ストレス解消法!人間関係を円滑にする3つのコツ

ストレス解消法!人間関係を円滑にする3つのコツ
日々の生活の中にストレス解消法を取り入れることは、現代を生きる社会人にとって必須の課題といえますよね。ストレスは社会人の大敵、正しいストレス解消法を知っておかないと、人間関係を円滑に維持していくことはできません。

現代社会は人間関係の絡まった糸のようなもの。実際、社会生活では、面倒な人間関係が入り混じり、ストレスにまみれた毎日を過ごさざるをえないのが実情です。学校でも会社でも、人間が集まると、そこにはどうしてもストレスの種が蒔かれることになります。

それだけに大切なのが、ストレス解消法。社会生活のなかで人間関係のストレスを軽減することができれば、仕事の能率があがるだけではなく、健康や美容にも好影響をもたらしてくれるのです。

そこで今回は、人間関係を円滑にしてくれる社会でのストレス解消法をお届けします。

最大のストレス解消法は、他人を気にしないこと!

社会人にとって最も簡単で最も効果的なストレス解消法は、周囲を過剰に気にしないようにすることです。とはいえこれ、実はとても難しいことなんですね。何故なら、私たちが社会生活にストレスを感じるのは、他人の目や声を意識しているからなんです。

自分は他人は気にしないと思っている人もいるでしょうが、そんな人でも、人目を気にせずにバリバリ音をたてて食事をしたり、所構わず鼻をかんだりはしませんよね。私たちは知らず知らずのうちに周囲を気にしているのです。

職場の雰囲気が厳しかったり、営業などで始終人と接する必要があったりすると、他人から受けるストレスは一層大きくなります。このストレスが私たちの健康を損なう土台となっているのですね。

勿論、周囲に気を配ることは社会人にとって必要なことです。芸能人など、他を圧する特別な才能でもない限り、社会で生きていくには、傍若無人な態度を貫くことはできません。社会と協調して生きていくには、周囲を気にして当然なのです。

問題は、加減です。周囲に気を配るのは結構ですが、どこにいても常に目線が動いているようだと、段々神経が疲れてきます。たとえば、一人で食事しているときでも食べながら周囲を見回していることはないでしょうか?もしそうなら、常に周りの気配を気にしているということです。

他人を気にしすぎていると自覚している人は、一日のうちに何時間かずつでも、他人の目を気にしないですむ時間を持つようにしましょう。一人の時間を大切にしていくと、有効なストレス解消法になりますよ。

 

ムダ口を減らすだけでもストレス解消法になる!

できたストレスを解消するよりも、余計なストレスを作らないことが何よりのストレス解消法です。そういう意味で、ムダ口を減らすだけでも、立派なストレス解消法になります。何故なら、ことわざにいうように、口は災いの元だからです。

実際、人間関係のストレスを生み出すのは、言葉の行き違いによるものが最も多いと言われています。会社でも、何の気なしに発した不用意な一言が元で同僚と気まずくなったり、上司から言われた皮肉が忘れられなくてイライラしたりといった経験、誰にでもあるのではないでしょうか。

ですから、あんなことを言われた、こんなことを言ってしまったという言葉によるストレスを解消するだけで、心の負担はぐっと小さくなるのです。そのためには、余計なことを言わないようにするのが最も有効です。ムダ口を減らせば、人との軋轢も抑えられますし、その結果、仕事の能率もあがります。

特に、有効なのは、嘘をつかないこと。特に嘘つきな人でなくても、社会で仕事をしていると、ちょっとした嘘をついてしまいがちです。いきたくない会社イベントに仮病を使ったり、遅刻の言い訳を誤魔化したりといった小さな嘘です。そうした小さな嘘が、実はストレスの原因になっているのですね。

ムダ口を控え、余計な言い訳や嘘をつかないようにすれば、それだけでもかなり効果の高いストレス解消法になるのです。

 

義理の付き合いをやめる!

人間関係のストレス解消法、三つ目は付き合いそのものを減らすことです。交際範囲が広がれば広がるほど、付き合いから受ける心労は大きくなります。これはただ単に範囲が広がるからではなく、交際範囲が広がると、義理の付き合いが増えるからです。

義理の付き合いというのは、誰かに紹介してもらって友人、知人、また、職場などで知り合った相手との付き合いです。こうした付き合いでは、相手のことをあまり良く知らないのに、一緒に行動したり、話したりしなければならないので、時間が長くなると心の負担が増えてきます。

友人なら言いたいことが言えても、義理のある相手だと思うと、ストレートな物言いもできず、一々気を遣わなければならないからですね。したがって、こうした義理の付き合いを思い切ってカットできると、人間関係のストレスはかなり軽減できるのです。

交際をカットすると言っても、突然一方的に無視することは出来ません。簡単なのは、新しい義理の関係を作らないことです。社会生活をしていると、知らない間に知り合いが増え、対応しなければいけない相手も増えてしまうものです。

しかし、そうした関係が自分の負担になっていると感じたときは、勇気を持って撤退しましょう。出世も付き合いも心身の健康あってこそ。ストレス解消を第一に考えましょう!

 

社会人にストレスはつきもの。人間関係のストレスさえなければ、仕事も職場ももっと楽しくなるのにと思っている人は少なくないでしょう。こうしたストレスを軽減するには、ストレスの元となるものを作らないのが第一なのです。

人間関係を円滑にするストレス解消法は、まず、他人を過剰に気にしないこと。周囲の目線を意識し続けていると、神経が疲弊してストレスがたまります。人目にさらされる仕事をしている人は、一日数時間でも一人になれる時間を作って、心と頭を休めましょう。

ムダ口を減らして口を慎むのもストレス解消法になります。口は災いの元というように、言葉が原因で生まれる人との軋轢を減らせば、ストレスの元も軽減できます。

人付き合いそのものを思い切ってカットしてしまうのも、ストレス解消法の一つです。特に、神経の疲れる義理での付き合いから解放されると人間関係もシェイプすることができます。すぐには難しくても、少しずつ快適な環境を作っていけるようにしましょう!

まとめ

人間関係を円滑にするストレス解消法は

・他人を気にしない
・ムダ口を減らす
・義理の付き合いをやめる


連記事
タイトルとURLをコピーしました