バイオリズムで体調をチェックし病気を予防する5つのコツ

バイオリズムで体調をチェックし病気を予防する5つのコツ

バイオリズムとは生命体の規則的な動きのこと、といっても、何のことやらよくわかりませんよね。簡単に言うと、人間の心や体、知性には調子がよいときと悪いときがあり、好不調の波はS字カーブとなってあらわれます。

この好不調の規則的な変化のことをバイオリズムというのです。バイオリズムは規則的な動きなので、自分のバイオリズムを知っておくことで、心や体の調子を把握・予測することができ、好不調に合わせて仕事や日常生活を調節することができます。

バイオリズムは生年月日によって計算することができます。無料サイトで簡単に計算することができますので、本文に入る前にひとまず、自分のバイオリズムを計算してみてください。

結果が出たら、本文へどうぞ。ここでは、バイオリズムで体調をチェックし病気を予防する5つのコツをお伝えします。

 

バイオリズムで体調をチェックし
病気を予防する5つのコツ

 



 

バイオリズムには身体・感情・知性の3つがあります。


人間のバイオリズムには身体・感情・知性の3つがあり、それぞれがそれぞれの周期でS字カーブを描きます。具体的には、身体リズムは23日周期、感情リズムは28日周期、知性リズムは33日周期で好不調の波が訪れます。

周期が違うので、身体は絶好調だけど、感情面は絶不調という日もあれば、3つ全部が絶好調ということもあります。最も気を付けなければいけないのは、3つが3つ揃って絶不調となるタイミングです。

大体、周期の違いから3つの絶不調のタイミングは少しずつずれるのですが、ときたま、揃ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

身体リズムが絶不調のときは休息をとりましょう。


バイオリズムでは身体リズムが最も体調に影響を与えます。身体リズムが底を打ったときに、体に負担をかけてしまうとそのまま体調をこわしたり、風邪や胃痛などの病気になったりします。

なので、身体リズムが絶不調のときは無理は禁物、体をよく休めましょう。バイオリズムはあらかじめ計算しておくことで、いつ身体リズムが下降するのかをあらかじめ知ることができます。

仕事や学校の宿題は、身体リズムが上昇するときに済ませ、下降に入ったら徐々に仕事をセーブしていくようにしましょう。あらかじめ知ることができるというバイオリズムの特徴を十分に生かして、仕事や学校のペース配分を考えてくださいね。

 

感情リズムが絶不調のときはストレスをためないようにしましょう。


バイオリズムでは感情や精神的安定・不安定にも一定の周期があるとされています。感情リズムが下降するときには、思考がネガティブになり、うつ傾向が強まります。

ちょっとしたことで落ち込んだり、自暴自棄になったり、あるいは精神が不安定になるので仕事や学校の勉強に集中できず失敗や挫折をしてしまいます。

その結果、ストレス性の胃痛や頭痛やうつ病になることもあります。感情リズムが下降線に入ったら、大きな仕事や集中力を要する仕事は控えましょう。

この時期に失敗や挫折をすると、容易に立ち直れないほど落ち込んでしまいます。なのでこんなときには、失敗をする前に逃げるが吉。

バイオリズムでは下降線に入っても底を打てば、今度は上昇に入ることが決まっています。厄介な仕事は感情リズムが上がり調子になりポジティブな思考に切り替わってからと取り組むようにしましょう。

 

知性リズムが絶不調のときは自分の頭に期待してはだめですよ。


知性リズムとは、頭の切れ味のこと。バイオリズムでは、身体同様、頭の回転・切れ味にも好不調があり、一定のリズムで調子が変化していくとされています。

知性リズムのグラフが下降するときには、頭の切れ味もいまいちな時期。うんうん唸りながら悩んでも、この時期には妙案は浮かびません。

考えるあまり、知恵熱が出るのがオチです。難しい仕事は知性リズムが上がり調子の好調なときに済ませ、知性リズムが不調の時期にはデータ整理や書類作成など、頭を使わない事務作業をするのがおすすめですよ。

 

3つのリズムが絶不調のときは要注意!無理は禁物です。


バイオリズムでは身体リズム・感情リズム・知性リズムはそれぞれ違う周期で回りますが、ときには、3つのリズムが重なることがあります。

絶好調が重なれば心身ともに充実し頭の回転もばっちり、何の憂いもない完璧なコンディションで仕事や勉強に取り組めますが、反対に絶不調が重なれば日常生活すらままならないほど心身ともに辛い時期となります。

こんなとき、できることなら冬眠でもして安静にしていただきたいのですが、「バイオリズムが最悪だから」という理由で仕事や学校を休めない方がほとんどでしょう。

仕事を休めないのなら、無理は禁物、できるだけ力を抜いてこの最悪の時期をやり過ごすようにしましょう。バイオリズムは日々変化し、下がるところまで下がればあとは上がるだけです。

絶不調の時期は「明日の自分に期待する」のがおすすめ、この時期は本格的な病気にならなければ恩の字という気持ちで過ごすくらいがちょうどよいですよ。病気になってしまえば、バイオリズム関係なく、不調の時期が続きますので体調管理には気を付けてくださいね。

 

いかがでしたか。

以上が、バイオリズムで体調チェックし病気を予防する5つのコツでした。上記の通り、バイオリズムの最大の特徴は、あらかじめ身体や感情の変化を知ることが出来ることです。

あらかじめ知ることができるので、心構えや準備も簡単ですよね。自分のバイオリズムを計算したら、バイオリズムに沿って、仕事や学校のスケジュールを組み、身体や感情リズムが不調のときに貯め込んだ仕事に追われないように気を付けましょう。

食事や睡眠など基本的な生活習慣を整えることで、バイオリズムの絶不調の時期をいつもよりも楽に乗り越えることができます。

生活改善にも挑戦してみてくださいね。また、バイオリズムには月の満ち欠けも大いに影響を与えます。新月とバイオリズムの絶不調が重なったときには要注意、いつもよりも体調を崩しやすいので、十分に気を付けてください。

 

まとめ

バイオリズムで体調をチェックし病気を予防する5つのコツ

・ バイオリズムには身体・感情・知性の3つがあります。
・ 身体リズムが絶不調のときは休息をとりましょう。
・ 感情リズムが絶不調のときはストレスをためないようにしましょう。
・ 知性リズムが絶不調のときは自分の頭に期待してはだめですよ。
・ 3つのリズムが絶不調のときは要注意!無理は禁物です。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線