五黄土星の人が持つ運勢とは?性格・恋愛傾向・相性まとめ【2022年版】

五黄土星の人が持つ運勢とは?性格・恋愛傾向・相性まとめ【2022年版】
五黄土星(ごおうどせい)とは生年月日とそこからわかる干支や五行を組み合わせた九星気学(きゅうせいきがく)という占いの星のひとつです。

五黄土星はその名の通り、惑星では「土星」五行では「土」の性質を帯びていて、九星気学の9つの星の中でも特別の意味をもち、他の8つ星を支配する強力な星と言われています。

ではそんな五黄土星の星をもった人はいったいどんな性格でどんな人生を歩んでいくのか少しきになりますよね。そこで今回は五黄土星の人が持つ性格や恋愛観、他の星人の相性と共に2022年の運勢や、運気を上げる方法などについてお伝えします。

コンテンツ目次

五黄土星(ごおうどせい)の性格と恋愛観について

五黄土星(ごおうどせい)の性格と恋愛感についてのイメージ
ではまずは五黄土星の人がどのような性格で、いったいどんな恋愛観をもっているのかについてお話しします。

五黄土星生まれの人

九星気学で五黄土星(ごおうどせい)生まれの人は以下になります。

  • 1959年(昭和34年)
  • 1968年(昭和43年)
  • 1977年(昭和52年)
  • 1986年(昭和61年)
  • 1995年(平成7年)
  • 2004年(平成16年)
  • 2013年(平成25年)

 

五黄土星の性格の長所

五黄土星は九星気学のなかでも一番独立独歩の星で、とても強い運勢の持ち主です。ですので運勢に波乱が多く人生に大変な苦労を伴う事もありますが、それを上回るパワー、這い上がる粘り強さや不屈の精神力を持っています。

またそのような強いエネルギーの持ち主ですので、集団の中ではリーダーになる事が多く、鋭い洞察力と共に才覚を表す存在となる事が多いでしょう。また、五黄土星は基本的に親分肌な性格ですので、自分を慕ってきてくれる仲間や友人はしっかり守り頼れる存在です。

そして、困っている人を見ると放ってはおけない性格でもある為、周りから感謝される事も多く年齢を重ねるごとに大きく豊かな人生を歩む人が多いです。

 

五黄土星の性格の短所

五黄土星は人を圧倒するエネルギーを持っていると共に、性格的にもガンガン攻めるタイプの人が多い為、場合によっては周囲からは「高圧的」や「自分勝手」と思われてしまうかもしれません。

また、本人的にも「考える前に動いてしまう」傾向がありますので、手数は多いけれど失敗も多いのが玉に瑕(たまにきず)です。そして、まわりを振り回してしまいがちな割にそれに気が付かず、いつのまにか孤立してしまう事もありますので注意しておきましょう。

そして、苦労が多く経験値も高い為、やや人を見下してしまう癖がありますので、少し意識しておくと良いかもしれません。

 

五黄土星の恋愛傾向

五黄土星は恋愛においてもパワフルで、好きになった人には一直線にアプローチする狩人タイプの恋愛をします。またロマンチストで情熱的な恋愛を好みますので、五黄土星の恋愛は他の人からみると、「劇的」であったり「ドラマのよう」に思われるかもしれません。

しかし、やや独占欲や支配欲が強いですので、相手をあまり縛りすぎると関係が壊れてしまいますので注意してください。また、恋人やパートナーが五黄土星のひとは「自分についてきてくれる人が好き」というキーワードを覚えておくと、良い関係を築く事ができるでしょう。

そして結婚に関しては、男女共に独身の時とは打って変わって、外に向いていたエネルギーを家庭内に注ぐようになり、好き父、好き母になる事が多いようです。

タイトルとURLをコピーしました