一白水星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ【2020年版】

一白水星の人が持つ運勢とは?「性格」「恋愛傾向」「相性」まとめ【2020年版】のイメージ
一白水星(いっぱくすいせい)とは九星気学(きゅうせいきがく)という生れた年月日や干支、五行を組合わせた占術で使われる星のひとつで、この星の元に生まれた人には共通の性格や恋愛傾向、そして行動パターンなどがあります。

最近では様々なメディアでも九星気学を取り扱うようになってきましたので、きっと一度くらい耳にしたことはありますよね。とはいえこの一白水星がいったいどんな星で、この星生まれのひとがどんな性格なのか答えれらる人はきっとまだまだ少ない事でしょう。

そこで今回は一白水星の性格や恋愛傾向と行動パターンと共に、2020年の運勢がどうなっているのか?についてお話しします。

一白水星(いっぱくすいせい)の性格と恋愛について

一白水星(いっぱくすいせい)の性格と恋愛感についてのイメージ
ではまずはじめに、一白水星はどのような性格でどんな恋愛観をもっているのかからお話ししましょう。

一白水星生まれの人

九星気学で一白水星(いっぱくすいせい)生まれの人は以下になります。

  • 1954年(昭和29年)
  • 1963年(昭和38年)
  • 1972年(昭和47年)
  • 1981年(昭和56年)
  • 1990年(平成2年)
  • 1999年(平成11年)
  • 2008年(平成20年)
  • 2017年(平成27年)

 

一白水星の性格の長所

一白水星の性格は大きく2つに別れていて

ひとつは「人当たりが良く穏やかなタイプ」です。このタイプの人は周囲からの「愛されキャラ」になる事が多いでしょう。

そしてもひとつは真逆の「アクティブで強引なタイプ」です。このタイプの人は少数ではあるのですが、基本的に社交性は高い為、1人ではなく周りにいつも人が居る賑やかなひとになります。

内面としては、両タイプ共に芯が強く環境への適応能力も高い為、いわゆる「どこに行っても生きていけそうな人」としてみられているかもしれません。

一白水星は「水」の性質を持つ星ですので、一箇所に止まるよりも、あちこち色々な場所に顔を出したり、居場所を変えながら自分の才能を磨いていく人が多い事が特徴です。

また、細かい事によく気がつくと共に我慢強い性格でもありますので周りからの信頼は実は結構高いです。

 

一白水星の性格の短所

一白水星の人は周りの空気を読む事に長けている為、よく言えば周囲に合わせる事が出来るのですが、悪い意味でいえば「自分の本心をなかなか見せない」という傾向があります。

特に人の感情を理解しているがゆえ、相手をうまくコントロールしようと思ってしまったり、内心では「自分は〇〇だから関係ないや」などと冷めた気持ちを隠して関係を築いてしまい、後から公開するような事も多いです。

また、何事にも熱しやすく冷めやすい傾向がありますので、この性格が悪い方向に働くと、「何をやっても中途半端」になってしまうので注意しておきましょう。

 

一白水星の恋愛傾向

一白水星の恋愛は、メラメラと燃え上がるような恋とは無縁で、スマートで淡々とした恋愛をする事が多いようです。基本的には一度好きになると相手に尽くすタイプではあるのですが、「やや浮気性」な気質も持ち合わせていますので、恋人やパートナーは少し大変かもしれません。

また、恋人やパートナーに対しても「すぐには心を開かない」「なかなか本心をさらけ出さない」傾向がありますので、相手からすると「何を考えているのかわからない人」に思われてしまう事も多いです。

そして、一点注意してほしいのが一白水星は恋愛において独占欲や嫉妬心が強い人が多い為、意図せずに相手にストレスを与えてしまっていたり、恋人やパートナーを困らせてしまう事があります。

ですので、一白水星の人は恋愛中には相手に尽くすのは良いですが、それが高まって窮屈な思いをさせないように意識しておきましょう。

また、一白水星の人が恋人やパートナーの人は適度な距離感を持って接する事が良い恋愛をするコツになります。

 

一白水星(いっぱくすいせい)と相性の良いタイプとは

一白水星(いっぱくすいせい)と相性の良いタイプとはのイメージ
では、一白水星の性格や恋愛観がわかった所で、次は一白水星と他の九星それぞれの相性を見ていきましょう。気になる人や恋人やパートナーの性格と照らし合わせながら、ご覧ください。

※ 九星気学の生まれ星は以下のサイトで簡単にチェックできます

九星盤計算
指定日の年家九星、月家九星、日家九星を求め、それぞれの九星盤が表示されます。

一白水星同士の相性:フランクなお付き合いになりそうです

一白水星同士の相性は性格の傾向が似ている為、悪くはありません。しかしお互いに相手に気を使いすぎてしまったり、なかなか言いたい事がいえずに、穏やかにゆっくりと進む恋愛になりそうです。

また、この組み合わせではどちらかがリードしないと事が進展しない事とお互いが遠慮しあってしまう傾向がありますので、恋人というよりも友達に近い関係になってしまう事も多いでしょう。

一白水星同士で良い恋愛をする為には時間をかけて相手を理解していく事が必要不可欠になりますので長い目でみてお付き合いをするのが良いです。

一白水星の生まれ年
1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成27年)

 

一白水星と二黒土星の相性:お互いが理解しずらい関係かもしれません

一白水星と二黒土星の恋愛での相性は、最初は強く惹かれ合うものの時間と共にすれ違いが大きくなる傾向にあります。

それはなぜかというと、自分の感情を表にあまりださない一白水星と元々恋愛が得意ではない二黒土星ですので、お互いが「なにを考えているんだろう?」となってしまい、どうしたらよいかわからない状況になってしまう事が多々あるからです。

ですのでこの2人が恋愛でうまくいく為には、ある程度の距離を取りながら少しづつ相手の事を理解していくというのが良い恋愛をするコツになります。

二黒土星の生まれ年
1953年(昭和28年)
1962年(昭和37年)
1971年(昭和46年)
1980年(昭和55年)
1989年(昭和64年)
1998年(平成10年)
2007年(平成19年)
2016年(平成28年)

 

一白水星と三碧木星の相性:タイミング次第かもしれません

一白水星と三碧木星の恋愛での相性は、冷静な一白水星に対して情熱的な三碧木星という真逆の2人になりますので、タイミングが合えば良い意味でお互いを補い会える良いパートナーになりますが、出会った時の関係性やタイミングによっては「反発しあってしまう」という両極端な相性になります。

2人の相性を高めて良い恋愛をする為には行動派な三碧木星を一白水星がサポートしてあげる関係になる事。すると2人の役割分担がはっきりして恋人関係だけでなく、結婚後もお互い好きパートナーとなるでしょう。

三碧木星の生まれ年
1952年(昭和27年)
1961年(昭和36年)
1970年(昭和45年)
1979年(昭和54年)
1988年(昭和63年)
1997年(平成9年)
2006年(平成18年)
2015年(平成27年)

 

一白水星と四緑木星の相性:安心できる良いパートナーになれそうです

一白水星と四緑木星の恋愛での相性はやや消極的な一白水星に対して社交的な四緑木星が世界を広げてくれる為、一白水星にとっては良い恋愛対象と言えるでしょう。

また、四緑木星は包容力のある星ですので、あまり人に心を開かない一白水星にとっては、数少ない安心できる相手やパートナーになるかもしれません。

この2人の恋愛がうまく行く為には「お互いに誠実である事」一白水星はやや浮気性の傾向がある為この部分をしっかり肝に銘じておきましょう。

四緑木星の生まれ年
1960年(昭和35年)
1969年(昭和44年)
1978年(昭和53年)
1987年(昭和62年)
1996年(平成8年)
2005年(平成17年)
2014年(平成26年)

 

一白水星と五黄土星の相性:反発し合う最悪の相性かもしれません

一白水星と五黄土星の恋愛での相性はお互いが反発し合う最悪の相性になります。どちらかというと繊細なタイプの一白水星に対して、強引でエネルギッシュな五黄土星は「結構面倒な人」に思えてしまったり、「なんで私の事をわかってれないの?」と疑心暗鬼になってしまう事が多いでしょう。

これは五黄土星側からしても同じで、「なにを考えてるかわからない人」と思われてしまいがちですので、この二つの星の相性は非常によろしくありません。

この組み合わせで良い恋愛をする為には「一白水星はYES/NOをはっきり言う」そして「五黄土星は一歩引く」事が必要不可欠となります。

五黄土星の生まれ年
1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)

