恥ずかしがり屋でも職場で好かれる方法とは

恥ずかしがり屋でも職場で好かれる方法とは
職場で働く際には、会議や上司とのやり取り、お客様への対応など、恥ずかしがり屋の性格をした人にとって緊張する場面が多くありますよね。

「上手にコミュニケーションを取る事が出来ないから、周りの人と打ち解けられない…」という方や、「人前で話す事が苦手だから、発表の際に顔が赤くなってしまう…」という方は特に不安に感じるのではないでしょうか。

実は、そのような恥ずかしがり屋の方でも職場で好かれる方法はいくつもあるのです!それらの方法に共通しているのは、「恥ずかしがり屋である自分を認めてしまう」という考え方であり、実践出来れば自然と自分に自信が持てるようになります。

そこで今回は、恥ずかしがり屋でも職場に好かれる為の方法をお伝えします。

最初から「恥ずかしがり屋な性格だ」と公表してしまう

恥ずかしがり屋の人が職場で好かれる為にまず効果的な方法が、「私は恥ずかしがり屋です」と最初から周りの人に言ってしまうという事です。恥ずかしがり屋の人は、自分でその性格を良くないものだとか、少しでも直すべきだと捉えている事が多いのではないでしょうか。

しかし、実は無理に性格を治す必要はありません。いっその事、「自分はこういう場面では緊張してしまうものなんだ」と受け入れてしまい、周りの人にもそれを分かってもらえれば、緊張感や恥ずかしい気持ちが少しでも和らぎます。

会議での発表や上司とのやりとりの瞬間は、特に恥ずかしくなってしまうという方も多いはずです。しかし、周りの人があなたの性格を理解していれば、「またいつもの事ながら恥ずかしがっているね、大丈夫だよ」と、あなたの恥ずかしがる点を一つの個性として受け入れてくれるはずです。

 

出来ない事ではなく、出来る事を見つけて頑張る

恥ずかしがり屋の人は、自分に自信を持てない事が多いのではないでしょうか。それは、過去の失敗がトラウマになっていたり、必要以上に完璧を求めすぎてしまう真面目な性格であるからこそ起こるものなのです。

完璧を求めすぎる事によって、恥ずかしがり屋の人は「これは出来なくてはいけない」とか、「恥ずかしいけどここは人前で話さなくてはならない」などと、職場での業務を無理矢理自分に義務付ける傾向があります。

しかし無理に苦手な事を行おうとすると、かえって恥ずかしさが増してしまったり、苦手意識が倍増してしまう可能性もあります。例えば、家庭においてお母さんが子供に無理やり「勉強しなさい!」と言っても、子供がそれに抵抗し、逃避してしまうのと同じような現象です。

恥ずかしがり屋の人は、出来ない事を無理矢理やるよりも、「これであれば出来る」という事を探し、一生懸命に取り組みましょう。成功体験を徐々に重ねていき、自分に自信を持つ事が大切です。

 

最低限のアクションを起こす

恥ずかしがり屋の人は、他人とコミュニケーションをとるのが苦手な人が多いのではないでしょうか。お客さんや職場の同僚に対しても、「緊張して目が合わせられない…」とか、「グループでの会話で発言しようとすると何故か緊張してしまう…」といった事があるはずです。

この点においても無理にコミュニケーション力を改善する必要はありません。ただ、職場で好かれたいと考えているのであれば、最低限の挨拶をしたり、人の話を聞いて相づちをするなどして、相手への信頼を態度で示す事が大切です。

グループにおける会話においても、無理矢理何かを話そうとするとかえって緊張してしまいますが、まずは「私は聞き手に周ってもいいんだ。無理に発言しなくても大丈夫」と意識する事が大切です。人の話を聞きながら、「そうなんですね」とか「ああ、なるほど」といったようにリアクションをする事で、あなたが会話に参加して相手の話をきちんと聞いているという意思を示す事が重要なポイントとなります。

 

失敗を恐れない

恥ずかしがり屋の人は、完璧主義な面も持ち合わせている事が多い為、「プレゼンの発表が上手くいかなかったらどうしよう…」とか、「会話中に何度も噛んでしまったら恥ずかしい」などと不安になる事が多いのではないでしょうか。

職場に向かう前から、「どうせ私なんか、今日も何も話せずに終わるんだろうな…」などと決めつけてしまうと、それが自分への暗示となってしまいます。しかし、実際にやってみなければ分からないという事も多くあるはずです。

恥ずかしがり屋の人が職場で好かれる為には、自分に自信を持つ事が何よりも大切です。その為には、「人間なんだから、多少の失敗は仕方ない」とか「仮に意思の疎通がうまく行かなくても、それは相手との相性が悪かっただけ」などと前向きに考える事が大切です。

 

今回は、恥ずかしがり屋でも職場の人に好かれる為の方法をお伝えしました。恥ずかしがり屋の人は、「恥ずかしがり屋であるという性格自体が恥ずかしい事だ」と考えているのではないでしょうか。人前で上手く話せなかったり、他人とのコミュニケーションにおいて意思の疎通が上手く取れないと、ひどく落ち込む事も多いはずです。

しかし、そのような失敗を恐れずに「とりあえずやってみよう」ともう少し気楽に考える事で、可能な限り出来る事を実践し、自信を持つ事が大切です。

恥ずかしがり屋でも、「自分はこういう性格なんだ」とか、「こういう場面では照れてしまうものなんだ」という事を受け入れてしまえば、緊張感や完璧主義が少しでも軽減されていきます。自分の性格をポジティブに捉える事は難しいかもしれませんが、それもあなたの個性の一つとして自信を持てば、少しずつ前向きな姿勢を見せる事が可能になるでしょう。

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだカードでわかります。今、当たると話題の「神秘のタロットカード」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました