。また、スタンプの使い方や、会話のやり取りなどに、その人のセンスが表れやすいということも理解しておかなければなりません。

二人の距離を縮めるためのlineが、ちょっとしたすれ違いで今の二人の距離を広げてしまうこともあり得るのです。

好きな人とlineする時の注意点に気を付けて、二人がもっと親密になれるようにlineを使いこなしましょう。そこで今日は、好きな人とlineをする時の注意点についてお伝えします。



 

好きな人とlineをする時の
注意点を伝授!

 

1.微妙なニュアンスがlineでは伝わらないこともある


好きな人とのlineで一番気を付けなければならないことは、微妙なニュアンスがlineだと伝わらないことがあるということです。

例えば、相手の提案に対して、「○○ってよくない」と返した場合、あなたはどのような意味に解釈しますか。「○○は嫌だ」ととる人と、「○○は最高だ」ととる人がいます。

全く別の解釈になっていますよね。「よくない」という言葉が会話であれば相手の表情や語尾の雰囲気でどちらかはっきりわかるのですが、文字だけだと分かりづらいのです。

lineでこのような誤解からいじめに発展した例もありますので、微妙なニュアンスが伝わりにくい言葉は使用しないようにしましょう。また、文字を打ったらすぐに送信してしまわず、一度読み返してみることが大切です。

 

2.スタンプの使い方にセンスがでる


好きな人とlineでやり取りをするとき、スタンプを効果的に使用すると会話も盛り上がりますし、あなたの印象もグッとよくなります。しかし、スタンプに頼りすぎるのは逆にあなたの好感度を下げてしまいますので注意が必要です。

例えば、相手が送ってきた内容にスタンプしか返さないということが続くと、いくら可愛いスタンプや面白いスタンプを使用していても自分が軽く見られているようであまり良い気はしないものです。また、連続してスタンプを送る行為も人によってはその度に携帯が鳴るので面倒だという人もいます。

好きな人とlineをするときには、基本的にはスタンプの無駄打ちは控えたほうは無難といえます。

 

3. 文章は短く


好きな人とlineをするとき、もっと自分を知ってほしい、もっと沢山話したいと長文を送ってしまう人がいますが、長文のlineは相手に重いインパクトを与えることがあります。

lineはメールと電話の中間的位置ですので、長文をlineで送る行為は、電話で一方的に会話を続けられるようなものです。そうなると相手は話を聞くだけになってしまい、二人で会話をしながら盛り上がるという雰囲気ではなくなってしまいますよね。

相手と沢山話したいという気持ちはわかりますが、好きな人とlineをするときは文章は短めを心がけましょう。

 

4.既読だから暇だとは限らない


lineとメールとの違いは相手がメッセージを開けば既読マークがつくことです。既読マークがつくと相手がメッセージを読んだ、時間があると誤解して次のメッセージを次々送ったり、返信の催促をしてしまう人がいます。しかし、これらの行為は相手を幻滅させてしまいますので絶対にやめましょう。

メッセージに既読がついても返信がないということは、仕事の合間に確認しただけかもしれませんし、後でゆっくり返信しようと考えているのかもしれません。

忙しく時間がない状態で相手から次々メッセージがきたり、催促の連絡が入ってきたら急かされているようですし、場合によっては信用されていないようにすら感じてしまいます。好きな人とlineでやり取りするばあには、既読になったとしても、相手の返信を待つようにしましょう。

 

5.送りすぎない


好きな人とlineできるようになったら嬉しいですよね。出来ることなら空いた時間はlineで繋がっていたいと考えるかもしれません。

しかし、lineは気軽に出来るからこそ楽しいのであって、四六時中連絡がきていては気軽な感じが一切なくなってしまいます。例え、メッセージの内容が軽いものだったとしても、1時間おきに送られてきたら重い以外の何者でもありません。

どのくらいの頻度で好きな人にlineを送ればよいのかわからないという場合には、頻度を相手に合わせるようにすると良いですよ。

 

以上、好きな人とlineをする時の注意点についてまとめてきましたがいかがでしたか。

好きな人と楽しくlineをするためには、自分の気持ちを押しつけ過ぎないことと、手軽なツールながらも、一呼吸置いて使用することが大切です。

実際に会って話をしていれば、言い間違いや誤解を与える表現もその場の雰囲気で察してすぐに訂正することが出来ますが、顔が見えないやり取りだと相手の誤解や自分の言い間違いに気づかないこともあるからです。

好きな人からlineが来たらすぐに返信したいとテンションが上がってしまいますが、返信する際には毎回読み返すくらいの余裕を持つことが大切です。

好きな人とlineで盛り上がることが出来れば、もっと二人の距離を縮めることができますよ。ぜひ、思いやりとセンスを感じるlineで相手の気持ちをグッと掴んでくださいね。

まとめ

好きな人とlineをする時の注意点は、

・微妙なニュアンスがlineでは伝わらないこともある
・スタンプの使い方にセンスがでる
・文章は短く
・既読だから暇だとは限らない
・送りすぎない

2018年 あなたの運勢をズバリお教えします!

『2018年のあなたの運勢』では、2018年のあなたのあらゆる運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてをお教えし、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が、様々な角度からあなたの運勢を徹底検証し、あなたの2018年版の運勢図を期間限定で全員無料でプレゼントしております。

2018年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線