痩せると決めたら食べてはいけない食べ物5選

痩せると決めたら食べてはいけない食べ物5選
「美しい身体を手に入れる為に、ダイエットしたい!」と考えたら、痩せる食べ物を積極的に食べて、効果を感じたいですよね。実は、私たちが好み、何気なく食べている物の中には、ダイエットに不向きで、痩せると決めたら食べない方が良い物が沢山あるのです。

痩せると決めたら食べてはいけない食べ物の中には、高カロリーであるだけでなく、私たちの身体に有害な成分を含んでいるケースもありますので、なるべく控えたいですよね。

そこで今回は、痩せると決めたら食べてはいけない食べ物にクローズアップし、なぜダイエット中にそれらを控えた方が良いのかについて、お伝えします。ダイエット中の方は、ぜひ日頃の食生活を見直し、痩せる食べ物を食べているかを考えてみてください。

酸化防止剤などの添加物が多い、インスタント食品

痩せると決めたら食べてはいけない物として、まず挙げられる物が、カップ焼きそばや、即席ラーメンなどのインスタント食品です。お湯を入れて3分ほどで完成する為、すぐに食べられるというメリットがありますが、高カロリーである割には、「あまり満腹感が得られず、つい他の物も一緒に食べてしまう…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

麺類はすぐに食べ終わってしまい、噛む回数が少ない為、満腹中枢を刺激する事が無く、腹持ちも悪いので、ダイエットには不向きです。また、即席ラーメンには非常に多くの塩分が含まれており、身体がむくみやすくなってしまいます。

他にも、酸化防止剤をはじめとした、数種類の添加物が含まれている為、非常食としては便利であるものの、身体に良い成分はほとんど含まれていませんので、日常的に食べる事は控えた方が良さそうです。

 

大量の砂糖や油を使った、ドーナツ

ドーナツも、痩せると決めたら、控えるべき食べ物です。見た目が可愛く、甘くて美味しいので、ついつい食べてしまいますが、ドーナツは、大量の砂糖や油を含んでいる為、太りやすく、代謝も落ちてしまいます。

「痩せると決めたけど、甘い食べ物も食べたい!」と衝動に駆られてしまったら、ドーナツの代わりに、ナッツ類やフルーツを食べ、身体に良い影響を与える酵素や、ビタミンを摂るようにしましょう。

甘い物を控える事は、ダイエットの基本に感じますが、無理に我慢するよりは、いっそのこと痩せる効果のある食べ物を食べてしまったほうが、満腹中枢を刺激する事ができ、リバウンドの可能性も低く済みそうです。

 

高カロリーで添加物が多い、加工肉

ベーコンやハムやウィンナーなどの、加工肉も、痩せると決めたら食べてはいけない食べ物です。例えば、お弁当や朝食に使う事が多い、平均的なサイズのウィンナーは、1本(約15g)で、約50カロリーと、高カロリーです。程よい塩気が美味しい加工肉は、痩せると決めたら食べない方が良い食べ物と言えるでしょう。

また、料理の彩りに、綺麗な色をしている加工肉を使いたくなりますが、加工肉の綺麗な色は、添加物によるものであり、その添加物には大腸がんなどの、発がん性リスクがあるとされています。

 

大量の砂糖が含まれている、炭酸飲料

リフレッシュに飲みたくなる、炭酸飲料も、痩せると決めたら控えましょう。コンビニや自動販売機で良く売られている炭酸飲料には、なんと500mlに角砂糖約15個分もの糖分が含まれています。ペットボトル1本分の炭酸飲料に、こんなにも多くの砂糖が含まれているとは驚きですよね!

「甘くて美味しいし、炭酸でお腹が膨らむから、満腹感がありそう…」と思っても、糖分の摂り過ぎは病気のリスクを高めます。また、炭酸飲料はキンキンに冷やすと美味しいですが、冷たい飲み物は、身体の代謝を落とし、血行も悪化する為、太りやすい体質になってしまいますので、控えた方が良さそうです。

 

高カロリーで、病気のリスクを高めてしまう、フライドポテト

「痩せると決めたら食べてはいけない食べ物」と言えば、脂っこい物を思い浮かべますよね。中でもフライドポテトは、ジャガイモを原料としている為、炭水化物を多く含んでおり、高カロリーであるだけでなく、AGE(終末糖化産物)を増やしてしまう食べ物です。

AGE(終末糖化産物)は、身体の老化を進める物質で、血管に蓄積すると、動脈硬化や脳梗塞などの病気を引き起こす可能性があります。美味しくてついついつまんでしまうフライドポテトは、ダイエット中の方はもちろん、健康をキープしたい方も、食べる事を控えましょう。

 

さて今回は、痩せると決めたら食べてはいけない食べ物と、その理由について、お伝えしました。

美味しくてついつい食べてしまう、ドーナツやフライドポテトには、油が大量に使われていますし、便利なインスタント食品や、ウィンナーなどの加工肉には、保存料や色素などの添加物が多く含まれている為、痩せると決めたら食べてはいけない食べ物で、病気のリスクも高くなる為、なるべく控えた方が良さそうです。

今回の記事を読み、「痩せると決めていたのに、食べてはいけない食べ物を食べてしまっていたな…」と感じたら、買い物に行く際、パッケージの裏を見て、原材料や、カロリー表示などをチェックした上で購入する習慣を付けてみましょう。

【まとめ】

痩せると決めたら、控えるべき食べ物とは

・酸化防止剤などの添加物が多い、インスタント食品
・大量の砂糖や油を使った、ドーナツ
・高カロリーで添加物が多い、加工肉
・大量の砂糖が含まれている、炭酸飲料
・高カロリーで、病気のリスクを高めてしまう、フライドポテト


連記事
タイトルとURLをコピーしました