ストレスチェック制度を運用するために必要なこと

ストレスチェック制度を運用するために必要なこと
職場では日々、様々なストレスにさらされていますよね。過度のストレスを放置すると、うつ病などの心の病に発展することもあります。さらに精神的なケアを怠ると、病気だけではなく自らの命を絶つという選択をすることすらあるのです。そんな過度のストレスからサラリーマンたちを守るために導入された「ストレスチェック制度」というものをご存知でしょうか。

ストレスチェック制度とは、2015年の12月から各職場に義務づけられた、サラリーマン対象のストレスチェック制度の事を指します。サラリーマンが過度のストレスをため込んで、自殺などの悲惨な結末に陥る前に救済するため、うつ病などの心の病の早期発見を目標とした制度なのです。

これから、ストレスチェック制度の運用方法や手順を詳しく説明しますので、会社運営サイドの方も、サラリーマンの方も参考にしてください。



 

ストレスチェック制度を
運用するために必要なこと

 

社員に「ストレスチェック制度」について説明する


まずは「ストレスチェック制度」についての認識を深める必要があります。この制度が導入されてから月日が浅いので、認識度が低いと言わざるを得ません。しかし、ストレスにより自死するニュースは耳慣れしている現代ですから、早急に現場にメスを入れる必要があるのです。

ストレスチェック制度がどのようなものか、どのような目的なのか、そしてどのように職場に導入されるのかを社員に説明し、この制度によって心の重荷を取り除くことが出来るのだと認識してもらいましょう。ストレスを抱えている人の心のよりどころにすべく、深く社内に浸透させるのです。

 

ストレスチェック表を配布する


ストレスチェック制度は、労働者が50人を超える事業所で、毎年一度行うことを義務付けられています。厚生省が推奨するストレスチェック表を労働者に配り、自己記入してもらうのです。

ストレスチェック表の内容に細かい規定はなく、大まかな条件をクリアしていれば個々の事業所で作成しても良いとされています。概ね厚生省のストレスチェック制度に伴って提示された「質問票」を軸に作成します。質問に対して選択解答するストレスチェック表は、労働者が記入して雇用主に回収される仕組みとなっています。

 

本人にチェックしてもらった後結果を診断する


労働者から全てのストレスチェック表が戻ってきたら、それを集計します。集計方法は事業所によって多少の差はあるものの、「ストレスが過度に溜まっているかどうか」をチェックします。この時点で、対象労働者に医師との面談が必要かどうかも判断するのです。

 

本人に結果を通知する


ストレスチェック表の結果診断が済んだら、その内容を本人に告知します。各自、どのくらいのストレスが溜まっているのかを個々で認識することによって、自分の精神具合を知ることが出来るのです。

重度でなくとも、少しでもストレスが溜まっていると診断された人は、各々のやり方でストレス解消に努めることを推奨します。また、重度のストレスを抱えている人に対しては、その後の対応を事業所が支援することになります。

 

ストレスが高い人へ向けての対応


ストレスチェック制度の一番の目的は、知らず知らずのうちにストレスをため込んでいる人の「早期発見」と「救済」です。

ですから、ストレスチェック表によって「ストレスが溜まっている」という診断が出た人に対して、事業所は医師とのカウンセリングなどを支援する必要があります

 

医師の面談をセッティングする


ストレスが高いと診断された労働者は、その旨を事業者に伝えます。そして医師との面談を希望する旨を伝えましょう。それを受けた事業者は、その労働者が医師と面談できるようセッティングをする必要があります

この場合の「医師」は、ストレスチェック制度を運用する際に依頼する「第三者機関」的な存在であり、事業者の関係者ではありません。

 

医師と面談の上、就業上の改善点を挙げる


ストレスの高い労働者が医師と面談し、ストレスの原因や重度を話し合う場をもうけます。その後、医師から事業所に対して「ストレスの高い原因」と「職場の改善点」を通達されることになります。

この通達は「強制力」を伴うものではありません。しかし、職場の労働条件、例えばサービス残業の多さなどの実態が明らかになることで、事業者は労働者の勤務状況を見直すことが出来ます。ストレスチェック制度の運用は、そのための良い機会となるのです。

 

可能な限り、就業環境を改善する


そして、事業者は可能な限り労働者の勤務状況を改善しましょう。勤務時間を短くするとか、パワハラやセクハラを防止するように努めます。ストレスチェック制度を導入することによって、日本からブラック企業をなくし、労働者の心を健全に保つのです!

 

さて、ストレスチェック制度の運用のために必要なことをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

ブラック企業の実態は、毎日のようにニュースで流れています。後から後から出てくる日本の黒い闇、犠牲になる労働者は後を絶ちません。今この瞬間でも、理不尽な労働条件に涙を流している労働者がいるかもしれないのです。

そんな闇を一掃すべく、2015年から導入されたストレスチェック制度。この制度を運用する際には、ストレスチェック診断表の内容などが漏れないよう、個人情報の守秘に徹底することが大切です。ストレスチェックを行うサイドは、労働者の秘密と心の健康を守るために行うものであることをよく理解し、間違った運用をしないように気を配りましょう。

ストレスチェック制度の正しい運用によって、労働者が働きやすい職場環境になることを切に願います。

 

まとめ

ストレスチェック制度を運用するためには

・社員に「ストレスチェック制度」について説明する
・ストレスチェック表を配布する
・本人にチェックしてもらった後結果を診断する
・本人に結果を通知する
・ストレスが高い人へ向けての対応
・医師の面談をセッティングする
・医師と面談の上、就業上の改善点を挙げる
・可能な限り、就業環境を改善する

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線