痩せる方法を試すとき絶対忘れてはいけない大切な注意事項

痩せる方法を試すとき絶対忘れてはいけない大切な注意事項

「今日からダイエット!」と意気込んでみても、なかなか長続きしない…という人は多いのではないでしょうか。ダイエットが続かず、現状維持の状態が続くならまだしも、ダイエットを始めて少し痩せたと思ったらリバウンドし、ダイエットを始める前より逆に太ってしまった…という経験を持つ人も多いでしょう。

ダイエットは、目標の数字をカロリーに換算して計算してみることで、イメージがつきやすくなります。たとえば、脂肪1kgのカロリーは7700kcalです。つまり、非常に単純化して計算すると、7700kcal分の運動をすれば、1kg痩せることができるというわけです。

体重50kgの女性が30分ジョギングをすると約250kcalの消費になるので、これを1か月続けると、だいたい1kg痩せることができる計算になります。この計算からも、1か月に3kgも4kgも痩せるダイエットがいかに困難なものか分かるでしょう。仮に1か月で3kg減量を目標とした場合、1日に770kcalのマイナスが必要なため、運動だけ、または食事制限だけのダイエットでは頓挫してしまいます。

運動と食事制限を上手く組み合わせたとしても、やはり1か月に1kgが無理なく続けられる限度といえそうです。にもかかわらず、ネットなどで提唱されているダイエット法の中には、短期間で急激に痩せることができると謳うものが数多くあります。

その中には、リバウンドを誘発したり、健康や美容に致命的な影響を与える危険なダイエット法があるのも事実です。そこで今回は、痩せる方法を試すとき絶対忘れてはいけない大切な注意事項をお伝えします。

 

痩せる方法を試すとき
絶対忘れてはいけない大切な注意事項

 



 

高すぎる目標・計画を立てないようにしよう


「ダイエットをしてもリバウンドしてしまった。私は意思が弱いのだろうか…」と悩んでいる女性は多いと思います。しかし、リバウンドしてしまうのは意思の弱さのせいではありません。実は、ダイエットを始めたときの意気込みが強く、高い目標・理想を持って取り組んだ人ほど、リバウンドしやすい傾向があるのです。

ダイエットをするときに、完璧を求めた計画を立てすぎてしまい、身体・精神ともに無理を強いてしまうことで、反動でリバウンドするリスクが高まってしまうのです。ダイエットの目標・計画を立てるときには、無理なく続けられるものを立てるようにしましょう。

 

無理やり食欲を抑え込まないようにしよう


私たちの身体は、意識していなくても一定の体重を維持するように食欲をコントロールしています。つまりダイエットを始め、痩せ始めたときには、元の体重に戻ろうという働きが生じます。

そうした本能的な働きを、意思の力だけで抑え込むことには無理があります。お腹が空いても我慢して食べなければ、次の食事で必要以上に食べたくなってしまうなどの反動が起こる恐れがあります。

そればかりか、食べられないストレスにより、正常な食欲が乱され、ドカ食いなどの過食行動に走ってしまうリスクもあります。意思の力で無理やり食欲を抑え込んで、急激に体重を落とそうとするのはやめましょう。

 

「食事抜きダイエット」はやめよう


短期間で大幅に痩せる方法として、よく「食事抜きダイエット」が紹介されています。過食してしまった後、消化器官を休めるための「プチ断食」には効果があります。しかし、恒常的に食事を抜くダイエット方法には問題があるので、注意しましょう。食事と食事の間隔が空くと、身体は軽い飢餓状態に陥ります。

飢餓状態に陥ると、身体は生命を維持するために、次の食事のエネルギーを脂肪として蓄積しやすくします。このサイクルを繰り返すと、少しの食事でも脂肪として蓄える体質=太りやすい体質になってしまうので、逆に痩せることができなくなってしまいます。なので、食事を抜く方法はオススメできません。

 

「単品ダイエット」はやめよう


バナナ、りんご、ヨーグルトなど、ある食品だけを食べ続けるダイエットも、短期的に大幅に痩せることができますが、注意が必要なダイエット方法です。ある一品だけを食べ続けるということは、栄養バランスが偏るということです。貧血や肌荒れを起こすデメリットがあります。

また、軽い栄養失調状態となることで、「食事抜きダイエット」のときと同様、生命維持の機能が働いて脂肪が蓄積しやすい体質になります。そのため、短期的には急激に痩せるのですが、長期的に見ると痩せにくくなる方法と言えます。一食を特定の食品に置きかえる「置きかえダイエット」も同様です。

何より、食事を抜いたり、単品しか食べないようにすることは、精神にも身体にも無理を強います。長期的なダイエットを成功させたい人には、あまりオススメしない方法です。

 

短期間で体重を落としすぎないようにしよう


ここまで紹介してきたように、短期間で痩せる方法には必ずリスクが付きまといます。短期間で痩せるメカニズムは、体内の水分量が減少したり、エネルギー不足で筋肉や骨が軽くなったりするものであり、脂肪細胞が減るものではありません。リバウンドを起こさないためには、理想としては1か月、短くても1週間~2週間を単位としてダイエットを行うようにしましょう。

 

いかがでしょうか。

ダイエットの鉄則は、「無理をせず、ゆっくり」痩せる、ということです。リバウンドを防ぐためには、ダイエットによるストレスをなるべく減らすことが大切です。

過食を控えたり、食事量をほどほどに制限することは必要ですが、あまりに目標・計画が高すぎたり、意思の力で食欲を抑え込みすぎたりすると、日常の中で我慢する局面が増え、また無理も強いられるので、ストレスとなってリバウンドが誘発されます。

また、「食事抜きダイエット」「単品ダイエット」のように、短期間で痩せるという謳い文句のダイエットには、即効性がある反面、危険性もあります。女性の場合には、体重の増減は、生理周期とも深い関係があります。体内の老廃物や不要物の排出、水分調節といった機能の周期も、生理周期と同様1か月であることを頭に入れておく必要があります。

「急がば回れ」ということわざが示す通り、長期的に痩せる身体を目指すのならば、「無理をせず、ゆっくり」1か月に1kgのペースで続けていきましょう。ダイエットはぜひ、これらの注意事項を頭に入れたうえで行いましょう。

 

まとめ

痩せる方法を試すとき絶対忘れてはいけない大切な注意事項

・ 高すぎる目標・計画を立てないようにしよう
・ 無理やり食欲を抑え込まないようにしよう
・ 「食事抜きダイエット」はやめよう
・ 「単品ダイエット」はやめよう
・ 短期間で体重を落としすぎないようにしよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線