ストレスチェック制度を利用する時の3つの注意点!

ストレスチェック制度を利用する時の3つの注意点
2015年から導入された、ストレスチェック制度。会社勤めの方であれば、受けられたという方も多いでしょう。

従業員のストレスの度合いをチェックし、うつなどのメンタルヘルスの不調を未然に防止することが目的のこの制度ですが、上司に通達がいくのではないか?と考えてしまったり、またそれによって仕事はやりにくくなるのではないかと心配される方もいらっしゃいますよね。

基本的に検査結果は受けられた本人の意思がなければ、上司への報告はありません。また、医師の面接指導を受けた場合も同様で、本人の了承がなければ面接の内容はもちろん、面接を受けたことも上司へは知らされません。

しかし、まだ導入されたばかりのこの制度。どのように上手く活用すればよいかわからないという方もいることでしょう。そこで今回は、ストレスチェック制度を利用する時の3つの注意点についてお伝えします。



 

ストレスチェック制度を利用する時の
3つの注意点

 

ありのままの自分でチェックを受ける


ストレスチェック制度を受ける際に注意することとして、まず、今の自分の状況を偽らないということです。診断結果が上司に知らされ、今後の仕事がやりにくくなるという心配がないこのストレスチェック制度。

きちんと自分のストレスの状態を把握する為にも、まずは診断結果にこだわらずストレスチェックを受けましょう。このストレスチェック制度は、決して心の病の人を見つける為のものではありません。

今後の病気の予防の為に年に一回受けている身体の健康診断と同様、メンタルの健康診断を受けるという思いでストレスチェック制度を受けることが大切です。

しかし、本人の意思がない限りストレスチェック制度の結果報告は上司へはされませんが、自分にとってこのようなストレスフルな職場環境では到底仕事が続けられないという場合にはきちんと、上司へ報告することも大切です。その為にも、このストレスチェック制度をきちんと受けましょう。

 

診断結果が悪くても病気ではない


次にストレスチェック制度を受ける際の注意点として、診断結果が悪い=心の病気と捉えないことです。大きいストレスがかかっていると客観的な判断を下されたとしても、今現在、身体的症状が出ていなければそこまで問題視する必要はないです。

ストレスチェック制度を利用し、ストレスの多い人へ精神的なサポートをする。また、うつなどをはじめとするストレス疾患に罹患することを防ぐことがストレスチェック制度の目的なので、たとえストレスが多いという結果であったとしても、決して落ち込む必要はないのです。

ただ、今後も今のまま大きいストレスにさらされ続けると、精神的にも参ってしまい、眠れない、食欲がないなど身体的にも影響が出てくる可能性があるので注意は必要な状態ではあります。

今後、うつなどのストレス疾患へ罹患することを防ぐためにも、このことを本人に理解してもらい適切なサポートを受けること。これがストレスチェック制度をうまく利用する為のポイントです。

 

ストレスを上手に対処し、付き合っていく


ストレスチェック制度を利用する際の最も大切な注意点は、ストレスを上手く対処するということです。万が一、ストレスチェック制度の結果が「大きいストレスがかかっている状態」であったとしても、全員がうつなどのストレス疾患に罹患してしまうというわけではありません。

ストレス疾患に罹患してしまう人とそうでない人の違いは、それぞれのストレスに対する耐性やストレス発散にあります。現代社会において、ストレスを受けない、ストレスを感じないという人は恐らくいないでしょう。

それだけ、社会というものはストレスフルなものであるということです。その為、ストレス疾患を患い休職や退職をする人もいますし、もっとひどければ自殺してしまう人もいます。そのような事態を未然に防ぐためにも、自分自身でストレス発散を行うなどメンタルを整えることは大切です。

趣味など人は自分が好きな事をしている時間は、夢中になって嫌な事も忘れていられますし、気分転換になります。特に登山やジョギングなど身体を動かすことは、達成感を得られ、その達成感が「自分はできる人間である」と自分の自信づけにも効果があります。

会社で嫌なことがあり、落ち込む。ダメな人間だと思ってしまうこともありますよね。そういう時こそ、無理のない範囲で身体を動かしてみてください。また、誰か一人でもいいので自分の話を聞いてもらえる人や場所を持つことが大切です。

人というのは、自分の味方がいるという、その安心感で頑張れたりするものです。家族でも恋人でも友達でも構いません。はたまた、カウンセラーという話を人の話を聞く専門の人でも構いません。

どんな人でもいいので、自分の心の中を打ち明け味方になってくれる人を持ちましょう。そうすることで、ストレスを上手く対処できストレス疾患を防ぐことに繋がります。

 

ストレスチェック制度を利用する際の注意点についてお伝えしましたが、いかがでしたか。

始まったばかりの制度で何が目的なのかも理解できず、病人扱いされそうで怖いと思っていたり、できれば受けたくないと思っていた方もいたことでしょう。

そうではなく、あくまでもうつなどのストレス疾患を未然に防ぐことが目的であるということを理解できれば、ストレスチェック制度を受けることに抵抗がなくなります。社会でバリバリ働く人で、ストレスがない人は少ないです。

ストレスフルな現代社会で生き残っていくためには、自分の心と体をしっかり整えていくことこそ、現代の社会人に求められる力なのです。ストレスチェック制度を上手く活用し、自分なりの方法で心と体の調子を整え、社会で活躍しつづけられるようにしていきましょう。

まとめ

ストレスチェック制度を受ける際には

自分のメンタル状況の確認の為、偽らずに受けよう
診断結果に落ち込まないようにしよう
ストレス発散方法を見つけ、ストレスと上手く付き合っていこう

あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「マナ・タロット」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。 「マナ・タロット」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。

しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

近日中に起こる運命を知りたい方は、期間限定無料鑑定をお試しください!


仕切り線