痩せるスープのバリエーションレシピ5選

痩せるスープのバリエーションレシピ5選
「ダイエットをしたいけれど、仕事や家事で忙しい!」という時には、痩せるスープのレシピを知っておくと、すぐに作れて便利そうですよね。

近年では、市販のカップスープの種類が増え、辛い物や魚介を使った物、アジアン風の味付けなど、バリエーション豊かに楽しめるようになりました。とはいえ、やはり食材の旨味を存分に活かすなら、自分で1から痩せるスープを作りたいと感じるのではないでしょうか。

そこで今回は、簡単に出来る、痩せるスープの作り方をお伝えします。アレンジ法についても取り上げていきますので、「痩せるスープを毎日飲み続けたい!」という方はぜひ、味付けや食材を変えて、バリエーション豊かに楽しんでみましょう。それではご覧ください。

王道の野菜スープは、カレー風やアジアン風にも出来る

まずは、身体をポカポカと温める、王道の野菜スープの作り方をお伝えします。

 

痩せるスープ~野菜スープ編~

1. キャベツ(2分の1)・玉ねぎ(3個)・ピーマン(1個)を一口サイズに切る。
2. ホールトマト缶と野菜類を鍋に入れ、コンソメ(1個)を加える。
3. 材料を水で浸したら、10分ほど煮込む。
4. 塩・胡椒で味付けをして完成!

基本的な野菜スープの作り方は、この通りです。もちろん、使う野菜の種類や量は、好きな物を使ってOKです。アレンジ法としては、上記のスープにカレー粉を投入したり、チリソースを加えれば、脂肪燃焼効果が期待出来ます。

 

冷製スープのガスパチョには、タバスコやチリパウダーが合う

「痩せるスープって、温かいイメージが強いけれど、冷製の物は無いかな?」と、感じるのではないでしょうか。そこでスペイン料理の代表、ガスパチョの作り方をお伝えします。

痩せるスープ~ガスパチョ編~【2人分】

1. トマト(4個)・玉ねぎ(8分の1)・赤パプリカ(2分の1)・きゅうり(1本)を細かく切る。
2. 野菜をミキサーに入れ、少量のニンニクと塩・レモン汁(大さじ1)・オリーブオイル(大さじ1)と共に、細かく混ぜる。
3. 冷蔵庫で冷やしたら完成!

 

野菜を細かくしてミキサーにかけ、冷やすだけですので、とても簡単ですよね!この痩せるスープのアレンジ法としては、タバスコやチリパウダーを混ぜて辛くする事で、暑い夏でも、代謝を良くする事が出来るでしょう。

 

豚肉を使ったスープは、ラー油や塩麴の味付けがベスト

次に、豚肉を使った美味しい野菜スープの作り方をお伝えします。

痩せるスープの作り方~豚肉と野菜のスープ編~

1. 豆腐(1丁)・キャベツ(4分の1)・長ネギ(2分の1)を一口サイズに切る。

2. 鍋にキャベツを入れ、材料が浸るくらいまで水を入れる。
3. 火をかけてひと煮たちしたら、塩麴(大さじ1)・豚肉(200g)・おろししょうが(小さじ1)・おろしにんにく(少々)を入れる。
4.    再び煮立ったら、豆腐と長ネギを入れる。

 

この痩せるスープは、ビタミンB1が豊富に含まれている豚肉を使っている為、糖質の代謝を助けてくれる嬉しい一品です。アレンジ法としては、完成後にラー油をかけたり、塩麴の量を調節して味を変えると良いでしょう。

 

玉ねぎを使ったスープには、余った野菜や、ブラックペッパーを合わせよう

玉ねぎを使ったスープも、痩せるスープとして人気があります。

痩せるスープ~オニオンスープ編~

1. 玉ねぎ(2個)を薄く切り、耐熱皿に入れてラップをかけ、600Wのレンジで10分加熱する。
2. 鍋を温めたら、バター(10g)を溶かし、ベーコン(3枚ほど)と共に軽く炒める。
3. 玉ねぎを入れて炒めたら、キャベツや人参、舞茸など、好きな野菜を切って入れる。
4. 材料を浸すくらいまで水を入れ、コンソメを入れたら、10分ほど煮込む。

 

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれる効果がある為、体内の循環を善くし、ダイエットにもピッタリの食材です。この痩せるスープを、バリエーション豊かに作りたい場合は、旬の野菜を加えたり、仕上げにブラックペッパーをかけて辛くしてみる事もおススメです。

この味付けであれば、どんな野菜にもマッチしますので、「買いすぎて消費できないまま、野菜が中途半端に余ってしまった…」という一人暮らしの方にもピッタリでしょう。

 

タンタンメン風のスープは、胡麻やラー油、刻みネギがマッチする

最後に、タンタンメン風の痩せるスープのレシピをお伝えします。

痩せるスープ~タンタンメン風のスープ編~

1. 鍋に水(200cc)・豆乳(200cc)・味噌(大さじ1)・鶏がらスープの素(大さじ1)・豆板醤(小さじ1)を入れ、火にかける。
2. 沸騰したら、卵(1個)・もやし(1パック)を入れる。
3. 卵が固まるまで煮込んだら完成!

「ダイエット中でラーメンを控えているけれど、タンタンメンの味付けが好き!」という方におススメの痩せるスープです。アレンジ法としては、トッピングに胡麻やラー油を加えたり、刻みネギをたっぷり入れてみましょう。

 

さて今回は、痩せるスープの作り方と、そのアレンジ法について、お伝えしました。痩せるスープといえば、野菜をたっぷり使った、簡単な物が多く、初めてダイエットをスタートする方でも、気軽に試す事が出来る点が、嬉しいですよね。

さらに、作り方の基本さえ覚えてしまえば、残り物の野菜を使ったり、お好みの調味料を加える事で、飽きの来ないバリエーションを楽しめる点が、魅力に感じたのではないでしょうか。

ダイエットには継続性が求められますが、アレンジ可能な痩せるスープを作り、味の変化を楽しめば、無理なく続ける事が出来そうですよね。今回の記事を読み、興味が湧いたら、ぜひ痩せるスープを自作してみてください。

【まとめ】

痩せるスープとアレンジ法

・王道の野菜スープは、カレー風やアジアン風にも出来る
・冷製スープのガスパチョには、タバスコやチリパウダーが合う
・豚肉を使ったスープは、ラー油や塩麴の味付けがベスト
・玉ねぎを使ったスープには、余った野菜や、ブラックペッパーを合わせよう
・タンタンメン風のスープは、胡麻やラー油、刻みネギがマッチする

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだカードでわかります。今、当たると話題の「神秘のタロットカード」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!


連記事
タイトルとURLをコピーしました