 

一白水星と六白金星の相性:補完し合う良い関係になりそうです

一白水星と六白金星の恋愛での相性は、信頼関係を結べる良いパートナーになりそうです。柔軟で思いやりのある一白水星とリーダーシップが得意な六白金星ですので、良い意味でお互いの長所が別々の為、それぞれの役割分担がはっきりして居心地の良い相手に感じられる事でしょう。

ただひとつ気をつけて欲しいのは六白金星はプライドが高い傾向にありますので、一白水星はできるだけ相手を立てて上げる事。すると2人の関係がより強固なものになりますよ。

六白金星の生まれ年
1958年(昭和33年)
1967年(昭和42年)
1976年(昭和51年)
1985年(昭和60年)
1994年(平成6年)
2003年(平成15年)
2012年(平成24年)

 

一白水星と七赤金星の相性:とても居心地の良い関係です

一白水星と七赤金星の恋愛での相性はお互いが楽しくなれる良い関係です。明るく話題豊富な七赤金星と聞き上手な一白水星ですので、この2人は会話を通してお互いの事を「とても居心地の良い相手」と感じるはずです。

タイプでいうとコツコツ波の一白水星と、派手好みの七赤金星ですので真逆ではあるのですが、これが良い意味で作用して、「自分にはない魅力を持っている相手」として写ります。

この2人の恋愛をよくする為には、七赤金星はなかなかごめんなさいを言えない星ですので「喧嘩をした時には一白水星が折れる事」

すると、不要な意地の張り合いやすれ違いが少なくなって良い関係が長く続く事でしょう。

七赤金星の生まれ年
1957年(昭和32年)
1966年(昭和41年)
1975年(昭和50年)
1984年(昭和59年)
1993年(平成5年)
2002年(平成14年)
2011年(平成23年)

 

一白水星と八白土星の相性:時間を追うごとにストレスが増えていきそうです

一白水星と八白土星の恋愛での相性はお互い頑固な為に、どこか引っかかる相手な関係になりまそうです。もともと一白水星は人に合わせることは得意ではあるものの、八白土星の頑固については時間を追うごとにストレスになっていく事でしょう。

とはいえ、八白土星も悪気があってそうしているのではなく、本人的には考えがあって「信念をもってそれを貫いているだけ」ですので、どちらかが折れない事には色々な事が平行線のままになってしまいます。

この2人の相性で良い恋愛をする為には「適度な距離を保ちつつ、とにかく相手の話を聞いて認めてあげる事」が必要不可欠である事を覚えておいてください。

八白土星の生まれ年
1956年(昭和31年)
1965年(昭和40年)
1974年(昭和49年)
1983年(昭和58年)
1992年(平成4年)
2001年(平成13年)
2010年(平成22年)

 

一白水星と九紫火星の相性:長続きさせるのはかなり大変かもしれません

一白水星と四緑木星の恋愛での相性は悪くはないものの長続きさせる事が難しいかもしれません。

柔軟な一白水星に対して華やかで恋多き九紫火星の組み合わせですので、下手をすると、恋人関係でありながらお互いが別の人に意識を向けてしまっていたりと、良い意味で言えば「自由」、悪い意味で言えば「軽い」関係になってしまう事が多いので注意が必要です。

この相性の2人が良い恋愛をする為には「一白水星は相手を束縛しない事」そして「九紫火星は恋愛以外にも意識を向ける事」が必要になるでしょう。

九紫火星の生まれ年
1955年(昭和30年)
1964年(昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)

 

2020年の一白水星(いっぱくすいせい)の運勢とは?

2020年の一白水星の運勢とは?

