六白金星の人が持って生まれた運勢と気質とは

六白金星の人が持って生まれた運勢と気質とは
今日は九星気学の六白金星についてお話しします。タロット占いや手相占いなど、世の中にはたくさんの占術がありますよね。数多くある占術のほとんどは「九星気学」をベースとして作られていることをご存知でしょうか。

九星気学が日本に伝えられたのは552年といわれており、江戸時代には「家相」などにも方位術として用いられたことから、大変長い歴史をもっているといえるでしょう。九星気学は全部で9つの運命星から構成されており、その人の本命星は生まれた年によって各運命に分類されます。なお、九星は一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星を指します。

そこで今回は、その中でも「六白金星」が運命星となる人に焦点を当てて、生まれた運勢と気質についてお伝えしますので、対象となる方はぜひチェックしてくださいね。
[ 続きを読む… ]

【九星気学】四緑木星が持つ基本的な7つの性格

【九星気学】四緑木星が持つ基本的な7つの性格
四緑木星とは九星気学という占いの中の一つのタイプです。九星気学では、自分の生まれた年によって本命星と呼ばれる星が決まります。その星によってその人の性格がわかったり運命を占うことができるのです。四緑木星は、昭和44年、53年、62年、平成8年、17年、26年の人が該当します。

九星気学の考え方は日本では九星術として西暦550年頃に伝えられ、方位術、気学など少しずつ形を変えて今に伝わっています。生まれ年で占う九星気学で自分の性格をよく理解できれば、人付き合いや仕事選びなどあらゆることに活かすことができますよね。

そこで今回は、自分の性格を客観的に捉えることができないという四緑木星の人のために九星気学でわかる基本的な性格の特徴をお伝えします。
[ 続きを読む… ]

七赤金星の性格と、相性のよいタイプとは

七赤金星の性格と、相性のよいタイプとは
七赤金星といえば、九星気学のひとつですよね。七赤金星の象徴は湖といわれており、広大な海ではなく沼や湿地など水が集まってできる場所を象徴しています。楽観主義で派手好みな方が多い七赤金星、有名人でいえば松下電器元社長の松下正治氏、森永製菓元社長の森永剛太氏、小林製薬元社長の小林一雅氏など名だたる企業の経営者を勤めた方が多くいらっしゃいます。

また、芸能界でいえば吉本興業の横山たかし氏、長年第一線でご活躍なさっている戸田恵子氏、世界的ジャズシンガーの綾戸智絵氏や天童よしみ氏など老若男女問わず慕われる方々が多い七赤金星。その人柄から第三者のお引き立ても期待できる、周囲に好かれる方が多い傾向にあります。

そこで今回は、そんな七赤金星の基本的な性格の特徴と、相性のよいタイプをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

九星気学の九紫火星から読み解く6つの運勢

九星気学の九紫火星から読み解く6つの運勢
九紫火星(きゅうしかせい)という言葉を聞いたことがある人は、少ないですよね。九紫火星とは、占いなどに用いられる「気学」という学問の中で使われている言葉で、「本命星」の1つです。「本命星」とは、生まれた時に回っている星のことで、基本的な性格や運命を形成するものです。

本命星を元に、自分の運勢を占うことができるだけでなく、自分の性格を知ることで、長所を伸ばし、今後の生活をより良くすることができるのです。本命星の特徴として、旧暦を使用するということです。立春の2月4日からはじまり、節分の2月3日で終わります。なので、同い年の人でも、本命星が違う場合もあるのです。

そこで今回は、9つある本命生の中でも九紫火星の人はどのような性格なのか、またどのような運勢なのかをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

九星気学の七赤金星に特有の運勢とは?

九星気学の七赤金星に特有の運勢とは?
今回は九星気学の七赤金星の運勢についてお届けします。九星気学は生年月日から九星と干支、五行を求め、それらを組み合わせて占う占術のことです。もともと方位の吉凶を知るために用いられてきましたが、方位占いを重用する商売や芸能関係の人に利用されるようになりました。

また、現在では、就職や転職、結婚、離婚、再婚といった人生の契機にたつとき、九星気学を気にする人が多くなっていますよね。そこでこの記事では、その九星気学から、金星に支えられた強運の星と言われている七赤金星をとりあげます。金星の元に生まれると花のある人生を送る人が多いと言われますが、果たしてどうなのでしょうか。

それではこれから、九星気学の七赤金星の人に特有の運勢についてたっぷりお伝えします。
[ 続きを読む… ]