占いや相性から上手に人間関係をつくる9つの方法

占いや相性から上手に人間関係をつくる9つの方法
占いの人気は昔も今も変わらないようですね。携帯サイトで一番の人気は占いのサイトだそうですよ。でも、占いは好きだけど、それを人間関係をつくるのに取り入れるのってどうかと思うけど?って言う人は多いと思います。確かに、占いは当たったとか、当たらなかったとか言われるような不確かなもののように思えます。しかし占いの多くは統計学を元に作られています。

長年にわたって研究されてきたデータを駆使しているわけですから、それを活用しない手はないと思いますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

占いや相性から
上手に人間関係をつくる9つの方法



 

その1: 占いはあくまでも解決のヒント


なんとか、あの人との関係をよくしたい!という思いから、すがるような気持ちで占いに頼ってしまう、確かにその気持ちは十分にわかります。でも、それにすがってしまう事はよくありません。占いは「悩みを解決する魔法」ではない、という事を理解しておいてください。あなたがなんとか人間関係を良くしたいという気持ちは大事なのですが、それを解決してもらおうという他力本願な考えはよくないのです。「何か問題解決のヒントが得られるかもしれないな」というスタンスで占いとおつきあいしてみてくださいね。

 

その2: 散らかっている部屋を片付ける


風水という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどう取り入れたらいいか解らないかもしれませんね。まずは散らかっている部屋を片付けましょう。自分の部屋と人間関係の改善とどう繋がるのかしら?と思うかもしれません。実は自分の部屋の状態は今の自分の心の中の状態を表しているのです。これは職場の机の片付き具合でも同じ事が言えます。さっそく、要らない物は処分して部屋をスッキリ片付けましょう。その作業が終わったときに、自分の心の中もすっきりしている事に気づくはずですよ。

 

その3: 自分の反応を大事にする


人には直感というものがあります。悩みに悩んで選んだ物より、直感でぱっと見て決めた物が、良い結果をもたらしたなんて事、結構ありますよね。悩んだりしている時はなかなかその直感という物の力が発揮出来にくいのですが、占いはその直感力を引き出すツールだと考えましょう。占いの言葉ではなく、それを聞いた自分がどう反応するかを見るのです。「Aの方がいいです」と聞いた時、「へ?」とがっかりしたら、あなたはすでにAではない選択肢を決めているという事なのです。逆に「Bの方がいい」と聞いて「やっぱりそうか!」と嬉しくなったら、最後の一押しをしてもらう為に占いを頼ったと判断しましょう。

 

その4: 結果を占いのせいにしない


占いがどんないいことを言っても、うまくいかない事もあります。それを占いのせいにしないようにしましょう。統計学や、星の巡りや方角に基づいた結果であっても、人の感情というものが介在しています。理屈では計り知れないものです。ですから、その結果は今のあなたに必要な事だと受け止めましょう。その経験があなたを成長させるのです。占いしても役に立たなかったな・・・いえいえ、その占いに後押しされて一歩踏み出せたのですから、大きな収穫ですよ。

 

その5: ありがとう、ごめんなさいを忘れない


占いで出る「相性がいい」というのは、あまり苦労しなくても仲良くなれるという事です。話があうとか、考えている事がわかるとか、そういう人と仲良くなると気の置けない関係になって楽しくなってきますね。でもここで忘れて行けないのは、どんなに相性が良くて仲が良くても「ありがとう」「ごめんなさい」は忘れないで下さい。心の中で思っていても、口に出して言わないと決して伝わりません。「ねえー!目を見れば解るでしょう?」「は?あー!目、充血してる!」こういう不毛な会話にならないように、大切な人ほど言葉で伝える事を大事にしましょう。

 

その6: 人間関係をスッキリさせる


人間関係において、どうしても気の合う人、会わない人というのは出てきます。仕事上のおつきあいは仕方ありませんが、そうではない友人関係にいる人たちとのお付き合いを止めてみてはどうでしょうか。あなたのスマートフォンには何人の番号が登録されていますか。改めて確認してみると膨大な人数になっているはずです。人との付き合いは大事ですが、すべての人に良い顔をする必要があるでしょうか。心の底で大事だと思っていない人と無理をして付き合っても、負担になるだけです。あなたにとって本当に大事にしたい人とだけお付き合いをすれば、あなたの人生はもっと楽になるでしょう。部屋の片付けと似ています。人間関係をスッキリさせれば、本当に大事な物がはっきりしますよ。

 

その7: ひとつひとつの出会いを大切にする


私たちは毎日いろんな出会いがあります。学校や仕事上でお話ししたりとかも出会いですし、たまたま入ったパン屋さんだって出会いです。出会った人、関わりあった人とは縁があります。そこから、いろんな学びがあります。いいことを言う人には好感を持ちますが、自分にとって耳が痛くなるような事を言う人には嫌悪感を持つ事が多いと思います。しかしそういう意見こそ自分を成長させてくれます。そういう人との縁も大事にしましょう。小言が多くて苦手だなあと思って避けがちな上司の意見も謙虚な気持ちで聞くと、意外と自分の気づかなかった欠点だとか見えてくるかもしれませんよ。

 

その8: 言葉をコントロールする


言葉というのは影響力を持っています。それは自分に対しても、他人に対してもです。人が何気なく言った言葉に深く傷ついたり、「私は何をやってもだめだー!」と言って、ずっと落込んでいたりと、ほんの些細なことでも感情に影響を及ぼします。「うわー、言葉って怖い!私もう誰ともしゃべらない!」となりそうですが、山に一人籠る訳にもいきませんよね。でも言葉というのはある程度自分自身でコントロールする事ができます。やり方は簡単です。「ひと呼吸おいてから口に出す」です。普通に話している場合はそうでもないですが、どうしても怒りとか、悲しみなど感情にかられて発する言葉はキツいものになってしまいがちです。マイナス発言が多い人は、言葉を口から出す前に一呼吸置いてみましょう。そうすると出そうとしていた言葉に対して、客観的に見る事が出来るのです。「あれ?この言葉って発するとマズイよね?」。感情的になると一呼吸置く事も忘れてしまいそうになりますが、意識して繰り返しやってみてくださいね。

 

その9: 相手とのコミュニケーションを大事にしよう


このコラムは占いや相性から人間関係をつくる方法となっておりますが、コミュニケーションなしに人間関係は始まりません。当たり前の事なので、軽く考えがちですか、相手の事を考えずにアプローチが一方的になっていたり、不快な思いをさせているかもしれません。もしかしたら、そう言う事を恐れて言葉すらかわす事が出来ていないかもしれませんね。でもとにかく双方のコミュニケーションなしには関係は始まりません。思いやりと感謝の心を持ってコミュニケーションすれば、必ず相手にも伝わりますよ。

 

さて、如何でしたでしょうか?

人間関係に悩んでいる人は本当に多いですね。こんなに悩むなら人間関係一切やめてしまおうかなあ・・・という訳にはいきません。でも良好な人間関係を築くのに変なテクニックとか必要ありません。ありのままの自分で、感謝の気持ちを持っていれば、うまくいきますよ。それをふまえた上で、占いや相性などを取り入れてください。それはあなたが一歩踏み出す為の後押しをしてくれるツールとなるでしょう。この記事が少しでもあなたの上手な人間関係をつくることに、お役に立つ事を祈っています。

 

まとめ

占いや相性から上手に人間関係をつくる9つの方法

その1: 占いはあくまでも解決のヒント
その2: 散らかっている部屋を片付ける
その3: 自分の反応を大事にする
その4: 結果を占いのせいにしない
その5: ありがとう、ごめんなさいを忘れない
その6: 人間関係をスッキリさせる
その7: ひとつひとつの出会いを大切にする
その8: 言葉をコントロールする
その9: 相手とのコミュニケーションを大事にしよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線