年の差婚のジェネレーションギャップを埋めるワザ!

年の差婚のジェネレーションギャップを埋めるワザ!
年の差婚でもお互いが好きであれば問題ないはずですよね。しかし、年の差婚の問題点は結婚自体にあるのではなく、結婚後数年経過してから徐々に表れるものです。

結婚当初はお互い気持ちが高ぶっているため、ジェネレーションギャップを感じることもなく、ラブラブに過ごせますが、年月が経過するとともに徐々にお互いの考え方や常識、価値観に差を感じ始めることが多くあるのです。年齢が違えば育ってきた環境や学生時代に流行っていたものなど様々なことが異なるためやむをえません。

ただし、ジェネレーションギャップは決して相手に対して気持ちが覚めたサインではありません。考え方や価値観の差は年の差婚でなくても、人間同士であれば起こりうることなのです。そこで、年の差婚のジェネレーションギャップを埋めるワザを7つお伝えします。



 

年の差婚の
ジェネレーションギャップを埋めるワザ!

 

自分の常識を捨てる


人は育ってくる過程で両親や学校の先生、友達などの周囲の人から影響されて自分なりの価値観を形成していきます。そのため自分では意識していないところで固定概念や先入観を持つようになるのです。

しかし、その固定概念や先入観には世代が離れれば離れるほどズレが生じてきます。年の差婚では、そのズレがすれ違いになりかねませんから、自分にとっての常識は捨てた方がいいのです。

 

好奇心旺盛になる


年の差婚で夫婦がいつまでも仲良くいられるコツは、相手に共感できるポイントをなるべく多く持つことです。そのためには、積極的に相手の趣味に自分も興味を持つ必要があります。しかし、無理に相手に合わせる必要はありません。

あくまでも純粋に興味を持つことが必要です。どんなことでも得るものがある、学ぶべきことがあるとポジティブに考えて好奇心旺盛な姿勢を持つことが大事なのです。

 

思ったこと伝える


夫婦の間にいざこざはつきものです。まったくケンカをしない夫婦のほうが珍しいですし、ましてや年の差婚の夫婦の場合には、意見が衝突することも多いかもしれません。

しかし、どうせ分かってもらえない、どうせ反対されるなど、最初から自分の意見や考えを相手に伝えることを諦めてはいけません。ケンカを避けて自分の思ったことを隠していると、どんどん2人の溝が深くなってしまうためです。

 

身体のケアをする


年の差婚で避けられないのが、病気にかかりやすくなる年齢や寿命です。人間には必ず死が訪れます。誰しもが平均寿命まで生きるとは限りませんが、やはり年齢が上のパートナーのほうが先に健康面で綻びが出てきます。

そのため、より長く夫婦で生活するためには、とくに年齢が上のほうのパートナーが健康や身体に気を遣うべきです。お酒やたばこ、ジャンクフードなど、自分が好きなものもあるかもしれませんが、相手のことを思って健康第一をテーマに努力をするべきです。

 

年齢の差を埋めようとしない


年の差婚では、年齢が上のパートナーが、相手に合わせようとして無理に若作りをしたり、逆に年齢が下のパートナーが相手に合わせようとして背伸びをしないことが重要です。なぜかというと、物理的な年齢の差はいくら努力をしても絶対に縮めることができないからです。

不可能なことを目指して努力をすることほど、辛いことはありません。精神的に追い込まれてしまうくらいなら、現実を受け止める勇気を持つべきです。年齢の物理的な差は事実として受け入れ、無理のない範囲でお互い楽しくジェネレーションギャップを埋めればいいのです。

 

美容とファッションセンスは手を抜かない


物理的な年齢の差は、絶対に埋めることができませんが、精神年齢やあふれるオーラに関しては実年齢から若返ることは可能です。年齢を重ねるとさぼってしまいがちなファッションや美容に関しては、年の差婚をした人は特に気を使うべきポイントです。

大切なのは、自分に似合うオシャレや美容を楽しむことです。ファッションや美容に気を使って、表情が生き生きしているだけで、十分精神年齢を若返らせることは可能なのです。

 

年齢のタブーをケンカで持ち出さない


どんなに仲が良い年の差婚の夫婦にとってもケンカやちょっとした口論はつきものです。そんな時にジェネレーションギャップの差を相手に感じさせてしまうのが年齢をネタにした表現です。

「私はまだ生まれてないもん、知らない」とか「俺の時代は学校で習ったけどな、知らないんだ」など年齢や世代をフックにした相手への攻撃は、相手に不快感しか与えません。ケンカになった時には、あくまでも自分たちは対等な夫婦という関係だということを忘れてはいけないのです。

 

如何でしたでしょうか。

年の差婚で永遠の課題となるのがジェネレーションギャップです。年の差を感じさせない夫婦に夫婦円満の秘訣を聞くと、たいていの場合は「年齢の差を感じたことがない」という意見が返ってきます。これは、実質的な年齢の差はあってもお互いにそれを意識しない、させない努力や姿勢を日頃から実践しているということなのです。

年の差婚において発生しがちなジェネレーションギャップというのは、多くの場合が先入観や偏った考え方から生じます。人間は大人になるにつれて頑固になりますし、自我が強くなります。そのため、自分の常識や価値観と合わない相手を否定したくなるようになります。

しかし、年の差婚においては、相手の考え方や意見、興味がある分野に対して自分が好奇心旺盛に受け入れるという純粋な姿勢が重要です。今回解説した年の差婚のジェネレーションギャップを埋めるワザをぜひ参考にしてくださいね。

 

まとめ

年の差婚でも失敗しないコツとは

・これまで持っていた固定概念や先入観を捨てる
・何に対しても好奇心旺盛に興味を持つ
・思ったことは隠さずに相手に伝えて溝を作らない
・健康面や身体面のケアは欠かさずに努力する
・相手に合わせるために無理して若作りや背伸びをしない
・美容とファッションセンスは手を抜かずに気を遣う
・二人の会話の中で年齢のことをネタにしない

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線