新月と出産の関係を学び、マタニティライフを満喫する方法

新月と出産の関係を学び、マタニティライフを満喫する方法

新月とは、月と太陽が重なり目に見えない状態を指します。当然このときに夜空に月は出ていません。新月から徐々に満ち、満月を迎え、また徐々に欠けていく。この周期が29.5日。暦に始まり、古来より人は様々な影響を月より受けてきました。

特に女性と月の関係は、みなさんもよく知るところなのではないでしょうか。今回は新月と出産にスポットをあてて、体内で命を育む女性に、そしてこれから育んでいくであろう女性に、さらにはその命を見守る立場にいる周囲の人々に向けて、マタニティライフを心安らかに満喫していただくべく、7つのポイントをご紹介します。

 

新月と出産の関係を学び、
マタニティライフを満喫する方法

 



 

まずはここから。『女性が妊娠しやすい時期』とは。


女性が妊娠しやすいのは圧倒的に新月の時と言われています。よく「満月の時に生理になりやすい」という話を聞きますが、この話と照らし合わせても、満月の時に生理を迎えていれば新月の時に排卵を迎えることになりますから、サイクルとして考えても理にかなっています。

「なかなか妊娠できなくて」と悩んでいる女性はたくさんいますが、現代女性はとかく不規則かつ、自分の体を労わるということを後回しにせざるを得ない状況に置かれがちです。

排卵誘発剤の投与などを行う前に、ぜひ一度『生理を満月に迎え、排卵を新月に迎える』という自然の摂理に体をあわせるべく生活リズムや食事などを見直したりしてみてはいかがでしょうか。婦人科に相談し本格的な治療を始めるにしても、生活環境やリズムを整えることは必ずプラスに繋がります。

 

新月の時には、やっぱり出生率があがるようです。


さて、妊娠された方、おめでとうございます。新月や満月のときは出産が増え、しかも安産であることが多いという話はもはや有名です。

病院(産院)には分娩室や診察室などに月齢カレンダーが貼ってあるところも多く、さらに実際にお産の有無を記入して検証しているところもあるのだとか。

ちなみに、満月、新月の時期は通常に比べ出生率が10%ほど多く、緯度が低いところ(=赤道に近いところ)ほど影響を受けやすいとも言われています。予定日が近くなったらちょっと意識して準備をしておくとよいかもしれませんね。

 

妊娠中だからこそ!月の力を味方につけてキレイになっちゃいましょう。


せっかくですから、うまく月の影響力を利用して、より美容効果を高めてみませんか?新月から満月にかけては『溜める』時期。疲労なども体に蓄積しやすい時期ですので、リンパや血液の流れを良くすることを考えましょう。

反対に満月から新月にかけては『放出』の時期。筋肉のこりをほぐし老廃物を排出するのに適しています。また、新月は心身バランスを整えるオイルトリートメントとも相性抜群!産前産後ケアにはぴったりなのです。

さらに上を目指すなら、『吸収』『スタート』に適しているこの時にちょっとリッチな美容液で入念にお手入れをしたり、美容院に行き髪形を整えるのも良いですよ。体調と相談しながら「キレイな妊婦さん」を目指してみてくださいね。気持ちも明るくなること請け合いですよ。

 

妊婦さん試練の道、『体重・体調管理』のコツについて。


体重、体調管理は妊婦さんにとってはある意味まさに『試練の道』。増えすぎても減りすぎてもダメ、運動しすぎてもしなくても良くない、妊娠中毒症、高血圧、食べたいのに「その一口が健診で引っかかるか否かの境目」、などなどあげたらキリがありません。

さらに妊娠中のケアが産後の体型や体調にも影響してくる、なんて、考えただけでも気が遠くなりそう。思わず眩暈がしそうですが、実はここでも、月の満ち欠けが大きな意味をもっています。

新月から満月へと月が満ちていく期間は、気力が上がる反面吸収する力も大きくなります。肌への栄養補給などには効果的。ただし、食欲も増進し、エネルギーを溜め込みやすくなるので食事の際はちょっと意識して控えめにしましょう。

反対に、満月から新月にかけては心身ともに落ち着きを取り戻し、放出の気が強くなります。抑えていたカロリー控えめのデザート1品つけるくらいなら大丈夫。こういったサイクルを知り調整することで、ストレスを軽減することができますよ。試してみてくださいね。

 

ぜひ新月に、願掛けをしてみましょう。


これから訪れる出産、赤ちゃんとの生活、あなたはどんなことを望みますか?物事のスタートを司る新月に祈った願いは叶うと言われています。引き寄せたい未来やこんな風になりたいという願望を、紙に書き出してみましょう。

新月から次の新月まではだいたい1ヶ月。1ヶ月ごとに振り返り、なにを達成したか、なにが足りなかったのかを反省し次の目標を定めることで日々にメリハリをつけて生活することができます。その積み重ねが、やがてあなた自身の大きな願いを叶えてくれるはずですよ。

 

新月は、穏やかなヒーリングの力を秘めています。


妊娠中はホルモンバランスや体型、体調など、いろいろなものがめまぐるしく変化していきます。また、環境によっては周囲からのストレスなどもあるかもしれませんね。知らず知らずに気を張っている妊婦さん、実は結構多いのです。

新月は『開放』も促してくれます。不安や不満、愚痴、溜め込んでいるなと自覚できる感情などを、月の力を借りて吐き出してしまいましょう。紙に書いても誰もいないところで口に出してもかまいません。

感情の開放は、あなた自身を癒すことに繋がります。心の重石は、意識の有無に関わらずあなたの足取りをも重くしてしまうもの。ほんの少しでもすっきりさせることができたら、また明日から穏やかな笑顔になれるはずですよ。

 

イメージトレーニングに最適な時、それが新月です。


さぁ、ここまでいろいろ試してきましたが、せっかくですのでぜひもう1つ。『イメージトレーニング』をしてみませんか?新月はイメージトレーニングに最適なとき。具体的に思い浮かべることでその状況を引き寄せやすくなります。

ただし、アレもコレも叶えたい、と欲張ると集中力が分散して結局どれも叶わなくなってしまいます。どうしても叶えたい願いを1つだけ、できるかぎり詳しくイメージしてみましょう。

ただし、1つの願いをイメージした時に「この願いを叶えるために○○をしよう、××も叶えよう」と強くスムーズにイメージできたときは別。それは潜在意識がゴーサインを出している証です。あなたがイメージするのはどんなことでしょう。やっぱり最終的には安産、でしょうか?

 

いかがでしたか。

今回紹介した他にも、なにかを新調したりするのにも最適と言われています。さらに、実は貯蓄を始めるのにも効果的です。ベビー用品などを用意したり今後に備えてへそくり、なんていうのも良いかもしれませんね。

日々変わっていく体に心がついていかない、というのもよく聞く話。ですが、ほんの少し見方を変えるだけで心は大きく楽になります。

マタニティライフをどう過ごすかは人それぞれ、楽に楽しく過ごし安産を迎える人もいれば、押し寄せる様々な問題に涙を流している人、不調に辛い思いを抱える人もいることでしょう。どうかお体を、そしてあなた自身の心を大切にしてくださいね。月の力が、全ての人に癒しと励ましを与えてくれますように。

 

まとめ

新月と出産の関係を学び、マタニティライフを満喫する方法

・ まずはここから。『女性が妊娠しやすい時期』とは。
・ 新月の時には、やっぱり出生率があがるようです。
・ 妊娠中だからこそ!月の力を味方につけてキレイになっちゃいましょう。
・ 妊婦さん試練の道、『体重・体調管理』のコツについて。
・ ぜひ新月に、願掛けをしてみましょう。
・ 新月は、穏やかなヒーリングの力を秘めています。
・ イメージトレーニングに最適な時、それが新月です。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線