2020年の一白水星の運勢は「変動多き一年」です。

2020年の吉方位:「北」「東南」

2020年の凶方位:「北東(本命殺)」「東(五黄殺)」「南(歳破)」「西(暗剣殺)」「南西(本命的殺)」

※ 「年」の吉方位は、500km以上の宿泊を伴う遠距離の移動や海外旅行などでの方位となります。

※ 九星気学では2月初旬の立春が1年の始まりとなります

九星気学では9年のサイクルで運勢が巡っています。2020年の一白水星は8つ目の宮「艮宮(ごんきゅう)」に滞在しますので変動の時期になります。

九星:八白土星
五行:土
方位:東北
季節:晩冬
色:白

対応するキーワード:新規、思い立ち、損失、失敗、別離

今年は身の回りに大きな変化がある変動の一年になりそうです。良い事も悪い事も含めて、中途半端になっている物事に終わりが訪れます。また、転職、結婚、離婚など、将来に大きく影響をするような転機もある年ですので滞っていることにはしっかりと白黒決着をつけておきましょう。

また、何か大きな判断や決断をする時には「自分一人で決めるのではなく、必ず周りに相談する事」、この時期は判断を誤りやすい傾向になるので、最新の注意を払って決めるように心がけてください。


の人が2020年に運気を上げる為には

  • なにかあったら人に相談する
  • イライラしないように気をつける
  • 人生プランの見直しや再構築

を意識すると良いでしょう。

 

一白水星(いっぱくすいせい)の人が運気を上げるコツ

一白水星(いっぱくすいせい)の人が運気を上げるコツのイメージ
ではここからは一白水星の人が運気を上げる為に意識して欲しい事についてお話しします。

一白水星にとっては本当の友達を作る事がなにより大切です

一白水星は人当たりが良く、穏やかな性格に思われがちですが、つい周りに合わせてしまったり、「〇〇さんがそう言うなら仕方ないかぁ」などと諦めてしまう事が多く、なかなか本心を曝け出す事ができませんよね。

これは社会の中で生きていく為にはとても良い武器なるのですが、周りに合わせすぎるがゆえに、広く浅い交友関係になりがちです。

若いうちはそれでもなんとかなる場合が多いですが、ある程度年齢を重ねた時に周りを見渡して「心を許せる人が誰もいない」になってしまうのは悲しいですよね。

入り口を作るのは得意なはずですので、友人関係においては一期一会の出会いを大切にすると共に、長く良い関係を築く事を意識しておきましょう。

 

息抜きできる何か?をしっかり持っておきましょう

一白水星の人は表向きは「ニコニコ」「穏やか」ではあるものの、決して心はそうではない事も多いはず。

我慢強く頑張り屋さんや一白水星は他の星に比べてストレスを抱えやすい傾向にありますので、「ため込んで爆発して全て台無しにしてしまった。」などという事がないように、定期的にできる息抜きやストレス発散の手段を持っておきましょう。

すると、あなたの良い部分が日常でも存分に発揮されて色々な物事がうまくいくようになります。

 

本当の意味で「周りに優しくなる事」が運気を上げる鍵になります

どちらかというと相手に尽くすタイプが多い一白水星ですが、それは「本当に本心からのこうどうでしょうか?」もしかしたら、「無意識に相手に対価を求めていたり」自分はこれだけやってあげたのに。。。なんて気持ちを持ってしまっているかもしれません。

ですがそれは、不思議な事に相手にも伝わるもので「あの人は何かをしてもらう為に〇〇をしてるんだ」と思われてしまい悪い印象を与えてしまいかねません。

ですので一白水星が運気を上げる為には「うわべや計算ではなく、本気で周りに優しくする事」です。するとあなただけでなく周りの空気も良くなって良い循環、良い連鎖が生まれるようになります。

 

さて、一白水星の性格や恋愛傾向から運気を上げる方法、そして2020年の運勢まで様々な事をお話ししてきました。もしあなた自身が一白水星であるのなら、今回お伝えした内容を心に留めて今後より良い人生を送る為に役立ててもらえたら嬉しいです。

そして、恋人やパートナーが一白水星のひとは、「なるほどこんな性格なんだ」と思っておいてもらえるだけでも、きっと今までよりも良いコミュニケーションが取れるようになったり、良い関係を築く事が出来るはずですので、ぜひ活用してください。


九星気学の他の運命星の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。


九星気学での性格・恋愛傾向・相性・運勢について
九星気学での性格・恋愛傾向・相性・運勢についてのコンテンツをまとめました。自分や恋人、パートナーの運命星を選んでご覧ください。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたのが選んだ誕生月などの情報をもとに導き出される。『月読み誕生日占い』が大好評です!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も 自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

『今後の運勢』知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました