風水でベッドを変えて幸せを呼び込む22のコツ

風水でベッドを変えて幸せを呼び込むコツ
風水で家具やベッドの置き方とか間取りを工夫するだけで運勢が変わるなんて言うけど、本当なの?なんて思ってしまう人は多いですよね。しかし風水は、古代中国の思想に基づく環境学で、歴とした学問の1つです。

電気と同じように、目には見えないけれど存在している『気』。風水の考え方とは、人間が暮らす環境を取り巻く『気』を、大地を流れる『気』と調和させることで、運気に本来の流れを取り戻させて整えていくというものです。そしてその環境を変えるための具体的な方法を提示してれるものが風水なのです。

ですので毎日休むベッドひとつでも、風水的にはあなたの運気になにかしらの影響を与えています。では風水的に幸せになれるベッドどのようなもので、どんな風におけば良いのでしょうか?そこで今回は、風水で寝室の運気を上げる為の知識やベッドを変えて幸せを呼び込むコツなどについてお話しします。

風水で運気を上げる寝室の基礎知識

風水で運気を上げる寝室の基礎知識のイメージまずは、ベッドを置く寝室についてです。人間の睡眠時間は8時間程度と言われていますよね。一日は24時間ですから、人生の3分の1は、寝室で過ごすことになります。そんな家の中心ともいえる寝室は、風水に特化せずとも落ち着いて寝やすい環境に整える必要があります。

とはいえ、やはり運気が良いのに越した事はありませんから風水で運気を上げる寝室の作り方からお伝えします。

寝室は風水で運気を体に取り込む場所です

風水では、良い運気の流れが滞ることの無いように、家具の配置も考え家の中はきれいに掃除をしておくことが基本です。そして、運気の入り口の「玄関」と食生活を預かる「台所」と英気を養う「寝室」の三つが最も大切な場所です。

この三つの場所の環境を、風水の観点から整理しておけば、風水的には体制が整います。この三つの場所の中で、一番重要なのが寝室です。

寝室は、日常の生活で消耗した体力・気力と運気を、あなたの体に充填する大切な部屋です。体力は食事と栄養を摂れば戻りますが、気力や運気は風水でしか回復できません。ですので、寝室を良い状態にするというのは、運気を上げる上で絶対条件と言えますよね。

 

寝室の掃除は基本です

寝室は、玄関から入って来た良い運気を寝室に導き留まらすために、綺麗に掃除しておきましょう。独立した寝室をお持ちの方も、都会のワンルームマンションにお住いの方も、寝る部屋の四隅は床も綺麗に拭いておきましょう。

重たい本棚やタンスは無理でも、手軽に移動できる家具類はいったん移動して、床を拭いてください。また、綺麗に掃除をしても、寝室に荷物や洋服、雑貨などを散らかしていると、寝ている間に悪い気を体に取り込んでしまうことになります。

ただ単に睡眠が取れれば良いというのではなく、良質な睡眠を風水で取りましょう。良質な睡眠が取れるということは、寝ている間に良い運気を体に取り込んだということで、そこで暮らしている人たちの開運に結び付きます。

お一人住まいの人は、良い交際相手にめぐり合ったり、難関の試験に合格したり、ご家族の場合も家庭運に恵まれたりするでしょう。

 

寝室の窓のカーテンは二重にしましょう

ゆったりとした良質の睡眠から目覚めたとき、寝室の窓を開けて、良い運気を吸収した体に、さわやかな空気を吸ってあげてください。真冬の寒い時も、起きた時に一番に窓を開けてください。

ところで、その窓のカーテンですが、ぜひレースとカーテンの二重にしてください。一重だと、部屋に呼び込んだ良い運気が窓から漏れ出てしまいやすいからです。運気を逃がさないようにしてください。

また、部屋での運気の流れをスムーズにするために、通り道の家具の配置も考えましょう。また、カーテンの色や柄も変化をつけてください。布団や布団カバーの色が柄物ならカーテンは無地とか、布団カバーが無地ならカーテンは模様が入ったものとか、壁紙が明るい色合いならカーテンは地味な色にするとか、変化をつけましょう。

