復縁のきっかけ作りは意外と簡単!5つのアドバイス

復縁のきっかけ作りは意外と簡単!5つのアドバイス
復縁したいと思うきっかけが欲しい、と思ってもそれがなかなか上手く掴めずに悩んでいる人も多いですよね。一度は離れてしまった仲、途切れてしまった縁、しかし本当にあなたが望めば、復縁を作るきっかけはあります! まずはそれを頭に叩き込んでおいてください。

その上で、復縁するきっかけをつかむためにはどうすれば良いのか、そしてNGな言動はなんなのか、今回はそれを詳しく解説しますね。

その前に、1つだけよく考えて、この問いに答えを出してください。「あなたは、本当に復縁を望んでいますか?心からそれを望んでいますか?」一度離れた縁を結ぶこと、それは並大抵の方法ではまず達成は出来ません。

例えば、恋人だった人ともう一度復縁したい、と望む時に「恋人関係でなければ駄目だ」「友人関係では満足できない」「あの人の好意が私以外の人に向けられるのは嫌だ」…そう考えてしまうのは無理もありませんが、一足飛びにそれが叶うのは難しいのです。

しかし、徐々に縁を深めていくことは出来ると思いませんか?そこで今回は、復縁のきっかけについての心構えやコツをお伝えします。



 

復縁のきっかけ作りは意外と簡単!
5つのアドバイス

 

一度は離れた縁である事を自覚し、そこから新しい見方を得よう


復縁したい、とあなたが思ったきっかけは色々あるでしょう。その人と離れてから、色々な恋愛関係、友人関係を築いてみたけれど、どれも思うように上手くいかなかった、やはりあの人は私を理解してくれていた、だから復縁したいんだ、と願う気持ちは判ります。

しかし、何故一度は離れてしまったのか、その理由を考えたことはありますか?これも様々な理由があるでしょう。「

あの時は判っていなかった」「口煩くてイライラさせられていた」「だけどその助言は後になって自分のためであったと理解した」…このような言い分を理由にして、復縁を求める人が多いのです。

確かにそれは間違っていないでしょう。あなたにとって耳が痛い言葉をぶつけられて、その時は腹が立ってしまったけれど、冷静になってみればその見方は正しかった、自分のためを思って言ってくれていたのだ、と気付くことはとても多いからです。

では何故離れてしまったのか…言い訳や反省が次々にあなたの頭に浮かぶでしょう。言い方はキツいでしょうが、そのほとんどは言い訳です

自己弁護するのを止め、必要以上の自己批判も止め、そして他人を批判する事も止めて、客観的に「何故離れてしまったのか」を考えることは、復縁の大切なきっかけのポイントになります。

 

マイナスからプラスへの急激な転換より、徐々に縁を深めていこう


復縁を望む人は「以前のように仲良く、親しく、心を通わせたい!」ときっかけはないかと思うでしょう。しかし、それは今の時点は無理だということはあなたにも判っているはずです。

それは、どん底の気分を味わっている人が、急に「なんて自分はハッピーなんだ!」と思う事は出来ないからです。またその必要もありません。マイナスからプラスへ急にジャンプするのは、色んな意味でお勧めしません。

何故なら、その時は気分が高揚して「自分はハッピーだ!」と思うかもしれませんが、しゅるしゅると力の抜けた風船のようにすぐにもとのマイナス思考へと戻ってしまうからです。

そして「やっぱり無理なんだ」と諦めてしまいます。一気に暗い気分から明るい気分に飛ぶことは無理があるのです。それよりも確実で、そして簡単なやり方があります。

自分の感情に徐々に橋をかけていくのです。あなたの暗い気持ち、ネガティブな感情、どうせ駄目だ思うところから、少しずつ「たまにはいいことがある」「今日は少し気分がいい」「もしかしたら上手くいくかもしれない」と徐々に気分を明るくしていくことが、一番確実な方法なのです。

 

嫉妬、怒り、悲しみの感情を感じたら、すぐに転換しよう


感情には、良い感情と悪い感情があります。そして、感情はあなたにも大きな影響を及ぼしますが、周囲にもそれが伝染して、結局あなたが抱いてる感情がそのまま鏡のように返ってくるのです。

もちろん、「嫉妬・怒り・悲しみ・憎しみ」の感情は悪い感情、反対に「愛・感謝・喜び・楽しさ」という感情は良い感情です。感情は強ければ強いほど、それと似た感情をあなたのもとへ引き寄せます。

人を憎めば憎むほど「憎む状況」があなたのもとへ送られて来ますし、人に感謝すればするほど「感謝出来る状況」があなたのもとへ引き寄せられます。

これは宇宙の法則ですから、一寸の間違いもありません。善悪すら宇宙は判断しません。ただ、あなたの感情と似たものをそのままあなたへ送ってくるのです。ですから、悪い感情をそのまま抱いてることは、何よりもあなたのためにならないのです。

「どうせ無理だ」「自分は力がない」そう思えば、宇宙はその通りの状況を送って来るでしょう。

 

復縁した時の喜びを想像し、それを実感してみよう


悪い感情を良い感情へ転換するためには、「どうしてそれを望むのか」と自問することです。例えば「復縁したい。きっかけだけでも掴みたい」と願った時に、ネガティブな感情が起こるようでは、それは現実にはならないでしょう。

しかし、その答えに「一緒にいて楽しかった。欠点はお互い様だ。それでも一緒にいて楽しかったし、それを今後も望んでいる」と願い、それが叶う事を信じて期待し、それが既に叶ったように振る舞うことで、それとぴったり合った状況があなたのもとへと送られてくるのです!

感情が強ければ強いほど、そしてイメージが鮮明であればあるほど、それは迅速に届けられます。

ですから、復縁を成し遂げた時のイメージを鮮明にして、「今」その幸福感や達成感を感じることが大切です。復縁を成す前に、復縁出来て嬉しい、きっかけを掴んで成し得た事は素晴らしい、と心から感じましょう。

 

疑ってごり押しするよりも、信じて期待しよう


「だけど、実際はまだ復縁出来ていない、きっかけも何もない。そんな状態で幸せな気分にはなれない」と反論する人もいるかもしれません。しかし、願いを実現させるためには、実現する前からあなたが幸せでいなければ出来ません。

「今はまだ叶っていない」という現実を見続けていれば、それはそのままあなたの失望を増幅させるだけで、ずっと「叶っていない状態」が続きます。

叶うかどうか判らない、どうせ無理だ、楽観視できる要素は何もない、と疑っていれば、ずっとその状態を引き寄せ続けるでしょう。しかし、「復縁しつつある」「きっかけは訪れつつある」と希望を持つと、それは同じように希望をあなたのもとへもたらします。

そこから「自分には出来る」「絶対に実現する」と強く思って、その実現を信じていれば必ずあなたの思い描いた望みがあなたの前へと現れるのです。

疑いつつも「復縁出来る。きっかけは掴める」と願っていても、それは叶いません。信じる強い気持ち、そしてそれを期待して気分が明るくなって、初めてそれが実現するのだということを忘れないでくださいね。

 

あなたの気持ち1つだということが、お判り頂けたでしょうか。復縁を願いながらも、「だけど難しい…だってあんなに酷い喧嘩をしたし」とネガティブな気持ちなままでいては、復縁のきっかけすら掴めません。

しかし、「大丈夫、楽しく会話している自分が見える。嬉しくて幸せな相手と自分が見える」と信じて、その幸せな気持ちをいっぱいに感じて期待すれば、あなたはどんな小さなチャンスも見逃さず、そして一番良いタイミングで復縁のきっかけを掴み、そして実現することが出来るでしょう。

疑うのではなく信じること、絶望するより希望を持つこと、そして何より「あなたの心が明るくなること」を前提に、毎日を過ごしましょう。必ずあなたの前に道は開けます!

 

まとめ

復縁をきっかけのチャンスを掴むためには

・一度は離れた縁である事を自覚し、そこから新しい見方を得よう
・マイナスからプラスへの急激な転換より、徐々に縁を深めていこう
・嫉妬、怒り、悲しみの感情を感じたら、すぐに転換しよう
・復縁した時の喜びを想像し、それを実感してみよう
・疑ってごり押しするよりも、信じて期待しよう

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。 当たると評判の占い『運命数診断』では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます。

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線