女性が好きな人にしか取らない6つの態度とは?

女性が好きな人にしか取らない6つの態度とは?
男性にとって、女性が好きな人にしか取らない態度を見極めることは簡単ではないですよね。自分に気があるようなそぶりをみせているようだけれども本当のところはどうなのかよく分からない、そんな経験をされた男性の方は少なくないはず。

女性にとって男性の考えていることがなかなかつかめないように、男性が女性の本心をつかむことも同じく難しくて当然です。そもそも男女では脳の作りが異なるとも言われていますしね。しかし、ひとたび異性に恋をしてしまったらそうばかりも言っていられません。

そこで、相手の女性は自分に好意を抱いているのか、それともただ単純に感じよくしているだけなのか、今回はそれを見極めるヒントとして女性が好きな人にしか取らない態度を6つお伝えします。是非、現在進行形の恋愛で生かしてくださいね。



 

女性が好きな人にしか取らない
6つの態度とは?

 

レスが速い


女性が好きな人にしか取らない態度の一つ目は、電話やメッセージのレススピードが早いことです。仕事の連絡でも家族との連絡でも、早く返事をするのは重要度と緊急度、そして相手への好意(または忌避感)によります。

恋愛においても基本的に同じことで、そのなかでも最も色濃く出てくる動機は好意の程度によるという点が特徴と言えます。あなたへの好意の程度が大きければレスの重要性は彼女のなかで高まり、結果として速いレスにつながります。

例えば、共通の友人などの話で彼女はレスが遅いという評判があるのにも関わらず、自分からの連絡にはすぐに反応してくれるとしたらそれはかなりの脈ありとみて相違ありません。

ただし、メッセージや電話の折り返しスピードには個人差が大きく、必ずしもレスが遅いから脈なし、速いから脈ありと一概には言いづらいことも確かです。あくまで一つの指標として、頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

 

運転中に顔を触りたがる


そう、触りたがるのです。日本では諸外国と異なりパブリックな場でのボディタッチが敬遠される風潮がありますが、猫が親子で体をなめあったり猿が毛繕いをするように、いち生物たる人間には愛情表現としてのボディタッチが遺伝子レベルで組み込まれています。

しかるに、愛情を抱いている相手に触れたいと思うのも当然。車内や個室のあるレストランなどでは日本独特の社会的なプレッシャーはなくなります。男性にも女性にも恋愛感情を抱いている異性に触れたいという欲求があります。

しかし、女性はある面では、残酷なまでに好きな人への態度とそうでない人への態度を変えることがあります。少なくとも好意を抱いていない相手に対しては、運転している最中にあえてボディタッチという愛情表現をしたいとは思いません。でも、好きな人にはボティタッチしたいと思うのです。

ですから、二人の空間になったときに触れたがったり、じゃれあったりしたがるのは、女性が好きな人にとる態度なのですね。

 

沈黙になったときに黙って微笑みかける


知り合ったばかりの相手や付き合い始めたばかりの相手とは、沈黙が少し気まずく感じられることがありますよね。女性もやはり、気まずさを感じることは感じます。ですが、心から惹かれている相手とであれば、気まずさよりも一緒の時間を過ごしていられる嬉しさや楽しさが勝ることの方が多いのです。

だからこそ、ちょっと気まずい瞬間でも目があったら頬が緩んでしまいます。ところが、好きではない人とは目が合っても気まずいだけ、もしくは特に何も感じません。ですから、沈黙になったときにニコリと笑うのは、その相手が好きな人だからこその態度なのです。

 

「今日何してたの?」と聞く


あなたが女性から聞かれる頻度にもよりますが、「今日何してたの?」と聞かれることは、基本的によいサインとして受け取ってよいものでしょう。あまりにも頻繁にしつこく聞かれるようであれば、あなたと彼女の関係が深くなったときに少し窮屈な思いをしてしまいそうですよね。

「今晩何してるの?」「明日何するの?」ではなく、「今日何してたの?」と聞くということはこれから会うための予定を立てるためではなく、純粋にあなたが何をしていたのか気になっているのです。好きな人には興味がわきますし、態度や振る舞いにそれがあらわれます。

特に好きではない男性や男友達に対しては、女友達にそうするのと同じように予定を聞くことはあります。ただ単にスケジューリングのための事務作業のようなもので、特に恋愛的な好意はさほど伴っていません。ですから、自分と離れていた時間に何をしていたのか気になるということは、好きな人だからこそ興味がわくのです。

 

恥じらいをみせる


女性が恥じらいをみせる姿が好きという男性は少なくないですよね。必ずしも官能的な意味合いからではなく、恥じらいを見せる女性に愛らしさや慈しみといった可愛らしい感じが好きという男性も多いことでしょう。

この恥じらいですが、女性はおそらく意中の相手以外にはさほど恥じらいを感じることも見せることもないのです。というのも、恥じらいというのは何かしら自分の中の理想的な美しさや可愛さ、日本女性であれば慎ましさや奥ゆかしさなどから逸れてしまいそうなときに湧き上がるもの。

好きな人の前では「ステキでいたい」と思うからこそ、時や場合によって恥じらいを感じてしまい、それを隠しきれないのですね。

 

帰り際のキス・ハグを「最後にもう一回」おねだりする


女性が好きな人にしか取らない態度のなかで最も決定的なものが、こちらです。男女かかわらず、好きな人との別れ際は名残惜しいものですよね。次に会えるのがいつになるかわからないようなときにはなおさら。そんな寂しい別れ際、本当に好きな人が相手だったとしたら、思わず「最後にもう一回」とキスまたはハグをおねだりしてしいます。

チークキスやハグがあいさつ代わりの欧米とは異なり、日本ではキスやハグ自体が超恋愛的行為。そんなキスやハグを好きな人と別れ際にしてスッと引くなんて至難の業ですよね。

男性と同じく女性にもスキンシップ欲求や性欲はありますし、相手が好きな人であれば抑えられなくなってしまうこともあります。そうでなければ、キスやハグをおねだりすることはほぼないでしょう。好きだからこそ名残惜しくて、好きだからこそ「最後にもう一回」してほしいのです。

 

以上、女性が好きな人にしか取らない6つの態度をお伝えしました。これが当てはまれば百発百中で相手は自分に気がある、と考えるとやや早計ですが、スーパーマーケットで売られている美味しい野菜の見分け方のようなものと思っていただければ幸いです。

ただ恋愛は、野菜とは比べ物にならないくらいに個性があり、なおかつ意思と感情をもった人間相手の営みです。それだけに、複雑さや時にはうまくいかないもどかしさを感じることもありますが、うまくいったときの幸せはひとしおですよね。

生まれ育った環境の違いや男女の差が互いの心のうちを読みにくくしてしまうことも多々ありますが、今回お伝えした女性が好きな人にしか取らない6つの態度のヒントを参考に、ぜひ意中の相手の心のうちを探ってみてください。

まとめ

女性が好きな人にしか取らない態度とは

・レスが速い
・運転中に顔を触りたがる
・沈黙になったときに黙って微笑みかける
・「きょう何してたの?」と聞く
・恥じらいをみせる
・帰り際のキス・ハグを「最後にもう一回」おねだりする

あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『六芒星占術』では、あなたの運命日を導きだし、幸せになる方法を今なら、初回無料であなたの運勢図と鑑定結果の解説してくれます!

近日中に起こる運命を知りたい方は、是非お試しください!

仕切り線
仕切り線