年の差結婚を魅力的に感じてしまう7つの理想と現実とは

年の差結婚を魅力的に感じてしまう7つの理想と現実とは
年の差結婚には不安がつきものですよね。年の差が開いていても、交際をしている時は当人同士が良ければ何も問題がありませんし、むしろ同年代と一緒にいる時には得られない感動や驚きがあるのでとても魅力を感じます。しかし、結婚となると話が違ってきます。

結婚するという事は、同じ家に住んで生活をし、お互いの家族に関わる行事も一緒にこなしていかなくてはいけませんから、考え方や価値観に食い違いがあるとうまくいかなくなる可能性があります。年の差結婚で一番懸念されるのはこの考え方の食い違いなのです。

しかし、年の差があるからこそプラスのこともたくさんあります。そこで、年の差結婚を魅力的に感じる理想と一方にある現実について7つお伝えします。



 

年の差結婚を魅力的に感じてしまう
7つの理想と現実とは

 

理想1:喧嘩が少ない


年の差結婚のメリットになるのが喧嘩が少ないという事です。年の差があるが故に意見が食い違うこともありますが、お互いに「年の差があるから価値観が異なるのかもしれない」と寛容になれるのも事実です。

年上の側は、自分より大きく年の離れたパートナーに対して本気で怒るということが少ないですから、喧嘩になる前に相手に譲歩することができるのです。喧嘩が少ないというのは結婚相手としてはとてもいい要素の1つです。

 

理想2:ライバル心が生まれない


同年代同士の結婚で共働きの夫婦だと、お互いに競争心が芽生えます。社内結婚であればなおさらですが、そうでなくてもどちらの年収が高いとか、昇進が早いなどで関係性がぎくしゃくしてしまうことが多いのです。

しかし、年の差結婚ではそのようなライバル心が生まれる可能性は低いと言えます。もともと年収に差があったり、社会的地位に差があるため、最初から年下の側は年上の方を尊敬できる関係を築けるのです。

 

理想3:お互い視野が広がる


年の差結婚でもっとも魅力的な要素とも言えるのがお互いの視野や世界観が広がるという事です。年齢が離れていれば、流行も文化、習性も異なります。そのため、同年代の人と一緒にいるだけでは知ることのできないような事を知ることができます。

新しい発見があれば、長い期間一緒にいても新鮮な気持ちを保ちやすいですし、お互いを尊敬しあえる関係性でいることができます。

 

理想4:お互いに努力ができる


年の差結婚で懸念されやすいのが、どちらかが先に老いていくという事です。とくに男性が年下、女性が年上のカップルの場合には、男性が結婚適齢期を迎えるときに女性は中年と呼ばれる年代になるため、夫婦関係が続くのか危ぶまれるのです。

しかし、年の差があるからこそ、年上の側は若くいようと自分磨きに努力することができますし、逆に年下の側も相手に釣り合うようにと自己啓発に努力することができますから、お互いに個が成長できるのです。

 

理想5:経済的な余裕


年の差結婚の魅力の一つが経済的な余裕です。年上が男性の場合でも女性の場合でも社会的地位が高く、ある程度の収入があると結婚をする時に経済的な余裕が持てます。経済的な余裕は気持ちの余裕にもつながりますから、夫婦関係もうまくいきやすいのです。

結婚、マイホームの購入、出産、子供の進学など、結婚生活には大きな出費がつきものです。このような時に家計に余裕があるのは魅力的です。

 

現実1:子育て資金の確保は慎重に


年の差結婚の魅力の1つでもある経済的な余裕ですが、一家の大黒柱が年上の側の給与の場合、この大黒柱の定年がいつ訪れるかをライフプランに入れておかなくてはいけないというのも現実です。

例えば、女性が30代、男性が50代で結婚をした場合、結婚当初は男性の年収が高く余裕があるかもしれませんが、子供が大学に進学する時夫が70代では収入がない可能性が高いです。このようなケースでは、結婚当初から貯蓄や保険などを利用して堅実な家族計画を立てる必要があります。

 

現実2:高齢になった時の心境の変化


年の差結婚の現実として、デメリットとなるのがどちらかが高齢になった時の心境の変化です。人間は高齢になると病気になったり、怪我をしたりして介護が必要になる場合もあります。結婚当初は魅力的だった年の差も、年齢を重ねるとマイナスの要素になってきます。

この時、相手に恋愛感情だけでないパートナーとしての情がないと助け合って暮らしていくことができません。高齢になった時の現実を受け入れる覚悟があるかは年の差結婚の現実的な問題なのです。

 

如何でしたでしょうか。

年の差結婚は、同年代同士の結婚とは異なる点がたくさんあります。その異なる点が理想的な魅力になることも、厳しい現実問題になることもあります。年齢が異なればそれだけ相手から吸収できることもありますし、相手に刺激されて自分が成長することもできます。

しかし一方で、年の差結婚ならではの問題もたくさんあります。どちらかの親の年齢が極端に離れている事で子供が悩むこともありますし、当人同士が理解し合えない場面も出てきます。こんな年の差結婚ならではのハードルを乗り越えるために必要なのは相手を尊敬したり大事に思う気持ちです。

人生を共に助け合って歩んでいくパートナーだという覚悟さえあれば、実は年齢の差は問題にはなりません。年の差結婚で重要となるのは、年の差結婚だからダメなんだという考えをせずに相手の本質を見つめることなのです。

 

まとめ

年の差結婚の魅力と現実とは

・意見の食い違いがあってもお互いに寛容になれる
・経済格差があることによってライバル心が生まれない
・お互いが知らない事を共有できるので視野が広がる
・年下の方は成長、年上の方は若返りができる
・男性が年上で社会的地位もあると経済的な余裕が持てる
・子育てが終わるまでの収入が確保できない可能性もある
・一方が高齢になった時の心境の変化によってすれ違う

あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『六芒星占術』では、あなたの運命日を導きだし、幸せになる方法を今なら、初回無料であなたの運勢図と鑑定結果の解説してくれます!

近日中に起こる運命を知りたい方は、是非お試しください!

仕切り線
仕切り線