天王星人の本当の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向とは【2020年版】

天王星人の本当の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向とは
日本には誕生日や血液型で性格が分かるという占いが多くありますよね。そのうちの一つに六占星術というものがあり、太陽系の惑星に当てはめた6つの星人に分類し、性格や運勢を占います。

六星占術は土星、金星、火星、木星、水星、そして天王星と、6つの運命星があります。その中で。天王星人は天王星の影響を受けた運命の保持者です。人当たりがよくて愛されキャラの天王星人は常に人の輪の中心にいる人、人気運の高い人です。異性にもモテることが多い反面、つかみどころがないという評価も受けがちなのが特徴です。

その反面、天王星人は寂しがり屋な性格で、周りから人がいなくなってしまう事を「怖い」と考える部分もあるかもしれません。恋愛において、「恋人の態度が冷たい」と感じると寂しくなり、他の人に浮気をしてしまう事もあるでしょう。

このように、六占星術では同じ星人に生まれた人に共通する行動や人生の傾向、恋愛に関する動きなどにそれぞれ特徴があります。そこで今回は天王星人が持って生まれた性格や恋愛、人生の傾向についてお伝えします。

天王星人の基本性格と仕事・恋愛傾向

天王星人の基本性格と仕事・恋愛傾向のイメージ
ではまず、天王星人全体の性格の特徴を見ていきましょう。

※自分が何星人なのかは以下のサイトから判断できます

占い計算ドットコム
誕生日から星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを計算する占いの為の自動計算サイトです。

誰とでも仲良くなれる、フレンドリーな性格が人気

天王星人は、感情表現の豊かな人が多く、コミュニケーション能力にも長けている点が特徴です。大人数でワイワイ盛り上がる事が好きですし、初対面の人と話す時でも、人見知りをする事無く、すぐに打ち解ける事が出来るでしょう。誰とでも平等に仲良くなれる為、異性からも同性からも人気が高く、「モテる運命星」であると言えます。

天王星人タイプの人は、例えば、「嬉しい」とか「楽しい」といった感情をそのまま言葉に出して、素直に表現する事が多いのです。

常に明るく、可愛らしい雰囲気を醸し出している為、周りの人からは好印象を持たれています。さらに細かいことを気にしませんので、楽観的に物事をとらえることができて、一緒にいて楽しい人でしょう。

また天王星人は情に熱いために、自分を犠牲にしてでも人を助けるところがありますので、そこが好かれるポイントなのかもしれません。

 

全体的にゆるい平和主義

天王星人は、基本的に「ゆるさ」が特徴です。物事に白黒をはっきりつけようとしたり、人の好き嫌いをはっきりしたりすることを好みません。曖昧な状態、どっちつかずの状態を維持する精神的な図太さの持ち主で、はっきりしない状態のまま人間関係を保てる人です。

また、平和主義なところがあるために、周りにいる方も接しやすいという特徴があります。 

物事に白黒をつけないだけに、誰からも憎まれることなく、諍いが起こったときも緩衝地帯にいます。仲が悪くなった人ともきっぱり関係を絶つことはなく、相手が望めば受け入れます。

心の広さ、おおらかさを慕って人がいっそう集まってきますので、人に囲まれて一生を贈ることができる人です。

ただし、行き過ぎた事なかれ主義が原因で人を失うこともあります。ビジネスシーンや対立の場で、どちらにも良い顔をして、結果、どちらからも去られるということが間々あります。

はっきりと白黒をつけたい人にとっては、天王星人の反応は物足りないと感じられるかもしれません。

 

決断力が無い

天王星人のルーズな性格は、決断力が無いという特徴にも繋がります。普段から事なかれ主義で白黒をはっきりさせることが苦手なので、優柔不断とも言えるでしょう。

いざという時に自分で決めることが難しいと感じているために、選択を迫られても迷うだけで答えをなかなか出しません。人の意見になんとなく賛成しておくような性格です。

ただし、この決断力のなさを補ってくれるパートナーや補佐役を得ると、人生が好転します。仕事でも、私生活でも、パートナーとの出会いが運命の転換点となりますので、良い相棒を得ると、生涯の宝となるでしょう。

 

行動力があるが、時に自己中と思われることも

天王星人は何事にも取り掛かりが早いでしょう。自分がこうだと思ったときには動きだしています。フットワークが軽いとも言えますよね。

もしそこで動かなければ後で後悔してしまうくらいの気持ちの強さなので、一度決めたことはとにかくすぐに取り掛かるようにします。ただ興味のないものにはその分無頓着と言えるでしょう。

ただしの誰かの意見が自分と合わない時は平気でそれに従わないこともあるでしょう。意見が合わない時は、それが上司や先輩でも従うことをしないことさえあります。

そのような行動から自己中と言われてしまうことが多いです。本人は自覚は無いのですが、基本的に自分に合うことに一生懸命になりますので、周りをあまり見ていないのかもしれません。

 

自分の気持ちには真っ直ぐである

天王星人はルーズな性格から、決められたことに従うというのは苦手です。しかし自分が決めたことに対しては真っ直ぐに向かっていくのです。自分の強い気持ちが出てきたとき、そこには誰の意見も聞く耳は持ちません。

夢という言われるような遠い目標でも、やると決めたら最後までやり抜くでしょう。そのために気づいたら周りの人が想像もしていなかったような結果を出すこともあるのです。

 

観察力や話術を活かし、販売・サービス業に就くと活躍できる

天王星人は非常に高い観察力・推測力の持ち主である為、ビジネスにおいて着実に計画を実行し、成功させる事が出来るでしょう。またおっとりした性格に見えていながら、実は話し相手の心情を鋭く観察しており、仕草や言動から、相手の些細な感情の変化にも気付く事が出来ることも。

つまり少し先の事を予想したり、人に何かをおススメする事が得意なので、流行の最先端に関われるファッション業界や、企画職、販売員などが向いています。

他人の心情を読み取り、気を遣う事が出来る人が多いので、ホテルマンや美容部員、レストランの従業員などといった、サービス業・接客業も適職です。

また、営業職に就く事で、持ち前の愛嬌や、高いコミュニケーション能力、そして人へ尽くせるサービス精神を活かし、優秀な成績を収める事が出来そうです。

天王星人は、相手を上手く勧誘したり、商品の魅力をアピールする事が得意ですので、「○○さんが薦めてくる商品は、なぜか買いたくなってしまうんだよね~」と言われる事が多い事でしょう。

 

恋愛においては、誰かと一緒にいないと寂しがる性格

天王星人は、いわゆる「クラスの人気者」と呼ばれる人が多い運命星で、「常に周りに人がいないと寂しくなってしまう」と考えています。

天王星人は、他の人と一緒にいる事で安心感を持つ性格ですので、もし孤独になってしまうと、とても寂しがります。

天王星人は、異性からもかなりモテますので、「恋人がいない…」という悩みを持つ事は少ない運命星です。ただ、寂しがり屋な性格が原因で、恋人に構ってもらえない時には、他の人に浮気をしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

ただし。断れない、区別をつけられない性格から、二股をかけたり、不倫の関係に陥ったりといった、異性間のトラブルに巻き込まれることが少なくありません。あまりに線引きが曖昧だと、恋人との関係が悪くなったり相手となった人は苦労することもあります。

 

天王星人プラスの性格と特徴

にこやかなイメージ
六星占術における運命星は、生まれた年の干支によってプラスとマイナスに分かれており、恋愛や家庭における行動パターンも少し異なっています。

そこで、次からは天王星人プラスの人の性格を見ていきましょう。

明るくポジティブで、社交家

天王星人プラスの人は、穏やかな雰囲気を醸し出しており、フレンドリーな性格の人が多いです。ポジティブで、物事を良い方向に考える事が出来る為、周りの人からは「あの人はいつも前向きだよね~」と好印象を持たれているでしょう。

また、天王星人プラスの人は、天王星の資質である社交家の気質を強く持っています。とにかく人と交わることが好きで、いわゆる「さびしんぼう」。一人で何かをするのをつまらないと思う人です。独特の話しかけやすいオーラが出ているので、転校したり、留学したりしてもすぐに友達を作れます。

 

大雑把で、気持ちの切り替えが早い

性質的な特徴のひとつに、大雑把な点があげられます。些細なことを気にしないおおらかな性質なので、くよくよ悩むことがありません。しかられても、失敗しても、すぐに立ち直れるので、前向きな性格ととらえられる反面、反省も薄く、進歩がないととられることもあります。

嫌な事はすぐに忘れてしまう反面、気持ちの切り替えが早すぎて、「この間注意した事、もう忘れたの!?同じ事2回言わせないでよ!」と上司や家族に怒られてしまう事があるかもしれません。

こうした性質は天王星人プラスの運勢にもかかわってきます。特に、計画性のなさ、忘れっぽさ、決断力のなさが失敗を引き起こすことがありますので、要注意です。

重要な案件を後回しにしたり、人との約束を忘れたり、大事な局面で筋を通すことができなかったりして、人やチャンスを失うことがあります。

どんな失敗をしても、天王星人の本質である楽天的で前向きな気質は失われません。万一、職を失ったり、恋人や家族を失ったりしても、そうした状況を悪くとらえず、また、去っていった人を恨むこともなく、平穏な生活を保てる人ですので、そうした寛容さを慕って生涯尽くしてくれる人もいます。

つまりルーズさ、いい加減さを許してくれる人に出会えるかどうかが、天王星人プラスの運勢の分かれ目といえるでしょう。

 

恋愛では常に誰かと一緒にいないと寂しくなってしまう

天王星人プラスの人は、一度好きになった相手に対して、深い愛情を持って付き合う事が出来ますが、同時にかなり寂しがり屋な性格でもある為、「相手の態度が冷たい」と感じたら、他の人に浮気をしてしまう事もありそうです。

明るい性格と、持ち前の愛嬌で、同性からも異性からもモテている天王星人は、「常に愛されていたい」とか、「常に誰かと繋がっていたい」と考えている傾向がありますので、孤独になる事を嫌います。

誰に対しても平等に優しい態度を取る事が出来る為、仮に結婚して家庭を築いたとしても、「あの人、奥さんがいるのに、平気で他の女の人と楽しそうに話しているよ…」と噂になる事があるかもしれません。

※ 天王星人プラスの2020年の運勢や性格、相性などは以下の記事で詳しくお話ししています。

 

天王星人マイナスの性格と特徴

波瀾万丈なイメージ
一方、天王星人マイナスの人はどんな性格をしているのでしょうか、見てみましょう。

天王星人マイナスは、向上心を持ち主で、毎日の変化を楽しんでいる

天王星人マイナスの人は、天王星人プラスの人とは違って、「毎日の変化を楽しみたい」と考えている人が多い傾向があります。新しい事にもどんどん挑戦し、自分の知らない世界に飛び込もうとする向上心があります。仮にミスをしても、「失敗しなければ、学べない事もある」と前向きに考える事が出来るでしょう。

天王星人マイナスの人は、持ち前のコミュニケーション能力がある為、交友関係が幅広く、違う分野で活躍している人との対話においても、興味や好奇心を持って話を聞けるでしょう。

 

「人と一緒に何かを作る」のが得意

天王星人マイナスの特質は、共同志向です。人と共同して何かをすることが好きで、そのこと自体に喜びを覚えます。共同生活も好むので、寮や寄宿舎、ルームシェアなども楽しめる人です。気持ちの切り替えが早いので、ホームシックなどになることも少なく、どこにいてもやっていけます。

人とかかわることが好きな人なので、一人になると本領を発揮できません。一人で食事したり、一人で買い物したりといったことが大の苦手で、恋人と別れたり、配偶者と離婚したりすると、寂しさから次の相手と一緒に暮らし始めたりします。

深く考えないまま関係を持つことも多いので、人間関係においてはルーズな人といえるでしょう。反面、人あしらいの上手さから成功することもありますので、ルーズさを人から指摘されても、なかなか改められません。

とはいえ人の動向に振り回されるように見えて、実はそれを楽しんでいるところもあります。

 

波乱万丈な人生を送りやすい

人の使い方の上手さは「人たらし」といえるほどで、それが天王星人マイナスの運勢を大きく左右します。

元々波乱万丈の生き方を求める人ですので、デメリットがあっても、メリットの大きな出会いを喜びます。ハイリスク・ハイリターンのギャンブル的な生き方を選ぶのが天王星人マイナスの特徴です。

天王星人は精神的にタフなので、失敗してもくじけず、すぐに起き上がります。転んでもただでは起きない図太さも備わっていますので、人間関係にさえ気をつければ、成果を残せる人です。

 

頻繁に愛情を確認してくる事がある

天王星人マイナスの人は、天王星人プラスの人と同じく、どんな相手に対しても平等に優しく、気遣いを出来る性格ですので、自然と周りに人が集まっている事が多いでしょう。

天王星人マイナスの人は、誰かと一緒にいる事によって安心感を得ますので、恋愛においても、こまめに連絡をとったり、「俺の事好き?」などと、頻繁に愛情を確認してくる事もありそうです。

寂しがり屋な性格が原因で、相手から「愛されていない…」と感じると、他の異性に浮気や不倫をしてしまう可能性がありますので、天王星人マイナスの彼と付き合っている方は、こまめに相手に連絡を取ると良いでしょう。

※ 天王星人マイナスの2020年の運勢や性格、相性など以下の記事で詳しくお話ししています。

 

天王星人の異性とうまく付き合うコツ

天王星人の異性とうまく付き合うコツのイメージ
そんな天王星人が気になる人になったり、お付き合いすることになった場合、どんなことを気を付ければ良いのでしょうか。実際にそのコツを解説しましょう。

天王星人の考え方を寛容に受け入れ、認めてあげよう

天王星人は、六星占術における運命星の中でも、特に周りの人からの人気が高い運命星です。常に明るく、可愛らしい雰囲気を醸し出している為、「あの人がいると、場の雰囲気が和むよね~」と言われる事が多い傾向がありますし、天王星人の人自身も、コミュニケーション能力が高く、人見知りをする事は滅多にありません。

話し相手にはストレートな感情表現をする事が多く、「心が通じ合えれば友達!」と思っていますので、フレンドリーな性格が人気の秘訣とも言えるでしょう。

天王星人は基本的には人気者ですが、のびのびと過ごしたいが為に、集団においては少しワガママな態度を取ってしまう事があるかもしれません。

日頃、周りから可愛がられる存在であるからこそ、自分の考えが受け入れられないと納得できないと感じてしまうのです。

ですので天王星人が恋人やパートナーの人は、「そういう考え方もあるよね」と寛容的に受け入れたり、「今回はたまたま採用されなかったけれど、あなたの考え方は悪くないと思うよ」と前向きに励ます事で、自信を持たせてあげると効果的です。

 

優柔不断の時もあるので、一緒に考えてあげよう

天王星人は、基本的にポジティブ思考の持ち主である為、ミスや失敗をしてもすぐに立ち直る事が出来るという長所を持っています。「寝たらすぐ忘れちゃうんだ~」といった、おっとりした性格の男性も多いのではないでしょうか。

失敗を引きずる事が無いという意味では良い事ですが、その反面、「何をどのように失敗したのか」という事さえも忘れてしまうので、同じ事を何度も注意されてしまう可能性がありそうです。

また、天王星人は、見た目はのんびりとしているにも関わらず、内面は意外にも優柔不断で、物事を慎重に判断しています。その為、何かを決断しなければならない時に、なかなか前に進めず、考えこんでしまう事もありそうです。

「天王星人の異性と付き合っているけれど、私がサバサバした性格で、すぐに相手に怒ってしまうんだよね…」という場合は、天王星人ののんびりとした雰囲気を寛容に受け入れてあげると良いでしょう。

何かに困っている場合は、一緒に考えたり、「こうしてみたらどう?」と、別の切り口を提案してみても喜ばれそうです。

 

ということで、天王星人が持って生まれた性格や恋愛、人生の傾向についてお伝えしました。

天王星人は、常に明るく、他人への気遣いも出来る傾向がありますので、周りの人から好印象を持たれています。自ら人を引き寄せている性格、とも言えるでしょう。

仕事では持ち前のコミュニケーション能力を活かし、接客業やサービス業、販売関係のお仕事に就くと、売り上げを伸ばして会社に貢献する事が出来そうです。

もちろん異性にもモテているのですが、モテるが故に問題を起こしてしまうことにもなり、時には大事な恋人をも悲しませてしまうこともあるのです。色んな異性も寄ってきますので、恋愛のトラブルが起こってしまうことも致し方ないでしょう。

天王星人は他人に合わせようとすることが苦手で、自分の決めた道を突き進みたい性格です。その辺りの行動はワガママと捉えられることもありますが、やはり持ち前の人当たりの良さがそこに活かされていくでしょう。それによって、天王星人の道が開かれていくこと、間違いありません。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。


2020年あなたの運勢をズバリお教えします!

98%の人が当たっていると実感!あなたの運勢を『干支占い』が無料鑑定します。

『干支占い』では、2020年あなたの運勢を徹底鑑定して、 今年、起こる良い事を事前に教え開運へと導いてくれます。

凄腕の占い鑑定師は『恋愛(不倫・復縁)・仕事・対人・金運」すべて鑑定可能!

『今年の運勢』を知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!

連記事
タイトルとURLをコピーしました