気軽に始める頭が良くなる方法☆一日3分の5つのプチ訓練

気軽に始める頭が良くなる方法☆一日3分の5つのプチ訓練

すばらしく頭の回転が速く、次々に結果を出せる。どんな局面にあっても必ず成果が出せる…そんな人があなたの周りにもいると思います。そういう人たちを見ていると、「この人の頭の中はどうなっているんだろう?」と思う一方で、「もしこんなふうに頭が良くなる方法があるなら、自分もやってみたい!」と思う人も多いはずです。

仕事上の頭の良しあしは、単なる暗記力や、特定の分野の知識の量で決まるわけではありません。頭の良い人は、初めての仕事でも、専門外の分野でも、常に成果を出すことができます。それは、知識そのものではなく、知識をゲットして使いこなす「地頭」が良いからです。

地頭が良いので、どんな仕事でも、どんな分野でも、うまく知識をゲットして使いこなし、成果を出すことができるのだといえます。そしてこうした地頭の良さは、訓練によって鍛えることができます。あなたの周りの頭の良い人たちも、日々訓練をして、頭の回転に磨きをかけているのです。

そうした頭が良くなる方法を取り入れれば、誰でも自分の頭を鍛えることができます。そこで今回は、気軽に一日3分で始められる、頭が良くなる方法をお伝えします。

 

気軽に始める頭が良くなる方法☆
一日3分の5つのプチ訓練

 



 

ボキャブラリー(言葉)をゲットしよう


頭の良い人とそうでない人を比べたとき、顕著に異なるのが、使っている「言葉」です。頭が良くないとされる人は、そもそも知っている言葉が少ないため、何かを他人に正確に伝えることも苦手ですし、他人から伝えられたニュアンスを正確に理解することも苦手です。

そこで、頭が良くなる方法の1つ目として、まずボキャブラリーをゲットすることをオススメします。ボキャブラリーとは、簡単にいうと、自分が使える言葉の種類のことです。

たとえば仕事上で頭の良さを発揮したいと思っている人は、尊敬できる上司や同僚がよく使っているボキャブラリーに注目し、同じ言葉や言い回しを自分でも使ってみましょう。言葉を使いこなせるようになることで、思考が磨かれていきます。

 

自分の考えを人に話そう


頭が良くないとされる人の特徴として、「同じミスを何度も繰り返す」というものがあります。ミスをして、「なんとなくおかしいと思った…」「感覚的にはうまくいかないと思ったんだけど、やっぱりずるずる失敗しちゃった…」という状況で終わってしまうと、結局同じようなミスが何度も繰り返されることになります。

ここで大切なのは、「言葉にする」ということです。ミスやトラブルの原因や、そのときの状況、対応などについて、「なんとなく」で流さずに、言葉にする努力が大切なのです。

感覚を言葉に直すことによって、より具体的な対策や解決策を考えていくことができるようになります。そこで、頭が良くなる方法の2つ目として、自分の考えや分析を人に話してみることをオススメします。人に話すことによって、考えが整理され、より深いところまで考えることができるようになります。

 

日記をつけ、自分の考えを文章化しよう


感覚を言葉に直すための方法としては、人と話すだけでなく、文字にしてみることも有効です。そこで、頭が良くなる方法の3つ目として、日記をつけ、自分の考えを文章化してみることをオススメします。

一日を振り返って、その日に起きたことや感じたこと、考えたことを日記につけるのは、感覚を言葉に直す力の訓練としてはもってこいです。

このとき、「何が起きたのか」「なぜ起きたのか」「次はどうすべきか」など、感情だけでなく、理由や根拠、自分の分析などについて、毎日少しずつでも文章を書くというのが、頭が良くなる方法なのです。

 

頭を働かせる新たな課題を増やしていこう


頭が良いといわれる人たちの共通点は、経験を積むごとに生産性が上がり、スキルアップしていくという点です。たとえば、車の運転ひとつとっても、どんどん上手くなっていく人と、いつまでたっても上手くならない人がいます。

これは、毎回の運転で、新たな課題を増やしているかどうかの違いです。運転時、「今日は車幅感覚に注意して運転してみよう」「車幅感覚は分かってきたから、ブレーキの踏むタイミングを意識してみよう」というように、徐々に意識を向ける課題を増やしていける人は、どんどん上達し、スキルアップしていきます。

逆に、いつも車幅感覚にしか意識を向けていない人は、いつまでたっても運転がうまくなりません。そこで、頭が良くなる方法の4つ目として、日々頭を働かせる新たな課題を増やしていくことをオススメします。

たとえば仕事で資料を作るとき、いつも同じようなフォーマットで作るのではなく、そこに「意外性」や「論理性」といった新たな課題を増やしてみましょう。課題を増やして頭に負荷をかけることで、頭の回転に磨きをかけることができるのです。

 

極端に短い時間設定で取り組んでみよう


課題を増やして頭に負荷をかけるときに有効な方法として、「時間を制限する」というものがあります。そこで頭が良くなる方法の5つ目として、極端に短い時間設定で取り組んでみることをオススメします。

たとえばいつも1時間かかるルーチン業務を、15分でやる、と決めて実際にやってみましょう。実は「1時間かかる」というのはただの思い込みで、頭をフル回転させて効率化すれば15分で終わるかもしれません。

1時間かけてもいい、という意識で取り組んでもなかなか頭は働きません。実際に時間制限をかけることで、初めて頭の回転を上げることができるのです。

 

いかがでしょうか。

頭が良くなる方法に共通するキーワードは、「言葉」と「負荷」です。人間は、言葉という道具を使って思考をします。そこで、言葉を知らない人はそもそも深くものごとを考えたり、分析することができません。目の前の状況すら言葉では表現できない…というありさまでは、同じミスを繰り返してしまうでしょう。

そこで、尊敬する人の言葉をまねて覚えるなどして、まずはボキャブラリーを獲得しましょう。また、頭が良くないとされる人は、いつも頭の中がぐちゃぐちゃで、考えがまとまっていないことが多いのです。他人に話す、日記をつけるなどすることで、考えをまとめることもできます。

「感覚を言葉に直す」というのは、頭の回転を鍛えるための絶好の訓練になります。また、毎日同じルーチンの繰り返しでは、頭が良くなることはありません。毎回、自分の中で意識する課題を増やしていくことが大切です。

筋肉に負荷をかけて鍛えるのと同じように、脳にも負荷をかけるのが、頭が良くなる方法なのです。極端な時間の制限をかける等の訓練により、思い込みの枠を外して、意外な改善案やアイディアを生み出すことができるようになります。

頭の良さは生まれつき…と思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。頭が良いとされている人たちは、上のような頭が良くなる方法を無意識のうちに日常的に行っているだけなのです。訓練によって、必ず頭を良くすることができます。ぜひ今回の記事を参考にして今日から日常の生活に頭が良くなる方法を取り入れてみてください。

 

まとめ

気軽に始める頭が良くなる方法☆一日3分の5つのプチ訓練

・ ボキャブラリー(言葉)をゲットしよう
・ 自分の考えを人に話そう
・ 日記をつけ、自分の考えを文章化しよう
・ 頭を働かせる新たな課題を増やしていこう
・ 極端に短い時間設定で取り組んでみよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線