ネット恋愛からお付き合いする5つの方法

ネット恋愛からお付き合いする5つの方法
学生の頃は、クラスが一緒だったり部活が一緒だったり、はたまた文化祭で知り合ったりなど、異性と知り合うシチュエーションがたくさんありましたが、就職して社会人になると、どうしても会社と家の往復で、人間関係が会社+α程度になりがちですよね。

そんな時便利なのがネットでの婚活サイト。

最近では複数の婚活サイトが立ち上がり、以前と比べてネットで比較的簡単に出会いの機会を作れるようになりましたが、機会が増えたのは他の同性の人々も一緒で、人気がある方に交際希望が殺到するので、なかなか希望の相手とやりとりできないという事になってしまいがちです。

毎日婚活サイトを確認して婚活を頑張っているのに全然出会いに結びついていかない、そう感じる場合は、あまり有効でない相手の探し方を行ってしまっている可能性があります。筆者自身の経験を元に編み出した有効な手段で、ネット恋愛で恋人をゲットし、あなたの人生をより充実した、満足のいくものに変えていきましょう。

そこで今回は「ネット恋愛からお付き合いする5つの方法」をお伝えします。

婚活サイトへの登録

まずは何はともあれ、ネット恋愛の拠点となる婚活サイトへ登録しましょう。

この際に大事なのは複数のネット恋愛のサイトへ登録を行うことです。

やり方としては大手婚活サイト1つをメインに2サイトほど登録していき、登録の煩雑さから多く人は1つの婚活サイトにしか登録していないということになりがちですが、婚活サイトへ複数登録することはネット恋愛において有効な手段です。

プロフィール文は、1つのサイトに登録できれば後のサイトにはほぼコピペで対応できると思いますので、登録の手間もそこまではかからないはずです。

2つ以上の婚活サイトに登録することで、出会いの機会を確実に増やしていくことができますよ。

 

プロフィール写真は自然なものを使う

プロフィール写真は、写りが良く、友達と遊んでいる時など自然なものを使いましょう。

気合いを入れて写真スタジオで撮影されている方もいらっしゃるようですが、いわゆるサクラと間違われてしまう可能性も高く、また時間や手間やお金がそれなりにかかってしまうので止めておいた方が無難です。

また少し下世話ですが、女性で容姿に自信がある方の場合は少しセクシーな写真をアップしておくとアプローチしてもらえる率が格段に上がる手段の一つです。

ただし、あくまで自然な写真が大事なので、あからさまに狙った写真をアップすると敬遠されてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

登録したばかりの異性を狙う

婚活サイトによっては、登録したばかりの異性に絞って検索を行う機能がありますので、可能であれば使ってみましょう。

人気の異性には1000を超えるアプローチが集まることが良くあり、その大量のアプローチで疲弊してやる気をなくし、通知を切ってしまうという事が良くあるそうですが、まだ登録したばかりの方であれば、人気のありそうな容姿・プロフィールでもまだそこまでアプローチが集まっておらず、やり取りをしてもらえる率が格段に上がります。

実際にお会いした方からも「登録してすぐにメッセージを頂いたのでやりとりをしてみたいと思った」というコメントもあるほどです。

 

アプローチする際には最大限に興味があることを伝える

サイトによっては異性にアプローチする際に追加でポイント等を使用すると、メッセージを添えられるなど、アプローチのオプションが使える場合があります。

多数のアプローチを集める異性と実際にお会いした際に聞いてみましたが、アプローチの大半は普通のアプローチであり、流してしまうことが多いそうです。

使用できるオプションは最大限にしようしてアプローチした方が、すくなくとも自分のプロフィールを見てもらえる確率は上がりますし、対象の異性に強い興味があることを伝える手段にもなります。

オプションを駆使し、気になる異性に効果的に思いを伝えましょう。

 

複数人の異性とやりとりする

いざ勇気を振り絞ってアプローチをかけても相手から返信がないと焦ってしまいがちですが、焦って追加でメッセージを送ってしまうこと等は厳禁ですので、ここは焦らないことが大切です。

また、複数人の異性と同時にやりとりすることで、精神的に安定したやりとりができます。

婚活サイトには他にも登録している異性がたくさんいますので、希望に合う異性は他にも必ずと言っていい程います。

単純に相手の異性が忙しくてメッセージを返せない状況ということもあると思いますので、焦らずに他の希望に合う異性を探しておきましょう。

1人よりは2人お目当ての異性がいた方が、ネット恋愛が充実する確率が格段に上がります。

 

さて、ここまでに挙げた項目は、当たり前のようで実は意識していないことが多いのではないかと考えています。

実際に実践している人としていない人では大きな差がつきますので、心に留めてネット恋愛が充実するように頑張ってみましょう。

また、相手の年齢や最寄り駅や本名など、個人情報を早い段階で聞くのはネット恋愛においてはタブーですから実際に会う事になり、1回目のデートが成功した段階で聞いてみる程度の方が良いでしょう。

ネット恋愛は自分の個人情報を隠した上で行えるのがメリットですので、メリットを自分で壊しにいくことだけは避け、最初はお互いの趣味の話や仕事の話に花を咲かせるのがセオリーです。

相手の事を早く知りたい気持ちは分かりますが、焦らず大人の対応を心がけましょう。

まとめ

ネット恋愛からお付き合いするには

・複数の婚活サイトへの登録
・自然なプロフィール写真
・登録間もない異性にアプローチ
・オプションを最大限に利用する
・返事が来なくても焦らない


連記事
タイトルとURLをコピーしました