人と話すのが苦手という意識を無くす7つのコツ!

人と話すのが苦手という意識を無くす7つのコツ!
人と話すのが苦手というのには、なかなか辛いものがありますよね。人と話すのが苦手ではせっかくの人脈を逃してしまうと思いつつ、それでも初対面の人などと上手に会話できない・・・。このジレンマがあるからこそ、人と会話するのが苦手という意識もより大きくなっているのかもしれません。

周りの人と上手に話ができるようになれば、人生も好転するはず。なぜなら、コミュニケーションを円滑にとれればストレスがたまりませんし、何よりも友人など味方が増えるので、何か始めるときに得られる協力も大きくなります。話し上手になって損することはないのです。

では、どんなことをすれば話下手から脱することができるのでしょうか。人と話すのが苦手という意識を改善するための7つのコツについてお伝えします。



 

人と話すのが苦手
という意識を無くす7つのコツ!

 

評価を気にしない


「人と話すのが苦手」という人の共通点は、相手からの評価を過度に気にしている点です。周りからの視線を気にしすぎているため、パフォーマンス力が落ちてしまっています。

他人からの評価は確かに気になるものですが、ここはひとつ忘れ、会話だけに集中しましょう。何度か失敗もあるかもしれませんが、何でも始めたての頃は失敗がつきもの。あまり気を取られてはいけません。

 

気まずさを気にしない


人と話すのが苦手と感じる人は、気まずさも苦手としています。誰かとの会話が途切れたときに起こる数秒間の沈黙がなんとも気まずく、苦痛で仕方がないのです。そしてそれが怖いゆえに人と話すのが苦手になってしまっています。

しかし実際には、相手まで気まずさを感じていることはあまりありません。気まずいと思っているのはたいてい自分だけで、相手は特に何も感じていないパターンがほとんどです。焦らず、その場の雰囲気を楽しみながら次の会話のきっかけを待ちましょう。

 

聞き役に徹する


自分で会話をリードするのが苦手なら、聞き役に徹するという手もありです。話すのは相手にしてもらい、自分は相槌を打ったりコメントをしたりしながら聞くことに徹すれば、大体の場合はその場を持ちこたえさせることができます。

このときおすすめしたいのは「傾聴」の技術です。相手の話に寄り添い、話の要点を繰り返しながら会話をしていきます。傾聴をすると相手も話しやすくなり、話し終えたときに爽快感を感じてもらえるので、ぜひトライしてください。

 

相手に興味を持つ


人と話すのが苦手というコンプレックスを直す方法のひとつに、相手に興味を持つというものがあります。確かに、せっかく話をするというのに相手に関心がないのでは会話も続きませんよね。初対面の人が相手ならなおさらです。

そのため、話し相手に関心を持つことは会話のきっかけを引き出すためにもとても大切。相手の仕事や趣味、持ち物など、聞けることは実はたくさんあるのです。

 

否定しないで聞く


会話をスムーズに続けるためには、相手を否定してかかる姿勢は絶対にNG。せっかく話しているのに、「私はそう思わない」、「私の意見は・・・」とあちこちで遮られたら、相手も良い気分はしません。話していてつまらない・不愉快な人だと思われてしまいます。

はやる気持ちはやまやまですが、最初のうちは相手の言い分を肯定しておくのが得策。自分の意見を述べるのは相手が落ち着いた後にすべきです。もっとも、相手があまりにも突飛で非常識なことを言っている場合は無理に合わせようとせず、静かに離れるのがベストでしょう。

 

表情も大事


会話というくらいですので発言内容はとても重要ですが、同時に適切な表情も大事です。真面目な内容なら真面目な表情、楽しい話題なら楽し気な表情を心がけてください。

そして、会話を始める際には極力笑顔でいるのがコツです。コミュニケーションはすべて快活な挨拶と笑顔から始まります。人と話すのが苦手だと感じる人がまずマスターしたいポイントの一つと言っても間違いではありません。

 

ポジティブに


人と話すのが苦手だという人が絶対にやってはいけないこと、それは物事をネガティブにとらえることです。何があっても、「上手に話せないのではないか」、「相手は自分と話したくないのではないか」などと考えてはいけません。そう思えば思うほどパニックになるのはもちろん、良からぬ結果を招いてしまうからです。

むしろ、ポジティブに構えていたほうが物事は断然スムーズに進みます。準備万端でなおかつポジティブでいれば、嫌なことはほとんど起こらないものです。

 

人と話すのが苦手な人が試したい7つのコツ、いかがでしたか。

まずは他人がどう思うかや気まずさを気にせず、会話に徹する姿勢が大切です。相手からの評価も気まずい雰囲気も、気にしているのは実は自分だけ。相手はそれほど気にしていません。

また、自分から会話をリードするのが苦手なら、聞き役に徹するのもアリ。相手に関心を持ち、最初から否定してかからないのがコツです。その場や会話内容に即した表情づくりにも気を配ってください。

最後に、人と話すのが苦手だと思っていても、あまりにネガティブになるのは避けましょう。かえって口下手になり、気まずさを招いてしまいます。こういうときは逆にポジティブに構えていたほうがリラックスでき、よりスムーズな会話を楽しめるようになるからです。

 

まとめ

人と話すのが苦手なら、この7つのコツにトライ!

・周りからの評価はいったん無視
・気まずさを感じているのは自分だけ
・聞き役に徹する
・相手に興味を持って聞く
・最初から否定しない
・会話内容に合った表情を
・ポジティブ思考で

当たりすぎるタロット、あなたの想う人はホントに運命の人?

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『エレメントタロット』では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「エレメントタロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

ホントの運命の人を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線