九星気学の八白土星に特有の運命とは?

九星気学の八白土星に特有の運命とは?
八白土星は九星気学の占いにおけるタイプの一つです。九星気学は、生まれた年月日、干支、五行を組み合わせて自分の本命星を割り出す占いです。一般的な占いは、生年月日や干支、氏名、手相など、一つの情報をもとに占うものが多いですよね。

ですが、九星気学は3つの情報をもとに占うため、より細かい情報を得ることが可能なのです。八白土星は、昭和31年、40年、49年、58年、平成4年生まれの人が当てはまります。山を表すといわれる星のため、一見するとどっしり、しっかりとしているように見えますが、内面は地面にがっちりと根差していて頑固な面もある特徴があります。

九星気学では、本命星ごとに性格や人生の運命がある程度わかります。そこで今回は、八白土星の人物がどんな特徴を持つのか、運命が待っているのかを6つのポイントでお伝えします。
[ 続きを読む… ]

7つのパワーストーンが持つ意味とその効果

7つのパワーストーンが持つ意味とその効果
パワーストーンにはたくさんの種類があり、それぞれが持つ意味ともたらしてくれる効果は異なります。自然には癒し効果があったり、やる気を出せてくれる効果があったりしますよね。パワーストーンは天然の石ですから、それぞれ個性があり、持っているパワーが異なるのです。

運気を上昇するものとして日本人に馴染みが深いのはお守りですが、お守りは四六時中持ち歩くわけにはいきません。その点、パワーストーンはブレスレットにして身に着けることができますし、直接肌に触れることによってパワーストーンの意味に由来する効果が直接体に伝わりやすいのです。

人によって持っている悩みや運気を上げたい分野は異なりますから、自分が求めるものにあったパワーストーンを探すことが大切です。そこで今回は、代表的な7つのパワーストーンとその意味、効果についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

ストレスが原因で起こる症状とその解消法

ストレスが原因で起こる症状とその解消法
ストレスが原因で何らかの症状を起こしたという経験をした人って多いですよね。「仕事に行きたくないとき、身体がだるくて動かない」というのがその1例で、ストレスによる症状は、誰にでも起こりうるものです。

しかし長期間ストレスによる症状を抱えたままでいると、心身ともにボロボロになっていきます。最悪の場合、仕事を辞めたり、長期間治療をしなければいけなかったりする場合があります。

仕事とプライベートを両立し、よりよい生活を送るためには自分の状態を把握することが大切です。その為には、ストレスが原因で起こる症状はどんなものがあるのかを知り、解消法を身につけておくことが必要不可欠です。そこで今回は、ストレスが原因で起こる症状とその解消法についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

友達がいない彼と付き合う時のメリット・デメリット

友達がいない彼と付き合う時のメリット・デメリット
友達がいない彼と付き合うのは、ちょっと不安ですよね。自分に友達がたくさんいる場合は「どうやって生きてきたら友達がいない人生になるのだろう」と相手を理解できないかもしれません。誰にでも子供時代はありますし、小学校、中学校、高校と学校に通っている時は友達がいないと学校生活が楽しくないのは事実です。

もし幼少期からずっと友達がいないのであれば、性格に問題があるのかもしれませんし、友達がいない環境に慣れていたということは、人間性に欠陥が生まれているかも、ということも考えられます。しかし、単に過去に友達がいても、引越しや進学で自然と疎遠になってしまっただけかもしれません。

友達がいない彼と付き合うのは懸念点もありますが、その分よいこともあるということは意外と知られていません。そこで今回は、友達がいない彼と付き合う時のメリットとデメリットをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

九星気学の七赤金星が持つ7つの運勢

九星気学の七赤金星が持つ7つの運勢
七赤金星とは、九星気学の中の星の一つです。九星気学とは、生年月日と干支、五行を組み合わせて占う方法で、歴史が古く、今ある様々な占い術の元になっているといわれている占術です。その人の性格や特徴を踏まえた上で運勢を占うため、信頼性が高く、九星気学に基づいた占いは当たる可能性が高いのです。

今まで九星気学を聞いたことがないという人は、なんだか難しそうと思ってしまいますよね。しかし、人の星を生年月日や干支などの詳細な情報を使って細かく分類するため、とても参考になる占いなのです。この占い結果を見ると、自分が七赤金星だという人は「ああ、自分の性格にそっくりだ」と思うかもしれません。

そこで今回は、九星気学の中でも七赤金星に当たる人について、その人の性格や特徴から運勢をお伝えします。ぜひ、自分に当てはめて運勢を参考にしてください。 [ 続きを読む… ]