ただ、あまり鮮やかな色合いは避けて、落ち着いた色や柄にしましょう。それと、レースやカーテンは定期的に洗濯して清潔にしておくことも大切です。

 

女性なら寝室にはドレッサー

寝室にドレッサーを置きましょう。女性にとって身だしなみを整えることは運気アップにつながります。身をきれいに整える場所をいつも清潔にしておきましょう。毎日ドレッサーの前で丁寧に髪をして、きれいにお化粧をして、より良い一日の始まりを寝室から始める事が運気のアップに繋がります。

そして、寝るときには間接照明を付けましょう。寝室を真っ暗にしてしまうと悪い気が部屋に漂ってしまいます。電気を付けたままでは寝にくいと思われがちですが、実は人間は少し明るい方が寝付きやすくなると言われています。

寝るときは間接照明で部屋をほんのり照らすのがお奨めです。

 

押し入れは整頓しておきましょう

押し入れに物をたくさん入れるのはやめましょう。押し入れに物が、ぎゅうぎゅうに入っていると良い気が入ってくる隙間がありません。整理整頓をしっかり行い、中身をすっきりさせましょう。

整理整頓をしておくと、どこに何が入っているか、探すときに楽ですし、要らないものを処分して断捨離効果も発揮できます。湿気対策に、すのこなども活用して、きれいに保ちましょう。

 

寝室に余分なインテリアは置かない事

寝室や寝る場所には、余計なものはできるだけ置かないようにします。寝室にテレビを置く場合も多いのですが、鏡と同じように消した画面に自分の寝姿が映らないようにしましょう。もしも映るなら、眠る前に画面の向きを変えるか布を被せましょう。

また、風水では人形やぬいぐるみ、ドライフラワーやアンティークは陰気が溜まりやすいので、寝室にはあまり持ち込まないようにしましょう。そして壊れたままの電気製品や使う予定の無い雑貨なども寝室から出しておいた方が得策です。

 

寝るときは部屋を真っ暗にしない

寝室を綺麗に掃除して、せっかく運気が溜まりやすいように整えても、眠る時に真っ暗にしてはいけません。人は眠ると水の気に包まれると言われていますから、部屋が真っ暗ですと、自分自身の水の気が、陰気な水の気に変わってしまうからです。

それを避けるためには、豆電球などで少しの明かりをつけて寝ましょう。枕元に小さなライトを置くか、北の隅にスタンドを置いて小さな明かりをつけてください。

 

ベッドを変えて運気を上げる8つのポイント

ベッドを変えて運気を上げるポイントのイメージ寝室の風水についてはご理解頂けたかと思いますので、次は風水的に運気が上がるベッドとはどんなものかについてお話しします。

 

最適なベットの高さとは

風水では地表から90センチが大地の力を最高に受けることができる高さと考えられています。 ということは、1階の寝室でのベッドの高さは、40~50センチ程度がもっとも良い高さとなります。

ベッドを選ぶ場合には、まずこの高さを意識するところから始めましょう。しかし、2階よりも上の階が寝室となる場合は、ベッドの高さはほぼ関係なくなります。その際は、デザインや材質を重視して決めると良いでしょう。

ちなみに。ベッド下に衣類を入れる引き出しがある場合は、そこに保管される衣類は幸運を引き寄せてくれる服となります。虫や湿気にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

せせこましく寝るよりは、広々と寝るが吉!

実は、狭いベッドでは出世できないというのが風水の考え方。できるだけ広いものを選びましょう。本当は、一人で寝る場合でもセミダブルぐらいを選択するのが吉とされています。

出生したい、仕事で大成したいと考える方はぜひ、独身のうちから広いベッドで寝るようにしてみましょう。部屋が狭い場合でも、寝床だけは広く確保できると良いですね。

 

木製のベッドを選びましょう

風水では、木のベッドがもっとも運気を上げると言われています。自然素材であり温かみを持つ木には、人を安眠させる効果もあるようです。

近頃は、安くて丈夫なスチール製のベッドなどもたくさんありますよね。コンパクトサイズで見た目にもスッキリとしたスチール製のベッドは、お部屋の中に置いても圧迫感がなく人気があるのも納得です。

ですがこのスチールベッド、材質が金属であることから電磁波や微弱な電流を流しやすいという性質を持っています。

寝ている人にとっては、無意識ながらもたえず身体に電気を感じることとなり、安眠を妨げられてしまうという結果に…。

スチールベッドを使っている人は、木と同じ性質を持つ綿などの布でスチールの部分を覆うことによって、スチールが出す気に対してバランスをとることができると言われています。

 

電灯や棚が付いていない方が良いです

本や時計、携帯電話などを置く棚や、電灯が付いた宮付きベッドなどもありますが、この場合、頭側に物が置かれがちになります。風水では、枕元がゴチャゴチャとしている状況は悪い気を引き寄せると言われています。

携帯の充電器や配線コード、パソコンなどをベッドに置いて寝ている人も多いかもしれませんが、できるだけベッドの上、特に枕元には何も置かずスッキリとさせましょう。

 

2段ベッドやロフトベッドでないこと

風水では、寝ている人の上には基本的に何もない方がよいと言われています。

2段ベッドの場合、下の段の人は上の段の床に、上の段の人は部屋の天井によって圧迫感を受けることとなります。この圧迫感によって、運気が頭打ちになり伸びなくなると考えられています。

ロフトベッドの場合も同じで、こちらは下の段の勉強机に関しても同じことが言えます。とは言え、住宅事情により2段ベッドやロフトベッドで省スペース化を図らざるを得ないケースもたくさんありますよね。

そういった場合には、後々ベッドを分離して1つずつとして使えるタイプのものを選んでおくとよいでしょう。どうしても2段ベッドを使わざるを得ない時期だけ2段の状態で使用して、将来的には分離して使うようにしてみてはいかがでしょうか。

 

ソファーを兼ねていないこと

1人暮らしの場合など、ソファとベッドを兼ねたソファベッドを使われている方も多いかと思います。ソファは、人が座るときには「動」の気を、また寝るときには「静」の気を発します。

1つのベッドに2種類の気が混在することで気のバランスが悪くなり、使う人にも不安定な影響を及ぼすこととなります。

ソファベッドを使っている人は、眠るためのベッドとしてのみ使うように変えてみるとよいかもしれません。

 

セパレートタイプでないこと

ご夫婦など2人で眠る場合に、ダブルベッドを使われている方も多いですよね。結婚している男女がひとつのベッドで眠ることは、風水的にはとても良いとされています。

しかし最近は、寝返りが相手に伝わらないようマットレスが2つに分割されているタイプのものもあるりますよね。この場合、マットレスの分離が夫婦の分離につながると考えられ、風水的にはよくありません。

シングルベッドを2つくっ付けてダブルベッドのようにして使っている場合も、同じです。

 

清潔できれいなこと

風水では、不衛生、不潔などはもっとも避けるべき状態と考えられています。寝具やシーツ、カバーなどはこまめに洗濯して、常に清潔なものを使うように心がけましょう。また古すぎるベッドや寝具は、新しく買い換えることで気の流れが良くなることもあります。

 

 

枕の位置で呼び込む運気を選びましょう

枕の位置で呼び込む運気を選ぶイメージ次は、寝ている時に私たちの頭を預ける「枕(まくら)」の方向についてのお話です。

例えば『北枕』は、死者に北枕をする風習が始まった事や、北枕が許可されたのが死体安置所のみだったという事から縁起が悪いことの代名詞ですが、実は風水的にはメリットがたくさんあるのです。

良い睡眠や金運アップなどの効果もあると言われ、一説では昔の貴族達が北枕をしていたために、庶民に真似をされないようにと良くないと嘘を言ったという説もあります。

では早速、枕の方角を決めて今のあなたが必要としている運気をしっかり取り込みましょう。

枕は大きい方がよい

枕は人によりお気に入りの大きさ、高さ、硬さがあると思いますが、大きさだけで言えばヘッド部分の8割程を覆う大きさの枕がベストですが、お気に入りの枕が小さい物であれば、ミニ枕や、ミニクッションを両サイドにアレンジすると落ち着いて休めますよ。

また、色はグラデーションさせるか同色にすると良いと言われています。

 

北向きの枕

前途の通り、北の方角に頭を向けて眠る北枕は、死者の頭の向きのイメージで嫌う方がいますが、風水的にはとても理にかなっていて良いのです。何故なら気の流れは北から南に流れるので、眠っている間に気が頭から入り足に抜けるので落ち着いた睡眠が取れます。

そのため目覚めた時には、気の流れのおかげで頭がすっきりしています。北向きで眠る事は、健康の運気を掴む事に繋がりますよ。ベッドヘッドの床に小さなフロアーランプがあると尚良いです。

 

東向きの枕

朝が苦手な人は、太陽の昇る東向きにベッドヘッドの向きを変えてレイアウトすると、運気があがり元気が出る様になります。太陽の運気の恩恵を朝一杯に浴びて、朝の目覚めが爽やかになります。

夜遅くまで仕事で起きていなければならない方で、どうしても枕が東にしかレイアウト出来ない部屋の間取りでしたら、遮光カーテンをとりつけて少しだけ朝日が射しこむ様に開けて休めば問題ないでしょう。

足元の床コーナーにグリーンの鉢物を一つ置くと風水の運気が上がります。

※ 東は若さが吸収できる方位と言われています。

 

南向きの枕

風水的に火の気を持つ南は、寝室には災いを引き起こす元で不向きです。北向きと逆の気の流れで、気が足から入って頭に抜けるので運気が下がり続けます。出来れば頭と足の位置を逆にするレイアウトにするべきです。

しかしどうしても南向きに枕の位置が来てしまうのであれば、床にグリーンの葉の鉢物をベッドヘッドの辺りの床に置く事です。前述の北向きに寝る方とは逆位置の頭の方向に置く事により、気の流れを緩めて、健康、金銭、人間関係など運気が下がらない様にしましょう。

 

西向きの枕

火が沈む方位の西向きに枕の位置がある事は、風水的には安定した快眠がとれて良いです。イライラ感も無くリラックスできます。注意点としては西側には香りの強い花は飾らない事。

※ 西は落ち着きや静寂に適した方位と言われています。

 

金運UPは西と北!

風水学では西と北が金運UPの方角と言われています。「西に黄色い物を置く」というのはとても有名で、風水にあまり詳しくない人でも耳にしたことがあるかもしれません。

これは金運を呼び込むのが西だからなのですが、実は「西で呼び込み 北で貯める」というのが風水の基本となります。西ばかりを重要視しているとお金は入ってきてもあっという間になくなってしまいます。

つまり大事なのは北の方角。北は水の気を持つ方位と言われています。水は財産を蓄える場所ですから、金運と北はとても大きな関係性を持っています。

 

このように私たちは、周りの人や物から無意識に影響を受けています。部屋に物が散らかっていたり、机の上に物が積まれている状態などが続くと、なんとなくイライラしたり集中できなくなるのは、物が発する気によって本来の気の流れが妨げられるから…

ふだんは意識していない「気」の流れやバランスについて知ることで、身の回りの物に対する感じ方が変わってくるものです。

運気を上げるためには、ベッドだけでなく寝室全体の掃除や喚起をこまめにおこない、快適な睡眠環境を作ることも大切です。良質な睡眠を得られることによって、ぐっすりと安眠でき気力も充実してきます。

また、愛情運や金運、健康運など、どれか1つの運を極端に求めすぎることは、かえって全体のバランスを崩し他の運気を必要以上に下げることにつながります。

ベッドを変えたから幸せになれるはず! と考えるよりも1日の疲れをしっかりと癒し自己管理をするための気持ちの余裕を持つことが、運気を上げるために必要です。

風水とは「絶対に守らなければいけないもの」ではなく、人が心地よいと感じられる空間を作り出すためのちょっとした知識として捉えておきましょう。

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました