占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由

占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由

占いは当たるものなのか、当たるも八卦当たらぬも八卦とはよく言いますが、実は占いは信じる力によって当たる確率がぐっと高くなります。

「占いを信じる」とはまたおかしなことを言うものだなあ、占いは神や仏ではあるまいし、信じるも信じぬもないだろうという声も聞こえてきそうですが、占いがよく当たるという人の多くは、「占いではこう出たから、未来はきっとこうなるはず」という気持ちを強く持っています。

反対に、悪い占い結果を「占いが当たるものか」と軽んじていると、後悔先に立たず、あとになって「占いでこうなることは知っていたのに」と悔やむことになりますよ。ここでは、占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由をお伝えします。

 

占いが当たると信じると
必ず運勢が開けてくる5つの理由

 



 

その気になったもの勝ち、結局のところ実現させるのはあなたです。


占いで「商売繁盛」と出たからといって、寝て待っているだけで、占いが当たるわけではありません。結局のところ、神や仏が占いの結果を現実にしてくれるのではなく、あなた自身の力で実現していかなければならないのです。

結局本人の力なら占いって何のためにあるの?という気もしますよね。占いは、あなたをその気にさせるもの、自分で「大富豪になる」と唱えたところでそれが叶うとは思えませんよね。

ところが、占い師が水晶に手をかざしながら「あなたはいずれ大富豪になる」と言えば、何やらその気になってくるものです。

そして、「今は忍耐のとき。努力は必ず実を結ぶ」と言われたら、大富豪の夢に向かって、毎日努力できるものです。

実際にそれが叶うかどうかはまた別の話、ここで大切なのは占いを実現すべく努力できるかどうか、占いを信じることができるかどうかです。確率の問題です。

あなたが占いを信じて実現すべく今日から努力を始めたら可能性は努力の分だけ上がります。運勢が開けるということです。

反対に頭から占いを信じなければ?このときは可能性はゼロ、大富豪になることはありません。占いが当たると信じることで運勢が開けるとは、占いを実現すべく努力するかどうかということです。

 

占いを頼る心とは?あなたの中では既に答えが決まっているはずです。


「今の彼氏と結婚して幸せになれるの?」というようなことを占う方、本当のところ、あなたの中で既に答えは決まっていませんか?あとは誰かに「大丈夫だよ」と背中を押してもらいたいだけ、違いますか?

占いに頼る方のほとんどが占う前から「自分がどうしたいか」を既に決めています。そしてこのような方の場合、どのような占いの結果が出ても、結局は自分が決めた道を進んでいきます。

占い師に「幸せになれる」と太鼓判を押されたら喜び勇んで、占い師に「水難火難の気が!苦労の多い結婚になるよ」と言われたら覚悟を決めて進むだけです。

つまり、占いの結果云々に関わらずやることは変わらないのです。だったら、占いが当たると信じ悩みから決断へと進むのが一番、「こっちの占いだけでは不安だからあっちの占い師のところへ」とぐだぐだして決断を先延ばしにするのが一番だめ、そうしているうちに運気を逃してしまいます。

「この占いが当たる!だからこの占いの結果でどうするかを決める」と腹を決めてから占い師の元に行きましょう。とはいっても、どうせあなたは何を言われても、進む道は変えないと思いますけどね。

 

悪い占い結果は信じることで「当たらない」。


女難・火難・水難、どのような占いが出ようとも、占い師は決して「占いが当たる」とは言わないし、「だからやめておきなさい」とも言いません。ただ、「気を付けなさい」と言うだけです。

それはなぜか。占ったことにより、あなたはその占いが当たらないように気を付けることができ、その結果、占いが当たることがなくなるからです。これは、悪い占い結果が出た時の話ですよ。

占いを信じることで、悪いことを避けて通れるようになるのです。運勢が開けるとは、大当たりを引くことも大切ですが、それ以上に落とし穴や外れクジに当たらないことの方が大切ですよね。

占いを信じることによって、外れクジを事前に察知、悪いことが身に起きなくなります。ここからは種明かし。占いでは、具体的なことは言われません。

ただ、「水難が出た」と言われるだけ。こう言われると、あなたは週末の海水浴の予定は無論キャンセルしますよね。

外出時には傘を持ち歩くでしょうし、水たまりに出くわしたらどんなに小さな水たまりでも飛び越えたりせず迂回します。

その結果何事も起きなければ「占いを信じて気を付けたおかげだ」と考えるでしょうし、もし喫茶店でズボンにコップの水がこぼれたとしても「気を付けていたおかげでこの程度で済んだ。

本当なら海でおぼれていたはずだ」と考えるでしょう。占いを信じるとはつまりこういうこと、信じることで生活のちょっとしたところまで意識がいきます。その結果小さな失敗や不幸を防げるというわけです。

 

占いには人を前向きにする力があります。


占いの結果がよくとも悪くとも、また、その占いが当たるとも当たらなくても、占いには人を前向きにする力があります。というのも、占いは「未来」を考えるということですよね。

占いを頼る心とは、「未来を期待する・未来に希望を持つ」心と同じなのです。運勢は未来を信じる心によって開けます。未来を見ない人には運勢は開けません。

さらに、占いが当たると信じることは、自分がこれからどう行動すればよいのか分かるということ。未来を夢見るだけでない、もっと強い意志で未来を見つめているということです。幸運はこういう人にこそ微笑むのです。

 

占いにゆだねることで、楽な気持ちで新しい一歩を踏み出せます。


新しい世界に飛び込むのは勇気がいることですよね。この決断がどう転ぶか分からない、踏み出す足も力みや緊張で震えることでしょう。こんなとき占いで、ほんの少しでも未来を覗くことができたら、気持ちが楽になりませんか?

占い師の「うまくいきますよ」の一言を信じることで、余計な力みが抜け自然体で新しい一歩を踏み出せます。余計な力みは思いがけない失敗を招くことがあります。

占いが当たると信じて新しい一歩を踏み出せば、思いがけない失敗を避けることができ、自然と運勢が開けてきますよ。

 

いかがでしたか。

以上が、占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの方法でした。占いが当たるかどうかは、そのときが来るまで分かりません。未来はいつだって不確定なのです。

ただ、占いをするのは「未来に対して何らかの期待を抱いてくるから」ですよね。占いが当たると信じることはつまり、あなた自身に「自分の未来を信じる」前向きな気持ちがあるということ、未来はいつだって信じている人にこそ微笑んでくれるものです。

なので、とりあえず、根拠も何もなくても「占いが当たる」と信じてみましょう。その前向きな気持ちがあなたの未来を明るくします。

また、決断はいつだって重いもの、結果がどうなろうと自分が決めたことですからその責任は全て自分にかかります。なので、決断の間際悩みや迷いが生じるのは当たり前、道が一つしかないと分かっていても決断を下すのはなかなか難しいものです。

そんなとき占いの力を借りましょう。占いがあなたの背中を押してくれます。味方が一人増えたようなものですよね。一人で戦っていたときよりもリラックスした気持ちで新しい一歩を踏み出せますよ。

 

まとめ

占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由

・ その気になったもの勝ち、結局のところ実現させるのはあなたです。
・ 占いを頼る心とは?あなたの中では既に答えが決まっているはずです。
・ 悪い占い結果は信じることで「当たらない」。
・ 占いには人を前向きにする力があります。
・ 占いにゆだねることで、楽な気持ちで新しい一歩を踏み出せます。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線