ストレスチェック制度を利用すると心の負担が軽くなる理由

ストレスチェック制度を利用すると心の負担が軽くなる理由
近年、導入されたストレスチェック制度、初めての試みですから戸惑いを感じてしまうものですよね。

ストレスチェック制度とは改正労働安全衛生法により2015年12月より従業員が50人を超える事業所に年に1度のストレスチェックを義務付けた制度です。しかし、突然、職場でストレスチェックと言われても、自分にとってどんなメリットがあるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

ストレスチェック制度は職場にだけメリットがある制度と誤解している方もいらっしゃるのですが、ストレスチェック制度は職場にではなくテストを受けた本人にメリットがある制度なのです。ストレスチェック制度を正しく理解し、メリットを最大限に活用しましょう。

そこで今日は、ストレスチェック制度を利用すると心の負担が軽くなる理由についてお伝えします。



 

ストレスチェック制度を利用すると
心の負担が軽くなる理由

 

1.自分の心の状態を客観的に知ることが出来る


過労や職場のストレスなどで、うつ病など何らかの精神疾患を発症する際、本人は重症化するまで気づかないことが多々あります。

何だか最近疲れが取れない、疲れて考えがうまくまとまらない、家に帰ってもよく眠れない、心がSOSを出していても、仕事を休めないから、同僚も頑張っているからと無理をしてしまうと、気づかぬうちに入院が必要なほど重症化させてしまう方もいらっしゃるのです。

心の病気は風邪と似ているとよくいわれます。症状が軽いうちに休養をとったり、医師の診察を受け薬を飲んだりすれば、完治も早く症状も軽くて済むのですが、放置し適切な対処をしないと、重症化し完治まで時間がかかったり、最悪は命を失うこともあるからです。

ストレスチェック制度の最大のメリットは客観的に自分の状態を知ることが出来ることです。自分はまだ頑張れる、無理していないと考えていたけれど、実はギリギリの状態だったという人も、ストレスチェックで結果を知ることにより、重症化する前に対処することが出来るのです。

ギリギリの状態だった人に、危険な状態ですよと結果を伝えると「自分が出来ない人間だからではないのだ」「精神的に追い詰めらていたのだ」とはっきりすることから、心の負担が軽くなることも多いのです。

 

2.会社に労働環境や勤務形態の変更を申し出ることが出来る


誤解が多いのですが、ストレスチェックの結果、高ストレス状態であると診断されても、その結果が会社に知られることはありません。ストレスチェックはテストを提供する会社や産業医によって行われ、その結果をテストを受けた人の会社に伝えることは法律で禁止されているからです。

ただし、本人が同意し、必要がある場合は、医師が会社に対して作業転換や勤務時間の短縮などストレス軽減に対する意見をし、会社は改善に努めなければなりません。

現在の会社の状況が自分の不調の原因だとわかっていても、会社側には伝えられなかった方に関して、医師に意見してもらえるということは朗報ですね。

 

3. 積極的な職場環境の改善につながる


ストレスチェックは従業員が同じような時期に受けることになりますから、同僚間の雑談で結果の話になることもあるでしょう。

その際に、ストレスの負荷が高い結果となった人が多い場合、その職場は職場全体として改善の必要性があるということですので、職場委員に積極的に働きかけたり、労働組合に職場環境の改善を訴えることもできます。

自分の部署だけ負担が多い気がする、自分の部署だけ疲れた顔の同僚多いという抽象的なことだけでは、積極的な職場環境の改善を訴えることは難しいかもしれませんが、、ストレスチェック制度の結果、高ストレスという診断が同じ部署の人に多く出れば、その部署は問題を抱えており、早期の改善が必要とはっきりわかるからです。

 

以上、ストレスチェック制度を利用すると心の負担が軽くなる理由ついてお伝えしていきましたがいかがでしたか。

ストレスチェック制度は、最近導入された制度ですので戸惑うことも多いのですが、一年に1度、体の健康診断をするのと同様に、一年に1度、心の健康診断もするようになったと理解すると分かりやすいのではないでしょうか。

体の健康診断には健康診断で何か病気を見つけるというだけではなく、毎年健康診断を受け数値の変化に注目することにより、未然に病気になることを防ぐという目的もあります。心の健康診断も同じです。

心の病気を見つけるためのテストではなく、毎年ストレスチェックをうけることにより、数値の変化に注目することによって自分のストレスの状態を知り、注意するきっかけとすることができるのです。

ストレスチェック制度は、職場でのストレスが原因で精神障害を発病したり、労災認定される労働者の増加を受けて、労働者を保護するためにつくられた制度です。

制度自体は良い制度なのですが、使われ方や理解が間違っていると制度のメリットを存分に活かすことが出来ません。新しくできた制度を正しく理解し、有意義な制度にするためには制度を利用する私たち人一人の使い方にかかっているのです。

まとめ

ストレスチェック制度を利用すると心の負担が軽くなる理由は、

・自分の心の状態を客観的に知ることが出来る
・会社に労働環境や勤務形態の変更を申し出ることが出来る
・積極的な職場環境の改善につながる

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『カラー波動診断』では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!

仕切り線
仕切り線