好きな人と付き合いたい時に男性が出す「好きサイン」を見抜くコツ

好きな人と付き合いたい時に男性が出す「好きサイン」を見抜くコツ
男性が本当に好きな女性と付き合いたいと思う時にどんな態度をとるのか知れたら良いですよね。男性は狩猟本能が強いので、本当に好きな女性でなくても追いかけることがあります。しかし「都合のいい女」になってしまっては全然嬉しくないですよね。

男性は本当に好きな女性とは結婚まで視野に入れて付き合いたいと考える為、遊びで付き合おうとする女性へするアプローチは本命とは全然変わります。つまり女性へ好きサインの出し方や、どんなアプローチをしてくるのかを知る事が出来れば、本当に好きで付き合いたいのか、遊びで付き合いたいだけなのか男性のホンネを知ることができるようになるのです。

また男性は言葉よりも行動と態度で自分の気持ちを伝えるので、男性の態度をよくみていると、男性の気持ちも少しづつわかってくるようになりますよ。

そこで今回は、男性が好きな人と付き合いたい時に出す「好きサイン」や「本気度」を見抜くコツ、そして好きな人に付き合いたいと思わせたり、気持ちをうまく伝える方法をについてお伝えします。

男性が好きな人と付き合いたい時にするアプローチと「好きサイン」

好きな人と付き合いたい時、男性がするアプローチと「好きサイン」のイメージ
ではまずはじめに、男性が好きな人と付き合いと思った時に出す「好きサイン」や本命の女性に対して行うアプローチについて解説しましょう。

女性の目線をしっかりとらえる

男性は、好きな女性や興味のある女性を目で追う傾向があります。本当に好きで付き合いたい女性からは目を放すことができません。なので、好きな女性と目を合わせることが多くなります。

真面目に付き合いたい女性へのアプローチは、まず女性を見つめる女性の目線をとらえようとします。

本当に好きで付き合いたいと思っている女性と話す時は、女性を正面から目をしっかり見つめて話そうとします。

また、女性の話を聞く時も女性の顔をしっかり見つめています。目を逸らそうとせず、女性の話を聞きます。女性の目線をとらえることで、真剣に聞いていることを伝えようとします。

逆に遊びで付き合おうとする女性とは、あまり真剣な会話を交わすことはありません。

結婚まで視野に入れて付き合いたいと思っているわけではないので、その場その場を盛り上げるだけの調子のいい会話になり、話しかける時も、話を聞く時もまともに女性と目を合わそうとしないのです。

ポイント:女性の目を見て真剣な話をするのは男性からの好きサイン

 

電話やメール・LINEが頻繁で、返信が早い

男性は、好きで付き合いたい女性には頻繁に電話をかけたり、メールやLINEで気持ちを伝えようとします。

また、付き合いたい女性への返信は驚くほど早いのでメールやLINEの返信がすぐ来ます。しかも、内容が細かく丁寧になります。

もし電話に出られなかったとしても、できるだけ早くかけ直してくるでしょう。そしてその時に電話にでられなかったことを謝り、出られなかった事情をきちんと説明しようとします。

そう、返信や返事が早いのは、あなたのことを大事に思っていて、おろそかにしていませんよという気持ちの表れなのです。

真面目に付き合いたい女性でなければ、男性から頻繁に電話やメールをすることはありません。面倒なので必要な事以外はしないことが多く、返事や返信も遅れがちです。そしてメールの内容も簡単で雑な事が多いです。

ただこの頻繁な電話やメールによるアプローチは、逆効果になる危険があります。この男性わたしのこと好きなのかもと思っていい気分になっていた女性が「しつこい」「ウザい」と思ってしまうことがあるのです。

そう思われない為にも電話やメール・LINEをほどほどにして返信・返事を早く丁寧にすることが大事かもしれません。

ポイント:マメな連絡や丁寧な返信は男性からの好きサイン

 

「ありのままの自分」を知ってもらおうとする

男性は好きな女性とでもあまり自分の悩みや問題は分かち合おうとはしません。むしろ、本当に好きな女性には苦労や心配をかけたくないと思うのです。これは、好きな女性を護りたいという男性の保護本能です。しかし本当に好きで付き合いたい女性にはできるだけ自分のことを知ってもらおうとしますよね。

ですので、そんな時に男性は悩みや問題ではなく、自分の家族・家庭・子供時代の思い出から苦手なこと・得意なこと、長所・短所、将来の夢・希望・計画など、を多く語るでしょう。

これは「本気で長く付き合いたい」「結婚まで視野に入れて付き合いたい」から「ありのままの自分」をさらけだすという男性心理の現れです。

ありのままの自分を受け入れてくれない女性とは、いずれ破局を迎えるとわかるからこそ、本当に好きな女性にはありのままの自分や素顔の自分を受け入れてほしいのです。

逆を言うと、いつまでも良いカッコする男性は、本気で付き合いたいと思ってないことが多く、得に自分の私生活や家族については、ほとんど語ろうとしません。

そして「好きなタイプの女性」について聞かれると「好きで付き合いたい女性」の特色を並べ立てます。「あなたと付き合いたい」「あなたのような女性が好きだ」という気持ちを伝えながら、アプローチするので注意しましょう。

ポイント:悩みではなく「自分のバックグラウンドを話す」のは男性の好きサイン

 

デートでは、女性の都合や好みを優先する

本当に好きな女性と真面目に長く付き合いたいと思えば、男性は女性の都合や好みを優先します。

軽い付き合いが始まりデートするようになると男性は、女性の予定などを細かく聞いて女性の都合に合わせるようにしますよね。デートに誘う時に、「都合のいい日を教えて」とか「いつなら、暇がある?」とか女性の都合を優先する言い方をします。

デートの場所や食事をするレストランなども女性の好みをよく聞いてから決めるようにして好きな女性に「気分良く過ごしてほしい」「楽しんでもらいたい」という男性の思いやりを見せるのです。

デート中の会話でも好きな女性を笑わせよう頑張るので、女性が笑うと男性は満足そうな表情になります。そして、必ず次のデートの日時をはっきり決めて約束します。これは次も確実に会いたいという気持ちの現れです。

逆に本気で付き合いたいと思わない時は男性は自分の予定や好みを優先させ「女性の都合が合わなければ、デートしなくてもいいや」と会わない選択をします。

女性が楽しかろうと不愉快だろうと関係ないので、次のデートの約束もしない事が多いのです。

男性が本気で好きな付き合いたい女性に対する最も大事なアプローチは、約束を必ず守りドタキャンは絶対にしないのです。約束を守るために、男性は全力を出して仕事をします。

もちろん、仕事の都合で急な出張や残業接待などが入ることがあり、どんなに頑張っても約束を守れないことがありますよね。その時は、きちんと説明し真剣に謝り、更には埋め合わせをきっちりする事でしょう。

ポイント:相手の好みを理解しようとしたり「不義理はしない」のは男性からの好きサイン

 

できるだけ身体を近づけようとする

男性でも女性でも本当に好きな相手とはできるだけ近づきたいと思うのが自然ですよね。ふつうは一定の距離をおいて他人と接しようとするのですが、好きになると自分の距離内に入って来ることを許すばかりか心地良く感じるようになるのです。

男性は本気で付き合いたい女性には、できるだけ身体を向けるようにします。目で追ったり、見つめたりする時に、無意識に身体も女性の正面に向いている事が多いです。それから常に女性の近くにいようとします。

飲み会や懇親会などで、できるだけ付き合いたい女性の近くに座ることが男性からのアプローチの第一歩です。

そしてデートするようになれば、女性と並んで座ったりしてできるだけ距離を縮めてくるでしょう。さりげなく手をつないだり、腕を組んだりさりげなくボディタッチをしてきますよ。

ポイント:少しづつ距離を詰めてくるのは男性からの好きサイン

 

お泊りデートには慎重になる

男性は本当に好きで付き合いたい女性には気軽にお泊りデートに誘いません。その女性と真面目に長く付き合いたいと思うほど慎重になります。

「お泊りする=体の関係がある」ということがなくても、いっしょに過ごすだけで楽しいですよね。むしろお泊りする関係になることを恐れることさえあります。

男性は本気で長く付き合いたい女性を心から好きだと思うほど「大事にしたい」「傷つけたくない」「うかつな行動で嫌われたくない」と考えるものなのです。

そして、簡単に男とお泊りするような女性であってほしくないというホンネが潜んでいるのです。

なので女性がためらいもなくお泊りデートを承知すると、男性は喜ぶどころか女性に対する気持ちが冷えてしまうこともあります。お泊りデートは、女性も慎重に対応することをオススメします。

その逆で、遊びで付き合う女性とは長く付き合いたいとは思っていないので気軽にお泊りデートに誘うことが多く、初めてのデートで誘いをかける男性もいるので注意しましょう。

ポイント:男性は本気になると思いの外慎重になるものです。

 

男性が本気で付き合いたい女性の条件とは

男性が本気で付き合いたい女性の条件のイメージ
では、男性が出す好きサインや本気の女性に対して行うアプローチがわかったところで、ここからは「男性はどんな女性と本気で恋に落ちるのか」についてお話しします。

清潔であることは欠かせません

女性にとって必要不可欠なのは「清潔感」だと言われています。生まれ持った美しさは人それぞれですが、清潔感は自分の努力で磨き上げることが出来ますよね。

毎日髪に櫛を通しているか、肩にほこりなど付いていないか、アイロンをかけていない寄れた服を着ていないか、泥の付いた靴を履いていないかなど、思いの外細かいところを男性は見ているものです。

いくら鏡の前に数時間座って眉毛を入念に仕上げたところで、身だしなみ全体に「不潔感」があれば終わりです。「この女性は細かい気配りが出来ていない」と判断されても仕方ないですよね。

男性は、細かい気配りが出来て清潔感のある女性と一緒になりたいと願っています。細かい気配りができる女性こそ、男性は真剣に「付き合いたい」と求めるものなのです。

 

金銭感覚がしっかりとしていることが大切です

女性は付き合いたい男性の経済力を気にする人が多いですよね。逆に男性の側も、女性の「金銭感覚」を常にチェックしているという事を忘れてはいけません。

真剣に相手を求めている男性は、付き合う女性の金銭感覚に敏感です。適当な買い物をして、当然のように男性に支払わせる女性と「付き合いたい」と思う人は少ないでしょう。

逆に男性の側が払おうとしても、「自分の分は自分で払うよ」と、相手の財布を気づかう女性は好感度が高いのです。また、不要な買い物をせずに、お気に入りのものを手入れして長く大切に使う女性も好かれます。

男性は付き合いたいと思った女性を見るときに「この人と結婚したらどうなるか」と想像するものですが、金銭感覚の緩い女性は、それが露見した時点で、付き合いたい女性から除外されてしまうので注意しましょう。

 

「ありがとう」が言えること

何かしたときに「男性からサービスを受けるのは当然」と言わんばかりの態度の女性は嫌われてしまいます。自分では気づかないうちに、自分がちやほやされて当然の存在と思い込み、つい高飛車な態度を取ってしまっていることもあるかもしれません。

本当に好きな男性が現われたら、そういった態度は改めて、謙虚に相手の気遣いに対して「ありがとう」と言える女性になりましょう。

今後ずっと一緒にいる付き合いたい相手が「ありがとう」を言える人物かどうか、男性はしっかり見ていますよ。

 

「ごめんなさい」が言えること

「ありがとう」と同様に重要なのが「ごめんなさい」です。付き合うことになれば、当然衝突することもあるでしょう。それは人間だから当然です。

大切なのはそんなときに、自分のプライドを折ってでも、頭を下げて「ごめんなさい」が言える人物かどうかです。

女性の側でも、謝ることが出来ない男性はお断りですよね。人として「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えることは、男女共に必要不可欠なのです。

 

人の話をしっかりと聞けること

聞き上手の女性はモテるとよく言われていますよね。しっかりと相手の意見に耳を傾けて、上手な相槌を打って、相手をうまく乗せてしまう女性です。気持ちよく自分の考えを話すことが出来たら、男性も嬉しくなってしまいます。

ついつい「私の話を聞いて!」と矢継ぎ早に話してしまう方は、理性で抑えて、まずは相手の話に耳を傾ける忍耐力を持ちましょう。

人の話を聞くときの相づちの打ち方のポイントは、「相手の言葉をおうむ返しにすること」です。

「俺昨日、○○したんだ!」と言われたら「へぇ〜○○したんだ!」と返すのです。上手なポイントで相づちを入れることで、相手はますます話に乗ってくるでしょう。

 

男友達と仲良く付き合ってくれること

男性は自分の交流関係に、自分の恋人を参加させたいと願うものです。つまり、自分の友達に彼女を紹介し、一緒に食事などを楽しみたいと思うものなのです。女性からすると初対面の相手もいれば、苦手な相手もいるでしょう。

彼氏のことは好きでも、彼氏の友人とは別に会いたくないと思うかもしれませんが、その男性と長く付き合いたいと願うのであれば、彼の交流関係にも気を配りましょう

彼の交流関係を壊すことなく、上手に付き合える女性こそ、男性は求めているのです。

 

好きな人に付き合いたいと思わせる4つのポイント

好きな人に付き合いたいと思わせる4つのポイントのイメージ
さて、男性の側から見た「本気で付き合いたいと思える女性」について理解して頂いたところで、次は「どうやって男性にアプローチしたら良いか?」好きな人に「付き合いたい」と思って貰う為に行うべき事についてお話しします。

「話すよりも聞く」事に意識を向けましょう

あなたは「おしゃべりな人」と「聞き上手な人」どちらの方が多いと思いますか?ある統計によると「おしゃべり好きな人の方が多い」のだそうです。

では、世の中に聞き上手な人の方が少ないのかというと、そんな風にも感じませんよね。実は、聞き上手な人は望んで聞き上手になっている訳ではなく、空気を読むのが上手なのです。話すときは話すけれど、きちんと聞くときは聞くことができるのです。

どこに行っても、自分の話ばかりで相手の話を全然聞かない人はいますが、そういう人に好意は抱きにくいですよね。ところが、好きな人の前では「この人と付き合いたい」と強く思う余り、自分ばかりを売り込んでしまうということはありがちです。

ですので、好きな人といる時には自分だけがおしゃべりになるのではなく、相手が気持ちよく話せるように聞き上手な人になりましょう。

 

相手を理解出来る人になりましょう

人は共感を得たい生き物です。ですから、相手が「あれって面白くない?」「こないだこんなことがあったんだけどどう思う?」などの質問をしてきたら、全てに共感してあげましょう。

本当は自分がそうは思っていなかったとしても、一旦は共感してあげ理解を示してから、その上で自分の意見をやんわり伝えるようにします。

もしも質問に対して、「私はそうは思わない」とバッサリ言い切ってしまったら、考え方が違う、趣味が合わないとあなたに対する印象が落ちてしまう恐れがあります。

ですから、付き合いたいと本気で思っているなら、相手の気持ちに寄り添って、まずは全てに共感すると良いでしょう。

 

否定をしない人になりましょう

好きな相手に対しては勿論ですが、その他の人に対しても頭ごなしに否定しないようにしましょう。

例えば、デートの際コンビニによってジュースを買ったとしましょう。そこで、店員さんの態度がいい加減で不快に思ったとても、「さっきの店員少し態度悪かったなー」なんてことは絶対に言わないでください。

つき合いたいと思ってる相手の前で、誰かの悪口を言ったり小さなことで腹を立てると、器の小さな人だなと思われてしまい、あまりよい印象は与えません。

ですので、付き合いたいと思う人と話すときは、愚痴や悪口は慎むように注意する事。また、人に対してだけでなく物や事に対しても同じこと。なるべくネガティブな発言は使わないようにしましょう。

 

褒めてあげる人になりましょう

これはとても簡単で、好きな人の良いところを見つけて褒めてあげましょう。

「新しい服いいね」「テストの点すごいね」「手先器用だね」など人はどんな些細なことでも褒められれば嬉しいもので、賞賛を得ることが快感につながります。

youtube、FacebookやTwitterもまさにそうで、会ったことない人にも「いいね!」を押してもらえると、幸福感が湧きますよね。

多くの人は周囲に褒められことを求めています。ですから、どんな小さな変化や話題であっても、「いいね」「かっこいいね」「かわいいね」などの言葉をかけてあげてください。

褒めてあげることで、あなたへの意識が変わってくるはずです。ただし、あからさまな褒め方はかえって嫌われる可能性もありますので注意が必要です。

 

付き合いたい相手へうまく気持ちを伝えるコツ

付き合いたい相手へうまく気持ちを伝えるコツのイメージ
さて、好きな人に「この人と付き合いたい」と思わせるポイントについてお話ししたので、最後はやはり「好意を伝える」事ですよね。ここからはあなたが付き合いたいと思う相手にうまく気持ちを伝えるコツについてお話しします。

好きな人がいることをソフトに直接言う

付き合いたい相手に直接言うのもひとつの方法です。

ただし告白のようにではなく「もしかして俺のこと好きなのかも?」と思わせる程度の言い方をします。その後、ソフトに思いを告げておいた、付き合いた相手にだけ特別感を出して接します。

そうしないと相手は他の誰かのことを好きなんだろうな。と思ってしまうためです。疑いが確信に変わるように、付き合いたい相手にだけ気付いてもらいやすいアプローチしていくと効果的です。

 

最初は友達に伝えてもらう

恥ずかしがり屋さんにおすすめの方法は、共通の友人に伝えてもらうことです。

信頼のおける友達に「○○が気になっているみたいよ」とはっきりと伝えてもらうことで、付き合いたい相手にまず自分の気持ちを認識してもらうことができます。

しかし、いつまでも友達に頼っては進展もできませんので、あくまで第一段階だけ友達に協力をしてもらい、次のステップでは少し勇気を出して挨拶や話しかけるようにすると相手と親しくなりやすいです。

はっきりと伝えてもらっている分結果も出やすいので、早く結果を出したいという方におすすめです。

 

二人の時間を少しだけ作る

何人かのグループで話すよりも、二人っきりになることできちんと向き合ってもらうことができ、付き合いたい相手に効果的に気持ちを伝えることができます。

食事やドライブに行かなくてはいけないという訳ではなく、休憩時間を二人で過ごすだけでも良いですし、一緒に帰るだけでも十分です。

実際に二人きりになることで、本当に居心地が良い人なのかを付き合う前に確かめることができますし、二人になることを拒まれないということは相手も少しは意識をしていると考えて良いと言えますよね。

 

とにかく積極的にアピールするのもありです。

付き合いたい相手を好きであるほど、もっと知りたいという思いから積極的にアピールすることもあるはずです。

男性は付き合う前の恋愛に鈍感な場合も多く、ちょっと大げさなくらいで丁度良いという事がよくあります。

どちらかというと奥手なタイプの男性には程よく積極的なアピールをすることをおすすめします。

注意したいのは、付き合いたい相手が積極的なタイプだったとしたら自分は少し抑えて、受け身にまわった方が良いです。

「追われるよりも追いたい」タイプの男性も多いことも忘れないようにしましょう。

 

押してだめなら引いてみる

自分からもアプローチをしていきたいと考えている男性はあまりに好き好きと押されると、圧倒されてしまい好きという感情から遠ざかってしまうことがあります。

また、積極的なアピールをしてみて、反応がちょっとイマイチだと感じたら「押してだめなら引いてみろ」という言葉を実行してみることでうまくいくこともあります。

気持ちを知ってもらった上で積極的な態度からすっと引くという、ちょっとした駆け引きをしてみて、付き合いたい相手が「あれっ?」という雰囲気を出してきたら、あなたのことが気になっている可能性が高いです。

 

さて、付き合いたい相手を思い浮かべて、どの方法が一番相手に伝わるかを考えてみると、これからどう行動して気持ちを伝えるかが明確になりますよね。自分で伝えるのが恥ずかしければ、最初だけは友達に頼っても良いのです。

大切なのはその後にいかに付き合いたい相手に自分を知ってもらうかということです。また、積極的に行動するか、その逆でさりげないアピールに徹するかは相手のタイプによって見極めましょう。

そして、最初の方にお伝えしたように男性は「本当に好きで、真面目に長く付き合いたい」「本気で付き合いたい」という女性と、「気軽な遊び相手」「後腐れのない関係」の女性とでは、アプローチの方法を変えます。

男性は、本当に好きな女性に対しては「大事にしたい」「護ってやりたい」という気持ちが強くなります。その気持ちが付き合いたい女性へのアプローチの仕方に現れます。

男性の発する「好きサイン」や本気のアプローチをうまく察知して、お互いが幸せになれるように頑張っていきましょう。

あなたに待ち受ける“運命日“タロットカードが教えます。

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだタロットカードでわかります。当たると話題の「フューチャーオラクルカード」が今なら無料!これから起こる「運命大変化」あなたの“運命日“を大予言!どうすれば迷わず幸運へ道に進めるか教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非!今だけ無料なので試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました