名前と字画について学び良い名づけをする具体的アドバイス

名前と字画について学び良い名づけをする具体的アドバイス

名前と字画、といえば姓名判断を思い浮かべる方も多いと思います。 姓名判断とは、姓・名のそれぞれ、また姓と名の文字の画数の組み合わせによってその人の運勢を鑑定するという、鑑定法のひとつです。

日本の文字には漢字、ひらがな、カタカナがあるため、同じ呼び方の名前でも、文字にすると全く違う意味が現れてきます。 ご自分の名前の意味、由来をご両親に尋ねてみたり、漢字の持つ意味を調べたことがある方も多いのではないでしょうか。

選ぶ字の意味や字画によって、その人の運勢を左右するかもしれない『名前』。 特別な想いを込めて、大切に付けてあげるために、名前と字画について学び、良い名づけをするための具体的な事柄をアドバイスをいたします。

 

名前と字画について学び
良い名づけをする具体的アドバイス

 



 

まずは『音』で名づけましょう


赤ちゃんの名前をつけたことはないけど、ペットの名前ならつけたことがある、SNSのハンドルネームならつけたことがある、という方は多いのではないでしょうか。 また、ご自分のお店の屋号や、会社を興して社名を決めるなど、名づけの機会は意外と多いものなのです。

一度決めたらずっと呼び続けらる名前には、名づけた人の思いが込められ、名づけられたお子さんやペット、お店や会社がみんなに愛されるように、発展していくように、とさまざまな想いを込めてつけられます。

言葉には『言霊(ことだま)』が宿り、音にして発することで力を発揮するという考え方もあります。 そこで、名づけの際には音を大切に、響きの良い名前、その人、そのペット、お店や会社にふさわしい響きの名前をつけるようにしましょう。

 

どの字を選ぶ? 字画によって運勢が変わることを知りましょう


どんな名前を付けるかが決まったら、今度は漢字を選びましょう。 名前は同じ呼び方でも漢字で書くと名前と字画は千差万別。 どの字を選ぶかで名前の意味が大きく変わってくるのです。

同じ意味を持つ名前でも、字画が多いもの、少ないもので、字面が違って見えるため、見る人に与える印象が大きく異なってきます。 名刺を受け取ったときなど、名前の漢字を目にすることによってその人の印象が違って見えるのは、よくあることですね。

お子さんの名前をつけるときには、漢字の意味や人に与える印象なども考慮して、どんな人になって欲しいか、願いを込めて名前と字画を選んであげるようにしましょう。

 

キラキラネーム? お子さんの将来のことも考えてましょう。


昨今流行の『キラキラネーム』。 漢字を使ってありますが、読み方が難しいことが多く、読むと日本人かどうかわからない名前と字画であることも多いようです。

親御さんの想いがこめられているのでしょうが、学校に上がったときに先生が正しく読めなかったり、病院や役所で名前を間違えられるなどが予想されますし、お子さん自身も試験のときに画数が多すぎて名前を書くだけで時間がかかってしまったり、場合によってはいじめの対象にもなりかねません。

可愛いお子さんへの愛情が大きすぎてあふれてしまったのでしょうが、一生ついて回るのが名前です。 キラキラネームをお子さんにつけようと思っているのなら、名前と字画を慎重に考えてからつけてあげるようにしましょう。

 

結婚して苗字が変わると運勢も変わることを知りましょう


姓名判断では、姓の画数、名の画数と、その両方を合わせた名前の字画も判断の材料となります。 今の日本では、結婚後は夫婦同姓が義務付けられているため、ご主人か奥様のどちらかが姓を変えることになります。

さて、姓名判断ですが、姓が変われば姓の画数、姓・名の総合的画数も変化することとなり、運勢に変化がおこる可能性があると見られます。 もしも、婚姻後の姓の名前の字画のほうが運気がアップするのなら、そちらの姓を使用しましょう。

旧姓の名前の字画のほうが運気が良いなら、戸籍上は姓を変えても職場やお友達と会うとき、手紙などは旧姓(通称)をそのまま使用することで、大きな変化を避けることができるのです。

 

名前の字画が良くないときは、通称を使ってみましょう。


ご自分の名前の字画が良くないときにはどうすればいいのでしょうか。 名前は一度付けられたらそう簡単には変えられません。 女性なのに男性のような名前やその逆、良くない意味に使われる言葉など、親にもらった名前と字画で社会生活上不都合が生じるなど、特殊な場合には裁判所の許可の下で名前の変更が許可されます。

でも、運勢が悪いから名前と字画を変えたい、というのは通用しません。 それでも運勢が良くなる名前と字画に変えたい! そんなときには運勢が良くなる吉の名前の字画に改名するのが良いでしょう。 

『モーニング娘。』のように、1画増やして運気アップを図るのもよし、読みは同じだけど、運気の良い名前の字画の漢字に変えた『通称』を使用するもよし。

戸籍上の本名を変えるのは難しいのですが、日常生活で使う通称なら好きな名前と字画使えます。 常日頃、周りから呼んでもらう『名前』なら自分で改名できるので、良い名前と字画を使うようにするのも良いでしょう。

 

いかがでしたか。

名前と字画について学び、良い名づけをするための具体的なアドバイスを5つ書いてきました。 文字や音には『言霊(ことだま)』が宿るといわれ、音にするたびに力を発すると信じられているため、名前を呼ばれるたびにその名前に似合う人になっていく、と昔から思われてきました。

名づけのときには想いを込めて、響きの良い名前をつけるようにしましょう。 さらに、想いを込めて、こうなって欲しい、というイメージにふさわしい名前と字画を選び、良い運気になるような名前を考えてつけるようにしましょう。

特にお子さんには、響きの良い音、良いイメージの文字の組み合わせ、運気の良い名前と字画で幸せな人生を歩んでいけるような名づけをしてあげたいですね。

 

まとめ

名前と字画について学び良い名づけをする具体的アドバイスとは

・ まずは『音』で名づけましょう
・ どの字を選ぶ? 字画によって運勢が変わることを知りましょう
・ キラキラネーム? お子さんの将来のことも考えてましょう。
・ 結婚して苗字が変わると運勢も変わることを知りましょう
・ 名前の字画が良くないときは、通称を使ってみましょう。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線