六白金星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ。

六白金星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ。占いと聞くとタロット占いや手相占いを思い浮かべる人が多いですよね。しかし実はその占いのほとんどは「九星気学」をもとにして作られているのです。九星気学が日本に伝えられたのは552年ごろといわれていおり、江戸時代には「家相」などの方位術にも使われていました。

そんな九星気学は生まれ年によって一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つの運命星に分類されます。

そうなると、「自分の性格はどんな特徴があるのかな?」「他の星の人との相性はどうなんだろう?」と気になる人もいますよね。この記事にある特徴を知っておくと、ちょっと人間関係がらくになるかもしれません。

そこで今回は六白金星(ろっぱくきんせい)の人の「性格の特徴」「恋愛の傾向」「他の星の相性」についてお伝えします!

六白金星(ろっぱくきんせい)の生まれ持った性格と恋愛傾向について

できる女性のイメージではまずはじめに、六白金星の基本から。生まれ持った性格や恋愛傾向などについてお話しします。

六白金星に当てはまる人

九星気学は9年のローテーションとなっており、生まれ年が下記の方は六白金星に当てはまります。ご自身が当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

1967年(昭和42年)
1976年(昭和51年)
1985年(昭和60年)
1994年(平成 6年)
2003年(平成15年)

芸能人でも武田鉄矢さんやV6井ノ原さん、小雪さんなどが当てはまる「六白金星」。まずは六白金星(ろっぱくきんせい)の人の性格の特徴についてみていきましょう。

 

六白金星の性格の特徴:「向上心が高くて負けず嫌い」「人見知りが激しく少し短気な一面」「リーダーシップがあり指導力に優れている」

まず六白金星の人に見られる傾向として「自分にストイック」です。常に「自分はここでおわるような人間じゃない!」と上を目指そうとする努力を怠らずやっている人が多いです。そのため六白金星の人は出世しやすいでしょう。

もともと六白金星の人は、「金星」と名前がついているだけあってお金と縁が深いのでどんどんキャリアに磨きをかけていくはず。

ただし六白金星の人は「負けず嫌い」の面があるので、周りを蹴落として上へ上へ意向としてしまったり、周りが見えなくなってしまうことも。

また、自分にとって意味があることを優先しがちなので、気が付かないうちに損をしていることもあるかもしれません。そういうことにならないように、時には冷静になって振り返ってみることも大切でしょう。

また、六白金星の人は高い先見力と実行力があり、正義感や責任感も強いので「リーダーシップ」があります。威厳や風格を兼ねそろえているので、周囲からの信頼を得やすいはず。上司や先輩として部下や後輩を扱いつつも、的確に指導することができるでしょう。

一方で六白金星の人の性格として「プライドが高く短気」一面を持っています。六白金星の人は能力が高くストイックであることから、自分の思うように物事が進まないとイライラしてしまうことがあるかもしれません。

とはいえ、見方を変えれば白黒はっきりしたサバサバした性格にも見えますよね。裏表がない人なら、きっと相性がうまくいくに違いありません。

また、六白金星の人は意外と人見知りをするので、交友関係は基本的に狭く深く接していくタイプです。このため、視野を広げるためになるべく多くの人とかかわるのも大切になるでしょう。

もし周りに六白金星の人がいたら、最初はとっつきにくいと感じるかもしれませんが、粘り強く話しかけると仲良くなれるかもしれません。

 

六白金星の恋愛傾向:「プライドの高さが邪魔をする」「温かい家庭を築くことができる」

六白金星の人が恋愛傾向としてにおいて気を付けたいポイントといえば、「プライドの高さ」です。

例えばプライドが高いがゆえに相手に素直な気持ちを伝えられず、チャンスを逃してしまった・・・という経験、ありますよね。そのため気になる相手がいたら、自分から積極的に想いを伝えるようにしましょう。

また、一見とっつきにくい印象を与えてしまう六白金星の人ですが、実はとても愛情豊かです。

根はとてもやさしいので、恋愛傾向としても自分の家族や周りの人にはとても愛情深く接することができるでしょう。そのため、結婚後は離婚やケンカなどのトラブルは発生しにくいので安心しましょう。

 

六白金星(ろっぱくきんせい)と他の星との相性について

相性と恋愛のイメージでは、次は六白金星と他の星の人との相性についてみていきます。気になる人や恋人やパートナーの性格と照らし合わせながら、ご覧ください。

※ 九星気学の生まれ星は以下のサイトで簡単にチェックできます

九星盤計算
指定日の年家九星、月家九星、日家九星を求め、それぞれの九星盤が表示されます。

 

一白水星(いっぱくすいせい)の人との相性:悪くはない

一白水星(いっぱくすいせい)の人は器が大きいので、人見知りなのに負けず嫌い、でもリーダーシップはあるという六白金星の人を受け入れてくれます。

ただし、一白水星の人はあまり積極的でないので、出会ってもお互いのよさに気が付かずすれ違ってしまうことも。どちらかが話しかけると、良い関係性を築くことができるでしょう。

一白水星の生まれ年

1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成27年)

 

二黒土星(じこくどせい)の人との相性:歩み寄りによって仲良くなれるかも

二黒土星(じこくどせい)の人と六白金星の人は性格が似ているので一度うまくいくと仲良くなれます。

ただし二黒土星の人は石橋を叩いてわたるような慎重なタイプなので、簡単には友達になれないかもしれません。

一方六白金星の人もプライドが邪魔して自分から話しかけに行かなかったり、仲良くなる前に飽きるということもあります。つまりお互いが歩み寄っていけば、仲良くなれるチャンスにめぐり合うかもしれません。

二黒土星の生まれ年

1953年(昭和28年)
1962年(昭和37年)
1971年(昭和46年)
1980年(昭和55年)
1989年(昭和64年)
1998年(平成10年)
2007年(平成19年)
2016年(平成28年)

 

三碧木星(さんぺきもくせい)との相性:いまいち

三碧木星(さんぺきもくせい)の人と六白金星の人の相性はいまいちです。というのも三碧木星の人の臨機応変にその場の人と仲良くなれる性格と、六白金星の人の生真面目な性格がそりが合わないから。

そんな場合は、あくまで表面上で関係を保っていきましょう。

三碧木星の生まれ年

1952年(昭和27年)
1961年(昭和36年)
1970年(
昭和45年)
1979年(昭和54年)
1988年(昭和63年)
1997年(平成9年)
2006年(平成18年)
2015年(平成27年)

 

四緑木星(しりょくもくせい)との相性:悪い

四緑木星(しりょくもくせい)と六白金星の人とは相性は悪いです。というのも、四緑木星の人は協調性があるために自分の考えや意見を言おうとしません。それに対して、六白金星の人が相手の真意がわからない、信用できないと考えるため、仲が深めにくいです。

ですので、この2人が仲良くなるにはお互いの本音を語り合うようにしましょう。

四緑木星の生まれ年

1960年(昭和35年)
1969年(昭和44年)
1978年(昭和53年)
1987年(昭和62年)
1996年(平成8年)
2005年(平成17年)
2014年(平成26年)

 

五黄土星(ごおうどせい)の人との相性:共通点はあるので、仲良くなれる可能性あり

五黄土星(ごおうどせい)と六白金星の人には共通点があるので、うまくいくと仲良くなれる可能性があります。この共通点というのは、プライドが高くあまり社交てきはない、ということです。

五黄土星の人は一つのことに集中すると周りが見えなくなることもありあますが、五黄土星の人が六白金星の人に目をつけてタッグを組むと、2人の世界を作ることができるでしょう。

五黄土星の生まれ年

1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)

 

七赤金星(しちせききんせい)の人との相性:いまいちだけど補える部分あり

七赤金星(しちせききんせい)の人と六白金星の人の相性はいまひとつ。というのも七赤金星の人は社交的で人見知りを一切しないので、狭く不覚の六白金星の人とは真逆のタイプになるからです。

しかし、真逆のタイプだからこそお互いに補える部分があるはずです。七赤金星の人が六白金星の人に声をかけて仲を深めることができればうまくいくかもしれません。

七赤金星の生まれ年

1957年(昭和32年)
1966年(
昭和41年)
1975年(昭和50年)
1984年(昭和59年)
1993年(平成5年)
2002年(平成14年)
2011年(平成23年)

 

八白土星(はっぱくどせい)の人との相性:共感できる貴重な存在

八白土星(はっぱくどせい)の人と六白金星の人は性格が似ているので、お互いに魅力を感じたり共感できる貴重な存在です。

八白土星のひとは真面目で派手なことをは好きじゃないことと、お互いコミュニケーション力が高くないですが、似た者同士なので出会うと自然と打ち解けてしまうでしょう。

八白土星の生まれ年

1956年(昭和31年)
1965年(昭和40年)
1974年(昭和49年)
1983年(昭和58年)
1992年(平成4年)
2001年(平成13年)
2010年(平成22年)

 

九紫火星(きゅうしかせい)の人との相性:あまりよくない

九紫火星(きゅうしかせい)の人と六白金星の人とはあまり相性がよくないです。というのも、九紫火星の人は積極的に話しかけて仲良くなれるチャンスはあるのですが、ネームバリューやブランドを重視するので実直な六白金星の人があまりよく思わない可能性があるためです。

九紫火星の生まれ年

1955年(昭和30年)
1964年(
昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)

 

ということで、六白金星の人の性格・恋愛傾向・他の星との相性をお伝えしてきました。

六白金星の人の性格を一言でまとめると「プライドが高い」「自分にストイック」「リーダーシップがある」です。地頭がいいので出世する可能性は高いでしょう。

六白金星の人の恋愛傾向でも、プライドの高さが邪魔をしてしまう場面もありますが、結婚後は温かい家庭を築くことができるでしょう。

また、六白金星は人見知りをするため、明るく周囲の人全員にふるまうことができる星の人とは相性が合わないことが多いです。一方六白金星と似たタイプの星の人は六白金星と同じく人見知りなので、仲良くなるのに時間が必要です。

もし自分や身近な人に六白金星の人がいたら、この内容を覚えておくと人間関係がうまくいくようになるかもしれません。六白金星の人と仲良くなるためには、ぜひ積極的に話しかけてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました