五黄土星の人が持つ運勢とは?性格・恋愛傾向・相性まとめ【2020年版】

五黄土星の人が持つ運勢とは?性格・恋愛傾向・相性まとめ【2020年版】
五黄土星(ごおうどせい)とは生年月日とそこからわかる干支や五行を組み合わせた九星気学(きゅうせいきがく)という占いの星のひとつです。

五黄土星はその名の通り、惑星では「土星」五行では「土」の性質を帯びていて、九星気学の9つの星の中でも特別の意味をもち、他の8つ星を支配する強力な星と言われています。

ではそんな五黄土星の星をもった人はいったいどんな性格でどんな人生を歩んでいくのか少しきになりますよね。そこで今回は五黄土星の人が持つ性格や恋愛観、他の星人の相性と共に2020年の運勢や、運気を上げる方法などについてお伝えします。

五黄土星(ごおうどせい)の性格と恋愛観について

五黄土星(ごおうどせい)の性格と恋愛感についてのイメージ
ではまずは五黄土星の人がどのような性格で、いったいどんな恋愛観をもっているのかについてお話しします。

五黄土星生まれの人

九星気学で五黄土星(ごおうどせい)生まれの人は以下になります。

  • 1959年(昭和34年)
  • 1968年(昭和43年)
  • 1977年(昭和52年)
  • 1986年(昭和61年)
  • 1995年(平成7年)
  • 2004年(平成16年)
  • 2013年(平成25年)

 

五黄土星の性格の長所

五黄土星は九星気学のなかでも一番独立独歩の星で、とても強い運勢の持ち主です。ですので運勢に波乱が多く人生に大変な苦労を伴う事もありますが、それを上回るパワー、這い上がる粘り強さや不屈の精神力を持っています。

またそのような強いエネルギーの持ち主ですので、集団の中ではリーダーになる事が多く、鋭い洞察力と共に才覚を表す存在となる事が多いでしょう。また、五黄土星は基本的に親分肌な性格ですので、自分を慕ってきてくれる仲間や友人はしっかり守り頼れる存在です。

そして、困っている人を見ると放ってはおけない性格でもある為、周りから感謝される事も多く年齢を重ねるごとに大きく豊かな人生を歩む人が多いです。

 

五黄土星の性格の短所

五黄土星は人を圧倒するエネルギーを持っていると共に、性格的にもガンガン攻めるタイプの人が多い為、場合によっては周囲からは「高圧的」や「自分勝手」と思われてしまうかもしれません。

また、本人的にも「考える前に動いてしまう」傾向がありますので、手数は多いけれど失敗も多いのが玉に瑕(たまにきず)です。そして、まわりを振り回してしまいがちな割にそれに気が付かず、いつのまにか孤立してしまう事もありますので注意しておきましょう。

そして、苦労が多く経験値も高い為、やや人を見下してしまう癖がありますので、少し意識しておくと良いかもしれません。

 

五黄土星の恋愛傾向

五黄土星は恋愛においてもパワフルで、好きになった人には一直線にアプローチする狩人タイプの恋愛をします。またロマンチストで情熱的な恋愛を好みますので、五黄土星の恋愛は他の人からみると、「劇的」であったり「ドラマのよう」に思われるかもしれません。

しかし、やや独占欲や支配欲が強いですので、相手をあまり縛りすぎると関係が壊れてしまいますので注意してください。また、恋人やパートナーが五黄土星のひとは「自分についてきてくれる人が好き」というキーワードを覚えておくと、良い関係を築く事ができるでしょう。

そして結婚に関しては、男女共に独身の時とは打って変わって、外に向いていたエネルギーを家庭内に注ぐようになり、好き父、好き母になる事が多いようです。

 

五黄土星(ごおうどせい)と相性の良いタイプとは

五黄土星(ごおうどせい)と相性の良いタイプとはのイメージ
では、五黄土星の性格や恋愛傾向がわかったところで次は五黄土星と他の九星の相性を見ていきましょう。気になる人や恋人やパートナーの性格と照らし合わせながら、ご覧ください。

※ 九星気学の生まれ星は以下のサイトで簡単にチェックできます

九星盤計算
指定日の年家九星、月家九星、日家九星を求め、それぞれの九星盤が表示されます。

五黄土星と一白水星の相性:反発し合い喧嘩の絶えない関係かもしれません

気が強く自信家の五黄土星と、協調性を大事にする一白水星は価値観の違いでぶつかる事が多く、喧嘩の絶えない相性です。

最初のうちはお互いに「自分にはないタイプ」で惹かれ合うのですが、付き合っていくうちに、物事の意思決定の方法や、大事にする部分が違う事に気がつき始めて少しづつ距離が生まれてしまいます。

この2人の相性を改善して良い恋愛をする為には、それぞれが「一歩引く事、そして相手を理解する事」が必要不可欠です。

それが出来るようになると一緒にいる事に対してのストレスも軽減されて関係が長く続くようになるでしょう。

一白水星の生まれ年
1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成27年)

 

五黄土星と二黒土星の相性:徐々に気持ちが高まっていく関係になりそうです

五黄土星と二黒土星の恋愛はお互いのペースは異なるものの、基本的な気質は理解しあえる関係なので、まずまずの相性と言えます。

義理人情に熱い五黄土星と、情が深く優しい二黒土星ですので、始めこそ戸惑ってしまう事があるかもしれませんが、時間や会う回数を重ねるごとに相手の理解が深まって、仲良しな関係を築く事ができそうです。

しかし一点注意してほしいのが、仲が良すぎるゆえ、2人で孤立してしまわないように意識しておいてください。良い恋愛を長く続ける為には周りを含めた良い関係をつくるよう取り組んでみましょう。

二黒土星の生まれ年
1953年(昭和28年)
1962年(昭和37年)
1971年(昭和46年)
1980年(昭和55年)
1989年(昭和64年)
1998年(平成10年)
2007年(平成19年)
2016年(平成28年)

 

五黄土星と三碧木星の相性:素のお互いではなかなかうまくいきません

五黄土星と三碧木星の恋愛では、お互いが気が強く前にでたいタイプの為、喧嘩が多くなりがちであまり良い相性とはいえません。

関係性でいうと、自由奔放でやや気まぐれな三碧木星に、義理人情を通したい五黄土星がイライラしてしまう事が多くなります。きっと最初の頃はそれが新鮮で好きになったのかもしれませんが、基本的な気質が事なる為、「素のお互いでは決してうまくいきません」

ですのでこの2人の相性を改善して良い恋愛をする為には、2人の中での「約束事やルールを明確にする」事

もちろんこれも、押し付けではなく2人が納得する形でそれを取り決めて反映すれば、相手に対してのストレスもかなり軽くなるはずです。

三碧木星の生まれ年
1952年(昭和27年)
1961年(昭和36年)
1970年(昭和45年)
1979年(昭和54年)
1988年(昭和63年)
1997年(平成9年)
2006年(平成18年)
2015年(平成27年)

 

五黄土星と四緑木星の相性:とにかく価値観があわない関係です

エネルギッシュな五黄土星と穏やかな四緑木星の恋愛での相性は、一見良い組み合わせのように思えますが、実はお互いがストレスをため込む関係となってしまいます。

何によりもまず行動してから考えるタイプの五黄土星に対して、物事をゆったりゆっくり楽しみたいタイプの四緑木星ですから、基本的に時間の進み方が全く異なると思っておいた方が良いでしょう。

また、先々まで考えておきたい五黄土星に対して、今を楽しむ四緑木星といったように「とにかく価値観が合わない2人」ですので、長く一緒にいるカップルは奇跡的と言えるかもしれません。

この2人の相性を改善して良い恋愛をするには「五黄土星が四緑木星のペースに合わせてあげる」他ありません。

かなりイライラしてしまうかもしれませんが、大切な人であればこそ、時には寄り添ってあげる事も大切だと思いましょう。

四緑木星の生まれ年
1960年(昭和35年)
1969年(昭和44年)
1978年(昭和53年)
1987年(昭和62年)
1996年(平成8年)
2005年(平成17年)
2014年(平成26年)

 

五黄土星同士の相性:似た者同士でパワフルな関係になるでしょう

五黄土星同士の恋愛の相性は、似た者同士である為悪くはありません。しかしお互いが主導権を握りたがりますので、主従関係がはっきりしているか、うまく譲り合う事ができていれば長続きするカップルになるでしょう。

また、この組み合わせは2人で共通の目的に向かって物事を進める時には最強のパワーを発揮しますので、だらだらとした恋愛をするよりも、常に動き回っていたり、切磋琢磨する恋愛が適しています。

そして結婚に関しても同じ気質の2人ですので、強い絆で結ばれた家庭が出来る事でしょう。

五黄土星の生まれ年
1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)

 

五黄土星と六白金星の相性:タイミングが合えば燃え上がるような恋をするでしょう

強いネルギーを持った五黄土星は、信念を持って行動する六白金星に惹かれる事が多く、うまくバランスが取れれば良い恋愛ができる相性になります。

五黄土星は自身が強いエネルギーを持っている為、同じように「何かに取り組んでいる人」「目標目的の為に頑張っている人」が大好きです。ですので、六白金星が持つ強い前進力に満ち溢れているタイミングであればきっと燃え上がるような恋をするはずです。

そして、もし何か2人で一緒に取り組んでいる事があるとしたら、それは2人にとってとても良い事で、それが関係をより強固にする糧となります。

六白金星の生まれ年
1958年(昭和33年)
1967年(昭和42年)
1976年(昭和51年)
1985年(昭和60年)
1994年(平成6年)
2003年(平成15年)
2012年(平成24年)

 

五黄土星と七赤金星の相性:お互いが楽しいと思える関係が築けそうです

五黄土星と七赤金星の恋愛の相性は、一緒に居てお互いが楽しいと思える関係になれそうです。

五黄土星は親分気質で前進思考、七赤金星は華やかで社交的とタイプが少し異なるものの、どちらも外に向かって放つエネルギーが強い2人ですので、相手を良い意味で「自分にはない魅力を持った人」と感じます。

基本的には良い相性ではあるのですが、ひとつ注意して欲しいのは、七赤金星の社交性や華やかさに、五黄土星の「独占欲」や「嫉妬」が働いてしまうと関係は一気に崩れてしますので、相手を疎まない事をしっかり意識しておきましょう。

七赤金星の生まれ年
1957年(昭和32年)
1966年(昭和41年)
1975年(昭和50年)
1984年(昭和59年)
1993年(平成5年)
2002年(平成14年)
2011年(平成23年)

 

五黄土星と八白土星の相性:条件付きで仲良くなれる関係です

自分が主導権を握っていたい五黄土星と、実は融通がきかない八白土星の恋愛の相性は、やや難ありかもしれません。初めのうちは八白土星が五黄土星に合わせる事が多いですが、徐々にその関係性に違和感やストレスを感じ初めて八白土星が「突然爆発してしまう」という事もあります。

特に八白土星は感情表現がやや苦手な傾向がありますので、五黄土星の人が八白土星の感情をうまく汲み取ってあげる事が2人の関係をより良くするコツになります。

それが出来るようになると、2人は友達や親友のようなフランクで良いお付き合いをする事が出来るようになりますよ。

八白土星の生まれ年
1956年(昭和31年)
1965年(昭和40年)
1974年(昭和49年)
1983年(昭和58年)
1992年(平成4年)
2001年(平成13年)
2010年(平成22年)

 

五黄土星と九紫火星の相性:メラメラと燃え上がる関係になりそうです

前進思考でエネルギッシュな五黄土星と、華やかで知的な九紫火星は情熱的で燃え上がるような恋の関係になるかもしれません。

お互いの星がエネルギッシュで即効性のあるタイプですので、時間をかけて友達から恋人に、、、というよりは出会った瞬間に恋に落ちたり、付き合って間も無く結婚したりと、何をするにもスピードが早い相性になります。

この2人の組み合わせに限っては五黄土星が九紫火星のサポート役につく方が2人の関係がうまく行きますので、自身のパートナーとの関係を見直すと共にぜひ活かしてみてください。

九紫火星の生まれ年
1955年(昭和30年)
1964年(昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)

 

2020年の五黄土星(ごおうどせい)の運勢とは?

2020年の五黄土星の運勢とは?

2020年の五黄土星の運勢は「華やかな一年」です。

2020年の吉方位:「東南」「北西」

2020年の凶方位:「東(五黄殺・本命殺)」「南(歳破)」「西(暗剣殺・本命的殺)」

※ 「年」の吉方位は、500km以上の宿泊を伴う遠距離の移動や海外旅行などでの方位となります。

※ 九星気学では2月初旬の立春が1年の始まりとなります


九星気学では9年のサイクルで運勢が巡っています。2020年の五黄土星は3つ目の宮「震宮(しんきゅう)」に滞在しますので運気が上昇する飛躍の時になります。

九星:三碧木星
五行:木
方位:東
季節:春
色:青

対応するキーワード:焦燥、煩悶、ノイローゼ、ファイトを燃やす、順調、繁昌、イライラ

今年は過去数年に渡って取り組んできた物事の結果が出始め、希望と自信に満ちた一年になります。しかしまだ完成ではありませんので、ここで満足する事なく、トライ&エラーでさらにそれを高めていきましょう。

仕事も恋愛に関しても、基本的にエネルギーに満ち溢れた順風満帆な年ではあるのですが、それ故に少し気をつけて欲しいのが、「浮かれてハメを外しすぎてしまわない事」。せっかく築き上げた関係や地位を自分から壊してしまわないようにだけ注意しておきましょう。

五黄土星の人が2020年に運気を上げる為には

  • 大人数の交流の場に出向く
  • 可能な範囲で人助けをする
  • 謙虚な姿勢でいる事

を意識すると良いでしょう。

 

五黄土星(ごおうどせい)の人が運気を上げるコツ

五黄土星(ごおうどせい)の人が運気を上げるコツのイメージ
では最後は五黄土星の人が運気を上げる為には何をどうすれば良いのか?についてお話しします。

勢い余って環境や関係を壊してしまわないように注意しましょう

五黄土星の長所には「前向きでエネルギッシュな性格」という部分がありますよね。これがうまく機能している時は良いのですが、タイミングが悪かったりバランスが狂ってしまうと

  • 空気を読まない行動
  • 相手への暴言や暴力

となって、場の環境や人間関係を壊してしまいます。

時には勢い余って、悪口を言ってしまったり、投げ出したくなる事もあるかもしれません。しかしよく考えてみてください、壊すのは一瞬で出来ますが、人との信頼関係や場の環境を作るにはとても大きな時間と労力がかかるはずです。

ですので、イラッとしても一呼吸置いてから「言葉に出す」「行動する」

この2つを意識するだけで、五黄土星の人間関係は劇的に良くなりますので、ぜひ実践してください。

 

自分が出来る=相手も出来て当たり前はNGです。

五黄土星はパワーが強い為「やってできない事はない」「努力すればなんとかなる」という思考が常にどこかにあります。しかしこれは「自分は」という事を忘れてはいけません。十人十色というように、皆それぞれに個性がありますし長所短所も異なります。

ですので、五黄土星の人が無意識に行ってしまう

  • 出来て当たり前
  • なんでそんな事できないの?
  • やればできるよ

という言葉や思想は時として相手を強く傷つけてしまう事があるのを覚えておいてください。

あまりにそれが過ぎると「頑張っていたはずなのに、気がついたらひとりぼっちになっていた」なんて事にもなりかねませんので、良い意味で「自分と相手は違うんだ」という認識の元で人間関係を作っていきましょう。

 

周りを活かす事であなた自身もうまくいく

元々が強い運気を持って生まれた五黄土星ですので、その性質や使い方さえ間違えなければ歳を重ねる事に人生は豊かになっていきます。

そのポイントとして大切なのは、自分以上に周りを上手に活かす事

五黄土星は元々のポテンシャルが高い上に努力家の性格でもある為、なんでも自分でやってしまいます。しかしそれではいつまで経っても「たった1人の力」でしかありません。

ある程度自分が出来るようになった時には周りの力を「活かす」「頼る」「信じる」事を行ってください。すると今までは1人だった世界が、仲間や家族、恋人と共に築く私達の世界に変わって人生が大きく変化していきます。

 

さて、五黄土星の性格や恋愛傾向、他の星との相性や2020年の運勢、そして運気を上げる方法など様々な事をお伝えしてきました。五黄土星は九星気学の中でもかなり個性的な星ですので、周りとうまくやっていく為には色々注意した方が良い事がありましたよね。

特に五黄土星は大器晩成型で歳を重ねるごとに運気が上がっていく傾向がありますので、それを若いうちから享受したいと思うのであれば、今回お話しした事をしっかりと実践する事をお勧めします。

また、恋人やパートナーの人にとってはもしかしたら五黄土星は、ちょっと手間のかかる相手になってしまうかもしれませんが、それも含めて「その人の個性」だと思って暖かい目で見守ってあげてください。


九星気学の他の運命星の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。


九星気学での性格・恋愛傾向・相性・運勢について
九星気学での性格・恋愛傾向・相性・運勢についてのコンテンツをまとめました。自分や恋人、パートナーの運命星を選んでご覧ください。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたのが選んだ誕生月などの情報をもとに導き出される。『月読み誕生日占い』が大好評です!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も 自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

『今後の運勢』知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました