九星気学の九紫火星から読み解く6つの運勢

九星気学の九紫火星から読み解く6つの運勢
九紫火星(きゅうしかせい)という言葉を聞いたことがある人は、少ないですよね。九紫火星とは、占いなどに用いられる「気学」という学問の中で使われている言葉で、「本命星」の1つです。「本命星」とは、生まれた時に回っている星のことで、基本的な性格や運命を形成するものです。

本命星を元に、自分の運勢を占うことができるだけでなく、自分の性格を知ることで、長所を伸ばし、今後の生活をより良くすることができるのです。本命星の特徴として、旧暦を使用するということです。立春の2月4日からはじまり、節分の2月3日で終わります。なので、同い年の人でも、本命星が違う場合もあるのです。

そこで今回は、9つある本命生の中でも九紫火星の人はどのような性格なのか、またどのような運勢なのかをお伝えします。
[ 続きを読む… ]

九紫火星に特有の性格と、相性のよいタイプとは

九紫火星に特有の性格と、相性のよいタイプとは
九紫火星は占いで使われる九星の1つですが、ご存知の方も多いですよね。九星気学の占いはその歴史が古く、自然にある金、水、木、火、土の5つと色を組み合わせた九つのタイプに分けられ、それぞれ特徴があり、組み合わせによって相性もわかるようになっています。

九紫火星という文字の通り、九紫火星は自然界における日を属性としているため、情熱、明るい、華やかなどの特徴があります。これはそのまま性格にも反映されるのです。九星のうち自分が何に当てはまるかは、生まれ年によって判別できますから、自分に九紫火星だという人は、自分の性格を知って、相性がよいタイプを知っておくと、人生が効率よくうまくいきます。

そこで今回は、九紫火星の人の性格の特徴を4つのポイントでお伝えし、相性がよいタイプについても解説します。
[ 続きを読む… ]

九星気学の九紫火星に共通する10の性格

九星気学の九紫火星に共通する10の性格
九星気学の九紫火星は、燃え盛る太陽をあらわす火のシンボルとされています。さらに一桁の中で最も大きい数の九から「神の領域に達する」などともいわれる星です。とても情熱的で偉大なイメージの九紫火星ですが、実際にはどんな性格をもっているのか気になりますよね。

そもそも九星気学とは、生まれた年月日を九つの星に分け五行と組み合わせた占術です。九星気学の歴史は、明治時代以前の九星術と方位学と星の関係性を気学としてまとめたのが始まりといわれています。そのきめ細かくズバリと当たる内容が古くから今まで歴史を超えて人々に信じられている占いなのです。

そこで今回は、そんな九星気学から九紫火星がもつ性格を詳しく読み解いていきます。ぜひ参考にしてください!
[ 続きを読む… ]

【九星気学】九紫火星と他の運命星との相性

【九星気学】九紫火星と他の運命星との相性
九紫火星とは九星気学の本命星のひとつ。1955年(昭和30年)、1964年(昭和39年)、1973年(昭和48年)、1982年(昭和57年)、1991年(平成3年)生まれの方が九紫火星という本命星を持っているといわれています。

九紫火星の文字に入っている通り、「火」に関連するものに対して強いパワーを持っているとされており、才能に溢れた方が多いのが九紫火星の本命星を持つ方の特徴です。九紫火星の象徴は「名誉」や「精神」、「先見」などがあり、バイタリティーにあふれた明るい方が多い傾向にあります。

有名な方でいえば政治家の故小渕恵三さんやタレントの明石家さんまさん、歌手の美空ひばりさんや竹内まりやさん、小説家の江國香織さんや、あのスティーブ・ジョブズ氏も九紫火星の本命星を持っている方々です。確かに情熱的でパワーに溢れた方ばかり、そうそうたるメンバーですよね。

そこで今回は、そんな九紫火星の本命星を持つ方と、他の運命星の方との相性をお伝えします。
[ 続きを読む… ]